Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-07-21 ぜんぶディケイドのせいだw

恒例の仮面ライダー映画

| 恒例の仮面ライダー映画を含むブックマーク

息子と「仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦! 黄金の果実争奪杯!」と「烈車戦隊トッキュウジャー」を見てきた。

仮面ライダーの映画にはいくつかパターンがあって、今回は、シリーズ内の1エピソードとして納めるパターンだなと思った。Wの「運命のガイアメモリ」のように本編の何話かの間に差し込まれた感じ。「サッカーは余分だろ」という意見もあって、心配したんだけど、それほどひどい絡み方でもなかった。バイクアクションと馬のアクションがかっこ良かったよ。こういうアクションが私は大好物なので。今回はシリーズ内での話だったが、全員ライダーそろい踏みとか、それぞれのライダーの変身シーンを丁寧に見せるとか、映画でしか見られないシーンもあって、満足。

最後に、恒例の特報で、12月の映画はオールライダー決戦ものと知る。

「また、ディケイドのせいなんだろうねw」

と息子。

「うぉのれぇえええ、ディケイドめ! 鳴滝、出るのかなぁw」

D

一方、娘は友だちと、映画『青鬼』を見てきた。

「今回は、見たことがない映画を見てみようかと思って、悩んだんだよ」

ネットで評判のゲームが原作の『青鬼』か。

聖書のエピソードをSFXを駆使して再現した『ノア』か。

最後の最後まで、どっちを見ようか迷ったそうだ。

なぜに、『ノア』と『青鬼』という選択になるのかは、よくわからないんだけれどwww

『マーニー』が一番見たかったんじゃないのと、心の中で密かに突っ込んでいたんだが。

結局、『青鬼』に決めて、座席に座って、見はじめてから、大後悔したそうだ。

「だって、怖いだけなんだもん」

「ホラー映画なんでしょ? 怖くなければ、意味ないじゃない」

「ただ、ただ、怖いだけで、物語がよくわからないんだよ。設定もおかしいし」

「ふーん」

「失敗したな〜と見ていたら、静かになったところで、隣の○○ちゃんが「『ノア』にすれば良かったね」と囁いてきて、笑ったwww」

2014-07-20 お客様感謝デー

今日のイオンは混んでいた

| 今日のイオンは混んでいたを含むブックマーク

久々にお客様感謝デーにイオンに行ったよ。

混んでたなぁ。

バーガーキングで昼食をとったら、オニオンリングが販売終了になるとかで、セール中。思わず、Lを頼んで、食べ納めw

「これ食うと、米国〜って思うよなぁ」

「日本は世界でも有数のたまねぎ好きな国なのに、あんまり食べないよね、オニオンリングは」

「確かに、謎だ」



ついにイスラエル、地上侵攻か。

これは、イスラエル人3人が殺された報復というほど、単純な話ではないので。

先週、6月中旬から行方不明になっていたイスラエル人少年3人の遺体がパレスチナ自治区で発見された。これをパレスチナ人による犯行だと捉えたイスラエル市民は首都エルサレムでデモを行い、「アラブ人に死を」と叫びながら報復を訴えた。

 その翌日、少年がまた1人、誘拐され殺された。今度はパレスチナ人の少年だった。誰の仕業かはまだ分からない。だが確かなことは1つ。この犯行の根底にあるのは、ひと握りの人間が犯した罪でも報復として大勢の人間を罰しようとするイスラエルの思考だ。これはテロリズムの考え方にも似ている。

(中略)

今回、イスラエル人少年3人が誘拐された事件については、ハマスは犯行声明も出していないし、関与も否定している。にもかかわらず、ネタニヤフは事件発生直後からハマスを非難。2週間後には容疑者2人の名前を挙げ、うち1人はハマスの戦闘員だと主張したが、何の証拠も示さなかった。

(中略)

イスラエル軍パレスチナ自治区ヨルダン川西岸ヘブロン一帯を1週間にわたって封鎖。家宅捜索を実施し、400人以上の身柄を拘束した。少年らを誘拐したとみられる2人の家を、家族が住んでいるのに爆破(容疑者は発見できず)。さらにガザ地区への空爆も開始し、「ハマスが止めないなら、われわれが阻止する」とネタニヤフは息巻いた。

 そして、今度はパレスチナ人の少年が殺害された。犯人はイスラエル人と決まったわけではない。それでも報復の報復を恐れるイスラエル当局はパレスチナ人に対し、むやみにユダヤ人を非難しないよう要求した。

イスラエルがこだわる「報復の原則」が生む悲劇 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


基本的なことを。

国際的な約束を無視し続けているのは、イスラエルだから。

この現状、壁の中にパレスチナを押しこめているのは、彼らだから。それ指摘せずってのはねぇ。


昔、イスラエルパレスチナによく取材にいっていた人に聞いたことがあった。

「壁があるから見えないけれど、壁の向こうには自分らよりはみじめな生活している人たちがいて、自分らの同胞が仕事とはいえ、とんでもない人権侵害をやったりしているって知っていて、楽しく生活がおくれるものなのかな。イスラエルの一般市民は。心がざわついて、とても耐えられないと思うんだけど」

「いやぁ、そう思う人は、国を出ちゃうんだよ。お金があれば留学して、能力があれば海外へスカウトされて、外に出られる力があって、国の方向に疑問を感じる人は、出ていくんだよ」

「そうなんだ」

「だから、イスラエルは移民をどんどん受け入れているじゃない。自分らが少数派になるってのが怖いから。アラブ系イスラエル人やパレスチナ人に聞くと、『子どもを生む。それが最大の戦略』と言うからねw」

「なるほど、人口で圧倒するのかw」

「逆に、パレスチナもそうでさ。自治政府の不正と、終わりなき戦いがイヤでたまらない人は、子どもを外へ逃がすんだよ。必死にお金を貯めているよね」

「そうなんだ」

「だから、残るのは、どうにも逃げようがない人か、土地にしがみつかずにいられない人なんだよね」

って話通り、どうにもならなくなった人同士が殴りあっている感じだなぁ。

まさに泥沼。

とりあえず、戦闘を停止させる方向で、どうにかまとめられないんだろうか。誰も仲裁に入らないのかね。



参考

イスラエル軍の若い兵士と、ガザに住むパレスチナ人の若者が、質問に答えた。

俺の知ってる限り本当だ。彼らは学校や病院の地下に基地を築き、ロケット砲を民家に配備してる。これが空爆だけでは完全な軍事行動ができず、ガザへの地上侵攻が必要とイスラエルが言っている理由だ。

Ask Me Anything!!! /【海外版】なんか質問ある? : 【ガザ地区】イスラエル軍兵士だけど、なんか質問ある?【パレスチナ問題】

ハマスの今の政治方針は大嫌いだ。彼らは偽善者だと思う。でもハマスの軍事組織の人たちはいいひとたちだ。それから、NO。ハマスはテロ組織じゃない。ハマスの軍事組織は自由の闘士だ。

ハマスも、それなりの規模の他の組織も、2012年以降イスラエルに向けて1発のロケット弾すら撃っていなかった。それらを止めた功労者はハマスだ。ガザの人のほとんどは、ハマスに在任して欲しくないだろう。俺たちは彼らが政治的な基盤から離れた抵抗組織であってほしいと思ってる。

Ask Me Anything!!! /【海外版】なんか質問ある? : 【ガザ地区在住】パレスチナ市民だけど、なんか質問ある?【パレスチナ問題】

イスラエル側も、パレスチナ側も、煽られて強硬になって、暴力がエスカレートしていく現状には危機感があるようだがね。

2014-07-18 明日からは夏休み

1学期が終わった

| 1学期が終わったを含むブックマーク

ふぅ。1学期が終わった。

娘の学校は二期制なので、終わった感じがないんだけど。

息子は、区立小学校に通っているので、まさに、今日で終わり。

お疲れ様でした〜。

夏休みだなぁ、みんな、いいなぁ。主婦はね、休みがないんだよw


この前、「子どもは気付けない」というネタを書いていて、

参照 気付きに気付く - 北沢かえるの働けば自由になる日記

娘にとって、小学校時代にいちばん良かった先生とは、どういう先生なのか。

ってのを聞いて、へぇと思ったんだが。

実は、親が思ういちばん良かった先生は、娘が思ったのとは、別の先生なんだな。


夫が、その先生の授業の参観に行ったときに、感動したのが、

「よく見えている」

ってことだそうだ。私は、いっしょにいなかったので、わからないんだが、だいたい、夫の目から見ると、こんな感じで、授業が進んだそうだ。



授業がはじまった時は、後ろの方に保護者がいるから、ざわざわとはしない。

なんだが、どこかしら、生徒は浮ついている。

先生は教壇の上から、その状態を確認してから、黒板に書きはじめる。

最初書いたのは、その日のテーマ1。

説明しやすいように、「日本の果物」とでもしておく。

そこから、生徒たちを指名して質問に答えさせていく。

最初の質問は、誰でも答えられるレベル。

「果物と言えば、なに? それのどこがいいか言って」 

「ぼくは、メロンです。甘くて香りがいいから」

みたいな感じで。

最初に当てた相手が、クラス一のお騒がせだけど、リーダー格。

「いちご。甘くて、かわいいから」

答えを聞いた先生は、

「うん、その答え、いいね、味も大事だけれど、見た目も大事だよね、果物には」

と、そいつの存在感を、まず、認める。

次には、明らかに注意散漫な子たちをランダムに。

まずは、授業に飽きて騒ぎそうな子に答えさせて、注意を喚起させてから、

次は、答えるチャンスを与えないと埋没しそうな子を指す。

「えっと、いちご。おいしいから」

「人気があるんだね、いちごは。では、次、○○くん」

「みかん」

「今まで出なかったが不思議だよね、みんないちばんよく食べるよね、みかん」

先生が欲しかった答えではなくても、答え方に失敗したとしても、それを感じさせずに。

「それも、いい意見」として受け止めながら、黒板に書いていく。

ここからは、通常通りに、果物の産地だの、日本地図での産地の位置だの、気候だの、果物に関する知識を上げて、授業をすすめるんだが。

そこで活躍するのは、できる子たち。

テーマ2、テーマ3と書いて行くと、期待通りの答えを出してくれる子を指していく。どうぞ、実力を発揮してくださいと。

ってな感じに、全員を参加させながら、授業は進み、

最後に、再び、先生からの質問タイム。

ここまで指さなかった子たちを指して、“がんばっていたね”と認める。

時間が余れば、うまく答えきれなかった子には、再度答えやすい質問を。

そして、最後の最後に、もう一度、リーダー格の子を指したのが圧巻だったと。

夫いわく、

「あの子は、授業中でもよく騒ぐと聞いていたけれど、静かさせていたね。プラス、“いつだってお前を見ているし、がんばっているのはわかっているぞ”って背中を叩いた感じで〆たのが、うまいと思った」


娘に聞いたら、その先生は、大学時代はアメリカンフットボールをやっていたそうだ。アメフトは、それぞれ選手の持っている力をどう生かすか。その局面、局面で戦術を組み立てるからなぁ。教室でもその要領ですすめているんだろう。


で、ふと思ったんだけど、「先生が気付けない」と言っても、いろいろ事情があるなぁとか。

「いじめ事件」を扱った新聞記事などには、

「担任教師は、いじめに気付いていなかった」

と書かれていることがあるんだけど、これだけだと、担任は、えらく鈍いか、生徒に無関心みたいに見えるんだけど、実際、見ていると、そんな単純な話ではないなぁと思う。


実は、夫婦でいちばん良かった先生と思っているこの先生も、クラス運営に苦労していたと、後で聞いて、えぇえええと思ったんだが。

「今まででいちばん、辛かったですね」

資質があろうが、相手あってのことだから、先生ってのは大変だ。だから、苦労をうまく軽減するようなバックアップや、セーフガード的なものがあれば、もっと楽になるんだろうが。


新人の先生だと、「授業を順調に進める」ということに気を取られて、子どもが置き去りになるみたいな流れが生まれやすい。生活指導も、ひとつは言っても、もうひとつはいい忘れ、みたいなことが起きるのは、容易に想像がつく。

なんだが、ベテランの先生でも、例えば「常に注意を払わないといけない子がいる」というクラスの状況にプラスして、「行事の準備」、「ゲストを招いた研究授業」、「行事の前に近隣町内会へあいさつ」などなど、イレギュラーなことが入ってくれば、かなり、集中力が落ちる。

傍から見ていると、“なんで気付かないのかな”みたいなことが続いても、関連付けて想像ができなくなるというか。経験や能力関係なく、ポッと「子どもたちの変化に気付かない」という状況が生じやすいのが、クラス運営の難しさだと思うんだけど。

それを防ぐには、チーム指導というのかな、何人かの先生が、クラスの子どもたちの情報を共有していれば、「変化に気付かない」という心配は減るし、個人への負担も減るんだと思うんだけどね。公立の小学校だと、「クラスは担任のもの」ということで、複数の先生が関わる形にはあまりならないなぁと。


なんか、「先生の資質」ってところで、思考が止まっている感じだよね。

それだから無理なケースもあるんだって認識があってもいいんじゃないかと思うんだけど、さてさて。

2014-07-17 偉大なる兄弟が見ている

★このエントリーに大量のトラックバックが飛んできて見づらいので、

 当分の間、トラックバックを見えなくしておきます。

小説『1984』の世界ですなw

| 小説『1984』の世界ですなwを含むブックマーク

「何してますか?忙しいですか?手伝ってもらっていいですか?」。すでに有名になったLINE乗っ取り詐欺は決まってこのメッセージから始まる。この後、「近くのコンビニエンスストアでweb moneyのプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえますか?」とお願いしてきて、カードのコードを写真で送らせる手口だ。

このLINE詐欺、ふとnetgeek編集部が悪ふざけで乗っ取られたふりをして友人にメッセージを送ってみたところ、なんとアカウントを凍結されてしまった。完全な誤解だが、本人だと証明する術はないので泣き寝入りに…。

【悲報】LINE乗っ取りごっこをして遊んでいたら運営にアカウントを消されたでござる | 面白ニュース!netgeek

「やっぱ、見ているんだね〜。通信の秘密はどうなってるの?」

と思ったら、反論きたよ。

事の発端は、LINEの不正アクセスによるアカウント乗っ取り被害をまねた“悪ふざけ”から始まった。あるユーザーがなりすまし犯を装って友人にプリペイドカードの購入を催促したところ、突然アカウントが凍結され、利用できなくなったという。

 しかしLINEは、「トーク内容を理由に一方的にアカウントを削除することはない」と答えた。アカウントが削除されるケースは以下のようなものがある。

・ユーザー自身がLINEアプリ内の「アカウント削除」ボタンを押した場合

・アカウント所有者本人がアカウント削除の希望をLINEに連絡した場合

利用規約に違反した場合

・ほかのユーザーの通報をもとに、明らかな迷惑行為を確認した場合

・最終アクセスから1年以上経過した場合

 なお、迷惑な内容のトークを送るユーザーをLINE運営に報告する「通報」機能は、「友だち」以外の相手にしか利用できない。今回のケースの場合、LINE上で友だちになっていないユーザーに対してメッセージを送り、相手側に通報されてアカウントを停止させられたケースが可能性が考えられる。

LINE、「トーク内容は見ていない」と回答 「一方的なアカウント削除もしない」 (ITmedia Mobile) - Yahoo!ニュース

真偽のほどはわからんなぁ。監視してないといいつつ、乗っ取り犯対策で、

六四天安門事件

という魔法の言葉を出すと、検索に引っかかるからって、乗っ取り犯が逃げ出すらしいし。

(乗っ取り犯は、みんな、天安門がある某国在住なのかよw)

「これは自動的なキーワード抽出で、アカウント停止させているだけだから、読んでない! 検閲していない!」って主張もあるようだが、一度、裁判で、司法の判断を聞いてみたいよね。

ま、見られている前提で使うしかないだろうね、使うなら。

しかし、こういう建前だけ、法令順守みたいなのが流行ってるよなぁ〜。ったく。

参考私「LINE」乗っ取られました……“あの撃退ワード”は効く? ありのまま今起こった事を話すぜ! – ガジェット通信


追記

週刊アスキーが問い合わせたら、LINEからはこんな回答が。

類似した事例の場合、詳しく調査を行なった結果、該当アカウントが不正ログインを行なった第三者によって削除されていたケースを確認いたしております。

なお、昨今発生している不正ログインを行っている犯人は、不正ログインを行った後、一定期間を過ぎると乗っ取ったアカウントを犯人側で削除するケースが多く見受けられます。

従って、お問い合わせを頂いている事例については、”乗っ取られごっこ”をしていたことと関係なく、偶然近いタイミングで実際にアカウントが第三者によって不正ログインされた後、その第三者によってにユーザーのアカウントを削除されている可能性が非常に高いと推測しています。

LINE監視は本当か? 強制アカウント削除の真実 - 週アスPLUS

乗っ取りごっこをやっていたユーザーたちのアカウントが、偶然にも、その直後に乗っ取りされて、乗っ取った誰かに削除されたってこと!? 

すごい偶然というかw、そのぐらい乗っ取りが猛威をふるっているというかw


さらに、「勝手に削除された」と記事にした編集部にも、直々に説明のメールが届いたとか。他の乗っ取られたユーザーには、“自己責任だろ。パスワード管理が甘いお前らの自業自得だ”という感じだったのになぁと。いろいろもにょる内容なので、ぜひ、リンク先をご覧ください。

【続編】LINE乗っ取りごっこでアカウントが削除された件についてLINEから説明が届いたでござる | 面白ニュース!netgeek

以下、引用。

LINE広報担当者の文章はさらに続く。netgeek編集部のLINEアカウントが消えてしまった原因は「偶然同時期に乗っ取りにあって、犯人がアカウントを削除したからではないか」と推測するのだ。

(中略)

そうだったのだろうか…。自らアカウント削除はしていないし、友人も通報はしていないという。利用規約の違反もないと思うので可能性として考えられるのはやはり本当に乗っ取りにあったというところか。ログイン履歴などが見られればはっきりするのだが…。真相は闇の中へ。とはいえ無料で便利なものを提供してもらっているので文句は言えまい。

こういうのが、支配だよなぁw 

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

2014-07-16 気付きに気付く

「子どもは子どもなんだよね」

| 「子どもは子どもなんだよね」を含むブックマーク

悪いことをしたことが発覚した時、こっちがなにも言わなくても、謝ってくるってこと。

これは、相当高度なことだと思う。

状況を読んで、自分の行いを振り返って、なにかまずいことがあったのかと検証をして、ふさわしい態度として、

「ごめんなさい」

と自分から口にする。

おぉ、すばらしい。

この手のことが、娘と息子には期待できない。

なんていうか、「悪いことをしよう」って自覚がないまま、自然にやっちまうことが多いので、

「こらー、○○○○をしちゃったでしょ! なんで、言わないの!」

などなどと第一声を上げても、きょとんとした顔をして、

「そんなことしていないよ」

と言う。ホントにホントに、気付いていないので、図を書いて、書き出して、なにをしたのか、説明して、

「あー、そういうことか。それはやった」

とやっと気付いて、そこから、真の説教をするわけだがw

気持ち的には、賽ノ河原に石を積む感じで、毎日、毎回、同じようなことを指摘して、ガミガミと言い、二度とやらかさないための対策を考えるって感じだ。ふぅ。

今日も、そういうことがあって、疲れた。


以前、いくら言おうが平気で忘れて、同じことを繰り返す件を、カウンセラーの先生の前で嘆いていたら、

「私たちの年になれば気付きますが、普通の子どもたちも、そうそう簡単には気付きませんよ」

って言われて、ハッとなった。

「なんで、ごめんなさいなのか、考えてみなさい」

とは言うんだけど、やっぱり、想像つかないんだよねぇ。

“悪いことをした”

大人から見たら、これはわかってやってんだろうってようなものでも、子どもはわかってなかったりするんじゃないかな。やらかした後で、先生や親がしている怖い顔や子ども同士で交わす“まずい”ってアイコンタクト辺りから、気付くような気がする。

学級内のいじめを見ていた時によく聞いた「ふざけていました」や「あそんでいただけです」というのは、言う本人にしてみれば、真実だったりするんだけど、

「嘘つくな」

と言いたくはなる。悪意もなくそんなことするのかよと。

そこは我慢して、大人たちが客観的に解きほぐして、

「やられている子は、イヤだってサインを出していたんじゃないの。それに気付かなかったんじゃないの」

ってのをうまく気付かせた方がいいんだろうなぁ。

その時のテクニックだけれど、とりあえず、受け止めるってのは、カウンセラーの先生によく言われた。

「もしも、『ごめん』と子どもから近づいて来た時は、とりあえず、『よく言えたね』と迎え入れるんですよ。やましいと思う気持ち、しまったと思う気持ち、それに気付いて、それを認めたってことで、第一歩だから。気付かなかったよりは、気付いたことの方が、大切だし。大人の目から見ると、こっちの動きを見て、謝ろうなんて、卑怯に見えるけれど、そうじゃないと気付けない状況ってのもあるから」

なるほどねぇと。

普段の言動からすれば、そのぐらいのことわかるだろうに、って思うことも、まぁ、うちの子らには通じないからねぇw だから、誤解されやすいんだけど。


実はね、さっき娘に聞いてみたんだよね、好きな先生ってどんな先生だった? って、そしたら意外な答えが返ってきた。

「○○先生がいちばん好きだったし、付き合いやすかったよ。なぜって、あんまり、子どもに期待しないで、“そのぐらいできなくていいよね、充分充分”って諦めてくれていたから」

正直、驚いたよ。

だって、○○先生とは、話の方向が合うから好きだと、私はずっと思って言ったんだけど。

他の先生が苦手なのは、「子どもに多く求め過ぎるから」だそうだ。

「他の先生たちは『お前らはもっとできるはずだ』みたいなんだよね。でも、そんな高いレベルの事は、みんなできないから、しんどいし。先生たちの思うようになんて、動けないからっての、認めてほしかったなぁ」

子どもは、子どもなんだよね。うーん。当たり前な事実なんだけど、忘れちまうんだよなぁ。

まるで、自分は、子どものころから、全部わかっていたかのように、大人になると勘違いしちゃうんだよね。うん。