姿のいいひとよ

2012-12-19

[]まずは初戦敗れたり 23:26

イープラスキリンジ京都、外れたーーーー。

早速ぴあから京都再挑戦。

[]お正月休みのために買ったはずの本 23:26

岸本佐知子さんは、私が人生で出会った中で、一番好きなエッセイスト。読まないで死んだら大損です。

なんらかの事情

なんらかの事情


amazonでも楽天ブックスでも在庫無しで購入もできないのに、本屋さんで遭遇。山本ゆりこさんの本はおしゃれなだけじゃなくて、レシピもすばらしいので、大好き。

ヨーロッパの食事の時間

ヨーロッパの食事の時間


辛いものブームがいつまでも去りません。辛くてすっぱければさらに良し。どのページを見ても唐辛子の赤い料理が載っていて、テンション上がるぜ!

「妻家房」の秘密のたれで韓国ごはん

「妻家房」の秘密のたれで韓国ごはん


英国菓子教室で紅茶をいただく際、自分のマナーが心配になったので、この本で勉強予定。来月の教室までには恥ずかしくないくらいにはなっていたいな。

英国スタイルで楽しむ紅茶

英国スタイルで楽しむ紅茶


三浦しをんさんが超初心者の代表としてワインの先生に入門、というところが気に入りました。三浦しをんさんも好きだし、ワインもかじりたいし、私にぴったり。この表紙の感じも好き。

黄金の丘で君と転げまわりたいのだ

黄金の丘で君と転げまわりたいのだ


確かべてるの家を知ったのは、NHK教育テレビの福祉の番組。精神的な障害等を抱えた人たちの集まりです。興味本位でけしからんかもしれないけど、そういう人が恋愛をどう語るのか興味があるのです。

べてるの家の恋愛大研究

べてるの家の恋愛大研究


お菓子教室にも通い始めたことだし、誰かにお菓子をあげる機会もきっと増えることでしょう。そういう時に参考にしたいなって。あんまり手作りラッピング丸出しだと、ちょっとひいちゃう人もいると思うんですよね。実際、私がそうだし。

フードラッピング―+50のおいしいレシピ

フードラッピング―+50のおいしいレシピ


毎回買ってるすーちゃんシリーズ。やっぱりおもしろかった。映画版のすーちゃんは柴咲コウが演じるらしいのだけど、全く違うでしょ。きれいすぎでしょ。

すーちゃんの恋

すーちゃんの恋


こういう本、そそられます。犯罪ものとかこういうものばっかり読んでるから、女子力が低くて、モテないんだと思う。

「カルト宗教」取材したらこうだった (宝島社新書)

「カルト宗教」取材したらこうだった (宝島社新書)


東京のかわいいお店がいっぱい。端っことはいえ、東京に住んでいるのに、何でこんなに知らないのだろか。

小さな小さなお店案内 大人の乙女に贈る TOKYO Petite Shop Bible (NEWS mook)

小さな小さなお店案内 大人の乙女に贈る TOKYO Petite Shop Bible (NEWS mook)


この前の心療内科通院日の時に出てきたキーワード「自己愛」について知りたくて。

自己愛な人たち (講談社現代新書)

自己愛な人たち (講談社現代新書)


いろいろと思い出して、ページがめくれなくなる本。

ときめかない日記

ときめかない日記

ClemaClema 2012/12/20 00:13 すごい!すごい本いっぱい!羨ましい!!
私も読書熱が高まっているのですが、読みたい(欲しい)本がなかなかみつからないのですー。図書館は品揃えがいまいちだし・・・。
あー。未読の(好みの)本に埋もれたいなー。

kaayakaaya 2012/12/20 06:14 >Clemaさん
今回はドドンとたくさん買ってしまいました!でも、まだ満足できないんです。恐ろしい、本・・・・・・。今朝もamazonを彷徨う私がいます(笑)
私の家の近くの図書館もとても小さいので、品揃えがよくありません。ちょっと足を運べば、市の中央図書館もあるのですが、そこまで行くのはめんどくさい(笑)

soylattesoylatte 2012/12/20 22:27 おいしそうな本に、ちょっとひねくれた本に…面白そうな本ばかりです!
岸本佐知子さん、新刊出てたんですね。チェックしなきゃ。
あと、下世話ながら、べてるの家は特に気になります!
そして「ときめかない日記」、Web連載時に愛読してました。
苦しくなっちゃうくらい感情移入しちゃったのを思い出します…。

kaayakaaya 2012/12/21 06:40 >soylatteさん
そうなんです!岸本さんの新刊、私も偶然見つけて「いつの間に!」と思って、即購入しました。べてるの家は昨日から読み始めましたよ!
「ときめかない日記」は苦しくなる人と苦しくならない人にばっさり二分されそうですね。ここまで細やかにこういう心情が書かれた作品って、他に知りません。soylatteさんも読まれていたんですね〜。ほんと、soylatteさんとは共通点が多いわ〜。

Connection: close