Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-05-03 憲法ってなに?

基本のき

| 基本のきを含むブックマーク

憲法記念日ということで、憲法改正関係の記事ばっか。で、読んで思ったが、96条改正ってのは、姑息としか言いようがないなぁ。

憲法改正には、その発議に、全議員3分の2の賛成が必要なんだが、それじゃ、改正しにくいから、2分の1に変えてしまえ。ってことらしい。


「賛成が集まらないから、条件を変えればいいじゃない」


ってさぁ、ルールや勝利条件がコロコロ変わるゲームがあったら、非難殺到で、炎上必至だろw

あ、いや、条件操作されても、離れられない人たちもいるか、携帯辺りにはw

しかし、この姑息さは好きになれない。

政策中身うんぬんより、やり口が好きになれないってのは、どうなんでしょうか。



でもって、またまた出てきた、さまざまな憲法案を見て、憲法がそもそもなんのためにあるのか、改憲論者を自認している方々は、わかっていないのに、唖然としたなぁ。中・高の公民や政経の時間に習わんかったのかな。

さすがに、NHKでは、

憲法とは、国家が国民と結ぶ契約で、国家のあるべき姿を縛るルール」

という基本のきを解説していたがなぁ。

憲法のことも知らんで、変えろ、変えろって、小学生でも言わんことが通ると思っているんだよなぁ。うんざり。

参考

アメリカでは、1787年に合衆国憲法が制定されました。第二次世界大戦後となる1945年以降、6回修正されています(2010年7月現在。以下同)。

 修正には「連邦議会の両院(上院下院)の3分の2の賛成」と「全州の4分の3の州議会の賛成」が必要ですが、いずれもこの要件にのっとった修正でした。修正により、大統領の三選禁止、選挙権年齢を満18歳に引き下げることなどが決められました。なお、「改正」でなく「修正」なのは、合衆国憲法が既存の条文をいじらず、新たな条文を追加していく形で変化していくからです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00010004-wordleaf-pol

米国がこんなに厳しいとは思わなかったな。

他の国も「両院の3分の2の賛成」が多いらしいよ。


参考

改憲バスに乗る前に(江川紹子) - 個人 - Yahoo!ニュース

参考

ドイツが53回目の憲法改正!なんでそんなに変えたがるの? | R25

ドイツは、改正をこんなにしているが、基本原則には手をつけてないって現実。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20130503