Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-05-20 むすこかわいい

弱きをくじき、強きにへつらう

| 弱きをくじき、強きにへつらうを含むブックマーク

ニュースを見て、鹿川くんの言葉を思い出した。

仙台市青葉区で4月下旬、いじめを訴えていた市立中学2年の男子生徒(当時13歳)がマンションから飛び降り自殺した問題で、同市教育委員会は19日に開かれた市議会で、この生徒が授業中、教諭2人から、口に粘着テープを貼られたり、頭を拳でたたかれたりするなどの体罰を受けていたことを明らかにした。

拳でたたかれたのは男子生徒が亡くなる前日で、市教委は「いじめに加え、体罰も自殺の原因になった可能性がある」として、識者による第三者委員会で調査する。

 市教委によると、体罰は今年1月頃、50歳代の女性教諭が、授業中にしゃべっている男子生徒を黙らせようと、口に長さ約15センチの粘着テープを貼り付けた。時間は10〜15分程度だったという。

http://sp.yomiuri.co.jp/national/20170519-OYT1T50164.html

ちなみに、生徒の頭を拳で叩いたのは、テープを貼った教師とは別の男性教師。

理由は、居眠りをしていたから。


ふたりともこの事実を認めているということから見えてくるのは、この生徒は、教師たちから“あいつは多少荒っぽく扱ってもいい奴”と見なされていたってことだろう。

この程度でくじける方がおかしい思う教師は、どんな学校にも、普通にいるから。

だが、こういう扱いを教師からやられた子どもたちは、敏感に気づく。もう、自分が教室内では、“なにやってもいい的な存在”にされたのだと感じとり絶望する。

息子も似たような境遇になったかもしれないと思うと、恐ろしかった。

よく「いじられキャラ」という表現が、さも好かれている存在と思わせる表現として使われるが、現実の、特に学校では「多少の暴力&暴言OK」とのレッテル貼りになっているからなぁと。

「このままじゃ生き地獄 になっちゃうよ」

と、昔、いじめを苦にして自殺した鹿川くんは書き残したが、何を学んだのやら。


追記

鹿川君の自殺の時は、担任の教師が葬式ごっこに加担したって事実があった。あの事件以降も、担任をはじめとした教師がいじめをエスカレートさせるサインを出しているケースは少なくない。少なくとも、

“これ、クラスメイトが見ている前でやられたら、恥ずかしいだろ”

と思う行為を、教師をはじめとした、学校に関わる大人たちはするな。

というのは、教訓になっていると思ったんだが、全然減らないよね。

例えば、「おまえは勉強もできていないくせに、部活で活躍できるわけないだろ」みたいなことは、平気で言われているが、それ、相関関係ないだろと、冷静な頭で考えれば気づく。

しかし、子どもたちには呪いの言葉として残るんだよなぁ。

呪いをかけられた子たちは、そうやってクラスメイトからも“できない子”として扱われていく。

例えば、「きちんと挨拶ができない子は、合格しないから、志望しても受験させない」

って話を、中学校の校長先生から普通にされたとき。どう答えていいかわからなかった。

合格の条件として、「きちんと挨拶をする」が必要な高校を志望するならば、それを練習すればいいだろうに。それができていないと、勉強もダメみたいな話にどうしてなるのかなぁ。

非論理的な脅しと呪いを、教育の中で使うのは、勘弁してほしい。

なんていうか、その無自覚な態度&言葉が、学校という空間をきもちわるくしていると思うんだがなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170520

2017-05-18 変え難さを思う

代え難さは問題か?

| 代え難さは問題か?を含むブックマーク

加計学園の件は、噂にはなっていたが、首相の利益供与まで行くのか、いや、どうかと思っていたが、かなり生々しい資料が出てきて、詰んだなと。

ロッキード事件の時もそうだったが、「そんなの周知の事実でしょ、ズブズブなことは知っているんだよ」といわれている案件でも、資料を漁って、時間軸にそって並べて、事実関係を明らかにするという作業を、丁寧に続けてみるのは大事だね。

ここまで露骨に、お友だちを依怙贔屓していた事実はねぇ、隠しきれないだろう。奥様がアップした、あのFBの写真、「男たちの悪だくみ」とは、言い得て妙だw

朝日の淡々とした記事を受けて、今日は、自民党議員や官僚からいろいろと言い訳が開陳されていたが、これらの文書の真偽を答えられないのではなく、事実確認したかどうかすら確認できていないレベルだったのには、笑うしかなかった。

ただ、羞恥心も、理解力もなければ、見なかったことにして、黙って嵐が通り過ぎるのを待つんだろうなぁ。

続いて、お友だちのジャーナリストが、首相に泣きついて、強姦容疑を帳消しにしてもらった件も浮上してきたのには驚いた。これも間抜けなのは、取材を申し込んだ週刊新潮からのメールを、もみ消しを頼んだ官邸官僚に送ったのと同時に、新潮にも転送しちまっていたってことだ。

なんだろう、これw


ってな話をつぶやいたりしていると、「では、代わりになる政治家はいるのか?」や「財務省に逆らえる政治家がいないだろ」「安倍が辞めたら、経済終わる」という反論が来たりするんだが。

うーーん、現状、アベノミクスとやらを止めて、大幅政策転換できるかというと、それは無理。と私は思っている。

アベノミクスのコアというか、今の金融政策は、劇的に変更できない。バブルを崩壊させた、アレをもう一度やるかい? 嫌だろう。そもそも金利をじわじわと上げつつ、景気が過熱し過ぎないようにコントロールするって、いちばん難しいと思う。金融政策でここまでやったんだから、誰が次になろうが、ここからは景気を冷やし過ぎないよう、できる限りソフトランディングって前提だと思うが……日本の景気、過熱してます? 

もう誰も言わなくなった、第2、第3の矢はどうなったんだろ。そちらの効果の検証に移るフェーズだと思うがなぁ。

いやぁ、壮大な実験してみたけれど、金融政策だけじゃ無理なんだってオチかと。残念ながら思っているが、さて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170518

2017-05-05 忘れられないの、あの人が好きよ♪

『岸田森 夭逝の天才俳優・全記録』を読んでいる

| 『岸田森 夭逝の天才俳優・全記録』を読んでいるを含むブックマーク

教えてもらって、さっそく注文したんだが。


岸田森 夭逝の天才俳優・全記録 (映画秘宝COLLECTION)

岸田森 夭逝の天才俳優・全記録 (映画秘宝COLLECTION)


岸田森、やっぱりいいな。

亡くなってすぐに『アニメイト』に池田憲章さんが書いた回顧記事が出て、それを大切に読んでいた。子どものころからすごく好きで、亡くなった後も見られる作品を追っかけて見ていたんだが、評伝が出るほど大物でもないから、こういう本は出ないと思っていた。ここまで完璧な記録はないだろう。

なのでうれしいね。

しかし、読めば読むほど、ただただ惜しい。もう少し生きていればなぁ。やりたいことがまだまだあっただろうに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170505

2017-04-30 大いなる遺産

なにを残すか、なにが残ったか

| なにを残すか、なにが残ったかを含むブックマーク

この年になると、周囲の年齢も上がったせいか、葬儀に参列することも増えた。いろいろと聞いていて、これは大事だなと思ったこと。


仕事以外でなにか続けよう。

小さなことでいいから。、

仕事以外がない人生はさみしいよと。


父親の葬儀の時にも思ったんだが、葬儀に来てくれる人たち、義理や業務ではなくってのは、趣味だったり、地域の活動だったり、仕事が絡まない関係がほとんどだった。当たり前なんだけど、その人たちが教えてくれた父親の姿というのは、新鮮だった。

父親は、20年ぐらいある地域のイベントのボランティアを続けていた。立ち上げから関わって、仕事が大変なのによくやるよなぁと、結構、家族は冷ややかに見ていた。ビジネスになるわけでもない。持ち出しの多い、ただの趣味にしかならない。それでも、続けてきたのは、なんなんだろうと思ったんだが。

最後になって、振り返ると、この人にとっては、このボランティアが周囲が思っていた以上に大切だったんだなと。仕事でも、家族でもない、自分が心からやりたいことだったんだろうと。

終わってみないとわからないことなんだろうが、仕事でもなく、家族でもない、“私”の部分というのを、細々でもいいから、大事にしないとね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170430

2017-04-25 Everyday like Sunday

ミサイルが来るらしいよ

| ミサイルが来るらしいよを含むブックマーク

なんか、北からミサイルがくるらしいですねww

私のTLには出てこなかったが、「今日ミサイルがくる」ってデマが流れていたようだ。

「なんか、『ミサイルが飛んでくる』って怖がって騒いでいる子がいるんだよね〜」と娘が言うので、

「騒いでどうにかなるなわけでもないのにね」

「だよね」

なんて話をしていたら、夫も言う。

「今日さ、『ミサイルが来るかもしれないから、窓に目張りをした方がいいかしら』と聞かれたので、『目張りをするなら、ガムテープはやめた方がいいですよ。養生テープにしないと』って言ったんだよ」

「確かに。ガムテープだと、ミサイルが来なかったら、ショック大きいよねwww」

「『いいことを聞いたわ。養生テープにするわ』と感謝されたんだけど、なんだかなぁw」

ミサイルより、ガムテープをはがした跡のベタベタの方が、大問題だよな、家庭の主婦にはw


しかし、大丈夫か、この国。

参考



なんていうかね、東京にミサイルが飛んでくるよりは、ソウルが火の海になるって方が、リアリティーが100万倍あるんだが。

ソウルは、変わらぬ日常が続いているよ。



D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170425