Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-02-02 中卒でもいいよと娘が言ったから、今日は中卒記念日

私、中卒でもいいよ、勉強がそんなに好きじゃないから。

| 私、中卒でもいいよ、勉強がそんなに好きじゃないから。を含むブックマーク

むせるぅううう - 北沢かえるの働けば自由になる日記

続き

一応、娘のスペックを書いておくと、バレエをやっているお陰で、えらくスタイルがいい。芸能人で言えば、数年前の蒼井優に似ているかなぁ。奈良未智の絵に似ていると幼児のころに言われた。親の目ではなく、仕事の目で見ても、かなり、カワイイ方だと思うんだが。

学校では、できない子ではないが、できる子でもないってとこかな。「もうちょっと努力しろよぉ」と親としては歯がゆい感じ。

age嬢みたいなファッションなんて、したことないんですがねぇ。GAPとか、ZARAとか、無印とか、ま、ユニクロも多いが。

なぜ、age嬢に憧れる?

小悪魔 ageha (アゲハ) 2009年 03月号 [雑誌]


で、『小悪魔』以外のファッション誌ってどうなっているのかと思ったんだが、

いわゆる、売れてるティーンズ誌が、この状態。以下、画像ではわかりにくいが、『小悪魔』並みにキラキラしていたんで驚いた。

nicola (ニコラ) 2009年 03月号 [雑誌]ピチレモン 2009年 03月号 [雑誌]Hana*chu (ハナチュー) 2009年 03月号 [雑誌]

age嬢にビビるのは、オジサンオバサンなのかもなぁ。

娘だけではなく、周囲の女の子たちのファッションの傾向を見ていると、確かに『age嬢』ぽいものに抵抗感がなくなっている気がする。というか、ファッションに金をかけたがるようなタイプの親を持つ子は、『age嬢』みたいな服を着たがるのかも。「ファッションには気を使っている」ってアピールできるような、服のジャンルがこの辺に来ているのかもなぁ。

ユニクロが大々的に日本全土に広がったおかげで、機能的にいい服を着ている子とか、子どもらしい服を着ている子は、楽になった。世の多数派である庶民の親は、なにも金かけなくても、ユニクロクラスでいいだろと。カジュアルブランドはいろいろあるから、こぎれいにまとめるのは難しくないし、それなりの金でどうにでもなる。そういうテクニックは普及した気がする。

一方で、ファッションにこだわりたいと思うと、なんとなく、このジャンルしかないような状態になりつつある気もする。個人的には、古着を着せたり、ロックなアクセサリーを貸したり、いろいろ工夫した服を娘には着せようと思っているんだが、娘の友だちたちには評価低いんだよね〜。んか、そういう思い入れがあるモノを好むって年じゃないってのもあるんだがw。

チープでかわいくとか、デコ携帯とか、ふわふわなぬいぐるみとか、ディズニーとか、コスプレとか、セレブとか、ここ数年、娘らに来ていた憧れるモノたちが集結して、age嬢のトレンドになっている気がするんだな。年がら年中パーティーしているセレブみたいなことを庶民がやろうとしたら、このファッションしかないだろうし。で、ファッションに金をかけるには、手っ取り早く稼げる職業ってことで、キャバ嬢か。

親から見たら「age嬢なんて、とんでもない!」なんだが、娘らから見たら「毎日楽しそうにしていて、カワイイし、憧れる!」って単純な思考なんだろうなぁ。

一方で、age嬢たちは、ファッションだけでなく、彼女らが体現している生き方が、憧れの対象にもなっているのかも。

娘の将来については、とりあえず、塾に行かせて、成績がどの程度伸びるものか、見て判断しようとは思うが、中学を卒業する辺りからはどういう道を勧めたらいいのやら、よくわからない。

「私、中卒でもいいよ。勉強がそんな好きじゃないから」

って言われてもさぁ。夫は20を前に師匠と弟子という関係で業界に入り、私も一瞬はまともな就職したが、その後は専門外のことばっかやってて、潜在的失業者を続けているわけでw。イメージがないんだなぁ、まっとうな進学とか、まっとうな就職とか。

っても普通のご家庭でも、わからないだろうね。

イマドキの親たちは子どもらに語る言葉がない気がする。ここんとこの経済状況を見ていると、なんの罪がなくても失業しちまいそうだし。やっと大学卒業しても内定取り消しになっちまうようだし。

「なんとなく進学したら、なんとなく幸せな生活になるんじゃね〜?」

って言うぐらいじゃ、夜遅くまで、週5日も塾には通えねぇよなぁ。中学受験を積極的にやろうとする子どもらって、なにをやる気の種としているのかなぁ。というか、エリートでない子たち、学費をたいしてかけてもらえず、学力もそんな高くない、普通の子って、どうしたら楽しく生きられるのだろうか。特に、女。どうしたら、効率的に“幸福”を手に入れることができるのだろうかね。

とりあえず、age嬢とか、苦労はしていても、自分の道を歩いている実感がありそうだし、少なくとも食べているし、彼女らなりの言葉があるから、共感しそうだよな〜。娘らは。ティーンズ誌全体がこんなキラキラなage嬢みたいだってのは、単にファッションの好みだけじゃない、エリートではない普通の子たちの生き方として、憧れられる要素がなんかがありそうな気がするんだが。

ホント、「女の幸せ」ってなんでしょうかね。

「プ●ジデント」の家族版とかを読んで、実践できればさ、苦労ないんだよw。

プレジデント Family (ファミリー) 2009年 03月号 [雑誌]

追記

本気で「中卒で働こう」と思っている節もあるんだな。大学がなにをしているところか、想像つかないようだし、勉強したことが職業にどう結びつくかが、まだ理解できていないってのもあるんだが。学校で勉強をしている限りは、勉強の楽しさとか、大切さとか、我慢してやるとかは、身につきにくい気がするなぁ。親の教え方もよくないんだろうが、世の風潮として「学問の価値」みたいなもんが軽んじられているのかもな。「知識」はクイズ番組で役に立つが、その知識を基にしての「思考」や「考察」についてまでは踏み込めていないみたいな。

以前、どこかで、「大学院に進むな」みたいなエントリーを読んでいても思ったが、幸せになるために、学問をするというのが結びつかない感じがする。まぁ、院に行く辺りでは、学んでいる人がそれを苦労とも思ってもいないと無理ではあるんだが。

職業のイメージについては、「14歳のハローワーク」とかも読んだみたいだけど

「お母さんの仕事、先ないね」

とか言われて、うひぃいいいいいい。秘孔を突かれた。

わかったよ、成功のロールモデルがないってことだね、キミの周囲には。

で、続き

なにを買うか、教育で - 北沢かえるの働けば自由になる日記


思いがけず大反響なので。

一日一チベットリンク → ページが見つかりません - MSN産経ニュース

NHKニュースではさぁ、「犯人がなぜ、靴を投げたのか、動機はわかっておりません」とか言っていてさぁ。

んなの、「中国の人権状況への抗議」に決まっているだろ。

あと、大学の周囲にデモ隊が来ていて「チベット問題」と「中国の人権抑圧」について抗議していたってのは、すでに報道されていたのにさぁ。

なにに配慮しているのやらw。

MAPMAP 2009/02/02 16:36 将来の仕事に役立てる為にする勉強ではなくて
仕事の選択肢を増やす、探す条件を良くする為の勉強ですよ
中卒でも一生満足して働ける仕事を見付けられる確固たる自信・保証があるなら問題はないでしょうが
そんな自信や保証は当然ないわけです。中卒よりは高卒。高卒よりは大卒の方が当然仕事の選択肢が広がります
選択肢が広がるという事の重要性は、待遇や給料の良い職を選べるかどうかというよりも
「あるひとつの選んだ道がもしうまくいかず、失敗しても次に選ぶ道が残されている」という事なんですよね
中卒の場合、チャレンジできる時間は多くとも、進める道が狭い、そしてもし選んだ道が失敗しても次に選べる道が少ない。つまり失敗から復帰できる許容範囲が狭いという事になります。
ですから大学に進ませたがるわけですよね、世間的には。

stockstock 2009/02/02 22:12 >えらくスタイルがいい。芸能人で言えば、数年前の蒼井優に似
 友達がオーディションに応募してしまって・・・という流れ?

hifupapahifupapa 2009/02/02 23:31 「勉強って糞の役にも立たないから尊いんだよ!」
ってなんかいか叫びそうになってそのうち何回かは
実際さけんだりしてやっぱりまずかったかものう
っておもったりしてました。

あとヤングマガジン連載の湾岸ミッドナイト
という漫画があるのですが、その漫画の一齣に
「近道は裏切る オレはずっとそう思っている」
というネームがあるページを拡大コピーして
クリアファイルにいれてもってます。

どうでもいいコメントごめんなさい。
(だったらするなよとかおもいます)

penguinpenguin 2009/02/03 02:58 (小悪魔agehaの)モデルになりたい。
というなら服飾や美容師の学校に行って、ヘア・メイク・ネイル・トータルコーディネートなど全般に勉強した方がいいと思う。


美容師/理容師なら国家資格だしファッションに興味あるおしゃれな子が集まってくるからセンスも磨かれるしモデルになるにしてもならないにしても有益な時間が過ごせるのではと思います。


義務教育卒業の15歳から20歳の成人を迎えるまであまり働き口/修業先がほとんどないんですよね。


義務教育終了時に進路が明確になっている子は鉄道学校や東電の養成所や自衛隊や看護学校やパティシエ/伝統工芸士に弟子入りとか騎手養成所等に行くと思いますが学校単位で見たらかなり稀なタイプでした。

funafuna 2009/02/03 03:30 女性の理系大学院生から一言言わせてください。

学問に対する興味はそこそこでしたが、芸術系の才能・興味といった生涯これでやっていこうというものを持っていなかったので大学に進学しました。

進学のメリットとして、学問から物事の考え方などを学べることはもちろんですが、勉強などの努力ができる人や才能に恵まれた人に囲まれて生活する経験を得られることがなによりの収穫だと思います。

若いうちから風俗に入るのではなくて、大学進学していろいろな世界を見てからキャバ嬢やってagehaのモデルになるのでも遅くはないのでは?

周りが代わってもやりたいことなら本人の意思として尊重するにしても、今友達間でもてはやされてるので近視眼的に選ぶ道だとしたら少しもったいなく思います。

o-tsukao-tsuka 2009/02/03 11:05 高校数学は食っていくのにけっこう役に立ちました。
とくに三角関数と、集合・行列のあたり。
微積分までは使ってません。

大学は文学部だったので食うためには役にたっていませんが、友人とコネとヒマつぶしの方法をたくさん得ましたので、行って良かったです。

kaerudayokaerudayo 2009/02/03 15:14 >stockさん以外の方々 どうもありがとうございます。翌日でレスしてます。
>stockさん だいたい、アレ、自分で応募しているんですよね〜。そのぐらいの玉じゃなければ生き残りません罠。

aggressive_styleaggressive_style 2009/02/03 23:02 学校の勉強って、その問題自体はそこまで大きく重要ではない(数学は四則演算出来ればいいし、国語は文章から言いたいことを読み取れればいい。英語は単語と並び方さえ覚えれば、後は実際使う機会があれば上達する。ある意味一番実用的なのは化学等理科系で、料理等生活に非常に応用可能)。
学校の勉強で磨かれるのは「問題を解く思考フレーム」と、後国語英語については「相手が言いたいことを理解する力」、だと思います。
結局それが、「問題を定義して」「その解決を自分のフレームと知識総動員して解決する」という仕事の基本に繋がるのだと。
勉強自体は何でもいいのです。それによっていい大学行くのは、勉強内容それ自体より「同じレベルの仲間がいる(そしてそれは公私共に非常に有意義)」「就職の選択肢が広がる」というだけ。
同レベル以上の同僚が集まることで、自分も自然にレベルアップする、そういう環境に身をおくのが飛びぬけて勝手に仕事創造する人間ではない一般ピープルにとって自然にレベルアップする良い方法。

コミュニケーション力は、正直人生でどれだけ苦労するか、にもよるのですが、実際の企業人としての仕事は「どれだけ問題見つけ出せるか」「その問題に対する解を提示出来るだけのノウハウあるか」によるので、かなり勉強の解を見つけるのとイコールかと。

結論、安定的に頼られるレベルの仕事を出来る「企業人」を求めるならば勉強は是非。
水モノ的とはいえ、新しいもの作り出せるような人なら学校の勉強なんて関係なく、自分のやりたいことやってやりたい人生経験つむのが一番。
経済力あって、人間的にも魅力ある男を捕まえて安泰する女になってほしいならば、ある程度の頭のよさ(主に相手の話への理解=主体的な人生経験)は必要。やっぱり成功している人は頭よいこと多いから。

kaerudayokaerudayo 2009/02/06 00:41 どうも。いろいろありがとうございます。企業人を目指すか、玉の輿を目指すか。どっちにせよ頭がいい女にはなってもらわないと困るんですがw。上のようなお話をいつ理解させて、勉強を自分からやるようにもっていけるか。その点を悩んでおります。

せんぼくせんぼく 2009/06/13 09:14 39歳になります。中学卒業で社会でるのは、自殺行為です。自分が10代の時(今から25年ほど前)も中学卒業は仕事はなかったです。ハローワーク何十回も行ってますが、高卒以上がほとんどです。やっぱり高校くらいは卒業したほうがいいです。社会でると、勉強する時間もお金もありません。記憶力も衰えてきます。実際、中年になったら、わかります。

kaerudayokaerudayo 2009/06/13 11:23 どうも。高卒じゃないと取れない資格も多いですよね。アホらしいと思いつつも、ある種の担保になっている現状は無視できないと私も思います。なんらかの心境の変化があったのか、今は高校までは行く気になっているようで、ホッとしております。