Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-11-27 粛清の季節

Thu, Nov 26

| Thu, Nov 26を含むブックマーク

書きたいことはあるけれどなぁ。

……我慢できずに書いたw

  • 20:52  夕飯&皿洗い終了なう。朝日の家庭欄に出ていたポテトグラタンを作ってみました。おいしかったけれど、改良の余地があると思う。
  • 20:50  よし。見るぞっと。RT @NHK_onair 今晩「ブラタモリ」、あります! きょうは「日本橋」。今回は船に乗り、水上からしか拝めない日本橋の工夫を探ります! NHK総合テレビ22時から。http://bit.ly/XyCyR
  • 17:45  予定通りの夕飯を作るよ
  • 15:04  50年ぐらい同じシステムで運用しちまったってのが、良かったのか、悪かったのか。
  • 15:03  軍事も、教育も、福祉も、道路も、公務員も、医療も、警察も、ぶっちゃけ全部俎板にのせて、一度考えてみればいいんだよ、本当に必要なのかを。これ1回で終わらせないで、聖域なく、一度は検討すべきだと思うがなぁ。
  • 14:58  10年ぶりの円高水準、ヒャッホー。86円台ですか。
  • 12:07  昼飯は、ラーメンでも作るか。
  • 12:06  「絶対に必要」なものは意外と少ない。って思うんだなぁ、最近。
  • 12:06  そういうのはなんだが、事業仕分けみたいなオープンの場で、世の中のいろいろなことが必要かどうか検討されるってのは、おもしろいんじゃないと思ったよ。
  • 08:29  フレンチトーストのうまさに関しては、自信があるぜ。今朝もおいしく、かつ、卵液を残さずに作ったぜ。
  • 08:21  おはようごぜえますだ。今日も張り切ってまいりましょう♪


☆今日のニュース

円高がすすみ、一時84円台に。70円台も視野に入ったとかなんとか。ドバイが引き金を引いて、現状、円の独歩高。

事業仕分け終了。こんなに税金の使い道を国民が考えたことはないんじゃなかろうか。お疲れ様でした。

ホチキスの芯をばら撒き、パンク相次ぐ。えぇっと思って写真を見たら、大型ホチキスで、まるで釘みたいだった。

日航のつなぎ融資は、金利10%。ってイマドキなんて高利貸しだよ。

だから、イヤなんだよ、生活習慣至上主義

| だから、イヤなんだよ、生活習慣至上主義を含むブックマーク

なんだかなぁ。来年から、息子の園では「運動会でお弁当を食べるのはなし」になるとさ。

理由は「生活習慣が乱れるから」。

……ギャグじゃないですよ、ホントに、ホントに、生活習慣が乱れると大変なんですよ! 危ないんですよ!

例えばね、なぜ、お弁当がいけないかというと、いつもの昼食の時間に食べられないからなんです。きちんと毎日朝食を食べている子は成績がいいって調査があるじゃないですか。昼食だって同じ。同じ時間に毎日食べないと、脳の発達が悪くなるんです。

例えばね、運動会は、いつもの昼寝の時間を過ぎてもやらなければいけないじゃないですか。昼寝をちゃんとしないと、子どもたちは、機嫌が悪いし、体調を崩しやすくなるんですよね。運動会のせいで、子どもが疲れて、翌週の月曜日から休むことになると、お母さん方は本当に困りますよね。

だから、本当は、運動会のようなイベント自体がよくないんですよ。本音を言えば、中止したいんです。特別なイベントに職員の労力をさくよりは、通常の保育をきちんと行っていきたい。運動会の練習をしたり、準備をすることで、子どもたちに身に着いた生活習慣がおろそかになりますから。だから、子どもたちのことを考えたら、運動会とか、イベントは極力なくした方がいいんです。規則正しい生活がなにより大事なんです。

って理屈らしい。まぁ、現園長になってから、本当に運動会をはじめとした行事を次々と縮小してきたからなぁ。こうなることは予想できたんだけど。

数年ぐらい前までだったかな、区立の某保育園では、運動会を開いても、一切親の参加を許さなかったそうだ。

子どもたちに良くない……って理由で。ギャグじゃないですよ、ホントに。

運動会に似たイベントとして、園庭で運動する子どもらを、ベランダから親たちが隠れて見守る感じで、観覧が許される日があったそうだ。声をかけたり、応援したりとか、一切ダメって条件付きで。

なんでも、この園が実践していた“脳にいい保育”という方針に従うと、特別なイベントを入れずに、とにかく生活習慣を乱さないこと大事だそうで、遠足やお楽しみ会などもなしで、毎日、園の中で規則正しく、生活するのがなによりなんだそうだ。

「そんなに生活、生活って、普段の土日に、子どもらがどういう生活しているのか、知っているのかなぁ?」

「親こそ守れ、生活習慣だぜw まったく、生活習慣至上主義かよ」

「脳にいいって、なんでもやるのって。みのもんたに右往左往するジジババを笑えない」

とか、その話を聞いたときは、親同士で笑っていたんだけど、ホントにホントの話らしい。

都市伝説か、ギャグかと思っていたんだがなぁ。脳にいい保育は、区の上の方にはおぼえがめでたかったそうだから、そろそろ全園に普及させるってことなのかもしれないね。

そんなに脳にいい生活がしたいならば、いっそ、刑務所みたいにすればいいじゃんw 日本で一番規則正しい生活をしている場所だよw 脳にもいい麦ごはんだしw


イベントは極力止める一方で、園の方針としては、日本の伝統とか、季節感を重視した保育を行うってのもうたっているだよね。

例えば、なんでお月見をやるかと言えば、こういう都会に住んでいると、ススキやオミナエシみたいな季節を感じる草花に触れる機会もないですよね。24時間空調が聞いていれば、寒さや暑さも感じにくい状態だったりしますよね。だから、あえて、季節の節目にある行事を行って、日本人としての感性を育てるようにしたいと思うんです。ひなまつり端午の節句にしても、人形を飾るだけで終わってしまうのではなく、その背景にあることを伝えて、実践をしていきたい。

って理屈らしい。あのぉ、日本の伝統行事、ってそれもイベントじゃないんですかねぇ。

本当に、アホらしいというか、なんていうか。はっきりと、運動会や遠足は、職員を多数動員するから、人件費がかかるし、面倒だし、園のマネージメントとしては、マイナスの面が多いから、止めたい。って言えばいいのに。日常生活の中でのちんまいイベントはいいけれど、コストがかかるようなイベントはダメってことで、全部大人の都合ですよ。子どものためじゃないでしょうに。

まったく、最近、こんなんばっかで、腹が立つ。

これは、私だけの考えかもしれんが、毎日、淡々と繰り返される日常は確かに大事だが、そうでないハプニングやイベントが起きた時、子どもらの目は輝くんだよなぁ。

例えば、帰り道の途中で、突然、雷雨に襲われたら、大人は“なんて運が悪い”と嘆くかもしれないが、子どもらは「すごい、すごい、びしょぬれだ」と大騒ぎする。雨にぬれることで、晴れとの違いを彼らは学ぶ。例えば、「明日は休みだから、お父さんを待ってもいいよ」と10時過ぎに帰宅する夫を待つだけ。そのぐらいの予定変更でも、子どもらはワクワクする。「大人のように夜ふかしをした」というだけで、一歩なにか成長したような気分になっている。

毎日、日が昇って、日が沈むだけじゃないぞぉおおお。世の中いろんなことが起きているし、知らないことがいっぱいあるんだぞ。って毎日、ワクワクすごしたいよなぁ。運動会とか、遠足とか、子どもにとっては、ものすごく大事だと思うんだけどね〜。

単純に、共働きの家庭における、土日の過ごし方なんか、イレギュラー極まりないでしょう。運動会よりもハードな過ごし方をしている日なんていくらでもあるのにね。日常生活を守ることと、子どもの喜ぶ顔を天秤にかけると、我が家は子どもの方に傾き過ぎるのかもしれんが。

一家揃って参加できる園の行事なんて、運動会だけしかないのだよ。土曜日に開催されるイベントは他にもあるが(日曜日に開催されるイベントはない)、参加者は、父母だけが対象だもんな。じいちゃん、ばあちゃん、おねえちゃん、おにいちゃん、みんなで子どもの成長を見るいい機会なのに。

運動会って、そんな簡単に止めていいとは思わないんだけどね。

stockstock 2009/11/27 07:52 >意外と少ない
仕分け公開まできたんだから、もう国民仕分け投票もできるんじゃね?

kaerudayokaerudayo 2009/11/27 16:12 どうも。夜警国家って感じを目指すんでしょうかね。星新一の小説みたいに、なんもしなくても生きてはいるけれどそれだけみたいな世界が到来するかも。

ASAASA 2009/11/27 22:38 >国民投票し分け
オモシロそうだしやってみたいけれど…。愚民政治に一直線になりそうな予感…。//官僚政治でエリートが好き勝手やらかしたのが現在の諸悪の根源だけどさ…。

stockstock 2009/11/28 10:41 >愚民政治
民主標榜したときから、もう愚民なら愚民国家になるのが道理なわけで、いやなら君主制にもどればよくね? スパコン・加速器予算より子供手当てを納税者がとったなら日本に科学いらないと選択したというわけで・・、

ASAASA 2009/11/28 13:16 科学技術捨てちゃうと子供手当を配るあても無くなってしまうんじゃない?どこかで儲ける手段は居ると思うけど。棄国出来る層の人達は自力でまかなうだろうけど…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20091127