Hatena::ブログ(Diary)

北沢かえるの働けば自由になる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-01-02 水辺には連れていくが

受験の暗黒面(ダークサイド)を見よ

| 受験の暗黒面(ダークサイド)を見よを含むブックマーク

ファーストアビリティ - 北沢かえるの働けば自由になる日記

上の記事の続き。

前回は、受験の勝利の方程式について、娘はこう総括していたわけだ。

「人との関係だよ、どんだけ、人との関係を広げられるか、どんだけ、情報をとれるか、頼りになる心強い味方がいるかどうか、人との関係をぐいぐい作れるかどうかなんだよなぁ」

それはそれで確かなことなんだが、もちろん日々の努力として、問題集を解いたり、講義を聞いたり、質問したり、暗記するためのまとめを作ったり、学力アップすることは大事だ。地道な努力をせずに、合格はしないし、人間関係を駆使して、要は、コネを最大限に利用して入学をしても、大学での講義を理解するためにはそれなりの学力がないと厳しいし。そもそも行く意味もないので、念のため。

それが当然だと思うんだがなぁ。

ただし、今どきは、学力だけ伸ばしても、それだけ頼りでは、志望校へ入れるかどうか難しいというか。自分が希望する学部へ、楽に、早く、安く合格したいと思ったら、学力以外の能力がかなり必要となる。愚直な努力が得意というタイプの子は、そのまま、勉強をすれば大丈夫でしょう、塾や学校の言うことを聞いてというのでは、すごく損をするようになっている。

それが、ライフハックみたいな、楽とか、得するとかではなく、大きな意味での戦略を立てて、

「どんなことをするために、どの大学の、どの学部へ行くのか」

ということを考えて動かなければいけないことで。それを親がある程度おぜん立てできないと、すごく、回り道&お金を使うことになると思った。

例えば、偏差値70ぐらいないと合格しない某有名私大は、その偏差値以上を模擬試験でとれる子が、受験しても合格はするかどうかはわからない。ぐらい合格が難しい。ところが、キリスト教系の私立高校の中には、その大学に学校推薦枠を持っているところが少なくない。だから、学力を高めて受験するよりは、その枠を持っている高校(偏差値50クラスの学校もある)でトップを3年間とり続け、学校推薦をもらった方が、ずっと楽に合格できる。

その辺を知っている親は、中学受験の時に、推薦枠がどのぐらいあるかどうかで、受験校を決める。淡々と学校内での成績と評判をアップするようにして、学内推薦の枠を自由に使えるようにしておく。そういう子たちが、娘の学校にもいたんだが、学校の部活や委員会活動、ボランティアなどものびのびやって、学校内のトップグループとして、先生たちにも愛され、生徒たちからは信頼され、尊敬されていたなと。

本当に頭が良くて、国公立や医学部などを目指すなら、全然別のやり方をしなくちゃいけないんだけれど、女子の場合は、これの方が気持ちが楽でいいんじゃないかと思った。

また、それほど勉強が好きでなくても、日々コツコツと努力をするのが得意なタイプは、一発勝負の一般受験よりは、推薦を狙った方がいいし。全体的に女子の4大進学率が高くなったのは、推薦枠が増えたからなんだろうと思う。受験勉強を無理にさせなくても大学へ進学できるからだ。

それが、良くない。

というのは、もちろんある。これは、金がなければ、そもそもできない作戦だから。中学受験に金を使うか、大学受験に金を使うか、要は、親がある程度の金が使える前提ではないと、学校推薦は狙えない。別の意味もあるが、スポーツ推薦も、一芸入試も、AO入試も、親の財力や才能など不確定要素が多すぎて、それだけで志望校を目指すのは、相当勇気が必要だと思う。

また、娘の学校では、同級生の7割が推薦やAOで年明け前に決まってしまうので、挑戦的に学力を高めていきたいタイプの子が挫折しやすい。一般受験を目指していても、周囲ののんきさに引きずられて、気合が入らず、苦労する。また、学校内での勉強だけにがんばって、さらに幅広い学問を学びたいみたいな意欲が薄い気もする。

また、学校内での推薦枠の争いは、かなり醜いことになる。それが偏差値が高い大学や人気のある大学の学部から埋まっていくわけではなく、自分以外の誰がどう動くのかで決まるのが辛い。その時期、同じような学部へ進みたい子たちは、同じ授業を受けつつ、互いに疑心暗鬼で探りつつ、もしや、希望がぶつかり合っているのではないかと思ったら、譲るべきか、このままいくべきか、悩み続ける。

夏休み前に希望を出し、正式に申請するのが、9月。そこから、推薦枠が決まるまでは、本当に、ピリピリする。

友情が壊れた、怖い話を、娘からいくつも聞かされて、うーーん、こんな辛いことになるなら、推薦枠を争わなければよかったのにと思ったりもしたケースもあった。

実際、娘が第一志望としていた大学の学部は、真空状態みたいになって、とうとう誰も枠を使わなかった。まぁ、娘は推薦への評点が足りなかったから仕方ないし、一般受験で受けるには偏差値も足りないんだが、もったいないなぁと思った。

というわけで、受験の暗黒面、そこ見ないふりして、向かわせるのも、きついよなぁと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaerudayo/20180102