Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-01-18 福島を思う

東京の人と福島の人の違い

| 東京の人と福島の人の違いを含むブックマーク

去年12月ごろ、朝起きてテレビをつけたら、森達也さんが若者たちにドキュメンタリーの撮り方を教えるという番組がやっていて、なんとなく見てしまったんだが。

森さんからの講義や対話を通じて被災地出身の3人の学生が学んだあと、それぞれがテーマにあった素材を捜して、ドキュメンタリーを撮って、発表するという展開だった。

そのうちのひとりが、福島県の出身で、「福島は、原発放射能、危険というイメージだけで話題になってしまう」と嘆いていて、それはメディアが福島を取り上げるときには、「原発事故」のことばかりとりあげるから、偏見がはびこるんじゃないか。というわけで、東京の人たちにインタビューをして、それぞれが福島に対して持っているイメージを語ってもらうという企画をしたんだが。

その結果、彼女は、ドキュメンタリーを完成させることができなかった。

彼女いわく、「東京の人たちは、多面的に福島をとらえていて、自分が思っていたような偏見ばかりの、放射能怖いみたいな印象もあれば、そうでない印象もあった。なので、どう作ればいいのか、わからなくなった」



ある程度、それをネタにするんだとわかった時点で予想はついたというか。彼女が思っていたような、“マスコミの扇動で福島への偏見に凝り固まった人たち”は、どこかにいるのかもしれないが、私の周りではいないし、その理由もなんとなく推察できる。

あの震災が起きて気づいたんだが、被災地とまったくつながりがない人なんて、いない。

宮城や岩手と同じだよ、福島も。

身近でも、意外な人が福島県出身だったり、親兄弟や親族がいたり、なんらかの縁があったりすることに気付いた。

「心配なんだよね、郡山っていっても、余震もひどいし」

「まぁ、実家は、田村市だから、放射能はギリギリ来なくて、助かったって感じ」

「嫁さんの実家がいわきなので、救援物資もってきましたよ」

なんて話が、震災当時は出てきて、いるもんだなぁと。

そんな話をしていたら、

「だって、東京は、そういう風に地方から人をいつだって集めてきたじゃない」

と言われて、あ、そうかと。

実際、つながりがある人たちと面と向き合っているかどうか。みたいなのがあると、流されないよなぁと。



この番組なんだけど。まぁ、いろいろと考えさせられた。

https://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/archives/171203.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180118

2018-01-17 赤い炎、深い闇

もう23年たったのか

| もう23年たったのかを含むブックマーク

今年もまたこの季節になったか。

結婚したのが、1995年なので、忘れられないよ。

毎年この日が来ると、あの日の朝のことを話すし、今年もその話をした。

忘れられないのは、闇夜の中の炎。

真っ暗な街のそこかしこで真っ赤に燃え上がっていた炎。

テレビに映ったヘリからの映像を見ていた人たち。

「どうにかできないのかよ」

「なにしてんだよ」

という声が聞こえて、なんて無力なんだろう、人間はと思った。

怒ってもしょうがないんだけど、声が出ちゃうんだよね。悔しくて。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180117

2018-01-13 山の空気

放り投げる、自分

| 放り投げる、自分を含むブックマーク

今日は、夫は仕事で、娘はセンター試験へ行ってしまい、息子も夕方まで帰ってこない。

というわけで、なんだか、ぽっかりと空いた感じになった。

洗濯ものを干して、皿を洗ったら、なんか、どこかへ行きたい気分になった。

放り投げるみたいに、適当に、どこかへ。

電車に乗って、1時間半。ケーブルカーに乗って、高尾山まで行ってきた。

標高がものすごく高いわけではないんだが、やっぱり、寒い。冬装備とまではいかないが、それなりにあったかくしていったんだけどね。しかし、この空気の清冽な感じが、冬の山だよなぁと。

時間も遅かったので、行ってお参りして、蕎麦やまんじゅうを食べて帰ってきたって感じなんだが、下山途中にこれから登っていく人に何人もすれ違って、心配になった。

靴も普通の靴だし、ジャージみたいな人もいたし。

日が傾きかけているのに、明るいうちに帰ってこれるのかな。

ヘッドライトは持っていないよね。

ケーブルカーも18時には終わっちゃうんだよ。

途中、道凍るかもしれないよ。

声をかけるのもなんだと思ったんだが、どうしたらいいんだろと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180113

2018-01-02 水辺には連れていくが

受験の暗黒面(ダークサイド)を見よ

| 受験の暗黒面(ダークサイド)を見よを含むブックマーク

ファーストアビリティ - 北沢かえるの働けば自由になる日記

上の記事の続き。

前回は、受験の勝利の方程式について、娘はこう総括していたわけだ。

「人との関係だよ、どんだけ、人との関係を広げられるか、どんだけ、情報をとれるか、頼りになる心強い味方がいるかどうか、人との関係をぐいぐい作れるかどうかなんだよなぁ」

それはそれで確かなことなんだが、もちろん日々の努力として、問題集を解いたり、講義を聞いたり、質問したり、暗記するためのまとめを作ったり、学力アップすることは大事だ。地道な努力をせずに、合格はしないし、人間関係を駆使して、要は、コネを最大限に利用して入学をしても、大学での講義を理解するためにはそれなりの学力がないと厳しいし。そもそも行く意味もないので、念のため。

それが当然だと思うんだがなぁ。

ただし、今どきは、学力だけ伸ばしても、それだけ頼りでは、志望校へ入れるかどうか難しいというか。自分が希望する学部へ、楽に、早く、安く合格したいと思ったら、学力以外の能力がかなり必要となる。愚直な努力が得意というタイプの子は、そのまま、勉強をすれば大丈夫でしょう、塾や学校の言うことを聞いてというのでは、すごく損をするようになっている。

それが、ライフハックみたいな、楽とか、得するとかではなく、大きな意味での戦略を立てて、

「どんなことをするために、どの大学の、どの学部へ行くのか」

ということを考えて動かなければいけないことで。それを親がある程度おぜん立てできないと、すごく、回り道&お金を使うことになると思った。

例えば、偏差値70ぐらいないと合格しない某有名私大は、その偏差値以上を模擬試験でとれる子が、受験しても合格はするかどうかはわからない。ぐらい合格が難しい。ところが、キリスト教系の私立高校の中には、その大学に学校推薦枠を持っているところが少なくない。だから、学力を高めて受験するよりは、その枠を持っている高校(偏差値50クラスの学校もある)でトップを3年間とり続け、学校推薦をもらった方が、ずっと楽に合格できる。

その辺を知っている親は、中学受験の時に、推薦枠がどのぐらいあるかどうかで、受験校を決める。淡々と学校内での成績と評判をアップするようにして、学内推薦の枠を自由に使えるようにしておく。そういう子たちが、娘の学校にもいたんだが、学校の部活や委員会活動、ボランティアなどものびのびやって、学校内のトップグループとして、先生たちにも愛され、生徒たちからは信頼され、尊敬されていたなと。

本当に頭が良くて、国公立や医学部などを目指すなら、全然別のやり方をしなくちゃいけないんだけれど、女子の場合は、これの方が気持ちが楽でいいんじゃないかと思った。

また、それほど勉強が好きでなくても、日々コツコツと努力をするのが得意なタイプは、一発勝負の一般受験よりは、推薦を狙った方がいいし。全体的に女子の4大進学率が高くなったのは、推薦枠が増えたからなんだろうと思う。受験勉強を無理にさせなくても大学へ進学できるからだ。

それが、良くない。

というのは、もちろんある。これは、金がなければ、そもそもできない作戦だから。中学受験に金を使うか、大学受験に金を使うか、要は、親がある程度の金が使える前提ではないと、学校推薦は狙えない。別の意味もあるが、スポーツ推薦も、一芸入試も、AO入試も、親の財力や才能など不確定要素が多すぎて、それだけで志望校を目指すのは、相当勇気が必要だと思う。

また、娘の学校では、同級生の7割が推薦やAOで年明け前に決まってしまうので、挑戦的に学力を高めていきたいタイプの子が挫折しやすい。一般受験を目指していても、周囲ののんきさに引きずられて、気合が入らず、苦労する。また、学校内での勉強だけにがんばって、さらに幅広い学問を学びたいみたいな意欲が薄い気もする。

また、学校内での推薦枠の争いは、かなり醜いことになる。それが偏差値が高い大学や人気のある大学の学部から埋まっていくわけではなく、自分以外の誰がどう動くのかで決まるのが辛い。その時期、同じような学部へ進みたい子たちは、同じ授業を受けつつ、互いに疑心暗鬼で探りつつ、もしや、希望がぶつかり合っているのではないかと思ったら、譲るべきか、このままいくべきか、悩み続ける。

夏休み前に希望を出し、正式に申請するのが、9月。そこから、推薦枠が決まるまでは、本当に、ピリピリする。

友情が壊れた、怖い話を、娘からいくつも聞かされて、うーーん、こんな辛いことになるなら、推薦枠を争わなければよかったのにと思ったりもしたケースもあった。

実際、娘が第一志望としていた大学の学部は、真空状態みたいになって、とうとう誰も枠を使わなかった。まぁ、娘は推薦への評点が足りなかったから仕方ないし、一般受験で受けるには偏差値も足りないんだが、もったいないなぁと思った。

というわけで、受験の暗黒面、そこ見ないふりして、向かわせるのも、きついよなぁと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180102

2018-01-01 静かに開けよう

正月早々ハプニング

| 正月早々ハプニングを含むブックマーク

静かに2018年の元旦を迎えて、我が家の定番のお正月料理を並べて、一家4人で挨拶をして、お年玉を渡して、いつものように『爆笑ヒットパレード』をこたつで寝ころびながら見ていたわけだが。

びっくりしたわ。

アキラ100%、失敗するんだなというか、人間だもの、失敗するよね。

でも、すぐ再チャレンジのチャンスを与えたのには、スタッフ偉いと思った。

そして、成功。

思わず、正座して見守り、拍手してしまった。

なんか、いいですよね、きれいなリカバリーを、新年早々見られて。



年末年始は、演芸場からの中継やネタを披露させる番組が多いから、なじみの芸人さんの近況報告と、新しい芸人さんに出会えるのが、楽しくてたまらないんだけれど、今年は得意なパターンに留まらずとか、意外な方向からのアプローチが目立った気がする。年末は、ウーマンラッシュアワーの風刺ネタが論議を呼んだが、それ以外の芸人さんも今までないタイプのことをやろうとしているなと思ったので、今後が楽しみだわなぁと。

例えば、ナイツが正月早々こんなネタやるんだと思った。まぁ、演芸場やライブでは今までも披露していたのかもしれないが、別パターンが増えているのにも驚いた。あと、にゃんこスターに続いて、仲の良いコンビネタを見たいなぁと思っていたら、まさにそういうネタのコンビが現れたし。南海キャンディーズはひさびさに見たら、すごく息が合っていたし。年末のあらびき団では、気になる芸人さんを何組か見つけたので、今後が楽しみ。


お笑い系のライブ、行こうかな、今年こそは。

と思った。


あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180101