Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-02-03 駝鳥の群れ

見なければ、なかったことになるらしい。

| 見なければ、なかったことになるらしい。を含むブックマーク

なんか、「1984年」を見ている気分になったよ。

2017年2月に1987年以来29年ぶりの高水準となったことが報じられた日本のエンゲル係数。家庭の消費支出全体に占める食費の比率を示すエンゲル係数は、高校生ですら「生活水準が高くなるにつれて数値が低くなる」事を知っている有名な経済指標です。

日本ではこのエンゲル係数は戦後長く下落傾向が続き、記録がある1970年には34.1%だったものが、2005年には22.9%にまで低下。しかし、第2次安倍政権が発足し、アベノミクスがスタートした2013年以降は上昇に転じ、2016年には25.8%と家計の消費支出の1/4を越え、1987年の26.1%と同レベルにまで達してしまったのです。

この事実を引き合いに、1月31日の参議院予算委員会民進党の小川参院議員会長は

「国が行った調査で、エンゲル係数が上がってる国民の生活は苦しくなっている。これがアベノミクスの実質じゃないですか」

と追求。

しかし安倍首相は

「厳然たる事実の一つは、やはり働く場所があるということだろうと思います。47すべての都道府県において(有効求人倍率が)1倍を超えた、これは高度経済成長期にも、あるいはバブル期でもなかったことでありました。それはやはり、この景気回復の波が全国津々浦々に及んでいるということであります」

と答弁。

http://buzzap.jp/news/20180201-abe-engel/

勘違いというか、わかってないんだなぁ、この人、仕方ないか。

と思ったんだが、質問通告あっての答弁ってことは、この原稿を書いたスタッフがいたんだろう。

それなりの専門知識があるであろうって方。

うわぁ。


その後の方がもっとすごくて、もう、世も末だなぁと。

Wikipediaの「エンゲル係数」が首相答弁の翌日に「重要度低下」と改ざんされていた問題について | BUZZAP!(バザップ!)


首相が答弁したことが、真実として上書きされていく。

ツイッターで「エンゲル係数」を検索してみてくださいよ。ネトウヨの皆さんによる珍説博覧会になっていますよ。「それまでおにぎりしか食べられなかった人が唐揚げをつけたらエンゲル係数は上がるので、これは好景気だ!」には、ひっくり返りましたよ

なんということでしょう

もう、笑うしかない。

いろいろと丁寧な説明がなされていたんだが、長期的には、高齢化社会の影響で、エンゲル係数はじわじわと高くなっているが、ここ3年ぐらいの急激な上昇は、現政権がとっている政策で、インフレへの誘導が進んで、生活必需品の価格が高騰しているのに、賃金上昇が伴っていない。ってことで説明できるようだ。

総務省の分析は14〜16年の上昇幅1.8ポイントのうち、円安などによる食料品の価格上昇が0.9、節約志向の強まりによる消費の抑制0.7、夫婦共働き世帯や単身高齢者の増加にともなう外食や調理済み食品などへの支出増0.2です

なにより怖かったのは、ここ10年以上、先進国ではエンゲル係数は下がるトレンドにある。のに対して、日本は、高め、かつ急激に上がっていることだ。

つまり、日本の国民は、次第に食うだけで精一杯になりつつあるってことだろうに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180203

2018-01-23 思わぬところからの噴火

草津白根山が噴火

| 草津白根山が噴火を含むブックマーク

23日午前、群馬県の北西部にある草津白根山で噴火が発生し、噴石が火口から1キロ以上離れた場所まで飛びました。気象庁は「噴火警戒レベル」を「入山規制」を示すレベル3に引き上げ、草津白根山鏡池付近の火口からおよそ2キロの範囲では大きな噴石などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、23日午前10時ごろ、草津白根山地盤の変動を伴う振幅の大きな火山性微動が観測され、草津白根山本白根山鏡池付近の火口から1キロ以上離れた場所まで噴石が飛んだことが確認されました。

これについて気象庁は、「草津白根山鏡池付近で噴火が発生した」として、午前11時50分に火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを「入山規制」を示すレベル3に引き上げました。

気象庁によりますと、この噴火のあと、草津白根山では振幅の小さな火山性地震が多く発生していますが、その数は、徐々に減ってきているということです。

また、気象台の調査で、火口から東に8キロほどの群馬県中之条町でも火山灰が降ったのが確認されました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180123/k10011298881000.html

ほぼ同時に「草津国際スキー場で雪崩が発生して、十数人が巻き込まれた」というニュースが飛び込んできた。

結果、噴石による死者が出てしまったわけだが。

噴火の様相が明らかになってきてわかったのは、スキーコースのすぐ脇、数百メートルのところから噴出していたことだった。

ここ数年、毎年、子どもらとそのコースをすべっていたので、正直ゾッとした。意外と細いルートで、そこを通るしか道がないところなので、噴石でケガをした人が大勢出たというのもわかる。そこにいたら逃げようがなかったというのも理解できる。本当に運が良かったのは、多少ふぶいていたってことだろう。晴れていたら、子どもも少なくないコースだから。

先日警戒レベルが1になって、観光に支障がなくなったばかりだったのに、本当に火山というのは、わからないな。


しかし、地図見ながら、あぁあそこかと思い出せるところで起こった事故や災害は、怖いなぁ。あの場にいたら、どういう状況だったか。想像が広がってしまうので、考えるだけで震えてくる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180123

2018-01-21 And you give yourself away

あなたがいても、いなくても

| あなたがいても、いなくてもを含むブックマーク

今日、コストコへ行く途中、ラジオから懐かしいメロディーが流れてきた。

U2の「With or Without You」

久々に聞いたが、歌詞の解釈が難しいなと改めて思った。

D

昔、この曲が発売されたころ、聴きながら、友だちから、

「ねぇ、あなたがいても、いなくても、生きられない。っていうのは、どう受け止めたらいいのか。you give yourself awayってフレーズは、すべてを投げ捨てて、相手に捧げたってことなんじゃない。それでも、生きていられないって、どういう関係なんだろうね」

と言われて、考え込んだ。


いても、いなくても、生きていられない。


学生の頃は想像もつかなかったなぁ。


で、このアルバムを聞きなおしたりしているわけだが。


夕方、スマホを見たら、西部邁さんが亡くなったというニュースが報じられていて、驚いた。

自分自身で死ぬ時を決めるという意思を表明していたから、親しい人たちには驚きはないようなんだが。

なんだか、哀しくなった。

目の前で繰り広げられる、乱痴気騒ぎに呆れて、「お先に失礼するよ」と退場したような気がした。それは、あなたにとっては、スマートかもしれないが、残された人たちのやるせない気持ち。それはどうするんだろうと。


そのつながりでもなかったんだが、以下の記事が、目に留まって、さらに哀しくなってしまった。

飲食を絶ち、自ら死期を早める患者たち

自分で飲み食いを止めて死期を早める方法は、安楽死や医師による自殺幇助の代わりの方法として、以前から、外国では知られた方法でした。

英語ではVSED(voluntary stopping eating and drinking; 自発的な飲食の停止)と言われています。

自分で飲み食いを止めるVSEDは、安楽死や医師による自殺幇助が合法ではない国や地域であっても、患者自身で死を早める方法として、知られています。

オランダのように安楽死が受けられる国に暮らしていても、安楽死が受けられる条件を満たしていない人は、どれだけ希望していても望みが叶うことはありません。

国によって異なりますが、安楽死できる条件は、「耐えがたい苦痛があること」「余命が6ヶ月未満と医師が判断していること」といった基準により厳しく管理されています。

また、日本のような安楽死が違法である国の人達が、安楽死が実行できる国へ行っても、すぐに安楽死が受けられるわけではありません。安楽死が拒絶されることも度々で、審査待機中に病状が悪化して亡くなってしまうこともあります(関連記事)。

ある調査を紹介します。本人が望んでいたにも関わらず、医師(かかりつけ医)から条件を満たしていないと拒絶された人達のために、安楽死を請け負う特別なクリニックがオランダにはあります。そこを受診した25%の人たちが、実際に安楽死を遂げました。

しかし、46%はやはり安楽死の条件を満たしていないと判断され、19%は安楽死の基準を満たしているか審査している間に亡くなっていきました。

安楽死や、医師による自殺幇助は医師の助けを必要とします。安楽死が一番行われているオランダでも、例え患者が安楽死を望んでも、実際に遂げられるのは、その一部なのです。

実際はどうだったかわからないし、日本では医師と家族との暗黙の了解なんだろうが、こういう風に亡くなった方を知っている。

なんだろう、幸せの基準はそれぞれだから、その行動自体を評価はできないんだが。

必要とされなくなった家族、残された人々、その心みたいなものは、理解できる。

この、どうにもならない気持ち。

やるせなさをどうしたらいんだろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180121

2018-01-20 Webの空論

ワクチンだけでは助からない

| ワクチンだけでは助からないを含むブックマーク

子宮頸がんワクチンによる副作用を訴える奴らのせいで、かからなくていいがんに女性たちがかかっている。反ワクチンを煽ったマスコミのせいで、死ななくていい女性が死んでいる」

みたいな論調が、webでは結構流れてくるんだが。

子宮頸がんワクチンは、受けようと思ったら、受けられるから。

完全中止になったワクチンとは違うんだけどなぁと、もやもやしている。

そもそも、子宮頸がんワクチンは、「全身に痛みが出ることもあるし、それが気絶するぐらいのこともある」という、他のワクチンではあまり聞いたことがない副作用があった。受ける前に医師が「その可能性があるから」と予告するぐらいだから、恐怖から受けたくない人はいても不思議じゃないだろう。

そんなことを娘に受けさせた時に思った。

下のリンク先の日記にも書いたが、

「副作用が騒がれていますよね?」とかかりつけの小児科医の先生にたずねたら、

「それはわかっていて、ぼくも調べたが、他のワクチンと比べて、確率的に異様に高いわけではなく、世界中で使われている事実を思うと、ハイリスクではないと思う。ただ、これは一部の子宮頸がんを防ぐだけだから、検診は定期的に受けてもらわないいけない。これで安全というワクチンではないから」

それで、副作用の報告が多かった製品、サーバリックスを避けて、ガーダシルをうったんだが。

言ってはいけないホタテ - 北沢かえるの働けば自由になる日記

結局、娘には受けさせたんだが、それは、かかりつけ医との信頼関係があったからだと思う。説明を受けて、リスクを一緒に考えて、その結果、必要だと思ったから、我が家はその選択肢を選んだ。だから、反ワクチンを批判するより、それぞれの子どものかかりつけ医へ「ワクチンの効用について」を宣伝した方がいいと思うがなぁ。産婦人科医の危機感が、小児科医に伝わりにくい気がするんだが。

なんか、この件、すべて反ワクチンの運動の結果みたいにみるのは、どうなんだろう。安楽死QOLとか、健康については自己決定権を尊重する流れの中で、ワクチンの一斉接種みたいなのもなくなったし、その結果、社会が不利益を得ようが、それも個人を尊重した結果のコストとして受け止めるしかないと、私は思っているんだが。ライフスタイルを考えれば、受けなくてもいいと思う人がいていいと思うし。

むしろ、その辺を利用して、「ワクチンを受けたのは自己責任だから」として、薬害被害の責任からの逃げ道作ったような「奨励中止」の厚生省を批判した方がいいんじゃないかな。

実際、その当時の報道をみてる限りは、「子宮頸がん予防ワクチンの奨励中止」はもっと政治的な話だったと記憶しているが。

純潔教育とかの流れだったんじゃないか。

日々の暮らしは足りてるが - 北沢かえるの働けば自由になる日記

あと、

ワクチンだけでは、がんは防げない。ワクチンを打ったからといって、定期的な検診は必ずしてよ、頼むよ」

とかかりつけ医に言われたので。

これ大事。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180120

2018-01-18 福島を思う

東京の人と福島の人の違い

| 東京の人と福島の人の違いを含むブックマーク

去年12月ごろ、朝起きてテレビをつけたら、森達也さんが若者たちにドキュメンタリーの撮り方を教えるという番組がやっていて、なんとなく見てしまったんだが。

森さんからの講義や対話を通じて被災地出身の3人の学生が学んだあと、それぞれがテーマにあった素材を捜して、ドキュメンタリーを撮って、発表するという展開だった。

そのうちのひとりが、福島県の出身で、「福島は、原発放射能、危険というイメージだけで話題になってしまう」と嘆いていて、それはメディアが福島を取り上げるときには、「原発事故」のことばかりとりあげるから、偏見がはびこるんじゃないか。というわけで、東京の人たちにインタビューをして、それぞれが福島に対して持っているイメージを語ってもらうという企画をしたんだが。

その結果、彼女は、ドキュメンタリーを完成させることができなかった。

彼女いわく、「東京の人たちは、多面的に福島をとらえていて、自分が思っていたような偏見ばかりの、放射能怖いみたいな印象もあれば、そうでない印象もあった。なので、どう作ればいいのか、わからなくなった」



ある程度、それをネタにするんだとわかった時点で予想はついたというか。彼女が思っていたような、“マスコミの扇動で福島への偏見に凝り固まった人たち”は、どこかにいるのかもしれないが、私の周りではいないし、その理由もなんとなく推察できる。

あの震災が起きて気づいたんだが、被災地とまったくつながりがない人なんて、いない。

宮城や岩手と同じだよ、福島も。

身近でも、意外な人が福島県出身だったり、親兄弟や親族がいたり、なんらかの縁があったりすることに気付いた。

「心配なんだよね、郡山っていっても、余震もひどいし」

「まぁ、実家は、田村市だから、放射能はギリギリ来なくて、助かったって感じ」

「嫁さんの実家がいわきなので、救援物資もってきましたよ」

なんて話が、震災当時は出てきて、いるもんだなぁと。

そんな話をしていたら、

「だって、東京は、そういう風に地方から人をいつだって集めてきたじゃない」

と言われて、あ、そうかと。

実際、つながりがある人たちと面と向き合っているかどうか。みたいなのがあると、流されないよなぁと。



この番組なんだけど。まぁ、いろいろと考えさせられた。

https://www.nhk.or.jp/ashita/miraijuku/archives/171203.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180118