Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-12-31 不協和音インフルエンサー

ねじ伏せられた怒りよ

| ねじ伏せられた怒りよを含むブックマーク

紅白歌合戦を見ていたら、欅坂46のセンターの子が歌い終わったポーズのまま、ぶるぶると震えていた。

「あら、大丈夫なのかな、あの子」

と言ったら、娘が

「いつもああなんだよ。だから、もう、ファンも慣れてきて、そういうもんだと思っているんだよ」

と言った。

ふーーん、そんなもんかねと見ていたら、本当に体調が悪かったらしい。再度踊ったときには、3人が過呼吸で倒れてしまったそうだ。

異常なことでも、見慣れてしまうと、なんとも思わなくなる。

今年はそんなことが多々あり過ぎて、疲れた。

例えば、北朝鮮の件、ミサイル開発は今に始まったことではないし、日本が核の脅威にさらされていたのなんか、とっくの昔からなんだが。なんか、今年は、政府に煽られて、あれよあれよと今にも戦争がはじまるみたいになったらしく、唖然とした。

さて、その後、なんかしら、状況は好転したんでしょうか?

もちろん、周辺国は着々と対策をしているんだが、それがわかっているのかわかっていないのか、ゴルフにのんきに興じている首相を見て、ホッとしている。

慣れてしまえば、頭の上にミサイルが吊るされていようが、生活できる。

そういうものだ。

未来の不安を先取りするなら、まずは、エネルギー問題を気にしようよと。原発にしがみついているうちに、あっという間に世界から取り残されてしまったのに。


欅坂46と言えば、紅白で「不協和音」を聞きながら、

「これこそ、中二病極まれりって内容だなw」

と言ったら、

「私は好きだよ。だって、アイドルらしくないでしょ。こうあるべきってのに抗ってる感じがして」

と娘。

なんだか、今年は、娘や息子を通じて、いまだこの国は「こうあるべき」ってのを頭の固い大人たちが押し付けてくる社会なんだってのを思わされた。彼らの思う、「私は私。私が進む道は私が選びたい」という感覚は、この子ら特有のものなのか、若者特有のものなのか、今の時代の子だからってことなのか、よくわからない部分もあるんだが、

「今どきの若者は〜〜」とテレビ等で見せられる“若者”とは違っている気がする。

あれも、頭の固い大人たちが、その頭で理解できる範囲内での、“若者らしさ”ってことなのかもな。

欅坂46が“アイドルっぽくないアイドル”という大人が作ったフォーマットで流されていると思いながらも、あれだけ身体削って踊っていれば、あれだけ激しい言葉を叫んでいれば、その経験が彼女たちを別の次元へ連れていくんじゃなかろうかと。形をなぞっているだけのはずが、いつか本物になるんじゃないかなぁ。

と思った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20171231

2017-12-26 ファーストアビリティ

受験の光明面(ライトサイド)を見よ

| 受験の光明面(ライトサイド)を見よを含むブックマーク

「受験で勝つにはなにが大事かわかったよ」

と娘が言って、何だろうと思ったら。

「人との関係だよ、どんだけ、人との関係を広げられるか、どんだけ、情報をとれるか、頼りになる心強い味方がいるかどうか、人との関係をぐいぐい作れるかどうかなんだよなぁ」

確かに、大学受験は、どの学校のどの学部を選ぶか、どういう受験方法をとるか、高校受験や中学受験より自由な分、情報戦になるってことなんだろう。現状は、私たちが受験したころとは様変わりしていて、かなりの子たちが推薦入試やAO入試で年内には決まってしまうようだ。年明けてからセンター入試やいわゆる試験だけの一般入試にのぞむのは、試験で点数を取ることに自信がある子たちのようなので、学校の成績が良くなくて推薦がとれないタイプの子たちが仕方なく参入すると、かなり厳しいと思った。

そうなると、学校の先生と仲よくなって、推薦を得られるように有利なポジションを得るとか。塾に通うにしても漫然と授業を受けるのではなく、自分の志望校に合格した先輩たちについての情報を得て、効率的に勉強を積み重ねるとか。本人のコミュニケーション能力や、親や先生たちのサポートがどんだけあるかとか、学力とは別のところでの競争をしなければならないと思った。

それがいいのか、悪いのかわからないが。

娘はそういう能力には長けていないし、いきなり文転をしてこれまでの受験対策をおじゃんにしたので、推薦入試やAO入試は無理と思っていた。高校2年生までの成績は、学校内でも中の下。高校3年生の4月で、私立文系の受験生の中では偏差値45ぐらいの感じではないかと思った。英語の成績がとにかくひどかった。中1レベルからやり直しをして、夏前までに受験してもいいレベルまでもっていって、秋から志望校対策。と塾で言われたぐらい。

なので、「学校からの推薦が志望校にとれるかも」と娘から言われた時は、かなり驚いた。

「先生たちは、1学期でジャンプアップさせれば、推薦で行けるよと言われた」

というのだが、にわかには信じ難く、それでも本人は1日10時間レベルで勉強をするというのでやるだけやってみればと。その結果は、0.2ぐらい足りなくて、推薦状はもらえなかったんだが。

「先生たちも惜しがってくれて、『ここまでがんばっているなら、AOでも受かるよ』と言ってくれたので、がんばる」

気持ちを切り替えて、一般入試の前に、AO入試を受けることとしたんだが。

AO入試には、これまでの学校生活を振り返って推薦文をもらうとか、課題の作文を添削してもらうとか、面接の練習をしてもらうとか、学校内での人間関係ができていないと難しいことがわかってきて、親としては大丈夫なのかなぁと思った。過去の色々な事件等々を思うと、『すばらしい生徒』というお墨付きをいただけるとはなぁと思っていたのでw

しかしながら、中高一貫で高校受験がなかった分、勉強しないといけないという緊張感がなかったが、娘のような理解しにくいタイプの子でも長い時間付き合ってくれたおかげか、先生や同級生たちともいい関係ができていたようだ。7月末に学校推薦がとれないとわかってから、10月にAO入試へ出願。私も志望理由等を書いた作文を見て添削はしたが、全体的には学校と娘とで、入試までの書類等の準備を整えることができた。

「ま、面接までたどり着ければ、どうにでもするよ」

とのんきなことを言っていたが、書類審査が通って、面接試験に臨むと、その通りに、緊張も大してなく終えることができた。さらに、

「これで受からなければ、逆に、こんな大学、行ってやるもんかって、偏差値さらに上のところを狙うから、不合格も燃料になるからw」

とそうやって割り切った考え方をしつつ、待つことができたのには、ホッとした。今までなら、イライラして、周囲に当たり散らすのが常だったので。

この辺り、彼女も成長したなと思うと同時に、受験勉強を通じて、娘自身がどう見られているのか、どう思われているのかわかって、ホッとしたのもあったんじゃなかろうか。中高通じての6年間で、人との関係が、娘が想像していた以上にできていたってことなんだろうな。と思った。

「私なんて、大して努力をしていないのに。先生たちが『あなたは本当にがんばっている』と言ってくれるんだよね。ありがたいけれど、本当に努力している子たちがもっといるよと言いたくなるんだよね」

というような言葉が聞けたのが、本当に親としては良かったと。


参考になるかわからないが、子どもだけに任せておいたら「人との関係」が難しいと思ったら、そこは、親として助け舟を出さなければならないとは思った。娘いわく、私が先生や塾へグイグイと接近してくれたおかげでうまくいった部分もあったらしい。特にAO入試は、その子自身をどう表現して、試験官にプレゼンするかってところへ行くので、本人任せでは無理だと思った。親やその親の財力、学校や学校の持っているコネと信頼、その子の持っている人間関係が資産となってしまうのは、残酷なんだがなぁと。

2017-12-25 Happy Christmas

今年は中華風

| 今年は中華風を含むブックマーク

クリスマスには毎年鳥一羽を使った料理を作るんだが、今年は、「男子ごはん」で紹介されていた栗原はるみのレシピで、中華風丸鶏のしょうゆ煮にした。オーブンも使わないし、ものすごく簡単だった。検索するとわかるが、鳥をきれいに洗ってから、鍋に入れて、調味料といっしょに煮るだけ。ただ、栗原はるみが、妙に鳥の重さにこだわっていて、どうしてなんだろうと思ったら、つまりは鳥が大きすぎると、中まで火が通るのに時間がかかるのと、味がじっくりとしみこまないってことだった。その辺、うまくいかなかったので、来年はもう少し考えようと思った。鳥のサイズと重さと煮込み時間のバランスだな。

で、食べ終わった後で、鳥の骨が大量に残ったが、それでとったスープで大根を煮込んだら、たまらなかった。

丸鶏の楽しみは、使い尽すところだなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20171225

2017-12-24 もといにつぐもとい

これはどこへ続く道なのだろうか映画『スターウォーズ 最後のジェダイ』

| これはどこへ続く道なのだろうか映画『スターウォーズ 最後のジェダイ』を含むブックマーク

見てきました。

ネタバレを見ないように注意して、3人で行ってきました。

うん、これ、絶対、ネタバレを見ない方がいい映画だと思います。

おもしろかった。それは、息子と夫と3人ともが思ったんだけど。

いろいろと思うところが出てくる内容で、ああでもないこうでもないと議論して、サブタイトルの「最後のジェダイ」というのは、こういうことを示したかったんだろうと。

私としては、

「あーーあーー、そうなんだ、あーあーあぁ、なるほど。え、で、え、そうなの。えぇ、え、いいの? いいんだ。これで、ホントにホントに、いいんだ」

という感想を抱きました。どうぞ、劇場で確かめてw

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20171224

2017-12-23 アイドルから逃げて

岡田准一、宮崎あおいと結婚

| 岡田准一、宮崎あおいと結婚を含むブックマーク

朝、新聞を見て気づいた。

クリスマス直前に美男美女カップルの結婚が明らかになった。

 ビッグニュースは、岡田が24日の配達指定でファンクラブ会員向けに送付したメッセージカードで発覚。何らかの手違いで予定より早く届き、ファンが22日夜、ネット上にカードの写真をあげたことで騒動に。23日にはネット上でファンのつぶやきが一気に拡散され、「結婚おめでとう!」といった祝福の言葉や「衝撃が強すぎる」などと驚きの声が飛び交った。

 婚姻届は当初、結婚報告を予定していたクリスマスイブで大安の24日に提出するとみられていたが、関係者によると、すでに提出しているという。岡田は初婚で、宮崎は再婚。複数の関係者の話を総合すると、大々的な挙式・披露宴は行わず、新婚旅行は来夏に予定しているという。

http://www.sanspo.com/geino/news/20171224/mrg17122405050004-n2.html

あーこういうことかと、静かに衝撃を受けた。

ここのところの仕事ぶりを見ていて、なんか、無理しているなと思ったんだが。

おめでとうという反面、「うーーん、どうなのよ」「うーーん、どうなんだろ」という気持ちにもなった。

V6がこれでダメになることはないと思うんだけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20171223

2017-12-20 つながっていくその流れ

私もなんだ意識

| 私もなんだ意識を含むブックマーク

この間、娘と友だちが、たまたま伊藤詩織さんに会って、握手してもらったそうだ。

「ぜひ、うちの学校に話に来てください」

と頼んだそうだ。

伊藤詩織さんの件は、ちょっと娘と話すのは生々しいなぁと思って避けていたんだけど、とっくに知っていたようだ。それで話を聞くと、娘たち、若い子にとっては、年上の人らから進学や就職などを餌にこの手の目に遭うのは想定済みのことだから、起きたことは許せないし、そんな目に遭うことは無くしたいと思うのは当然なんだなと思った。

切実な話だから、伊藤さんの言葉は響くんだろう。

そして、女子高生レベルでもこの手の話を意識して警戒せなならんとは。

残念な、社会ですね、まったくと思った。

自分自身は、#metooのことは知っているし、同じような話も散々聞いていたが、正直、どうしたらいいのかと思っている。自分も若いころは、イヤな目にもあったが、その時は、周囲に訴えても虚しい結果になりそうだし、自分自身でどうにかするしかないんだろうと思っていた。こんなことを言うと笑われるかもしれないが、仕事をはじめてから、いつも同じような服を着て、ほとんど化粧をしないのは、無用な詮索を避けるためだったりもする。美人で気が利く同業者が「あいつは媚び売って仕事とってる」みたいな言われ方をしているのを見て、女を売りにするようなことを匂わせると危ないなと思った。なんていうか、思いもかけないところから刺される。

私だけでなく、他の様々な業界で働く女性たちから似たような話を聞くから、やっぱり社会として、対策を考えるなり、意識を高めないと、ダメなんだろう。事実であろうが、なかろうが。警戒していてもそれは起きるが、それでも警戒しないよりはましだろうと、いろいろと考えて、対策はみな練っているんだ。それでも、起きる。自分自身はたまたま運が良かっただけなんだと思う。イヤな目に大して合わずに済んだのは、クライアントにも、同僚にも恵まれていたってことなのだろう。だから、娘には幸運を祈るしかないのかぁ。はぁ。

そんなことを考えていたら、息子が「学校は理不尽過ぎることばかり」とため息をついていた。話を聞くと、先輩の言うことややることが理不尽なんだと言う。息子の学校には、男子校ならではの、厳しい上下関係があって、四六時中ではないが、上級生と組んでなにかするときには、下級生が面倒を押し付けられることが多い。例えば、大掃除の際に、下級生だけが雑巾がけをしていて、上級生たちはスマホを眺めているだけということがあった。それは仕方ないかもしれないが、人数足りないのに工夫をして作業をして、終了10分前に終わったことを報告に行ったら、「時間が余っているんだから、もう一度拭け」と言われた。

「おかしくないですか、もう、きれいになっているのに!」

と抗議したかったが、ぐっとこらえて拭いたそうだ。それはまだ軽い方で、もっと腹立つことも多いんだそうだ。

「それはそれでとやればいいじゃんとか思わないの?」

「いや、慣れてきたが、やっぱり、理不尽だと思う」

「どうしたらいい?」

「先輩には逆らえないよね。だから、我慢するしかないと思う、1年のうちは」

「でも、止めたいよね」

「うん、おかしいよ。だから、自分が先輩になったら、おかしいことはやらない」

「そうだね。それはいいことだ。でも、今の2年生も、前は同じようにやられていたんだよね」

「そうだと思う。でも、『オレらもやられたんだから、おまえらもやられろ』的な考えなんだよ。そこから離れないと」

「でも、なんで、やられてイヤなことをやると思う?」

「やっぱり、損な気がするんじゃないか、楽させるかと思うんじゃないかな。でも、それじゃ止まらないんだよね。だから、ぼくはやめますよ。やられていやなことはやらない」

というような話をしていて、それでも延々理不尽の継承がされているのは、なぜだろう。「自分がやられてイヤだったことを人にはやらない」ということを通すのが難しいのは、やっぱり、個人個人ではなくて、集団の論理がそうなっているからなんじゃないかと思った。今、息子らを理不尽な目にあわせている先輩たちも、こんなことはしたくないかもしれない。でも、やらざるをえない集団の圧力みたいなのはあるんだろう。いじめと同じく、なんとなく流されて、従ってしまう。だから、止めるのは難しいんじゃなかろうか。


#metooは、セクハラにまつわる告白をすることで、これ以上、被害が増えないで欲しい、犯罪を許さない社会に変わって欲しいという運動なんだと思うんだが、セクハラに限らず、あらゆるところで起きる、

「イヤと言いにくいような状況で、自分がやられたらイヤなことをしない」

ってのをどうにかしたいと思った。男女関係なく、起きる、イヤなことの継承を止めたい。「やられていやなことはやらない」 これ、当たり前のことなんだが、なぜかできないよね。


なんかなぁ、もう少しでいいから、この手のことが減らせると、みな、もっと気持ちよく暮らせると思うんだがなぁ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20171220

2017-12-11 ぼんやりとみえるなにか

北朝鮮から来た労働者は休息を知らない

| 北朝鮮から来た労働者は休息を知らないを含むブックマーク

今日、ニュース番組を見ていたら、北朝鮮への経済制裁が強まっているという話題が流れてきた。さすがに中国やロシアも制裁に加わるようになり、特に影響を受けているのが、出稼ぎ労働者たちだという。出稼ぎ先から締め出され、みな、本国へ戻るしかないのだと。中国ロシアに次いで出稼ぎ労働者がいたというモンゴルでも同じような状況になっているのだと。

なかなか真綿で首を絞めるような制裁だなと思っていたんだが、衝撃を受けたのは、北朝鮮の出稼ぎ労働者の働きぶりだった。モンゴルには彼らを建設現場へ斡旋する業者がいるのだが、その業者が言うには、彼らは、休息を知らないんだそうだ。

北朝鮮から来た労働者は、現場に泊まり込んで、24時間働く。食事をする時間以外は働いている。彼らには“労働時間”というものはない」

それで彼らひとりに1日支払われるのは5000円弱。しかし、彼らがいくら受け取っているかは、斡旋業者も知らないんだとか。

彼らに「経済制裁のことを聞いたことはあるか?」と問われた業者の答え。

「そういう話はしないさ。ただ、『うちの国はすばらしいのでぜひ来てください』と言われるんだ」http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3236567.html

見ていて、寒気がしてきた。

食べるとき以外は働く、それを当然とする人たち。

北朝鮮の中は、どんな状態になっているのだろう。人々はどうやって生きているんだろう。

昔、文化大革命のころ、笑顔で行進する紅衛兵たちの映像はテレビから流れてきたが、なにが中国で起きているかは、わからなかった。

ポルポトカンボジアを占領した後、逃げ延びてきた難民たちの映像はテレビから流れてきたが、なにがカンボジアで起きているのかは、わからなかった。

もちろん、わかっていた人もいたのだろうが、大多数の人たちは、なにか、ただ、ぼんやりとなにかがみえる、なにかがおきている。それはなんなんだろうと、遠くからいぶかしげに見ているしかなかった。

ナチスドイツ強制収容所とか、スターリン粛清とかもね。

なにかが起きていることは、わかるんだが、ぼんやりとしかみえない。

そして、また、なにが起きていたかわかった時、愕然とするのか。

そして、また、その時を待つしかないのか。

どうにかならないのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20171211

2017-12-10 水平線の向こうにはあぁぁあー♪

「戦国の世を終わらせる」

| 「戦国の世を終わらせる」を含むブックマーク

今日、『おんな城主直虎』を見ていて思ったんだが、「戦のない世を目指す」や「戦国の世を終わらせる」という意識はいつごろからあったんだろうね。「戦がイヤ」という意識はあっても、小規模な抗争を止めるためには、誰かが天下統一をして、その下に全国の大名が入ればいい。という感覚で、当時の支配層は動いていたのだろうか。その辺が、すごく気になってきた。「全国」という概念はもっと後世のものだった気がしたので。

それでいつぐらいからこの手の理屈が出てきたんだろうと思ったんだが、大河ドラマでこれがいちばん記憶に残っているのは『江 〜姫たちの戦国〜』かと思った。「戦が嫌だから、権力を集中させて、天下統一」みたいなのを、信長からして「天下布武」の理由付けにしていて、その精神を江が受けついでいるから、豊臣を許し、最後は徳川に味方して、姉を説得しようとしたという流れだった気が。

ってな話をしていたら、夫が

「だって、家康の行動を正当化するのは、そういう理屈をつけるしかないだろ」

と言ったので、そうかと思った。

去年の『真田丸』は、信繁の目に映ったものしか描かないという方針もあったんだろうが、そういう過去の歴史を振り返ってからわかる、理由付けみたいなのは極力抑えていた気がする。ただ、最終回は、唯一ファンタジーを交えて、家康との対峙で出したと思った。

そうか、家康が出ている大河ドラマとすると、『おんな太閤記』辺りから出てきたのだろうか。しかし、ねねたちが、戦に翻弄されるのはイヤと嘆く描写はあったがなぁ。戦略的に考えていたかなぁ。恐らく、その前の戦国物『黄金の日々』では、秀吉や家康が権力を握っていく過程で、そういう理屈付けはなかったと思う。

家康の行動の正当化を図るとしたら、『徳川家康』からかなぁ、はっきり出てきたのは。

確かに、家康の行動を追っていくと、相当、筋の通らない、ひどいことをしている。それは『直虎』でもしっかり描写されているわけで。それでも「徳川殿に天下を取ってもらい、戦を終わらせる」と直虎が言い、今までの非道を許すのは、武士の子として、僧侶として、城主として、彼女があらゆる体験をしたからってことなんだろうな。

しかし、その広い視点や、戦略というのは、歴史上はどのぐらいあったんだろうか。

ふと思うんだよね、今、私が生きている時代ってのは、後の世からはどういう風に見られるんだろう。

離れた場所から、眺めるように、私たちに見えるもんなのだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20171210

2017-12-08 JK無双

99.9%

| 99.9%を含むブックマーク

埼京線でWebで集まった男性たちが集団で痴漢をして捕まった件のニュースを見ていて、「痴漢冤罪とか言い逃れできないからなぁ、これじゃ」というような話をしていたら、

「冤罪というのは自由だが、99.9%やっているって。みんなやっているから、線路の上を走って逃げるし、キレて怒るんだよ」

と淡々と娘が言ったんで、ゾッとした。

そういう言い方するとはなぁ。誰かが誰かを嫌うとか、バカにするとか、やっぱり、なんかしらその相手からイヤな目にあったからだと思う。思いたい。理由なしにはこんな言い方はないだろう。

何度か書いているが、女子中高生がどこへ行くにも誰かとつるんでいるのを見て、「なんだかな〜。ひとりで行動できないのかよ」と思っていたんだが、しばらくすると、あれは防犯対策なんだと気づいた。通学路では、知り合いであろうが、なかろうが、同じ制服を着た子のそばに集まるようにするのが、娘たちの習慣らしい。

日本の治安はいいんだろうが、それは、弱者が防衛策を尽くしたことだって面もある気がする。

通学路での痴漢もそうだが、学校内でのいじめやパワハラ、会社内のセクハラやパワハラを見ると、女子だけでなく、男子にだってそうだ。なんていうか、反撃がしてこないような弱者を攻撃するのが好きな人たちが、この社会には一定層いる気がしている。そして、それに対して反論できない空気があり、黙っている方が得とさとす人たちがいるから、是とも否ともされず、そいつ等も罪の意識もなく次々とやっているんだろうな。

だから、そういう卑怯なことに対して、大多数の人から「やめろ」という文化ができないと、これ、おさまらないんじゃないかと。

それだと、かなり難しいよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20171208