しまうま技研 RSSフィード

     ※検索サイトから来られた方へ:
      目的の記事が見当たらない場合は、上部にある検索窓で探してみて下さい。
      ブログ専用検索サイト( Yahoo!ブログ検索, ブログの詳細検索 - gooブログ など)のご利用が便利です。
      お時間が許すようなら、最新タイトルお勧め記事もご覧下さいまし……ゆっくりしていってね!(笑)
      本物のしまうまについてお調べ中の方は、こちら( シマウマ - Wikipedia )へどうぞ。
      ネイピア数をお調べの方へ:まだシリーズ執筆途中ですが、面倒になってペンディング中。
      最新エントリはこちら。 気長にお待ち下さい……。

2015-10-27

[][]秋葉原キュアメイドカフェにてP.A.Works北陸青春3部作コラボフェア開催中 22:15 秋葉原キュアメイドカフェにてP.A.Works北陸青春3部作コラボフェア開催中を含むブックマーク

永らくブログ更新も情報収集もサボっていましたが、たまたまアンテナに引っかかった情報がこれ。

「キュアメイドカフェ」(千代田区外神田3)で10月23日、「〜P.A.WORKS北陸青春3部作〜『true tears』『花咲くいろは』『グラスリップ』カフェ」が始まった。(アキバ経済新聞)


表示できません - Yahoo!ニュース

取り急ぎご報告。 近況報告は、いずれまた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k87p561/20151027

2015-01-11

[][]痛い板の集会は今年でもう5回目 23:55 痛い板の集会は今年でもう5回目を含むブックマーク

痛車のようにラッピングを施したスノーボードを「痛板」というのだそうな。

そんでもんって、そんな痛い板のイベントがあるというので、長野県の白馬村まで行ってきました。

http://jiba-itaita.com/GJ5HP.jpg

痛車痛チャリは知ってましたが、痛板っちゅうのは初耳。 それがもう5回も回を重ねているとは。

現地に着いてみると、ベースセンターは通常営業。

f:id:k87p561:20150111234122j:image


あくまで痛板の集会だったせいか、痛車は思ったより少なめ。

f:id:k87p561:20150111234525j:image

f:id:k87p561:20150111234524j:image

それにラッピングも、一部が雪に埋もれてしまって意外なほど地味な感じでした。

今日は声優さん(桑谷嬢・植田嬢)が降臨されていたようですが、ただ見に行っただけなので早々に退散してきた次第です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k87p561/20150111

2014-12-21

[]TVA「失われた未来を求めて」最終話先行上映会 02:57 TVA「失われた未来を求めて」最終話先行上映会を含むブックマーク

この作品が気に入ったので行ってきました。

以下は証拠の半券と来場者特典の品々。

f:id:k87p561:20141222024735j:image


f:id:k87p561:20141222024846j:image


第一話(LONG Ver.)について

劇場では、まず最初に第一話のロングバージョンが上映されました。

どこに「TV未放送の追加カット」があったかというと、まずはAパートのラスト。

TV放映では、ヤキモチを妬いて先に帰ってしまった佳織を追いかけながら、奏が愚痴をこぼすシーンでブッツリと(本当に不自然に)終わってますが、LONG Ver.ではそのあと佳織の入浴シーンがあって、お湯に浸かった彼女が帰り道での奏とのやり取りを思い出しながら「奏くんのバカ…」と呟くところで終わります。

そして劇伴の余韻を残しつつアイキャッチが入るのですが、このシーンがあるのとないのとでは、かなり印象が変わると思います。


そしてさらに、Bパートのラストシーンにも手が加えられていました。

ゆいの登場シーンは、オンエアでは以下のように彼女だけのアップになっています。

f:id:k87p561:20141222024944j:image

f:id:k87p561:20141222025156j:image

f:id:k87p561:20141222024945j:image


ところがLONG Ver.では、ゆいのほぼ全身とともに彼女を抱き起こす奏も写りこんでいて、彼が困惑している表情もちゃんと見て取れました。 第二話のアバンタイトルからの流用かなと思って確認しましたが、アングルがぜんぜん違うようです。

これはBD/DVDに収録されるそうなので、興味のある方はそちらをどうぞ。


最終話について

上映会のあとにオンエアでも観たのですが、これも一部が差し替えられていたようです。

文化祭実行委員が佳織を強引に連れて行く一連のシーン、オンエアでは"回想"ということからかストップモーション的な演出をしていますが、上映会Ver.では(確か)普通に動いていました。

f:id:k87p561:20141222025357j:image


この作品、第二話のオープニングが未完成だったり、第十話にかなり目立つ作画ミス(ゆいの服装が突然変わる)があったりと、現場はかなり厳しい状況だったようですが(先行上映会のキャストトークでも、作画がアフレコに間に合わず、ぶっつけ本番に近い状況だったことが語られています)、全体としてはよく出来ていたと思います。 時間ができたら、その辺りのことをもう少し書き加えたいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k87p561/20141221