Hatena::ブログ(Diary)

DIALOGUE-3

2010-01-01 謹賀新年

年末に少し触れたように、10年代に入ったのを機にブログを引越しました。

かれこれ4回目の引越しということで、ブックマークの変更等またぞろお手間を

取らせてしまいますが、今度は自前のスペースなので、ほぼ終の住処になると

思います。

引き続き、そして末永く、よろしくお願い申し上げます。

http://dialogue.sblo.jp/

2009-12-31 実家のガンダム

機動戦士ガンダムORIGIN』の18巻を買って読む。

収集癖のほとんどないわたしが,唯一そろえている

漫画である。

きっかけは確か3年ほど前の誕生日に10巻程度を

まとめて親友・岡本がプレゼントしてくれたから。

以来,実家においておき,帰省のたびに少しづつ

買い足している。

幸い,義弟も好きらしく,酒席の話題にもなって

くれる。

さて,安彦良和の演出と画力にはただただ唸るしか

ないのだが,あらためて富野由悠季のことを考える

機会が増えている。

ガンダム』という世界が成立したのは,ひとえに

この人がロボットアニメというジャンルが嫌い

だったから。

「人型の戦闘兵器が作られるとすれば,それは国家

的な戦争の中でしかないだろう」と。

荒唐無稽な存在に少しでもリアルさを与えようと

した,その苦心の中に,あの世界は萌芽した。

そう考えれば,全然オタク的ではないわけで,

これまた「禍福はあざなえる縄のごとし」な感じ

なのである。

2009-12-30 お風呂でウトウト

昨日は高校の同級生と久しぶりの再会。

イタリアンな飲み屋をやっている友人のところで

4人で集まる。

おいしい料理とワインで気持ちよくなり,そのまま

カラオケへ。

アニソン「しばり」というわけではないが,かなり

「多め」な感じで4時間ほど。

結局,帰宅したのは2時くらいだった。

まぁ,そこまではいいとして,問題はそこから。

一応,お風呂に入って寝ようとしたところ,

うっかり湯船の中でウトウト。

寒くなって目が覚め,湯をわかし直して上がったら

何と5時だった。

げっ,3時間も風呂で寝ていた。

風邪をひかなかったのが不思議なほど。

というか,深夜バスよりぐっすり寝られたのが,

何とも皮肉な感じである。

有 2009/12/31 11:50 私もよく風呂で寝るんですが、この間初めて水飲んでしまいました。
さすがにむせて一瞬で目が覚めましたね。

k_sugiokak_sugioka 2009/12/31 15:19 >有さん
お互い,気をつけましょう。
なんだか,死ぬこともあるみたいですよ>風呂で寝るの
親父に怒られました。

2009-12-29 散歩にあるといいもの

妹の家に昼食に招かれる。

子供達二人と行くはずだったのだが,長男は宿題が

進んでいないことが発覚し,家で勉強。

よって,次男と二人で出かけることになった。

最近は次男といることが多いので,まぁ,いつもの

感じではある。

妹一家には,5歳の姪っ子と3歳の甥っ子がいて,

どちらも大変かわいらしい。

特に甥っ子は,少しこまっしゃくれていて,大変

愉快な言動を取ってくれる。

一方,義理の弟と一献と行きたいところだったが,

諸事情あって車で行ったため,それはお預け。

代わりと言っては何だが,付近を二人で散歩した。

水の流れる音をあちこちで耳にする,静かな良い

街である。

散歩というのは,本来こうした場所でやるべき

ことだな,と思った。

水の音。

けっこう大事なものだと再認識。

2009-12-28 新書三昧

甥っ子から『ONE PIECE』の55巻と56巻を借りて読む。

言うまでもなく(?)おもしろい!

なるほど,空前の売上を記録しているはずである。

日本全体の『ONE PIECE』に対する現在の熱気は,後年

語り草になることだろう。

一方,仕事のヒントになれば,と思い『この「社則」,

効果あり』と『手塚先生,締め切り過ぎてます!』を読了。

どちらもおもしろい本だったが,ビジネス関係で言えば

(いや,ジャンルをはずしても)今年の白眉は『ルワンダ

中央銀行総裁日記』だったように思う。

今回の帰省に際しても,読み返す可能性を考えて持ち帰った

ほど。

ただ,まだ3冊ほど読もうと思っている本があるので,

そちらが先か。

次は『超合金の男』を読むつもり。

これは,おもちゃの世界にプロダクト・デザイン的思考を

持ちこんだ村上克司さんの伝記である。

と書いて,あらためて気づいたが,この4冊はいずれも

新書ではないか。

物理的に見て気づけ>俺

以前は新書を読むことはほとんどなかったのに,それだけ

流行っている(=読みたいものがラインナップされている)

ということだろうか。

2009-12-27 11時間でした

初めての深夜高速バス

東京駅を昨晩8時に出発し,広島駅に着いたのは

今朝の7時だった。

ピッタリ11時間。

乗り心地はほぼ想像していた通り。

細かく言えば,椅子のクッションは思っていたより

ちょっと良かった。

飛行機などでもあまり寝られない方なので,熟睡は

期待していなかったが,それでも6時間くらいは

ウトウトできた。

上出来である。

以前,通勤のために購入した耳栓が,けっこうイイ

感じで効果的だった。

ちなみに,耳栓を常備する計画は,持ち方の妙案が

浮かばず,かなっていない。

まぁ,今回使えたことで,購入自体は無駄にならな

かったので良しとしよう。

それにしても,朝,別の場所から1日が始まるという

のは,ちょっと不思議な感じである。

例によって,子供たちを連れて墓参り。

徐々にルーティンの良さがハッキリと分かってきて

いる昨今でもある。

2009-12-26 さみだれの帰省

お昼過ぎ、次男を連れて羽田空港へ。

帰省第1陣ということで、「お子様一人旅」という

サービスを利用する。

広島側には妻の両親が迎えに来てくれるので、

都合、飛行機だけ一人で乗る仕組み。

こちらも搭乗口までつきそうことができる。

タイミングが良かったのか、窓口は全然待たずに

手続きできたのだが、手荷物チェックが以前より

はるかに厳しくなっており、そちらが長蛇の列。

ともあれ、遅れることなく、無事に送り出すことが

できた。

帰省第2陣は、わたしと長男。

今晩、深夜バスにて広島へと向かう。

次男は車に酔いやすいので、飛行機を使った次第。

妻は第3陣として、数日後に帰省する。

さみだれである。

広島東京間は何度か車で行き来したこともあるが、

深夜バスは初めて。

さて、どんなものだろう?

けっこうつらいという話も耳にしたが、何しろ安い

のである。

背に腹は変えられぬ、と。