Hatena::ブログ(Diary)

かブログ

2015-07-11

自動麻酔記録ソフト"zoro_chart Ver2.03"

自動麻酔記録ソフト"zoro_chart"をバージョンアップしました。

バージョン番号は2.03となります。

以前の1.xxで保存したデータは、一応読めますが、新しいバージョンとはデータの中身が変わっています。

なので、新しいzoro_chartの保存データは、1.xxのzoro_chartでは読み込めません。

主な変更点としては、

・起動時に設定選択ダイアログが出て、複数の設定を選択できるようにした。

・薬剤、輸液欄の行数の制限をなくした。

・印刷時に、薬剤、輸液、イベントの行数がオーバーフローした場合、ページを増やしてすべて印刷されるようにした。

・薬剤、輸液の履歴の呼び出し方を変えた。

・投与薬剤の表示の仕方を変えた。

大幅に変えたので、気づいていない新たなバグがあるかもしれません。

もう、プログラムを大きくいじるつもりはなかったのですが、溜まった鬱憤の一部を吐き出した感じです。

まだまだ、理想には程遠いです。

2013-10-03

Zoro_Chart 1.17

自動麻酔記録ソフト、zoro_chartをアップデートしました。

通信エラー時の挙動を修正しました。

2013-04-17

zoro_chart 1.16

自動麻酔記録ソフト「zoro_chart」をバージョンアップしました。

いくつかのバグを修正しました。

2012-12-08

隅の曲り四目

囲碁の話題です。


よく誤解されがちな「隅の曲り四目は死に」ですが、自分も誤解していたことに気づきました。

この歳になるまで気づかないとは…。

f:id:kaba123:20121207235714j:image

こういう形です。


一見、セキ生きの形ですが、白から1−3に自殺してコウに持ち込む手があり、

黒からは手出しができません。

・この形で終局した場合は、死活確認のルールから無条件死になります。

・白からコウを仕掛けてしまうと、コウになるので、実戦解決です。

・外側を囲んでいる白石が取られてしまうと、セキ崩れになって、黒活きです。

となります。


一応、そういう字面は理解していたのですが、実際の運用で勘違いしていました。

外側を囲んでいる白石が死んでしまったら、そこで黒復活とみなしていましたが、

そんなことありませんね。

f:id:kaba123:20121208000039j:image

例えば、こんな感じ。

白からコウを仕掛けて取りに行く手があるので、駄目の多い万年コウみたいな感じですね。


f:id:kaba123:20121208000157j:image

白から取りかけに行って

f:id:kaba123:20121208000245j:image

黒を活かさないように、2の1につけるわけですが、

・黒から1の1に放り込まずに、白が1の1に打って攻めあえば、打ち上げまで5手。

・黒から1の1に放り込まずに、白がコウを仕掛ければ打ち上げまで3手。


なので、外を囲っている白の外ダメが、

2手以下なら、白の攻め合い負けで、無条件とられ。

5手以上なら、黒は攻め合いに負けないようにコウに放り込まないといけないので、白の取り番のコウ

その間の手数なら、攻め合いに負けないように白からコウに放り込まないといけないので、黒の取り番


白の外駄目が多かった場合、終局間近に自分のコウ材を消して、コウを仕掛けて打ち上げる、外駄目の多い万年コウみたいな感じですね。

外駄目が4,5手だと悩ましい…。


自分は誤解から、この変化を避けるように何度も打ってるので、確実に何局かこれで負けてますね。

少なくとも1局は、外の白が活きなくて投げたぞ。


では、また。

2012-11-21

Zoro_Chart Update

生きてます。


麻酔記録ソフト、ゾロチャートアップデートしました。

輸液停止の再開処理を治しました。