Hatena::ブログ(Diary)

井上勝雄の活動紹介

2013-06-30

三菱電機のOB会(商品研究所)

私が、三菱電機入社した時に、商品研究所の中に、私の勤務したデザインセンターがありました。そのデザインセンターは、私の入社半年前に新設されたと聞いています。それから、十数年は、商品研究所の中で勤務していました。その研究所の出身の諸先輩のOB会が、例年、大船駅近くの三菱電機の情報総合研究所に隣接する鎌倉芸術館で開催されています。

今回は、数年ぶりに二回目の参加になりました。本当に懐かしい先輩たちにお会いして、また、皆さん大変お元気でした。元気な日本の高齢化社会を実感しました。

その中で、二十年以上、江の島ヨットハーバーディンギーの指導をして頂いた島さんに、久しぶりにお会いしました。現在も、江の島で、クルーザーに乗っているとのことです。来年、それに乗せていただく約束をしました。このブログを時々覗いているとのことですので、備忘録として、載せておきます。嶋さんとは、仕事でもカーオーディオのデザインを担当した若いころに、沢山教えていただきました。今でも大変感謝しています。

写真の左側の女性は、若い頃にテニスやスキーを教えていただいた花房さんです。現在は北海道の自然の中で、私たちには羨ましい人間らしい生活を送っているそうです。私も何度も北海道に行きますが、大自然の不思議な魅力があります。

最後に、商品研究所という名称ですが、昭和三十年代に設立されましたが、当時としては、大変、大胆な名称で注目されました。三菱電機というとどうしても重電というイメージが強かった時代に、こんな大胆な名称を付けた先人の強い意志と長期的な戦略に敬服します。この研究所から、家電の三菱の多くのヒット商品を誕生させました。紙面で、それらを生み出した諸先輩に敬意を示したいと思います。

f:id:k_inoue:20130630141444j:image

2013-06-27

季節の花便り 2013 春

知人の(株)インサイトリサーチの松永秀和氏から、今年も季節の花便りが届きました。やはり、綺麗な花を見ると癒されますね。お裾分けになりますが、皆さんも癒されてください。

なお、今日から7月下旬まで、四川省の山奥に「青いケシ」を探しに行くそうです。

下記に松永氏からのメールを添付します。

-----------------------------------------------

「行く春や 鳥啼き 魚の目は泪」

芭蕉が「奥の細道」紀行で千住を出たときの句ですが、それにならってではないですが、

今回は、佐渡島から北陸、そして屋久島まで足を伸ばしてきました。

http://www.insite-r.co.jp/Flower/2013/jun/spring_runs.html

梅雨が明けるともう夏。今年も暑さが厳しくなりそうですね。おからだご自愛のほどを。

2013-06-22

ホットモックとウェブ調査システムの開発

数年前から支援している(株)ホロンクリエイトのホットモックウェブ調査システムが開発され、公開販売が始まりました。そのデモが、本日、筑波大学で、日本デザイン学会の第60回大会で行われました。

まず、ホットモックは、開発の上流で迅速に動作モデルが可能なので、いろいろな製品で応用が期待できます。是非、試してみてください。

一方、とウェブ調査システムは、「Trending Net」という名称でサイトに掲示されています。公開開始して間もないので、体験版として、当分無料公開のサービスも行っていますので、是非、身近な調査に使用し体験してみてください。なお、少し恥ずかしいですが、そのサイトのトップに私の写真が貼ってあります。本当に簡単に単純集計の綺麗なグラフや、よく使われる多変量解析の計算結果も綺麗な散布図で出力されます。

ホットモックの紹介サイト・・・http://www.hotmock.com/

ウェブ調査システム・・・http://www.trending.net/index.php

2013-06-20

グーグル、アップルの開発者会議開催

5月中旬に、米グーグルサンフランシスコ市内で開いた大規模なイベント「開発者会議」を開催、そして、米アップルが6月上旬に開催された。詳細は下記のサイトに譲るが、グーグルはユニークな使い方を提案した数千人の中に、約1500ドル(約15万円)で購入した技術者たちが会場に持ち寄った「グーグル・グラス」を掛けた人たちで異様な風景が。

一方、アップルの開発者会議では、秋にリリース予定の最新の iOS7が紹介され、特に、iPhoneインタフェースデザインは、かなり一新した。これまでのスキューモーフィックデザイン(Skeuomorphic design、下記に解説サイト添付)は姿を消し、グーグルのようなシンプルなデザインに。

また、奥行き方向のレイヤー的な画面や、複数のサイトを3次元表現で上から見下ろすようなインタフェースデザインも採用。有名な製品デザインのJonathan Ive氏が、地図問題のScott Forstall氏に代わって、OSなどヒューマンインタフェース(HI)のリーダーとなったことで、Appleの見た目とフィーリングが統一的なものになると噂されていたので、それが現実となった。

ところで、グーグルのレポート記事の後半に、米アップルが開発中とされるのは、腕時計型の「iWatch」の予測的な記事も。このウエアラブル分野での日本メーカーの戦略は、・・・。

グーグルの開発者会議レポート記事

http://digital.asahi.com/articles/TKY201306190345.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201306190345

AppleWWDC で最新の iOSOS X を発表(記事)

http://topics.jp.msn.com/digital/mobile/article.aspx?articleid=1890277

Apple Introducing iOS 7 - Official Video(公式な紹介ビデオ)

http://www.youtube.com/watch?v=rT_OmTMwvZI

iOS 7 Hands-On (新IFを詳しく解説)

http://www.youtube.com/watch?v=cVGprD-o8Ik&noredirect=1

●デザイン担当責任者が、製品デザインのJonathan Ive氏になった。 (記事)

http://www.macotakara.jp/blog/news/entry-18191.html

Appleが推奨するSkeuomorphic Designとそのメリットデメリット

http://design-spice.com/2012/04/06/skeuomorphic-design/

●Skeuomorphs or Digitally Authentic?

https://www.youtube.com/watch?v=uPS1ouXMGVA