Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2006-09-05 暑さがぶり返し

というか、残暑?

| というか、残暑?を含むブックマーク

いろんな意味でアイドリング中。なんか、暑くなりそうだな。

今日も公判ありなんだ〜。ハイペースゥ。

そうか、情報不足のまま、改革が進んでいるから、不安なわけだ。あと、不信感だよな〜。本音の部分では、まったく違う目的でやっているんだろうなという部分。インテリジェンスがないとダメだね、トホホ。

夕飯は、舞茸とブタバラ肉丼、にゅうめん、トマトサラダ、ジャガイモと鶏肉の煮物。ってところ。

奇跡の馬焼死…船橋競馬場で厩舎2棟全焼

| 奇跡の馬焼死…船橋競馬場で厩舎2棟全焼を含むブックマーク

おばあちゃんが言っていた。馬は火がいちばん怖いんだ。だから、馬小屋の火事は本当にかわいそうだって。逃げ遅れた馬がいななく声。あれは忘れられない。馬は本当にかしこいし、かわいいんだが、火だけはダメなんだ。だから、絶対、火を出しちゃいけないよ。

ニュースを見たとき、そんなことを思い出して暗くなったが、toroneiさんのところから、こんな話も見つけて、さらに悲しくなった。

千葉県船橋市の船橋競馬場内で3日午前1時ごろ、調教師・及川肇さん(44)管理の厩舎(きゅうしゃ)から出火。隣の同・川村昭男さん(69)の厩舎にも燃え移り、木造2階建て2棟(約600平方メートル)を全焼した。出火原因は不明。けが人はなかったが及川さんの競走馬9頭が焼死。その9頭の中でも「スーパーハリケーン」(牡4歳)は03年の台風10号に遭遇、濁流にのまれながら生還した強運の持ち主だったが、2度目の奇跡は 起こらなかった。

スーパーハリケーンは03年8月、北海道日高地方を中心に壊滅的な被害を与えた台風10号を、生まれ育った田端牧場で経験。25頭のうち6頭の仲間が死ぬ被害の中で、濁流に1キロ流されながら生還した。馬名は、その闘争心と台風に打ち勝ったことに由来している。04年のデビュー以来、47戦で2勝ながらも、休むことなくレースに出走し続けてきた。ちなみに凱旋門賞を狙うディープインパクトとは同期だ。

それから3年。今度は火が襲った。及川厩舎では管理していた13頭のうち9頭が死んだ。4頭は何とか逃げ出したが、スーパーハリケーンは焼死してしまった。馬はパニックになると、自分が一番落ち着く場所に戻る習性があり「誰かが厩舎の戸を開けて逃がしたのだろうが、また燃える厩舎内に戻ってしまった可能性がある」と競馬場関係者は分析している。http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20060904-OHT1T00035.htm

toroneiさんのここhttp://d.hatena.ne.jp/toronei/20060904/Fを読むと、馬が好きな人は、さらに悲しさが増すだろう。なんだろうな、生き物を商売に使うってのは、とても罪深いことで、その生き物の生を受け止める責任と覚悟がない人はさわってくれるなよと思ってはいるんだが。なんか、なんか、かなし〜。

アルバイト店員の見事な機転で

| アルバイト店員の見事な機転でを含むブックマーク

いい話をひとつ。

ミクを読める人は、ここからどうぞ。http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10068480&comment_count=11&comm_id=11415

ブックス新京都(京都・伏見区)のアルバイト店員・小谷直史さん(24)が8月4日、交通事故で右腕を切断する重傷を負った男性の救助に貢献したとして、伏見署から感謝状を贈られた。

小谷さんは同店での勤務中7月24日午前11時頃、店の駐車場で乗用車が誤って照明柱に衝突したのを目撃。運転席の男性は照明柱と車のドアに挟まれて右腕がひじ上部から切断された状態だったが、小谷さんが即座に止血を行い、切断されたほうの腕の細胞が壊死しないよう氷で冷やすなど適切な処置を行った。男性は救急車で病院に運ばれて即座に手術を受け、腕は元どおりに接合されたという。

医療の経験は無いという小谷さんがこのとき参考にしたのが、小学館の漫画「Dr.コトー診療所」(山田貴敏作)。19巻累計で約800万部を発行、3年前にTVドラマ化もされた人気作品で、現在も「週刊ヤングサンデー」で連載中、TVドラマは今年10月にも続編が放送される予定となっているもの。同シリーズの3巻に同様の場面があり、小谷さんはその内容を思い出して処置を施したという。

小谷さんは同書店に勤めて2年目。同じく現場にいたという社員の下司卓史さんが語る。「駆けつけたときは、ドアが外れ、うずくまる被害者の背中に千切れた右腕があるという凄惨な状態。意識があるだけに苦痛がより伝わってきた。小谷が『氷!氷!』と叫び、隣のスーパーからもらってきた氷入りのナイロン袋に腕を入れ密封。『Dr.コトー』にも同じ場面がある。また、腕を下ろした瞬間に大量の血が飛び出すシーンがあったため、傷口を紐で縛り、苦しむ被害者に『止血のためだから!』と声をかけながら、ずっと腕を上げさせていた。私は警察と救急車を呼んだだけですが、彼は本当によくやったと思う。本人は『漫画で読んだ知識がこんなに役に立つなんて』と話しています」。

もちろん、小谷さんの冷静で迅速な行動力があってこそ活かされた知識。今夏の快挙だ。

新文化通信社【新文化】2006年8月10日号より

あら、私、そんなこと言ったかしら。『美しい罠』

| あら、私、そんなこと言ったかしら。『美しい罠』を含むブックマーク

なんか、『危険な関係』に似てるな、展開が。セリフもなんだか、デジャビュw。

だから、はまっているというわけでもあるが。

愛しさあまって憎さ百倍、悪い奴らばっかり。

いいね〜。

stockstock 2006/09/05 18:09 下手に漫画にうそを書くと悲劇になりそう(;´ρ`)

kaerudayokaerudayo 2006/09/06 09:55 編集者は大変みたいですよ。ゴルゴとか担当しちゃうとw。

stockstock 2006/09/06 20:14 ゴルゴからは、背面から狙われないようにいつも壁を背にする習慣を学びました。。いいのかなぁw
▄█▀█●

KOKO 2006/09/07 00:54 そこであえて「バキで見ました」と言って欲しかった。

そうっすかそうっすか 2006/09/07 02:38 実写版ブラックジャックでも似たような内容があったな。建設中のビルの鉄骨の下敷きになった人を助けるために、両腕を医学的に切断しそれを密封してクーラーボックスに入れるというヤツ。

kaerudayokaerudayo 2006/09/07 09:41 『>stockさん ゴルゴは考証が大変らしいですよ。嘘描くと、突込みがすごいらしくて。
>KOさん 一ツ橋からの裏指令があったとかw。
>そうっすかさん モッくんが主演していたコレhttp://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005NNZD/ref=pd_rvi_gw_1/250-6147941-0814657?ie=UTF8でしたっけ。』

iireiiirei 2006/09/08 08:21 私も著述業をこととしています。中々売れませんが。マンガのことと言えば、「美味しんぼ」の雁屋哲さんは、「男組」の印税をすべて食べ歩きに費やし、「美味しんぼ」の準備に当てて、結果大ヒットしたというお話が有名ですね。なんと言う研究熱心さ!このマンガで取り上げられたメニューで、試してみたものもあります。そうそう、雁屋さんは、はじめは「さいとうたかお」のスタッフもやっていたそうですね。

kaerudayokaerudayo 2006/09/08 09:41 どうも。「男組」が「美味しんぼ」を影で支えていたとは!? ロマンがあるな〜。

baibaikinbaibaikin 2006/09/09 13:41 世界丸見えで指切断時の処置(上記と全く同じ)やってたけど、これ元ネタにしたらニュースにならないんだろうな。
大人の都合でw

   2006/09/09 13:55 氷より水の方がいいんじゃね?

   2006/09/09 22:15 切断面を水洗しちまったら接合できなくなるお