Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-02-22 山は越えたそうだが

インフルエンザについて知っておきたい情報いろいろ。

| インフルエンザについて知っておきたい情報いろいろ。を含むブックマーク

かかりつけ医によれば、品川辺りの感染のピークは越えたらしいが。http://www.pluto.dti.ne.jp/~rinou/経由で。

ウイルス感染の治療に有効なのは身体の作り出す抗体のみなので、本質的には感染後に病院に行く事は無意味です。病院に行くのは予防接種の為、というのが対応として正しいでしょう。

no title

親としてはいろいろ勉強になりました。この辺とか。

実際には、ワクチン接種を流行が始まる前に受けていれば、感染を逃れられる確率は高くなります。特に免疫系がしっかり発達してくる中学生以上なら、効果はより高くなります。まあ、毎年接種を繰り返す必要があるめんどうさはあるのですが、昔は実は子供は毎年インフルエンザワクチンの接種を受けていましたし、現在でも子供へのワクチン接種が義務化されている先進国は少なくないのです。

ワクチン接種は当然ですが、誰でも受けられます。予防措置ですので、免疫系が弱っている高齢者などの特定の人たち以外は「自発的な措置」ということで健康保険の対象にはなりません。でも、インフルエンザが熱譫妄を引き起こす事もある激烈な病気で、しかもウイルス疾患なので治療のための薬物が存在しない、ということを理解していて、子供に流行前にワクチン接種を受けさせている親は実は少なくはないのです。

タミフルを飲む、というのは「激烈な症状を引き起こす病気」に感染した後で、対処の為にとられる行動です。子供が服用するタミフルの副作用を懸念するならば、あらかじめワクチン接種を受けさせることが、安心の為の一番の投資になると思います。

2年前、B型にかかった時は辛かったなぁ。今までにかかった事がないし、ワクチンを受けたことがないタイプのインフルエンザだったってこと!? と上の記事を読んで理解できた。

書いて置けよ、わかるように

| 書いて置けよ、わかるようにを含むブックマーク

昨日のエントリーをながめていて、ある親とケンカになったことを思い出した。

とある公園へ遠征して、遊具で遊んでいた3歳の娘を、10歳ぐらいの子がキックして泣かせた。

知らん振りしているんで、「コラァ、なにするんじゃい」と追いかけていって、怒ったら、

「障害者なんです。わからないんです。怒らないでください」

と女の人が割って入ってきた。

「わからないからって……蹴られて、娘は泣いているんだよ」

「障害者なんですよ、わからないんですよ。障害者なんですよ」

と、たぶん母親だと思われるその人は、障害者だから許すのが当然って態度。

どこかへ走っていった自分の子は、放置で、その態度ってさ。

あのさ〜、なんか違わないか、アンタ。

で、さらに言ってしまいました。

「だったら、胸に『障・害・者』って書いて置けよ。わかるように」

……今、思い返せば、大変、大人気ない発言なんですが。

その親は、キッパリ。

「差別ですね」

たまたま、その発言の直後に

「あの子がいじわるしたぁ、いじわるしたんだよ」

と娘が大声でまた泣き出した。それを見た、その親。

「いじわるじゃありません。わからないだけです」

「でも、私や娘にはいじわるとしか思えないんですよ」

「また、そういう教え方をする。いじわるだなんて、差別ですよ。わからないだけですよ。差別ですよ、差別、差別」

あ〜〜、もう、いい。差別主義者だって? 上等だよ。と売り言葉に買い言葉。

「じゃあ、しっかり見張っておくか、胸に『障害者』って書いておけよ」

「見張っておくなんて………差別ですね。差別、差別、差別、差別、差別」

「公園に連れてくるなら、見張っておけよ。他の子はどうなってもいいのか」

「差別、差別、差別」

って感じで、睨み合い。

気がつくと、周囲で、ほのぼの遊んでいた他の親子は、みんないなくなっていた。

帰宅してから、夫に話をしたら。

「それを言うなら、親の管理責任を懇切丁寧に説明してやるべきだったな。

 公園は公共の場所。危ないことをする可能性は障害児だけじゃないですよ。

 子どもの危険な行為を防止するのは、連れてきた親の役目でしょ。

 あなたは、自分の子を放っておいて、なにしていたんですか?

 障害者でなくても、それはおかしいんじゃないですか。

 ってぐらい、頭働かせなきゃ。感情的過ぎ」

海より深く反省。

普段は偉そうなこと言っているんだけど、こんなレベルのことでも、カッとなると、なに言うかわからないわけで。

発言については、猛省。

だが、だが、モヤモヤは残った。

キックした子は、見かけでは“障害、どこにあるの?”ってタイプだった。

黙って遊んでいれば、どういう障害があるのかは気づかれないんだろうな。

まあ、キックされるまでの状況を振り返れば、おかしなところはあったと思うが。

その子の周りで、誰も遊んでいなかったし。

あの親にしてみれば、この公園は、周囲の理解があって、“差別”を感じさせずに、自由に遊ばせられる安全地帯なんだろう。

そこに飛び込んできた“差別主義者”なわけだ、私たちはw。

安全地帯を荒らしまわる私らを追い出し、わが子を守るのが、正義。

その正義。どっぷり。

ってのに、カッとしたんだよな。なんで「ごめんなさい、泣かせちゃって」とやった相手に一言いえないのか。

その一方、ああいう頑なさを身につける背景は想像できる。

たぶん、他所では頭下げ続けであろうあの親の苦労を思えば、周囲は気を使い続けるしかないんだろう。

障害を理解しなけりゃいかんのですよ。

かの親子にしてみれば、それが社会全体に広がっていくことが当然ってことなのか、

この当然がノーマライゼーションってことなのかな〜。

でも、当然って態度とられるとさ、んな〜、安易に理由にするなよとつぶやきたくなる。

ケンカをしていて気になったのは、「差別」と叫ぶ親の手をひっぱっていた、弟くんの目。

彼は、差別と戦う母を見て、育っていくのか。

うまく説明できないんだけど、なんか、いろいろモヤモヤをひきずっている件だ。

ひきずっているのが大事ってのもあるんだけど。


追加

コメントありがとうございます。ここで返答めいたものを。

私が、子どもを連れて公園に行って、ちょっと目を離した隙に、なんらかのトラブルに巻き込まれてるぞと気づいたら、

「どうしたの?(これは娘に) なにかうちの子やりましたか?(被害者っぽい人に)」

と言っていると思う。被害者なのか、加害者なのか、見ていなかったら、状況をまず聞いてみる。

あと、娘が加害者らしいとわかったら、「大丈夫ですか?」が次に出る言葉なんじゃないかと。

たぶん、「障害者云々」ではなく、「どうしたんですか? うちの子がなにかしましたか?」ではじまっていたら、展開は全然違っていたと思う。

暴言については反省しています。上でも書いてますが。

だが、「障害者なんだから、わからないのが当然でしょ」って言葉と態度に、カーッと来たことは反省しないな。

なんだろ。情けないよっていうか、悔しくて、怒りが沸騰したっていうのは、単に娘がやられただけの怒りじゃない。

「自分の子なのに、『わからない』って決め付けるなよ」って気持ちもあったな。

保育園の先生にこの間も言われたんだけど、

「園では座ってご飯を食べるけど、家では大暴れで食事をしない。園ではトイレにきちんと行くけど、家では紙パンツをはきたがる。というような話をお母さん方から聞きますが、園でも最初から座って食べていたわけではありません。トレイに行ったわけではありません。4月から、毎日、毎日、少しずつ、繰り返し、手取り足取り教えて、ほめて、任せてやらせて、やっとできるようになったんです。子どもができるようになるって、そのぐらい時間と手間がかかるものなんですよ」

そんな話をされても、「普通の子と違うんですから」と反論されたら、ああ、そうですかしか言えない。ただ、どういう障害なのかはわからないが、「この子は、わからないし、できない」って、そんなんでいいのかよと。それを言いたかったが、言葉になりませんでした。バカですw。

この人も大変なんだなってのは、すぐわかった。目の下、クマができていて、見るからに疲れていたし。毎日、コミュニケーションが難しそうな子を抱えて、謝ってばかりじゃ、そういう諦めを持つのも仕方ないなぁとも思った。で、傍らに立っていた弟くんの悲しそうな顔を見ているうちに、口で打ち負かしても、なんもいいことないなとか思って、にらみ合いながら距離置いて……。

ケンカ終了後、「いじわるな人がいるから、帰ろうか」と言ったら、「なにも悪いことしてないから、帰らなくてもいいよ。私、もうちょっと遊びたいから」と娘。なに食わぬ顔で遊んでいるが、きっとモヤモヤしたもの抱えているから、話をしないとまずいな〜と思った。

補助線をひく。

っていう感じで、よく、娘には説明していた。混乱したり、モヤモヤしているものへの理解を助けるために、なにかがあると、子どもには無理かな〜と思っても、説明するようにしていた。それは親の一方的な考え方かもしれないが、1本、基準になるものをひいてみるのは、大事だと思っている。

たぶん、帰ってから、こんなことを話したと思う。

「あのお姉ちゃんは、お姉ちゃんだけど、小さい子クラスの子たちみたいに、いじわるしても知らん振りしたり、乱暴したりしちゃうんだよ。だから、あなたが悪いことをしたから、キックされたんじゃないよ。お姉ちゃんは「やっちゃいけません」ってことや、「泣いちゃうよ」ってことがよくわからないんだって。だから、お姉ちゃんのお母さんは『わからないから、怒らないで』って言ったんだ。でも、お母さんは『それはおかしいよ。わからないかもしれないけど、怒らないと、いつまでたってもわからないよ』と思って、それ、おかしいよって言ったんで、ケンカになっちゃったんだよ。あなたは悪くないからね。大丈夫だよ」

線をひいても、全部がクリアになるわけでもなく。その後何ヶ月かは、小学生ぐらいの子を怖がって近寄らなかった。



追追加

怒り方について。

「ねえ、ねえ、ちょっと、この子に謝りなさいよ。なんで、こんな小さい子になんで乱暴するの? あなた、何年生? ひどいんじゃないの」という具合に声をかけていただけで、胸倉つかんだりとか、怒鳴ったりしていたわけじゃあありません。ねえ、ねえと話しかけても、フンという感じなので、なんか変だな〜とは思ったんですが。

そこに突然割って入ってこられてから、発言までは、こんな感じでギャーギャーやりあってました。

「障害者なんですから、わからないんですから、怒らないでください。耳が聞こえないんですから。私が目を離したのが悪いんですから」「え? でも、蹴って逃げて行ったんですよ。謝りもしないで」「障害者なんです。わからないんです。障害者なんですよ!」「わからないからって、それはないんじゃないですか。こっちだって怒りますよ」「障害者なんですよ! わからないんですから」「こっちだって、障害者かどうかなんてわかりませんよ。大きい子が小さい子にいじわるしたとしか思えないし」 「障害者なんですよ、いじわるでしたんじゃないですよ」 「でも、障害者とわからないから、避けようがないじゃないですか」 「障害者だからって、避けるなんて……。障害者は危険ではありませんよ!」「でも、蹴ったじゃないですか。娘は蹴られて、泣いているんですよ」「障害者だから、わからないんですよ。なにをしたのか」

ってぐらいのやり取りがあって、「だったら、胸に」となったわけで。

ま、こっちの一方的な言い分だし、向こうの言い分は「変な人が突然、娘を捕まえて、ギャーギャーわめいている。おびえきった娘は動けなくなっている、大変だ!と駆けつけてみたら」という展開かもしれないので。

蛇足だが、このエントリーを上げたのは、id:kaerudayo:20070221#p2で取り上げた「知的障害者」の反響を読んでいて、へぇっと思ったことで。

で、ノーマライゼーションが進めば、たぶんこんなトラブルが起きるだろうな〜と想像していたことが、自分に降りかかってみると*1、理性では動けなかったですよ、お恥ずかしながらというのを書いてみた。

このエントリー*2にもあるが、障害者がしたこと(怒ったときはわからなかったけど)に「それ、おかしいよ」と注意するのが、こんなに難しいとは思わなかった。なんで難しいのかを考えてもらえたら、ネタとして本望だw。

匿名の17歳さんの場合、スイミングスクールも、被害にあった子の親たちも、彼を辞めさせることはできなかった。同じシチュエーションに置けば、似たようなことをするだろうなってわかっていながら。加害者の親は知っていたのかな? 知っていないだろうな〜。推測するしかないが、誰もはっきりと痴漢行為について、彼の親には報告しなかったようだ。

私は"知的障害者"が嫌いだ。

と言ったら、遅れている人だとか社会とズレている人だとか差別をしている人だとか思われるだろうか。

と言う匿名の17歳さんのケースは、数年前のことなんだよね。30年ぐらい前のことかと思っていたんだけど。

*1:自分の子に降りかかると、自分よりは冷静じゃいられなかったってのもありますが

*2id:kmizusawa:20070225

う〜ん?う〜ん? 2007/02/22 14:44 それは障害児うんぬんというより、
相手の親の非常識に腹が立っているという事ですね。
ま、こうなってはいけない母親の、
見本を見せてもらったと思って、
他山の石となさると良いでしょう。
>「だったら、胸に『障・害・者』って書いて置けよ。わかるように」
あなたの主張が正しくても、
これを言ってはお仕舞いです。
ご主人のおっしゃる事が、
正論だと思います。

モモリンモモリン 2007/02/22 17:09 差別ねえ。

朝鮮総連をはじめとする、特定アジアのかたがたを思い出してしまいましたわ/w

ななしななし 2007/02/22 22:07 じゃあその障害者の子の親はなんて言えばよかったんだろう。
仮に、本当に自分のやっていることを理解できない子だったとしてさ。怒っても理解できない子だったとする。
子供をよく見張って、それでも何かあったらごめんなさいっていうしかないんじゃないのかな。
「胸に『障害者』って書いておけよ」ってふつうに自分の子に言われたら泣きたくならない?
それ以降の差別うんぬんは子供のけんかレベル。どっちが悪いっていうよりも単なる言い合いだろそれ。

どくろどくろ 2007/02/22 22:13 どっちも大人気ない。向こうも大人気なかったし、あなただって大人げなかった。ノーマライゼーションとかそれっぽい言葉出して正当化すんな。

red hotred hot 2007/02/22 22:29 はじめまして、トラックバックさせていただきました、「ニュートラルポジション」というブログをやっている、red hotと申します。
私のブログのトラックバックが文字化けしていて、すみません。
私の意見はトラックバックしたブログのエントリーで書かせていただきました。
読んでいただけると幸いです。
用件のみで申し訳ありません。
失礼いたします。

かなかな 2007/02/22 23:10 はじめまして、まぁ子供のいない私にはわからない所もありますが、障害を持った子供の親はやはり、極端になるのではないか?と思います。
過保護になるか、放置するか。
一杯一杯だったんだろうけどね。
きっと私もその場にいたら、その母親に切れてると思うし、その子の母親だったら同じ態度とってしまうかもしれないな。

satosato 2007/02/23 00:56 「胸に『障・害・者』って書いて置けよ」
ごめんなさい、あなたは人間のクズとまで言わないけれど、あなたが私の近しい人じゃなくて良かった。
直接言ってないにしろ、子どもに対して、子どもを持つ人がそういうことを言うのは信じられないです。
あなたに育てられる子どもは、あなたを見て育つのだと思うと、ゾッとします。
あなたを蹴った子のお母さんも、やっぱり心配ですが、あなたも同様ですよ。

getajobgetajob 2007/02/23 04:36 こういったトラブルは相手の親が適切な対応する以外解決しない問題だと思います。

asdffffffasdffffff 2007/02/23 08:39 問題提起ですねぇー。ていうかどっちもどっちですね。

ななしななし 2007/02/23 12:56 kaerudayoさんの気持ち、よく解ります。私も、駅のホームで、様子のおかしい人がいると、ホームの端によらないようにしちゃいます。小さい子が知らずに近づいていったりすると、不安になります。それは、差別とかではなくて、「死にたくない」「怪我したくない」という本能みたいなものです。差別とはまったく別次元の感情です。本能はどうしようもないし、一方、「母親」が開き直るのもある意味どうしようもないと思うのです。
開き直らなければならなかった「母親」が、そこまでストレスをためたのは何故なのか?介護が母親の手に余ったのではないか。安心して障害児を預けられるところが必要なのではないか?そういった施設も、余裕のない状態だと、職員がストレスをためて、似たような状況にならないか?手が回らなくて、事故がおきたりすることにならないか?といったことなのかなあと思うのですが・・・。通りがかりのいいかげんなレスで申し訳ありません。

ななし2ななし2 2007/02/23 12:58 ごめんなさい。ひとつ上で書いた「ななし」は、もっと上で書き込まれた「ななし」さんとは別の「ななし」です。「ななし2」にしておきます。

stockstock 2007/02/23 21:49 そこに旦那が現れて、女房は障害者なんです。わからないんです。怒らないでください。。無限に続きそうな、天下の印籠。成人したら保護責任はどこにいくんだろうとか。。(-_-;)

naokuronaokuro 2007/02/23 22:50 かえるさんの考え方に賛成です。わからないからってほっておいたらそこから成長しません。見捨ててるのと同じ。

>「胸に『障・害・者』
言葉は過激ですが、周囲の理解と配慮を得る為に自閉症児にお知らせワッペンをつけさせる、ということに近いんじゃないかな、と思いました。
http://www.autism.jp/syui/wappen.shtml

ぎゃひぎゃひ 2007/02/24 02:15 これから身体的にも成長していった場合はどうするんだろう。大人が手をつけられないような状況になったら…?そういう事件も起こらないわけではないですよね。地道な努力は必要なんでしょうね。善悪の判断がつかないと、社会に出ていけない(作業所などで仕事ができない)かもしれませんし。
障害があってもなくても、人を傷つける行為と自分を傷つける行為はやめさせないと。
先天的な知的障害とかであっても、後天的な精神障害であっても、この部分は一緒だと思います。
今回は子供が先天的な障害だけど、20代で精神障害を患いわけ分からなくなっている子供が他人に暴力をふるったとしたら、親は…?ということを考えました。

とおりすがりとおりすがり 2007/02/25 00:58 その母親からすればあなたは、障害を持った娘をいじめる乱暴な大人に見えたのでしょう。 その上「障害者だって胸に書いておけ」と言うようでは、いよいよ乱暴な人間と思われても仕方ないし、そういう相手に対して「差別だ!」と言うのは至極当然の反応だと思います。あなたはタメ口で、相手はですます調で話してるようだし、まともな話し合いが出来る状況とは思えない。

お子さんを蹴られて興奮したのでしょうが、相手も娘をいじめられたと思って興奮している。あなたの方から下品な売り言葉を投げたつけた時点で、あなたの負けだと思います。

makironmakiron 2007/02/25 22:58 http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20030707
このお話ですね。
まぁ実際のやり取りは売り言葉に買い言葉だったのかなぁ?とも思いますが。「耳が聞こえない」っていうひと言を聞いた時点で「まぁそうなんですか?!お母さん大変ですね」とひと言あればずいぶんそのあとが違ったんだろうなとは思います(ワタシの職場ではそれ必須)。

でも「しつけ」については、たとえ犬でも(レトリバーとか、ピレネーとか、ハスキーとか、柴犬も然り)身体が大きくなる犬は人に怪我させないようにきちんとしつける必要がある…ってのと同じ理論ですよね。
…ってまた「犬と同じにするな!」っていう風に怒られそうですけどね。

to22to22 2007/02/27 10:30 突然やってきてすみません

この加害者の子は 知的障害なんですか?
それとも聴力障害なの?
耳が聞こえないんです って言うんだから聴力障害なんじゃないんでしょうか
だから 怒られても 聞こえない=わからない って事だったんじゃ?
けっ飛ばした原因も耳が聞こえないところにあったとか?

てつてつ 2007/03/02 11:20 胸に障害者って書いておけって自分もよくおもいますね。
現状では、法律などでそう決められても可愛そうだとも思えない。
障害者の親は、自分は苦労してるから許されると思ってる節が多々あります。また、自分の子供は障害者だから何しても仕方ないし、許されるべきだって考えてる場合がほとんどですね。
まじめに、障害者か、面倒みてる親かに障害者ですってわかるような目印つけてほしい。