Hatena::ブログ(Diary)

日記亭「蕪野」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

しらと(ハンドル名)の「蕪野」という名前の日記コーナーです。思ったよりも多くの方々に読んでいただいているようで、ありがとうございます。青森近辺のアートとかニュースのネタとか、自然関係の話題を中心に、好き勝手に書いています。 気に入ったら、ときどきでもお立ち寄りください。 ちなみに本館改装思案中。

2004-02-04 もう後戻りできないって

後戻りする気なんてないけど<お気楽?

「ARTizan結成」が記事に

東奥日報による記事はここだ→ http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2004/0204/nto0204_3.html

というわけで、みなさま、よろしくお願いします。

office氏逮捕される

私はセキュリティ関係の情報をチェックするときに、時折彼のページや掲示板をチェックするだけで、お付き合いは全くなかったので、個別のこととしては、とやかく言えません。

ただ、ネット上で利用されているさまざまな情報管理の仕組には、脆弱性が(まだまだ)数多く存在するであろうし、それをチェックする方策は、システム開発サイドでのチェックがもれたとき、こういう違法すれすれというか、違法とされる方法と同一の手順を経ない限り、明るみに出ない状況があるのだと思います。もちろん、利用者・団体が誰かに依頼してチェックをしてもらうことはあるでしょうが、それは少数派でしょうし、その成果を私たちが知って、適切な対策がされたと信頼を持てるだけの情報が得られるものか、不安はありますね。

これを書いている時点では、あんまり騒いでいそうなサイトを見ていないので、同意見があるかとか、同じような発想が却下されているかとかわからないのですが、こういう脆弱性やセキュリティホールをたまたまでも発見した場合、ただ報告ができるだけでなく、それが適切に処理される組織が必要なのかな(office氏もそこをずっと指摘していたのでなかったか?)。

または、ある程度でも、セキュリティの安全性を保証できる第三者のチェック機関みたいなものがあれば……いいのか?そういうことで。現在のところ、それ以上の考えは浮かばない。

それにしても、NHKニュースのサイトを見たら、

2年ほど前から総理大臣官邸総務省ホームページなどにも次々に侵入した疑いのあることがわかりました。

って、少なくとも首相官邸については、掲示板を読んでいた人には思いっきり既知だと思うのだけど。首相官邸方面からは前々から警告(脅し?)があったことは彼自身の掲示板に書かれていたし。総務省関係のことも書いてあったのかもしれないですが、私は憶えていません。

ところで、今までに私がインターネットを介して送った個人情報は、どのくらい漏れていて、どれくらい使われているのだろう。