Hatena::ブログ(Diary)

colorless無色の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード


一応、「ハヤテのごとく!」がメインのはずのブログ。
リンク、トラックバック、コメント大歓迎。
リンク等連絡していただければ基本的に相互リンクします。




2009-04-01 エイプリルフールです。 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

てことは復活から1年です。


・・・この1年、更新しなかったなぁ。


ハヤテの感想は2月26日以来かいてねーし・・・。

なんかもぉ・・・。


今日発売のサンデーの人気投票はどうなったかな。

2009-01-01 あけましておめでとうございます。

[]人気投票順位予想17:09 人気投票順位予想。 - colorless無色の日記 を含むブックマーク 人気投票順位予想。 - colorless無色の日記 のブックマークコメント

「いつの話?」とか言わない。

やるって言ったことはやるのがポリシーなのです。←大うそ


今更すぎますがtanabeebanatの日記さんのところの、

ハヤテのごとく! 第2回人気投票順位予想大会と200話感想 - tanabeebanatの日記

に参加してます

投票総数  15000票


順序 名前 予想順位

1. 日比野 文 11

2. 天王州 アテネ 5

3. 西沢 歩 7

4. シャルナ 19

5. 三千院 ナギ 2

6. 綾崎 ハヤテ 3

7. 桂 雪路 15

8. 花菱 美希 16

9. 朝風 理沙 17

10. 瀬川 泉 6

11. 霞 愛歌 14

12. 桂 ヒナギク 1

13. 橘 ワタル 13

14. 貴嶋 サキ 12

15. 鷺ノ宮 伊澄 10

16. 愛沢 咲夜 9

17. 春風 千桜 8

18. シラヌイ 20

19. タマ 18

20. マリア 4



順位の順にしてみるとこちら↓

1. 桂 ヒナギク

2. 三千院 ナギ

3. マリア

4. 綾崎 ハヤテ

5. 天王州 アテネ

6. 瀬川 泉

7. 西沢 歩

8. 春風 千桜

9. 愛沢 咲夜

10. 鷺ノ宮 伊澄

11. 日比野

12. 貴嶋 サキ

13. 橘 ワタル

14. 霞 愛歌

15. 桂 雪路

16. 花菱 美希

17. 朝風 理沙

18. タマ

19. シャルナ

20. シラヌイ


1位:ヒナギク(1位→1位)

安定。前回の勢いもあるし、下田編やサクの誕生日、デート編などイベントにも事欠かない。


2位:ナギ(4位→2位)

下田編の後、そこまで大きなイベントはなかった気がするけど、メインヒロインとして

随所に存在感もあるし、この辺で。


3位:ハヤテ(3位→3位)

主人公。登場回数の多さやサンデーの読者層を考慮して。


4位:マリア(2位→4位)

出番その他を考慮。デート編や多少のプッシュはあるとはいえ、

全体的な存在感が。ネタキャラになってる気もするし。


5位:アテネ(ランク外)

過去編は大きかったかと。過去編が好きな人の票が集まりそう。

ちなみに、自分が投票したキャラです。


6位:いいんちょさん(8位→6位)

まぁ、瀬川家へんもありましたし。2ランク位アップできるんじゃないかと。


7位:西沢さん(7位→7位)

普通にそのままで。下田編はありましたが時期的に・・・。


8位:千桜(ランク外)

新キャラということを考慮。

面白いキャラやし、2面性もいい感じなんで、ちょっと高めの予想。


9位:サク(6位→8位)

もう少し上かも。下手したら5位に入るとは思う。

サクの誕生日編なのに、あんま目立てなかったことを考慮に入れてここ。


10位:伊澄(5位→9位)

あんま目立ててないもんね・・・。

流石にこの辺には入ってくるのではないかと。


11位以下はカット。


てことで順位予想でした。

2008-10-26 つれづれに。

[][]近況。 00:32 近況。 - colorless無色の日記 を含むブックマーク 近況。 - colorless無色の日記 のブックマークコメント

最近、やっと忙しさに体が慣れてきました。

まあ、主に大学に行ってないことで余裕を生み出してる状況には変わらないんですけど。

ちなみに、行ってる授業は15コマ中4コマ。本当に上の学年に上がれるのか、今からとても心配な数字です。


それはそうと、なんやかんやでゲームをちょこちょこと買っています。

一番新しく買ったのはドラクエ4。

睡眠時間を削ってやってたら、やっとデスピサロまでたどり着きました。

まあ、ちょっと急ぎ過ぎたみたいで、デスピサロが倒せないんですけどね。

今更レベル上げもめんどいなぁ、と思い放置中、なのです。


そして、「書きづらい」感想について。

はてなダイアリー


裏事情を言うと、Twitterでそういう言葉を見ていたから、微妙に書きづらいことを覚悟してたりしたんだけども。

確かに長い感想とか深い考察とかは書きづらいかもしんないけど、

個人的にはそこまで書きづらくもなかったかな。

ま、毎週書いてる人が書きづらいと書くのは仕方ないんじゃないかな、と思わなくもない。

それは、あくまでもいつもに比べてってことだろうと思えるし、

「書きづらい=面白くない」では無いし、ましてや、みんな書きやすいから感想を書いてるってわけでもないでしょうし。

書きづらいなら、もっと読み込んでから書くべきって意見ももちろん一理あると思うけど、

読み込んでない、初見の新鮮な感想もそれはそれで価値のある気はします。

「考察」と「感想」の違いはそこにあると思いますし。

以上、内容のある感想を書けたことがない気のする人間の戯言。

(追記:自動TBが飛ぶと思ってTB送信してませんでした。申し訳ないです。今更になるのでTBは控えさせていただきます。)


ハヤテのメーリングリストについて。

自分も登録させていただいたのでここで紹介させていただきます。

no title


あと、ハヤテ17巻について。

うん、早く買います。どうしても、読んでる作品の単行本よりも

読んでない作品の方が優先順位が上に行く。

ハヤテさえも発売日に買ったのはサンデーで読み始めてからを除けば、

2回くらいしかないかも・・・。


以上、つれづれなるままに。

raindroptracesraindroptraces 2008/10/28 21:35 反応記事書いてくれてありがとうございます。トラバは飛んできませんでしたけど、昨日の段階でちゃんと読んでますよ。はてなはトラバが不安定で困りますよね。近日中に補足記事をアップするつもりです。

k_colorlessk_colorless 2008/10/29 02:07 はじめまして。
反応記事と言ってもちゃんとした形式でなく申し訳ないです。
ちょっとだけ触れようと思ったら意外と長くなってしまった感じで。
トラバは本当は一つ一つ確かめるべきなんですけど、
やっぱ手間なんでさぼりがちに・・・。
補足記事楽しみにしています。
コメントありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

2008-10-16 ハヤテのごとく!第196話感想「感動のない切なさ。」

[][] ハヤテのごとく!第196話感想「感動のない切なさ。」 02:33  ハヤテのごとく!第196話感想「感動のない切なさ。」 - colorless無色の日記 を含むブックマーク  ハヤテのごとく!第196話感想「感動のない切なさ。」 - colorless無色の日記 のブックマークコメント

今週のメインテーマは切なさ。


・薫先生と切なさ。

いや、やっぱり切ないのに感動が全くない、というか逆にドン引き、みたいなのが一番切ない。ていうか可哀想。

とにもかくにも、学校でモテるようになるための本なんか読むのはやめようよ、薫先生。

逆にモテなくなるから。確実に。

オタクな趣味を隠して、ちょっと自分をアピールすれば、あの収入だし、顔も悪くないし普通にモテそうな気が。

まぁ、どっちにしても雪路が好きで、雪路にもてたいだけなら、その本はまったく意味をなさないかと。


・牧村先生と切なさ。

牧村先生が生徒から告白される場面で登場。

「それは私が・・・あなたの先生だから。」がこの人にしてはマトモすぎる。

ていうか、ロボットが彼氏でもいいのに生徒ならダメなのか。

倫理的にというか、人間的にすごい微妙なラインだと思うけどなぁ、それは。

ま、ここで告白を受けるとサンデー的に連載できないのは確かだとは思います。


・美希と切なさ。

「言ったところで絶対に受け入れてもらえないと知っているから・・・見上げているだけさ。」

あまりにも切ない。もちろん薫先生のとは別の意味で。

もともと女の子が好きだったのか、それとも、ヒナギクの男の子的(ヒーロー的)要素への憧れが大き過ぎたのか。

それによって意味はだいぶ違ってくると思いますけども。

前者なら、ずっとヒナギクを好きなままで何も言わないんでしょうし、

後者なら、本当にカッコいい男の子が現れた時に、恋心はそちらに向かうんでしょう。


今の美希の気持ちは、昔、男の子にいじめられた記憶との相乗効果があるんじゃないかなぁ、とか思ってます。

「本物の男の子は自分をいじめる嫌なやつら。」という気持ちと、「ヒナギクは自分をその子たちから助けてくれた強いヒーロー。」という気持ち。

だからこそ、ヒナギクに憧れ、それが恋心となってしまったんじゃないかな、と。

美希が「ヒナギクは半分男の子のようなもの」と以前言ってたと思いますが、

「半分男の子」であるからこそ、カッコいい男の子のようなヒーロー的要素を持つヒナギクが好きなんだと思います。


ま、この辺は描かれないでしょうし、考察に近い妄想ってことで。


TBは今週も基本的にお休みです。申し訳ないです。


TB送り先。  

まかの感想と雑記様 送り返しが遅れて申し訳ないです・・・。戯言形式もそれはそれで面白かったですw

2008-09-23 新連載アスクレピオス第一話「切り裂き魔」感想。

[][]新連載アスクレピオス第一話「切り裂き魔」感想。 03:28 新連載アスクレピオス第一話「切り裂き魔」感想。 - colorless無色の日記 を含むブックマーク 新連載アスクレピオス第一話「切り裂き魔」感想。 - colorless無色の日記 のブックマークコメント

ということで、ジャンプに医療マンガが登場しました。

マガジンの「ゴッドハンド輝」やサンデーの「最上の命医」など、

現代の医療を扱うマンガとは全然違いますが。


まあ、医療マンガというよりもファンタジーに近いです。


やっぱり、なんといっても左手の神の目は反則級。

医療マンガとしては便利すぎるというか、その能力さえあれば、手術の5割は完結してる気がする「神の目」。

能力を説明すると、患者のバイタルサイン(脈拍などの生体反応)を把握する、という能力。

これがあれば、手術しても大丈夫な体力があるかもわかるし、手術中の患者の状態もわかる。

どこがおかしいのかが一瞬でわかれば、次の適切な処置もわかる。

便利すぎて、頭が下がります。


他にも突っ込もうと思えば突っ込みどころも。

確実にこんな衛生観念を無視した状態で手術したら、下手したら他の病気に感染するだろうし、

麻酔をどうやってかけてるのか分かんないし。

大体、麻酔の量って一応手術中にも変えていかないとダメなんですから。


でも、死にかけのロザリィを手術するシーンは、明らかに医療マンガな感じです。

人の生死を左右するはじめての手術。

これは、人の生死にかかわらない手術をしてきた医師でさえも手が震えるのに、

この場合はそれが正真正銘の初めての手術です。

その緊張感はたまったもんじゃないでしょう。

バズはそれに打ち勝って、ロザリィの命を救います。

確かにそれは無上の喜びかもしれません。

張り詰めてた緊張の糸が切れ、そして、このままではいなくなる人を自分の手で救った、という達成感。

これは、言葉を失うほどの喜びと安堵でしょう。


ということで、突っ込みどころもあるけど、ちょっと期待してもよさそうな医療ファンタジー。

これからの展開を楽しみにしています。


それにしても、アンケートの「ライバルなどと戦うバトル医療マンガ」ってのはなんなん?笑