Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-04-16 昔の私たち

同じところを回っているような気がする

| 同じところを回っているような気がするを含むブックマーク

先日、車で郊外へ出かけて、ファミレスに入ったのだが、そこで、ある親子が気になった。幼稚園児と思われる子が、延々と母親に質問をしている。

「ねぇ、〇〇と〇〇を買うんだよね、ね」

「そうよ、買うわよ」

「〇〇を買ってから、〇〇を買うんだよね」

「そうだけど、今はごはん食べないと」

「ごはん食べたら、〇〇を買いに、スーパーへ行くよね、ね」

「そうよ、だから、ごはん食べてね」

「なんで、先に買いに行かなかったの、なんで?」

「今は、ごはんを食べる時間だから」

「〇〇を買いにいくんだよね、次に行くよね」

というような、ただただ投げかけられる問いを母親がいなしていたんだが、父親がたまりかねて間に入り、

「まず、ごはんを食べないと。座って、食べて」

クネクネと床に転げまわりそうな子を支えて座らせて、食べさせようとしていた。

それを見ながら、あぁ、これは、昔の私たちだなと思った。

いわゆるグレーゾーンと言われている子たち、扱いがめんどくさい子たちは、だいたいこんな感じに、親を困らせる。就学前だと、こんな感じに、我儘を言っているのか、疲れているのか、よくわからないが、親が困ってしまう状況を、いろんなところで、作り出す。と思う。

「なに言ってんの、どんな子でも、こんなことはあるから」

とよく言われるし、実際、こういうことはどんな子でも起きるんだろうが、その頻度が全然違うし、一般的なご機嫌取りになることをしようが、どうにもならないときはならない。しつこさと、関係がないことを次々とつなげていく、論理性のなさ。

息子が生まれる前は、私も、ずっと娘の問いに答え続けていた。家事をしながら、延々と付き合っていた。子どもってそういうものかと思っていたので、疑問にも思わなかったんだが、クイズタイムショックの回答者として生きている感じはしんどかった。レスポンスが遅いと、娘が癇癪起こして怒られるから、必死って、異様だよなぁと。

それは、今だからわかることで、当時は、なにがなんだかわからず無我夢中だった。



診断を受けるか、受けないか。みたいな話を、ママ友とすると、受けるメリットというのは、親がホッとすることだみたいな話になることも多い。

「なんだ、これは。なにがしたいんだ? なにを考えているかわからない」

「私の育て方が、なにか間違っていたの?」

「なにかひどい目にあったのかしら? なんなのいつも親を苦しめて」

というような悶々した悩みがはれて、スッキリした。

要はそこに問題がある。ということに気付くと、それに対処していけばいいのだと、道が開ける感じがした人は少なくない。


一方で、診断がくだされて、悪い予感が当たったことで、落ち込むこともある。あーやはりそうなんだ。生得的なものだから、治ることはないというのも、説明をされるから。そのショックから立ち直るのに時間がかかる人も少なくない。

認めたくないという思いを引きずる人もいる。


でも、最近思っていたのは、診断があろうが、なかろうが、子どもとの付き合いにほとほと疲れたら、

「発達に問題があるのではないか?」

という意識をもって、子どもと接してみてもいいんじゃないかと。

私が発達の問題を考える前は、しつけというと、世の中にある一般的な流れに、子どもを合わせよう。その場でに合わせた態度や、ある一定の水準を目指して努力させるようなイメージで接していた。だが、「発達に問題がある」という前提で付き合い方を勉強するうちに、そうではなく、子ども自身に環境を合わせて、子ども本位な形で教えなければ、教えたいことは伝わらないと意識するようになった。

それからは、かなり楽になった。

「この子はこのままでいい。私が、この子の良さを見つけて、のばしてやろう」

みたいな気持ちで向き合うようになったら、子どもが変わっていった気がする。

もちろん、時間はかかるし、努力は水の泡みたいなことは今でもあるし。いつも同じところを回っているような気もする。

でも、時間はかかるが、少しずつ変わっていく。ぐるぐる回っているだけではなく、少しずつだが、上へ上へと伸びている、みたいに育つものだと、振り返って気づいた。

だから、ホントは、あのお母さんとお父さんに声をかけたかった。


「ちょっとなにがしたいかわからなくなって、混乱しているだけだから。

 そんな哀しい顔をしなくても大丈夫ですよ。

 そうやって話を聞いて、いつでも、あなたのことを見ているよとしていたら、きっと安心するようになりますから。

 だから、心配しないで。

 どんな子でも、ゆっくり育っていくから」



あさイチでグレーゾーンの話が出たみたいだけど、どういう内容だったのかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180416

2018-04-10 焼き払えぇええ

「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録」

| 「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録」を含むブックマーク

一面見て、びっくりした。

 学校法人加計(かけ)学園」が愛媛県今治市獣医学部を新設する計画について、2015年4月、愛媛県今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際に愛媛県が作成したとされる記録文書が存在することがわかった。柳瀬氏が面会で「本件は、首相案件」と述べたと記されている。政府関係者に渡っていた文書朝日新聞が確認した。

文書は「獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長・柳瀬首相秘書官との面談結果について」との題名で、15年4月13日の日付が記されている。

 経緯を知る愛媛県の関係者は、朝日新聞の取材に対し、「加計学園の誘致交渉を進める中、国への要望を行う過程で、様々な国の関係部署に状況を説明するため、配布した文書である可能性は否定できない」としている。現在、経済産業審議官を務める柳瀬氏は昨年7月25日の参院予算委員会で、この面会について「私の記憶する限りはお会いしていない」と複数回、答弁している。

https://www.asahi.com/articles/ASL497F9QL49UCLV00S.html

さすがに詰んだなと思ったんだが、まだまだエクストリームな言い訳が飛び出してきていて、それはそれで楽しみではあるw

さぁ、次は何が出てくる?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180410

2018-04-09 自称専門家流行り

「あなたは、なにを見て、情報を集めているのですか?」

| 「あなたは、なにを見て、情報を集めているのですか?」を含むブックマーク

これはこれはだなぁと思った話。

ある集会に、自民党国会議員がゲストとして招かれて、壇上から話をはじめた。

若手では、それなりに有望とされる方だったし、ある分野ではそれなりの見識があるという評判だったんだが、開口一番、

「今、財務省や、厚生労働省などが、隠蔽だの、データ偽造だの、いろいろと叩かれていますが、私が関わる〇〇省はそういうこともなく、職務に励んでおります」

そこから、いろいろと専門的な話や経験談、政治の裏話等々も交えて、内容はとても興味深いものであったのだが。

「いきなり、あれじゃねー」

「突っ込む気もしなかったよ」

と出席した人たちは、苦笑い。

その日は、「探してもなかったイラク派遣の日報が発見された!」というニュースが飛び込んできて、小野寺防衛大臣が汗かきながら釈明に追われていたという日。

防衛・外交が得意分野と自負する、この議員は、そのニュースをまったく知らなかったようだ。

「朝日が―朝日がーと新聞を腐していたから、新聞を読まないのはともかく、ヤフートピックスのトップになっているぐらいでも知らないんだって思ったよ」

「さすが、安倍チルドレンw と皮肉のひとつも言いたくなったが、言えないぐらい痛くて」

「しかし、軍事や外交って言いながら、なにを見て、情報集めているんだろうね」

「新聞は読まない、ネットも見ない。どうしてるんだろ」

というような話を聞きつつ、なんか、今の内閣の周りにいる方々がダメダメな理由が見えてくる気がした。北朝鮮の核開発へ関しての、外務大臣の自分が思ったからこうなんだ的発言とか、驚き通り越して、唖然としてしまったんだが。

情報を集めて、その情報を比較して、判断するってことが、下手なのか、苦手なのかなぁ。

もう、秘書や秘書官からして、なにも言わないのか、言えないのか。わからないんだけど、政治家として支えて、育てようという感じもなさそうで、先生先生として扱っているようだったし。。

別に、秘書が、なにか話すのなら、レクをちゃんとするなり、メモを渡すなりしておけばいい、話なんだ、これ。

別に、朝日が嫌いで、マスコミが嫌いでも、ツールとして使えばいいのに。

ついでに思ったのは、朝日がーマスコミがーと言ってる人らは、どうやって、情報を集めているんだろう。そもそも、ネットのニュースはマスコミから流れてきたものだし。どうやって、ある程度の、常識的な範囲の情報を集めているんだろう。

なぞだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180409

2018-04-07 You’re my hero !

「芸術家と一緒にいることだけが日常」

| 「芸術家と一緒にいることだけが日常」を含むブックマーク

読んだら、重いものを受け取ってしまった記事。

その知識、本当に正しいですか?|KaoRi.|note

この記事は、2001年から2016年までアラーキーのモデルを務めていた、KaoRiさんが味わった「世界的に評価された芸術家の、作品の一部として生きていくこと」が、どれだけ過酷だったかということなんだが。

過酷という表現も変な言い方で、彼女自身、最初のころは喜んで協力したし、その過程を楽しんでもいたんだが、アラーキーの作品に欠かせない被写体となり、その作品の一部として、世界観を壊さないように過ごしているうちに、実人生も合わせていくようになってしまい、気が付くと、「アラーキーのミューズ」としてがんじがらめになってしまった。それは傍から見れば、光栄であり、憧れを抱かれるってことなんだが。

しかし、彼女は逃げ出して、こういう形で記事を書いた。

そのきっかけになったのは、彼女と同じ悩みを抱えて、苦しんでいたある女性の自殺だった。“謎の死”とされた彼女の思いに気付いて彼女は決意したわけだ。

当事者にとって「謎」なんか、あるはずがありません。

そう、謎なんかない。原因はある。悪い奴はいるんだよ。

読んでもらうと、芸術に魅せられ、少しでもアートな活動をしたい若い子たちは、割とよく味わうことなんだってのに気付くと思う。

私の若いころも、こういう子たちは、キラキラ輝く人たちの周りにいっぱいいた。

「芸術のためなら、なんでもできます!」

芸術でなくてもいい、好きな人、尊敬する人のためなら、なんでもできる。そう言える子の方が、かわいがられるし、そういう部分を競わせて、操って、過激な方へ誘導していく“狡い大人”は少なくない。

それで夢破れ、傷ついて、どこかへ去って行った子たち。

なんだろう。「metoo」で告発される問題の本質って、邪悪なコントロールだと思う。尊敬やあこがれを利用した虐待。それが問題と思わせない状況を作り出しているのは、それをビジネスとしてなりたたさせている側や、消費する側にも問題があると思うんだよね。



と言いつつ、全然気づかなかったなー、写真を見ているだけでは。

気にはなっていたんだ。

なぜ、こんな写真が撮れるのか。

モデルを頼んで、撮影をセッティングした現場に行くとわかるが、ああいう「私写真」みたいなものは、本当に撮れない。簡単に言うと、見せたくない写真は被写体になった側からの許可が下りないから。

生々しいとか、リアルとか、普通は撮れないもの、ってのは、なんか、裏があるし、彼だけが撮れたってわけでもないが、作品としては発表できないのは、なぜだろうと。その裏にある強引さみたいなものにもっと敏感になっても良かったかもしれない。



追記

このつぶやきからはじまる考察は一読の価値がある。

masako todaさんのツイート: "荒木経惟の件。学生が意外なほど冷静に分析していた。1.モデルをつとめる以上、契約書や支払いはちゃんとされるべきだ。2.契約なんかしたら写真のリアリティもなくなるし私写真は成り立たない。 3. こういう写真のできる時代は終わった。と

アラーキーの「私写真」は、もう撮れない写真なんだね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180407

2018-04-02 見ようとしても見えないもの

気づいても気づかないでいる『山怪』

| 気づいても気づかないでいる『山怪』を含むブックマーク

やっと読めた。

山怪 山人が語る不思議な話

不思議な本だった。あとがきにあるように、民話や伝説になる前の話を集めたものではある。山で暮らす人々の間で、囲炉裏端で話されてきた、不思議な話。不思議なことには、思い返すとゾッとすることもあれば、もう一度あってみたいなと思うこともある。なので、あれおかしいなと首をかしげた不可解な体験から、異世界へ足を踏み入れてようやく戻ってきたレベルまで、なんていうか、脈略なく、次々と並んでいる。

最初はなにを求めているのか、取材対象者である山に生きている人たちにも理解されなかったようで、いわゆる“民話”を話されたりしたという。その前の、なんていうか、物語になってしまう前の体験談を集めたかったという意図が伝わったのか、続編からは、“民話”や“伝説”になりそうな話が並ぶようにはなり、さらにおもしろくはなった。

(山怪 続編) 山怪 弐   山人が語る不思議な話 続編

それはそれで、なんだか、寂しくもあったりする。

山に住む人たちの集合意識みたいなものから、立ち上がるイメージをとらえていたのは、最初の1冊目だった気がするので。

それは本当にあったことなのだろうか。

| それは本当にあったことなのだろうか。を含むブックマーク

せっかくなので、ひとつだけ、自分の経験の中で、これは「山怪」と思ったもの。

子どものころ、夏の真夜中、遠くの山の上に、稲光がピカピカ光るのを見た。ピカピカ、ピカピカと山のシルエットが浮かび上がるほどに光っているのに、雷鳴の音はまったくしない。

不思議だなと見ていると、祖母がこう言った。

「これはね、稲におっぱいを上げているんだよ」

雨が降るわけではなく、音もなく光るだけの雷鳴は、稲の成長を促すためには必要なものと、祖母は信じていた。

普通、これだけ光っていたら、落雷もあるだろうし、その時にはものすごい音がするはずなのだが、まったくなかったことが不思議でたまらなかった。

その後、調べても見たんだが、そういう言い伝えらしきものに当たったことはなかった。

それから、十数年たって、ある時、祖母の故郷、伊那谷の家に泊まったのだが、夏の真夜中、南アルプスの方を見たら、音もなく稲光がピカピカ光っているのに気づいた。山のシルエットが浮かび上がるほどに光っているのに、雷鳴の音はまったくしなかった。

恐ろしいほど静かな、稲光。

“稲におっぱいをあげているんだよ”

という祖母の言葉を思い出して、伊那谷では起きる現象なんだなと、

そういう自然現象なんだろうなと納得したんだが。

しかし、あの不気味なほどの静けさ。

不思議でたまらない。

あれは本当にあったことなのだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180402