Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2015-05-15 それ、誰のため?

たった3か月その4

| たった3か月その4を含むブックマーク

入院する前は、普通に歩いて、食事もしていたのにな。大腿骨骨折は、ボケへの第一歩だし、高齢者にとっては命取りとは聞いていたが……まさか、これほどとは。3か月前は、ご飯を自分で食べていたのに、今は水を飲むこともできない。嚥下の訓練を少しずつしているが、うまく進まない。

はー、なんで、こんなことになったんだろう。

たった3か月だよ。病院って、身体をよくするところだったんじゃなかろうかね。


ってなことを思っていたら、目に入ったニュース。

入院中だった宮城県利府町の男性=当時(75)=が遷延性意識障害植物状態)になり死亡したのは、病院が男性の身体拘束を解いたために呼吸器を外してしまったからだとして、遺族3人が11日、病院に2000万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。

 訴えによると、男性は昨年2月上旬、靴擦れによって左足親指が壊死(えし)したため入院。治療中に感染症にかかって呼吸器が必要となったが、呼吸器が外れ、約4カ月間の植物状態を経てことし2月、心拍低下などで死亡した。

 男性の両手には当初、拘束用ミトンが付けられていたが、病院が拘束を解除。男性が自分で呼吸器を外したとみられる。

 遺族側は「病院は当時、『いつまでも拘束するのはかわいそうだった』と説明したが、生命維持に必要な呼吸器は厳格に管理すべきだ」と主張している。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201505/20150512_13006.html

原則いけないはずの拘束や抑制が、実際は「患者の安全を守るため」ということで、病院や介護施設では当たり前に行われている。その結果、違法なことをしてくれなかったと、遺族が訴えるという構図。なんとも、難しいよねと。


拘束用ミトンとはこれ。アマゾンでもいろんな種類が売っている、ってことは、日本中でどのぐらい使われていることやらw

竹虎 ヒューマンケア フドーてぶくろ No.1 グリーン M


手の自由がきかないって、しんどいのにね。


建前上、拘束はいかんということになっているが、高齢者はなにをするかわからない。という理由で、日常的に拘束具は使われている。

例えば、骨折のリハビリのために入院した病院で、

「薬を入れやすくする」

という理由で、父親が鼻からチューブを入れられた時、同時にこのミトンをはめられた。*1

なぜ、ミトンかと言うと、要は、鼻のチューブを抜いてしまわないようにと言うわけだ。

そばで観察していてわかったが、意識がはっきりしているときは、"これは必要な処置"と理解できているので抜かないが、うとうとしていたり、寝起きでぼんやりしていると、無意識のうちに邪魔に感じて、チューブをいじって抜いてしまうようだ。それを見ていたので、

「イヤなものは、イヤなんですよ。どうにかとれませんか?」

と何度か聞いてみたんだが、

看護師は、「必要な処置なんだからおとなしく従え」で。

父親が抜いてしまう度に、

「抜かないで下さいと言ったのに」

と再度入れる処置を、イヤイヤやられるのにはうんざりした。

心の中で、何度も思ったよ。

"お前ら、はめたこともないくせに、えらそうに言うな。ずっと鼻にこんなもんが入っているしんどさ、わかるか!"


その処置は、誰にとって必要なのか?


鼻チューブもミトンもそうなんだが、患者が望まない処置が平気で行われるのは、なぜ、なんだろう。

「患者の命と安全を守るため」

という理屈はわかるが、それしか、本当に、手はないのか? 別のやり方もあるんじゃないか。というモヤモヤした気持ちで、見舞いに行っていたんだが。

在宅介護になってから、別の医師からは

「なぜ、薬のためだけに鼻チューブ? そもそも、チューブを入れることで、誤嚥性肺炎のリスクが高くなるし、この処置をしている人は断る施設もあるぐらい、管理が難しい」

と否定的な意見を聞いて、唖然とした。インフォームドコンセントってのは、まぼろしなんだな〜。


入れてからしばらくすると、鼻から入ったチューブを無意識にいじってしまうことも、父親はしなくなった。

「慣れたんですね、良かったですね」

と看護師は喜んでいたが、あーこれは、まずいなと思った。

耐えがたいことが続くと、人間はどうにかそれから逃れようとする。もちろん、その状況から逃れられればいいが、それが不可能となったら、できる限り感覚を鈍らせ、感情を殺し、"耐えがたいこと"を感じないようにする。

あー、こう言う風に、ダメになって行くんだな。

その予想通り、誤嚥性肺炎と同時に気力と体力が失われて、今に至るんだな。


続き 次のフェーズへ - 北沢かえるの働けば自由になる日記

*1:"なぜ、薬を入れるためだけにチューブなのか"というのは、家族は納得していなかった。その上、さらにミトンまではめられたせいで、認知能力が落ちたなぁと思っている