Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-02-10 思えば遠くに来たもんだ

ぽっかぽか

| ぽっかぽかを含むブックマーク

眠くなるよなぁ。こんな陽気だと。

また、書類書きかぁ、面倒。


今日の「クローズアップ現代」は、発達障害児の教育をどうするか。

英国の手厚い取り組みが紹介されていたんだが、支援員という雇用も発生するし、日本も見習って欲しいなとか思った。番組中でも指摘されていたが、微妙な子って多いからなぁ。ちょっとの手助けで、本人自身で変わっていく例も多いと思うんだが。

そういうのはなんだがなぁ。特別視されるほどでない、生活には支障がないような障害も本人は相当辛かったりするもので。「なんでなんだろう」ってのをちょっとでいいから周囲が理解してやるってのは大事じゃないかなぁ。

しかし、こういう子どもは昔はどうしていたんだろう。

変わり者ってことで処理されていたのかなぁ。


オーストラリアの森林火災、死者185人か。なんとも言えない。

こういう災害に対応できないんだよな、こんな文明化していても。

少子化対策には、若い女の恋愛と結婚観を変えろだとさ

| 少子化対策には、若い女の恋愛と結婚観を変えろだとさを含むブックマーク

政府の「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」の初会合が10日、内閣府で開かれた。

「結婚後」が出発点だった少子化対策を見直し、結婚したいのに出来ない若者らを後押しするため、「恋愛」や「出会い」から議論しようという試みだ。

「『婚活』時代」の著者の一人である山田昌弘・中央大教授らが「モテる条件」から婚外子、中絶の問題まで活発な議論を交わした。

旗振り役の小渕少子化相は「政治の中心にいる60、70代は自動的に結婚できた人たち。世代間ギャップがものすごく大きい」と語った。恋愛結婚で1児の母となった小渕氏。自らの経験と30代の感覚を脱少子化の妙手づくりに生かすことができるか――。

新規サイト 共通エラーページ

少子化対策は大事ではあるがさぁ。さっきNHKニュースを聞いていたら、婚外子や中絶についてはなにも出なかったよ。で、

若い女の恋愛と結婚観を変えないと。

とか

男性の収入を頼るような生活を望むような感覚を変えていかないと。

って話になっているらしい。

じゃあ、最低賃金を上げろよ。と毎度、言ってますが、それ以外ないでしょ、出産・育児して戻れる先はパートタイマーなんだからさw。

あと、ちょっと前のニュースだけど、少子化といえば。認可保育園でも入所先を選べるようになるとさ。

厚生労働省認可保育所に関し、市区町村が入所先を割り振る制度を改め、利用者が直接申し込んで契約する仕組みに変更する方針を固めた。

都道府県が認可している新規業者の参入も、全国共通のより詳細な基準を明示し、これを満たせば原則参入できるようにする。月内にも社会保障審議会少子化対策特別部会で決め、2011年の通常国会での児童福祉法改正を目指す考えだ。

認可保育所への入所は現在、市区町村が申し込みを受け付け、親が一人だったり、生活保護を受けていたりという世帯ごとの事情を考慮して入所先を割り振っている。保育料の徴収も市区町村が行っている。

どうなるんだろうと思っていたが、保育の必要性については、市区町村が判断するそうだ。その点はホッ。

制度改正により、市区町村は保育の必要性だけを判断し、必要と認められれば、利用者が保育所に申し込み、保育料も直接納める仕組みとする。新規業者の参入も同時に促進し、待機児童の解消を図る考えだ。

個別の保育所が入所の是非を最終的に判断することになれば、一人親世帯など保育の必要度が高い子どもが入所できなかったり、所得の低い世帯の子どもが受け入れを拒否されたりするケースが出てくる可能性がある。このため、厚労省保育所に対し、こうした子どもの優先受け入れ義務を課す方針だ。市区町村への苦情受付窓口の設置や第三者が運営を評価する仕組みも検討する。

新規サイト 共通エラーページ

でも、選考過程は不透明ぽいからなぁ。待機児問題は解決どころか、厳しくなる一方だし、あんまいい展開とは思えないんだが。

例えば、全国でも激戦区の横浜から引っ越してきたお母さんから聞いた、認可保育園に入れず、無認可保育園へ入れたときの話。

「お宅のお子さんは重いから、その分保育料を上乗せします」

といわれて、他の子より2000円高かったそうだ。根拠はなんだよと思ったが、追い出されたら行き場がないので、黙って支払った。

もしくは、「うちの園で日中に使っている玩具なんですけど、おうちでも使ってくださいよ。他のお母さんたちはもうみなさんお買い上げですよ」って話とか。オプションでいろいろやれとかさぁ。「みなさんが」と言われたら、断れないよなぁ。

これからはそういうことが、普通に起きる気がするなぁ。もめると子どもに被害が行くんじゃないかと思うと、みな、なにも言わないからね。ふぅ。

んか、少子化対策についても、保育政策についても、上に出てきた話を聞いている限り、基本的には、安定的な雇用の下で、育児休暇とかが整備されている、うらやまな人たちのサークル内での話に終始している気がするんだが。

法をいくら整備しようが、そのうらやまな待遇を与えられていない人、非正規雇用とかが増えつつある状況の中で、うらやまな人たちだけ便利になっていくのを、指くわえてみていろかよと。

個人的には、親が失業しようが、離婚しようが、子どもは産まれるし、育っていくんだから、親がどうなっても、子どもはある程度の教育を受けて、不安なく育つことを保障さえすればさぁ。結構、子どもは増えると思うんだが。

つうかさぁ、山田先生の経済格差と結婚、少子化についての著書を1冊読めよと。全部、こんなこと書いてあるのに。

少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ (岩波新書)


結論、親の不運を子どもに背負わせるな。

親なんて、たいしたことできないんだからさぁ。親の不運が子どもの足を引っ張る連鎖を止めないと。

追加  ↓ 上の会合に参加した山田先生のレジメ。5ページ目に書いてある条件を整える政策をまずやることだと思うがね。

http://www8.cao.go.jp/shoushi/13zero-pro/k_1/pdf/s4-1.pdf


追記 一夜明けたらブクマが付いててビックリ。

同じプロジェクトチームの件で、少し前だけど人気のエントリーがあったので貼っておきます。

痛いニュース(ノ∀`) : 「若者、結婚が遅い…どんな恋愛してるのか」「日本はなぜ子供産むのが難しいのか」など、小渕大臣が少子化分析チーム - ライブドアブログ

その中から、個人的に胸を打たれたコメントを。

91 :名無しさん@九周年:2009/01/21(水) 11:19:46 ID:YFj5dkC70

派遣やフリーターと結婚したがる女も

娘を奴隷にヨメにやりたがる親もいない

235 :名無しさん@九周年:2009/01/21(水) 11:27:49 ID:p/GdYvtU0

調査しなくてもずばり雇用問題でしょう。

不安定な職で子供作るのはチャレンジャー。

628 :名無しさん@九周年:2009/01/21(水) 11:50:17 ID:t3/11L5M0

>>1

>小渕少子化対策担当相は「なぜ、こんなに子どもを育てたりすることに、

>子どもを産むことに、難しさを感じる国なのだろうという」

本当にこれが分からないなら、大臣やるなよw

分かってるヤツをトップに据えないと解決しないだろうが。

954 :名無しさん@九周年:2009/01/21(水) 12:07:40 ID:RRsto/kt0

こんなチームを作るよりもよっぽどこのスレを見た方が生の意見として参考になると思う。

ブクマコメント欄でも指摘いただきましたが、要は、安定的な収入がない若者が増え、子どもを産み育てることができない。恋愛すらできない。ってのは、2ちゃんでもはてなでも議論し尽くされているんですがね〜。以下の政府の調査も証明しているやん。

年収400万円未満の世帯において、子どものいない世帯のしめる割合は高い 。

年収400万円未満の世帯において子どものいない世帯の割合が他の層よりも高い。つまり、一定の年収以上では必ずしも所得と子どもの数には明確な関係が見られていないが、一定の経済力を下回ると子どもを持つ経済的負担感が高まり、子どもを持ちにくくなると考えられる。

平成17年版 国民白書「子育て世代の意識と生活」

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h17/01_honpen/html/hm02010006.html

産んだ瞬間から、ひとりがやっと生きてきた年収で、3人が暮らしはじめる。ってさぁ。

個人的にも出産はすごい不安だったな。自分が仕事復帰できるかどうかは、毎度賭けでしたから。

raftingrafting 2009/02/11 09:52 >結論、親の不運を子どもに背負わせるな。
打つ手はないように思えるものの、プライマリーバランスを考えると次世代へのツケ回しは確実に行われているのが現状ですね。

kaerudayokaerudayo 2009/02/11 10:04 どうも。ホント、個々の人が動いて解決できる問題じゃないレベルの話だと思うんですがなぁ。さらに、祖父母というか、親の不運(過疎地に住んでいる、両方に介護が必要、大病を患っている、ワープア)を背負っている同世代を見ていると、泣けますね。どこまでがんばればいいのやら。ここhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090209/185533/を読むと、政治と行政次第でできることはたくさんあると思うんですが。

stockstock 2009/02/11 12:34 >親の不運を子どもに背負わせるな
とみんな思うと少子化なるべし。まず親が幸福になれんと子が迷惑かな

kaerudayokaerudayo 2009/02/11 14:07 「すべての幸福な家庭は互いに似ているが、不幸な家庭はそれぞれの仕方で不幸である」ですかね。幸せな親を見ていると、子も幸せになるモデルが描けるものなぁ。

tuberoserosetuberoserose 2009/02/11 21:01 親の不運を子どもに背負わせない政策… 確かにそれがいちばん大事かもですね。産みっぱなしでも国が全力で育ててくれるなら、コインロッカーとか公衆トイレなんかに捨てられる子どもが減るかもしれないのになぁ。赤ちゃんポストでさえあんなに大問題になるのが、正直私には不思議でした。国を挙げて子どもの教育とかバックアップしてくれれば、教育費なんかを考えて産み控える人も減るのに…

kaerudayokaerudayo 2009/02/11 21:58 どうも。昔は若年層は賃金が低くても、終身雇用制度の下で将来上昇する可能性は高かったし、社宅や保険などで援助される面も大きかったと思います。あと、子育てについて親の責任が今ほど厳しく問われることもなかったので。お互い様精神っていうんですかね。働く意欲のある母親は多いんだから、保育所だけでもきちんと整備して、父親の残業を減らすようにすれば、ずいぶん産む意欲も出てくると思うんですがね。