Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-11-24 批判されないがための批判みたいな

これが「アスペルガー症候群の難題」なの?

| これが「アスペルガー症候群の難題」なの?を含むブックマーク

やっと読み終わった。

アスペルガー症候群の難題 (光文社新書)

期待して買ってみたんだけれど、現状からズレた内容だったなと思った。データや研究は興味深かったが、では、それを提示して、なにに影響するかと言うと、この結果と今の状況では偏見の補強にしかならんだろうなぁと思った。


以下、読む前に期待していた点について、自分なりに本の中から読みとった分。


 そういう結果が出ている研究も海外ではあり、確かに犯罪率は高そうだが、予備拘束かけるほどではないらしいw というのはジョークだが、人口の0.5%のアスペルガーの子が10%ぐらいの犯罪に関わる可能性がありそうだ。だとしたら、「アスペルガーの犯罪率を減らす」にポイントを置いて、いろいろなコストをかけることは理にかなうのかなぁ。

海外では、ADHDの方が、少年犯罪との関連性が認められているので、薬物療法が実施される根拠とされている。それと比べると、アスペルガーの関連性は低いらしい。帯には「少年犯罪の14%にアスペルガー症候群との診断あり」と特筆して多いように煽っているが、これはスウェーデンの調査で広汎生発達障害自閉症スペクトラム)全体での数字のようだ。

 犯罪率に関する研究は、日本ではまだ充分ではないようで。著者は、仕方なく、『犯罪親和性』という数字を少年事件の家裁受理案件などの研究から出している。それによればアスペルガーが一般人の5.6倍の親和性を持つ。ADHDが1.1倍で、知的障害が2.2倍と比べると目立つが、この調査対象の人数も少ないし、診断基準がバラバラだったりなので、この数字で犯罪との相関度を比べるのは微妙だと思う。


 重大猟奇犯罪の報道と結び付けられやすいが、日本の少年犯罪で見ると、わいせつと放火が多そうだ。

 家裁の元調査官が行った分類によれば、「AVの真似をしてみた」という「対人関心接近型」が65.5%、それがエスカレートした「人体実験」が6.2%、放火をした「物理実験」6.2%、予想外のできごとに反射的に起こした「パニック・偶発型」が3.1%、フラッシュバックで暴発した「フラッシュバック型」9.4%、人目を気にしないで公園で自慰行為など「障害本来型」9.4%。プラス、独自の論理で復讐をしかける清算型に分けられるそうだ。

 この分類を見て思ったのは、社会常識がないことで起きる犯罪が半分以上、あとフラッシュバックやパニックなど特性に由来したものが5分の1。確かにやりそうな犯罪だなと思った。しかし、残りの「人体実験」や「物理実験」、「清算型」についてが、これだからアスペルガーは怖いという理由にされるんだろうなと。

 また、再犯率も高く、薬物療法も効かず、更生しにくいという研究も紹介されていている。悪の道へ行ったらなかなかもどれないってことですな。特性を考えれば、さもありなんだけど。

 


 著者によると、保護者の多くは被害者になる可能性を強調して、我が子が加害者になることを想像しないもんらしいw 

 しかしながら、アスペルガーの診断を受けた子の中の10%ぐらいに「暴力アスペ」という群がいる。

「暴力アスペ」とは刺激的な言葉だが、同級生に暴力を振るったり、物を投げたりする傾向がある子を指す。杉山登志郎先生の研究では、「暴力は悪い」と社会的なルールを理解できていても、暴力をふるう子も多い。つまり「悪意がある」わけで。従来考えられていた、過剰な反撃やパニック、二次障害という原因ではなく、単に暴力行為を繰り返すので、対処が難しいそうだ。

それでも、人口の0.5%のアスペルガーの中の、さらに10%ぐらいの人数だがな。

「暴力アスペ」の場合は、行動療法だけでなく、薬物も使って治療して抑え込むそうだ。この手の子たちが素行障害を起こして、反社会的なパーソナリティになって、犯罪に手を染めるみたいなモデルが、ADHDの研究から類推できるそうだが……杉山先生の研究によれば、「暴力アスペ」で素行障害を併発しているのは、5%ぐらいなのだそうで、「暴力アスペ」が犯罪に関わる率は想像するより低そうだ。



 この本では、アスペルガーの10%ぐらいに暴力行為がある。だから、犯罪やいじめの被害者ではなく、加害者になる可能性を考えろとしている。しかし、暴力行為の多くは家族の中に留まる家庭内暴力で、家族が防波堤になって社会に出てこないから済んでいる……としている。その認識も微妙だなと思った。

 そもそも、アスペルガーのような、「知的に問題がない、自閉症スペクトラム」の子らは小学校入学してから判明することも多いし。大人になるまで、なんとなく育ってしまった人も多いのは、診断を受けるような動機がないからなんだと思うんだがなぁ。検診でもひっかからないレベルの困難さがあって、本人は生きづらさを感じているんだが、外には出せず。たまりたまって、不登校家庭内暴力ひきこもりというような家庭で問題が起きてから、診断を受けるんじゃないかと。暴力行為が“家庭内に留まっている”と理解するより、“家庭内だから発生した”と理解した方が、実態に近い気がするがなぁ。



  • 対策はないのか?

 結論としては、早期発見、早期療育をやるしかない。4歳ぐらいまでにアスペルガーかどうかは判明するから、その段階で社会のルールを理解し、暴力を抑える療育を! とこの著者は提案しているが……実態はかなり違うからなぁ。

 後半出てくる犯罪分析は、犯罪後にアスペルガーの診断が出たケースを例に挙げているが、どれも「アスペルガーと診断が出ず、なんの対処もされないままで、結果的に犯罪を起こした」というものだから、さらに違和感が残った。酒鬼薔薇の件も、旅客機ハイジャックの件も、診断を受けさせるほどではないと、周囲が思ったレベルの社会性はあった。今だって、似たレベルの子を育てている親も診断受けさせようとは思わないだろうな。だから、アスペルガーの引き起こす重大犯罪に対策は見つからないって印象を覚えるんだよね、ここに出てくるようなケースを例にすると。

 また、「治療しても再犯率が高い」という点も問題にしているが、成人期になってから社会性を身につける訓練するのは厳しいし、現状の矯正システムが特性を理解した上での治療の受け皿として不十分という問題があるから。それよりは、なんらかの問題が起きなければ診断につながらない、早期診断が難しいケースをどうするのか。親がしっかりしていないから、診察も療養も受けていないケースをどうするか。みたいなところが、今の少年犯罪対策の人たちの課題なんじゃないかなぁ。



著者の結論としては、

「犯罪防止のために、アスペルガー症候群と犯罪の関係について、さらに研究を!」

ってことを訴えたいらしいが、そこにリソースを割くのはどうなんだろうと思った。

それじゃないところを主戦場として、上の本で引用されている杉山先生たちも戦っていると思うんだが。

例えば、映画「シンプル・シモン」で「私はアスペルガー」というバッジ付けて注意をうながすのは、無駄な軋轢を避けるためだ。「いきなりさわらない」や「いくつもの指示を同時に出さない」など多少の気遣いをするだけで、お互い快適になるし、そこそこうまくやれる。

今住んでいる品川区辺りでは、アスペルガー症候群だけに絞らない、発達障害の対策を幼児のころからやっているからね。幼稚園や保育園の段階で、気になる特性がありそうな子をチェックして、その子と周囲の子がいっしょに過ごしやすいように環境を整え、先生方がうまく気配りをしている。その地道な積み重ねがあるので、小学校入学時には自然と社会性が身に付いていて、それなりに進級していく。

特別支援は、それでもフォローできなかった子をどうするかって点に焦点が当てられているし。加えて、小学校での学習関係でのつまづきやクラス内のトラブルから、幼児期には発見されなかった子を見つけ、どうやってフォローしていくかを課題としている。

その結果、10年前によくあった「立ち歩く子が大勢いて、学級崩壊した」みたいな話は、最近聞かなくなったな。

だから、犯罪対策に力点置くよりは、全体的に見て、「発達障害」の診断があろうがなかろうが、気になる子をケアする作業を丁寧にやる方に、リソース割いた方がいいような気がするんだよね。




ここからは個人的な感想。

続きを読む

2014-11-23 ボジョレーでハピハピハッピー♪

飲みました

| 飲みましたを含むブックマーク

今日はお客様が来て、お土産にボジョレーヌーボーをいただき、味わいました。

おいしかった。

季節のものは、なんかおいしいよね。気持ちで味わう感じ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20141123

2014-11-22 セーガー♪

セガサターン誕生20周年記念

| セガサターン誕生20周年記念を含むブックマーク

今日は、セガサターンの20回目のお誕生日。

ということは、我ら夫婦も20周年ってこったw

うちのは、Vサターンだぜw




せがた三四郎は、おもしろかったな〜。「さくらさ〜ん」「あははははは」

D


サターンじゃないけど、「ゲームゲームでセガ伸びる」のCMも好きだったな。


結局、プレステVSセガは、プレステ陣営がドラクエ獲得で勝利したみたいなオチになるんだけれど、当時は、セガの方のラインナップや広告戦略が好きだったんだよね。パロディをやるにしても、「せがた三四郎」みたいな筋があって、良かったなぁとか。

初めて「パンツァードラグーン」をプレイした時の高揚感は忘れられないなぁ。あと「ナイツ」とかね。

パンツァードラグーン

パンツァードラグーン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20141122

2014-11-21 見え方が違い過ぎる

誰がふさわしいのか?

| 誰がふさわしいのか?を含むブックマーク

映画『進撃の巨人』のキャストとビジュアルが発表になった。

ピエール瀧は先導者!映画「進撃の巨人」配役明らかに - 音楽ナタリー


で、上の写真を見ながら、娘が、あーでもない、こうでもないと言っていた。

「誰が、リヴァイ役をやるの?」

「リヴァイ役は……いない」

「人類最強の男がいないの?」

「代わりに、別のキャラクターを作ったみたいだね」

「へー、長谷川博己がやるかと思っていたんだけど」

「いやー、リヴァイには、そっくりの人がいるからな〜。彼じゃないと厳しいでしょ」

「え、誰? 誰?」


「有吉」



そんなに似ているかなぁ。

と思ったら、似ているって思う人も多いみたいだね。

松澤千晶アナが有吉反省会にて有吉に「リヴァイに似てる」と発言wwww : 進撃の巨人ちゃんねる

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20141121

2014-11-20 誰だってうまくやりたいし、怒られたくはない

意識が大事

| 意識が大事を含むブックマーク

ヨガをやっていて、なにがいちばん大事かと言えば、意識なんだってのがやっとわかってきた気がする、最近。

ヨガの先生が言うに、ヨガはポーズを美しく作る方に意識を集中するよりは、そのポーズをしている時の自分自身はどうなのかへ意識を集中しろなんだとか。

「自分の内側を見てください」

と毎回のように言われて、まあ、自分なりに考え、耳をすまして、感覚を研ぎ澄まそうとするわけだ。それでできているか、どうかはわからないから、

“こんなもんかな〜”

みたいないい加減な感じでやっているんだが、先生はそれでいいって言う。

「意識をすることが大事なんです。それをやろうとする意識。できているか、できていないかじゃなくて、まず、やろうとしてください」

というようなことを、このABAの本を紹介する記事を読んで思い出したので。

子供にトイレ、歯磨き、箸、片付け、掃除、模倣、じゃんけん、なわとび、買い物を無理なく学習させるABAプログラムのお勧めの本 - 斗比主閲子の姑日記


ABAは、自閉症スペクトラムの子に生活習慣を身につけさせたり、問題行動を抑えるのに効果的で、療育関係からよく教えてもらうんだが、これは、恐らくどんな子にやっても効果が高いメソッドなので、障害のあるなし関係なく、この考え方は広まったらいいんじゃないの思っていた。

しかし、実際、やってみるとわかるが、親にとっては、結構大変な作業になる。一般的な子だとそうでもないのかもしれないが、なんらかの特性がある子は

「スモールステップを登るのも、スモールステップなのかよ」

というぐらい、繰り返し、繰り返し、繰り返しになることもある。あと、意外なつまづきというか、変な理屈でやらないことも多いし。

なので、これは効くだろうと、喜び勇んではじめてみると、

「もう、やだー。付き合ってらんないよー。もー、いやー。付き合いきれないよー」

と言うような隘路に、親ははまることもある。

がんばってるのにうまくいかなければ、当事者ではなくたって凹むよ。

でもご安心あれ。

完璧にやる必要はないし。ある程度ぶれても仕方ないし。言葉かけが間違っているかもしれないし。観察の結果が違っているかも知れないが、専門家の先生いわく、それでも大丈夫だそうで。

「見る目を変える。それだけでも、子どもは変わるから」

正直、周囲の人間がこれを意識するだけでいいそうだ。

「この子だって、うまくやりたいし、怒られたくない。だから、困っているところを探してやろう。そこをうまくクリアさせてやろう」

そういう話を聞いて、うるうるしたんだよなぁとか。


追記

要はこのメソッドの肝は、「この子も苦労しているんだよなぁ」ということに気付くことなんじゃないかなと。特性がある子は、それを見守る人たちとは感覚自体が違うし、当然のようにできることが当然ではない。それはそうだし、それ前提に教育を行うわけなんだが、問題がない子も、同じことなんだよと。「幼児」という段階にいる人間は、「成人」という段階にいる人間に比べれば、できなくて当然、気付かなくて当然、ってことがたくさんあるんだが……どうしたって自分の目線で見て、「なんでできないんだ」となっちゃうわけで。そうじゃないんだよってのを気付かせるメソッドということからはじめてみると、凹まずに済むんじゃないかな。動作を観察して、つまづきを検証するって、スモールステップからね。

「観察だよ、ワトソン君」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20141120