Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-09-18 風にひとりで

「しかたないだろ、男になるなら」

| 「しかたないだろ、男になるなら」を含むブックマーク

息子は、男子校に通っているのだが、やっぱり、男社会というのは、厳しいらしい。

「なんかね、理不尽なことが多いんです。いろいろ先輩から命令されることが多いんですが、変なものもあって。それで、言われて納得できず、『それおかしくないですか』と言うときもあるんですが、『つべこべ言わずやれ』か『理由を説明する時間もったいないからやれ』、または『とにかくやれ』。ま、やるんです。やらない選択がない」

親が出ていくこともできないし、どうしたらいいだろうと思ったりするが、夫は意外とも思わないようだ。

「ま、そういうもんだ。耐えるしかない。そういうところなんだから」

「え、そうなの? 先生とかに言わなくていいの」

「いいんだよ、細かいことは。先生がいないところは、生徒だけでやるんだから」

この辺、小学校とは違う点なのだろうね、自分には覚悟もなかったんだが、1日の半分は学校にいるんだから。自分たちで調整することや、無茶に抗弁することも学ばないとなぁ。

大変だ大変だといいつつ、片付けているから、息子はまあまあ適応はできているんだろうがね。


追記

割と朗らかに乗り越えているのは、たぶん、息子がおしゃべりだからなんだろう。

家で「こんなことがあってさ〜」と吐き出しているのを聞くと、自分のことでも、なかなか面白おかしく語っている。そうやって、物語にすることでバランスをとっているのかなと。

この自虐とユーモア、冷静な観察眼はこの子の強さだし、なんとなく、辛いこともネタとして溜めつつ、いちばんハードな、底辺の1年を生き抜くんじゃなかろうかと、期待している。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170918

2017-09-17 オバタリアンよばわり

ここがレッドラインと知る

| ここがレッドラインと知るを含むブックマーク

80年代後半、「オバタリアン」という言葉が出てきた時、あんまり笑えなかった。

出典は、この漫画からなんだけれど。

「図々しい中年女性の行動」をネタにして、世間で大うけしたんだと思うが、私の周囲の女性の間ではそんなに受けなくて、なぜなんだろうと思っていたんだが。この記事で紹介されている動画を見ていて、その時の感じがわかった。

「バブリー」女子高生、キレキレダンス 衣装は祖母の…:朝日新聞デジタル


私も、ワンレンボディコンで、80年代OLしていたからな。そのころは、精一杯のおしゃれだったから、なんか、ネタにされるとは思わなかったというか。怒ったというより、戸惑ってる。平野ノラはネタとしてスルーできたのにねw

「ネタにされた」

というぐらい刺さったというのもあるんだろうね。うまく再現していたというか。

しかし、このJKたちは、前年は「大阪のおばちゃん」をネタにしてダンスを作っているんだよね。それはそれで、やはり刺さった。私は、大阪のおばちゃんではないんだけど、あぁ、自分はこっち側、JKからは笑われる側に入ったってことを、再認識したってことなんだろう。うむ。

世間から、笑ってもいい存在。って許可が出てしまったんだな。うへぇ。


追記

考えていたんだが、当時はまだ学生だった私が、「オバタリアン」を、なぜ、笑えなかったというと、“そこまで言っていいのかなぁ”とどこかで思っていたからだ。傍若無人にふるまっているのは、おばさんだけに留まらないし、そもそも、その人にとっての最適化としての行動がそれならば、その行動自体は非難されても、行動している人たちまとめて非難するのは、なんだか変じゃなかろうか。

ってなことをぼんやり思っていて、自分がおばさん世代になっていくと、いやいや、おばさんより、おじさんの方がずっと傍若無人じゃないかと気づいたw オバタリアン非難されるような行動はおばさん特有でもないし、行儀よくしろと人には言うような“おじさん”の方がひどいことを平気でする。横入りに、他人への暴言、歩道ふさぎに、ポイ捨て、挙句の果ての逆キレ。オバタリアンと名前を付けられていないだけだと思った。

なんだろう、くくるなよ、わかったふりして。ってのがどこか癇に障るんだろうか。

オバタリアン」が流行語大賞に選ばれたのが、1989年。同時に選ばれているのが「セクシャルハラスメント」と聞くと、なんとなく空気がわからないかなぁ。

このころは、「なにがセクハラだ。さわりたくもない奴を触ったりしないよ、おばさんをわざわざセクハラするかってば」ってのは、飲み屋のサラリーマンの愚痴だなっと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170917

2017-09-12 むすっとな

色には出さねど

| 色には出さねどを含むブックマーク

このつぶやきを見て、思い出したこと。

夕飯を食べながら飲んでいた夫が、酔っぱらってて、塾から帰ってきたJKの娘に、こんなことを聞いた。

「なぁ、好きな男とかいないのかよ? 彼氏とか欲しくないのか?」

「いないよ」

って答えた娘の顔を見たら、表情が消えてて、あ〜あと思った。

「女子校だしさ、そういうの、みんな、あんまり考える機会ないよね、あなたの学校の子たちはさ」

ととりあえずフォローしようと思ったんだが。

「なに言ってんだよ、その年ごろで、色気づかないのは、おかしいだろ」

と夫がさらに言ったんで、はぁああぁあああああと思ったんだが、

「いやいや、私もそういうことなかったから。勉強に部活に忙しいと、そういうことないんだよ。恋愛するほど、時間も、心の余裕もない」

「そうかぁ?」

「ないない。今も、受験で大変なんだから、そういうこと考える暇ないよ。あのね、忙しいの、JKは。勉強、部活、おしゃれ、遊び、趣味と、暇ないの」

などと打ち消しつつ、まいった。酔っぱらっていたとはいえ、おじさんの妄想過ぎるだろうに。

軽蔑されるよ、これやり続けると。

はぁ。

JKだろうが、女子大生だろうが、OLだろうが、おばさんだろうが、恋愛第一で生きている女ばかりではないし。男子が恋愛に夢中になると、勉強や部活に集中しろと怒るくせに、女子が恋愛しないとはおかしいだろって、なんだよ、その理屈は!!! 妄想過ぎだろ!!! って思った。

じわじわと、娘らJKの心を削って、男性嫌いにさせるのは、こういう偏見と無知だと思うがなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170912

2017-09-11 あの時の気持ち、その後の世界

その後の世界

| その後の世界を含むブックマーク

今日は、911。ニューヨークとワシントンでテロが同時多発した日だ。で、子どもらに「あの日はさぁ」と話をしたりしていたんだ。

でもって、あの日から潮目が変わって、あっという間に、アフガニスタンイラク、そして、今、シリアと、暴力が世界中に飛び火したように見えるが、実は、それに気づいていなかっただけなんだ。見ないようにしていた人たちが暴力に気付かされたのが、あの日なんだ。ってような話をした。欧米の、街中で、大規模なテロが起きていなかっただけで、東京だってテロは起きていた。モスクワだって、マドリッドだって起きていたし、アフリカやアジア、南米では、テロも、戦争も、虐殺も、いたるところで起きていた。それが、喉元に匕首を突き付けられなきゃ、わからなかっただけなんだろうねとか。

まぁ、話しているうちに、なんとも大勢の人たちが、簡単に殺されてしまったなぁと。そして、その人たちには家族がいて、友だちがいてと思うと、どうしたらいいのかわからなくなるなと。そう、平和と和解をどうしたらもたらすことができるのか。難し過ぎて、絶望的な気持ちになるが、やるしかないんだと。

しかし、北朝鮮のミサイルをめぐる、このヒステリックな状況。どうにかならないのか。

煽っているのは、政府で。それを無批判に流すテレビもテレビだがなぁ。特にNHK


この間、息子の中学の保護者会へ行ったとき、校長先生が「国際情勢が厳しくあろうが、自分たちの目で見たもの、向き合って確かめることの大切さを考えたい」という趣旨で、生徒に平和を考えさせる機会を設けると言っていて、ありがたいなと思った。ここも国籍や出生地が日本ではない生徒も少なくないので、北朝鮮をめぐるヒステリックな状況を、息子らがどう受け止めるのか、心配だったから。

そういえば、娘の高校の保護者会へ行くと、学院長先生や校長先生がする話の中に、必ず、世界情勢について触れる部分があることに気付いた。どの立場にたってというより、今の状況を見て、なにを思うか、なにを考えるか。その機会を必ず設けるというような趣旨で、確かな情報を得て、自分で考えることを学ばせたいと。

まったく別の学校なんだが、過剰に伝えられる緊迫した国際情勢と、身近にいる敵視されている国と関係がある人たち。それをどう考えさせるか。「差別するな」や「迫害するな」ではなく、あなたはどう思うか。って辺りを考えさせるのを大事にして、実践してくれている。ホントに、日本の学校はよくやっていると思ったよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170911

2017-09-09 助け助けられ生きていく

「今日は救急の日です」

| 「今日は救急の日です」を含むブックマーク

今日、消防署の人に言われた。

「今日は北朝鮮独立記念日、ニュースではミサイルが来るだの騒いでますが、9月9日は救急の日です。救急のことも考えてください」

そうだよなと。トップニュースだけがニュースじゃないし、日常は続いていく。



自分の不明を恥じるしかないんだが、そんなことになっていたんだと思ったこと。

朝鮮学校の女生徒のチマチョゴリの制服が切られたり、いやがらせを受けるという事件が、これだけ北朝鮮との緊張感が高まっているのに出てこないな。意外と、国民は冷静なんだなと思ったりしていたんが。

「今は、通学用の制服があって、それを学校に着くと、チマチョゴリの制服に着替えているんだよ」

と聞いて、驚くとともに恥ずかしくなった。

女子生徒への嫌がらせなんて、最低のことだから。さすがにニュースにもなったり、ネットでも報告がすぐ上がるみたいな世の中になったから、最低な奴らも自重してきたのかと思ったんだが。

そんなことはなかったんだな。

被害者側が自衛していただけでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20170909