Hatena::ブログ(Diary)

唖蝉坊の日記

2012-05-01

いよいよ、マリファナ解禁か?

♦最近コロンビア南北アメリカ会議が開かれ30数カ国の首脳が参加しました。

f:id:k1491n:20120502051401j:image:w360

この会議での議題は「プラン・コロンビア」。コロンビアの民主化と経済発展を助けようというものです。コロンビアメキシコと並んで麻薬生産大国ですが、毎日麻薬を巡って血を血で洗う抗争が続いています。

オバマ大統領はこの会議で「ラテンアメリカを麻薬の悪夢から解放するべきだ」と発言し話題を呼んでいます。つまりマリファナやコカインを禁止せず、合法化してはどうかという意見です。

(ソース)

http://www.state.gov/www/regions/wha/colombia/fs_000328_plancolombia.html

オランダではマリファナなどのソフト・ドラッグは合法で、誰でも喫茶店で買う事ができ、煙草のように喫煙ができることで有名ですが、このオランダ方式を取り入れようとしている国は多いようです。

f:id:k1491n:20120502055058j:image:w360

f:id:k1491n:20120502055057p:image:w360

カナダアメリカなども一部の地域ではすでに導入されています。ヨーロッパではドイツなどもこの動きがあるそうです。自由化すれば企業化できるし、雇用も生み出せ、税収も上がるという訳です。ドラッグが悲惨な結果をもたらすのは、薬物依存、中毒になることではなくその入手に莫大なお金がかかることの弊害の方が大きいからです。

オバマ大統領は、何百万人の若者や大人、そして特に人種差別される黒人は敗北感に苛まれ麻薬に手を出し人生を台無しにしている。麻薬が非合法であり厳しく取り締まられるから単価が異常に高くなり、生活を圧迫し犯罪が増える。むしろこれを解禁して日常的に安く提供できるようになれば生活破たんも無く、犯罪も減少するというのでしょう。これまでアメリカは「麻薬との戦争」と称して、メキシココロンビアなどラテンアメリカに軍事介入し異常に厳しい取り締まりをしてきた結果、麻薬シンジケートは地下に潜伏し凶悪化してきたのです。

アメリカが麻薬取り締まりを強化したのはレーガン政権からだと言われています。彼の徹底した麻薬取締りでアメリカ中の刑務所が逮捕者で溢れかえり、収容できなくなるほどだったそうです。

♦「麻薬との戦争」それは麻薬撲滅に名を借りた横取り作戦でした。

1989年、先代のブッシュ大統領パナマ共和国大統領のノリエガを失脚させ、麻薬利権を奪い取るために軍事介入し強引に逮捕、アメリカに連行して、国際犯罪者として20年間刑務所にぶち込みました。ノリエガを麻薬密売と非難しています。これはノリエガが素直に従わなかったからですが、ブッシュはCIA長官上がりですからこのような作戦は得意中の得意技です。

♦最も顕著なのは、メキシココロンビアなどの政府要人に巨額のお金を寄付して麻薬利権を買い取ることもありますが、現地の麻薬カルテルやシンジケートはそんなことは知った事ではありません。自国政府が何と言おうが易々とドラッグアメリカに横取りはさせません。だから、アメリカ軍は「麻薬との戦争」という尤もらしい名目を付けて、現地のカルテルを襲いブツを強奪する訳です。シルベスタ・スタローンの「ランボー」の活躍はこうしたラテンアメリカの悪夢を描いたものでした。

♦麻薬シンジケートはCIAやアメリカ軍そして警察や自国の軍に対抗し武装強化を図りどんどん凶悪化して行きます。シンジケート内では利害が込み入り、裏切り者が出たりして、内部抗争が激化します。

f:id:k1491n:20120502052203j:image:w360

f:id:k1491n:20120502052719p:image:w360

f:id:k1491n:20120502051848j:image:w360

♦ここで押収された薬物はすべて焼却されるという話ですが、CIAはそのような勿体ない事はしません。実はアメリカ軍の輸送機や軍艦に積んで自国へ持ち帰り、マフィアなどの組織に卸してもの凄い巨利を得ていると言われています。それらの金はマネーロンダリングされ、再び次の戦争拡大資金に使われることになっているのです。

f:id:k1491n:20120502052007j:image:w360

f:id:k1491n:20120502052849j:image:w360

アメリカでは700万人以上の麻薬中毒患者が矯正の監督下にあると言われ、メキシコでは過去5年間で、47000人が悪質な麻薬戦争で死亡しているそうです。

オバマ大統領は「麻薬との戦争は完全に失敗してきた。私たちはマリファナの法律を見直し、非犯罪化する必要があり、.私たちは、麻薬戦争をどのように動作するかを再考する必要がある」と言っています。アヘンやコカインなどは激しい中毒症状を伴う薬物をハード・ドラッグと云い、習慣性も中毒性も無いマリファナなどはソフト・ドラッグと呼ばれています。マリファナは寧ろ身体に有用だという研究者が多いようです。

f:id:k1491n:20120502055307p:image:w360

f:id:k1491n:20120502051631j:image:w360

♦麻は古代から日本人の衣装に用いられてきましたし、神道の祭祀に使われていました。大幣(おおぬさ)=「大麻」(おおぬさ)という言葉は、「ぬさ」とは神への供え物や、罪を祓うために使用する物のことです。昔はどこにでも自生していましたが取り締まりが厳しくなったのはGHQが禁止令を出したからです。麻を禁止した理由は3つあります。

1、 麻は神道では穢れを祓う神聖なものです。神国日本の精神「大和魂」の穢れを払うものでした。GHQは日本人が持つ「神風特攻隊」の様な勇猛果敢な精神力を恐れ、2度と日本精神が甦らないように国民のメンタルを腐らせるため。

2、 アメリカの石油から作りだすナイロンなどの化学繊維を買わせるため。

3、 麻の優れた薬効成分を使わないように禁止して、石油からつくる薬品を買わせるためです。

♦日本で大麻を禁止したアメリカは、大麻の成分を合成してだいぶ前から医療用に使っています。最近の研究では癌やエイズには効果があるそうでTPPに強引に引き摺りこんで日本に売りつける積りでしょう。

♦日本ではマリファナもアヘンもコカインも全部ひっくるめて麻薬として取り締まっていますから、ソフトとかハードの違いも解らず、頭から全部有害であると思われています。アメリカ大麻を合法化したら日本もそうなるのでしょうか?

D

マリファナには抗がん作用があります

http://www.youtube.com/watch?v=ITCCeK75Hss

ここまできた医療大麻合法化の現実 その2 (2/4)

http://youtu.be/ZFmbDEaYxUA

ここまできた医療大麻合法化の現実 その4 (4/4)

http://youtu.be/p04CmlsbvVA

npo法人医療大麻を考える会

http://www.iryotaima.net/modules/pico/index.php?content_id=83

メキシコの麻薬戦争の写真が沢山あります。

http://gigazine.net/news/20101103_drug_wars/

♦最後にCIAが麻薬ビジネスの本家である事が証明される事件がありました。

CIA Torture Jet crashed with 4 Tons of COCAINE

http://youtu.be/oszATUJ4IRE

コカインを4トンほど積んでいたCIAの飛行機がメキシコで墜落して炎上したというニュースです。笑ってください、C・I・Aと言うのは「コカインインポート・エージェンシー」の略称だそうです。

C.I.A (Cocaine.Import.Agency) ...The Drug Affair (part 1)

http://youtu.be/jQ9fgi7IZSk

通りすがり通りすがり 2012/05/04 02:01 2012/05/01より、オランダも法律を変え、旅行者への大麻販売か禁止されています。
また、大麻所持、栽培は以前からオランダでも非合法で、特例としてコーヒーショップで個人用に販売されていたものです。
私も旅行中に初めてこの規制を知り、帰ってきてこのブログを拝見しました。
タイムリーな記事でしたので念のため投稿します。

k1491nk1491n 2012/05/04 06:56 通りすがり様
貴重な情報ありがとうございました。
唖蝉坊

ZAKAOZAKAO 2013/05/03 23:38 私は先月(2013年4月中旬)オランダに行ってきました。
勿論コーヒーショップにも出向きました。
マリファナの文化は厳然と守られ、マリファナの理解者であれば、旅行者とか関係なく販売してましたし、それが当たり前な感じでした。法律にさえ触れなければ何をややってもいいと思っている輩の多いアジアの島国とは違い、大人の社会がそこには厳然とありました。
政府の作る法律よりも民衆理解の文化を重んじるオランダらしさに触れ、更にオランダの魅力を再確認できました。
人間主義万歳! オランダ万歳!!

erisuMkIIerisuMkII 2014/06/21 23:37 今年(2014年5月)のGWにオランダに旅行に行きましたけど普通に旅行者にマリファナ売ってましたよ!一部コーヒーショップはID(パスポート)の提出を求められるやゲート(門)金属探知機をくぐるが有っただけで私はフランクな店で買って吸ってました。だがその店の前にはID提出の注意書きが有るので21歳以下に見える童顔の方はパスポートを持っていた方がいいでしょう!オランダでのマリファナの栽培!?今回はクイーンズ・デイに行かなかったので分かりませんが!10数年以上前に行ったフリーマーケットで若い兄ちゃんが葉っぱ吸いながらジョイントを販売してたし種やマリファナの苗販売していたし朝市のチューリップの球根販売と一緒にマリファナの苗・種を販売してました。10数年前の情報です。所持は普通にコーヒーショップで買ったマリファナをホテルのスモーキングルームで吸うのが一般的でした。

erisuMkIIerisuMkII 2014/06/21 23:45 URLを訂正します・・・

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20120501/1335905971