しまうま技研 RSSフィード

     ※検索サイトから来られた方へ:
      目的の記事が見当たらない場合は、上部にある検索窓で探してみて下さい。
      ブログ専用検索サイト( Yahoo!ブログ検索, ブログの詳細検索 - gooブログ など)のご利用が便利です。
      お時間が許すようなら、最新タイトルお勧め記事もご覧下さいまし……ゆっくりしていってね!(笑)
      本物のしまうまについてお調べ中の方は、こちら( シマウマ - Wikipedia )へどうぞ。
      ネイピア数をお調べの方へ:まだシリーズ執筆途中ですが、面倒になってペンディング中。
      最新エントリはこちら。 気長にお待ち下さい……。

2013-05-05

瑞泉寺

[][]キミに伝えたいことがあるんだ。 09:49 キミに伝えたいことがあるんだ。を含むブックマーク

「これは、ジョウハナ線」

祖母の法事に向かう途中、城端線の踏切を渡ったときに、今は亡き父がそう教えてくれました。

「…城花線?」

端(ハシ)と書いてハナと読むのが新鮮だったのに加え、線路の敷石の隙間から伸びた夏草の背丈が異様に高く、当初は廃線だと勘違いしたこともあって、この地名は強く印象に残りました。

五箇山に向かう途中で城端に立ち寄ったのも、確かその時だったと思います。 町並みがあまりに見事だったので急遽庁舎の辺りに車を停め、ロビーに入って観光パンフレットを探したものでした。 確か五箇山が世界遺産に登録される前年のことで、じょうはな座はまだなかったと記憶しています。


それから十数年後。 「P.A.Worksというアニメスタジオを一度この目で見てこよう」と向かった先で、庁舎付近の町並みをみて当時の記憶が一気に甦り、アッと声を上げそうになりました。 そこに至るまで、訪ねたことをすっかり忘れていましたから。

「何で憶えていなかったんだ?」と問われれば、それはやはり「遠くてなかなか行けない、縁遠い地」だったからではないかと思います。


そんな城端も、今では年に数回は訪れる、馴染みの町になりました。 これは町並みそのものが持つ魅力に加えて、田中市長の存在に拠るところも大きいと感じています。 アニメという、今でも色眼鏡で見られがちなジャンルと真摯に向き合い、伝統文化との調和を損なわない形で観光誘致に結びつける手腕は、そうそう真似できるものではないでしょう。

ゴールデンウィーク直前から始まった「恋旅」キャンペーンは、その集大成といっても過言ではないと思います。

私も昨日から(城端曳山祭と併せて)参加していますが、アニメは単体作品として十分なりたつレベルのもので、ありがちなPR映像などではありません。

それに加えてオリエンテーリング的な楽しさも味わえますので、これを機会にぜひ富山(そして南砺)を訪れて欲しいと思います。


P.S.

アニメの方は、「true tears」を知っている人なら思わず反応してしまう演出が施されています。 ファンには是非観て欲しい作品です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/k87p561/20130505