kagami-haraのライトノベルとか

2017-12-02

ドラフト2017(2)

| 18:11

ヤクルト指名した選手について知る記事です。おまけで過去記事が正しかったのかも検証します。

・1位 村上(九州学院)右左 捕手内野手

九州学院で1年からレギュラーで4番だった長距離打者。左打ちながら逆方向にも長打が打てる。高校通算52本塁打。187cm95kg。捕手としての評価は低い。三塁での起用が濃厚。

・2位 大下(崇徳−亜大−三菱重工広島)右左 投手

甲子園未出場ながら高校時代から注目されるも進学。大学では伸び悩んだ。社会人3年目での指名。ストレートはMAX150、平均140そこそこ。ローテ候補。ウィニングショットに課題。亜大では山崎(横浜)薮田(広島)と同期。亜大ツーシームがハマれば面白い。

・3位 蔵本(神戸国際大附岡山商科大)右右 投手

高校時代はほぼベンチ外、大学では1年からリーグ戦に出場するも2年でトミージョン手術を受ける。4年になると楽天1位の近藤に次ぐ先発2番手として活躍。ストレートはMAX151、平均140前後。変化球と制球に課題。ゆったりしたフォームから投げる速球は安定してストライクが取れるなら面白い。リリーフ候補。

・4位 塩見(武相−帝京大JX-ENEOS)右右 外野手

高校、大学では主力級もドラフト候補ではなかった。社会人1年目に右膝半月板損傷で手術。2年目に中堅レギュラーを掴む。圧倒的な実績はないが身体能力が高く評価された。打撃は積極的で1番打者タイプにしては三振が多い。ファインプレーもあるが凡ミスもある。

・5位 金久保(東海大市原望洋)右左 投手

島(ロッテ)の1年後輩。2年秋からエースで4番の経験もある。ストレートはMAX147、平均140前後。球種が豊富で完投能力もあり高校レベルでは完成度が高い。制球に課題。183cm75kg。怪我無く身体づくりができれば期待できる。

・6位 宮本(履正社奈良学園大)右左 内野手

高校では2年秋から三塁でレギュラー。大学では1年から遊撃でレギュラーとなり首位打者を獲得するなどリーグの中心選手として活躍。4年から大学日本代表となるが目立った活躍はできず。ノーステップの打撃フォームを変えないために強豪の大学に進学しなかったとのこと。トップレベルではないリーグで通用した独特の打撃フォームがプロでも通用するかが最大の鍵。

・7位 松本(丸亀−立大−西濃運輸)右右 捕手

高校では1年から正捕手、大学では控え捕手で活躍できず。一般就職活動もしたが社会人野球強豪の西濃運輸に入社。1年目から正捕手として全国大会出場。強肩。打撃は長打もあるが打率は低い。

・8位 沼田(大垣日大名古屋産業大*退学−エディオン愛工大OB BLITZ−ドジャース マイナー−BC群馬−BC石川)右右 投手

年齢は大卒社会人と同じ。エディオン時代にMAX151で注目され、ドジャースとマイナー契約。この時にドラフト規約の関係で問題視され日本野球連盟から除名処分となり社会人野球ができなくなる。米国は1年で解雇され、BCリーグの群馬に入団。群馬で2年、石川で1年プレー。昨年は石川で先発として8勝8敗。ストレートはMAX155、平均140。奪三振も多いが四球と被安打も多い。先発候補。

指名選手は以上です。おまけで過去記事の検証を行います。過去記事を引用しながら見ていきます。

>・左の即戦力リリーフ

左投手がいませんでした。3位の蔵本が右のリリーフです。

>・左打ちの二遊間を守れる高校生

高校生ではないですが6位の宮本が左打ちの遊撃手です。

>・中堅手の即戦力

4位の塩見が該当します。

>・長距離打者(守備位置はこだわらない)

1位の村上が該当します。

>この4点を中心に、下位でいいので大卒社会人以外の先発投手が指名できれば満足です。

2位の大下、8位の沼田は大卒社会人の先発候補です。

他に5位の金久保は将来の先発候補、7位の松本は控え捕手候補です。

思っていた補強ポイントは概ね間違っていなかったようです。左投手に関しては明治大学の斎藤が1位になるくらい人材不足だったので仕方ないです。私が期待する順番は、村上、大下、蔵本、金久保、塩見、松本、宮本、沼田です。

39009

2017-11-28

今月買った本とその感想 2017年11月

| 00:02

話は展開しているのに特に多くを語るような気にもならない。でも面白い。こういう雰囲気を狙って出しているのだとしたら才能だなあと思います。

中継役のおっさん迫真の演技は面白かったです。買う意味を見失いかけていたので、これがなければ11巻は買わなかったかもしれません。やっぱり面白いです。

敵にレイプされてるところはなんかシュールでした。ヒロインたちの強さがよくわからない。全体的に雑な気がします。

夏目くんの出番が少なくてちょっと残念でした。リンダは死亡フラグが立ちすぎで本当に死んだので面白かったです。特に99ページは気持ち悪さレッドゾーンでした。晩年の灰島紫紅は漫画であれだけきっついのだから現実にいたらヤバいだろうなと思いました。

1巻はベスト10には確実に入るレベルで好きな漫画だったのでかなり期待して買いましたが概ね期待が裏切られることはありませんでした。「こいつどうかしてる・・・興覚めだ」のコンボでどうにかするという力技には驚愕しましたが、川奈昴さんがかわいらしかったので大した問題ではないかなと思いました。このように2巻は色々雑に感じる部分もありましたが、そもそも出ると思っていませんでしたのでファンブック的なものということで目をつぶります。

かつて僕は自分を桜庭一樹ファンであると思っていましたが、無花果とムーン以来ほとんど読んでいませんでした。今回、文章がやっぱり素敵だなあと圧倒されて久々に読んでみたところ、思春期の素晴らしい不安定感と大人になってしまった哀しさが甦りました。解説の言葉を借りれば「物騒なリアリズム」です。さすがうまいこと言います。僕は物騒なリアリズム小説が好きなのです。またファンになりそうです。

苺ましまろ(8) (電撃コミックス)

苺ましまろ(8) (電撃コミックス)

ギャグためとはいえ、ちいちゃんの言葉遣いが汚くなるのと美羽がかわいそうすぎるのはありますが、面白いです。笹塚くんの話の最後のオチは最高に笑いました。

バビロン3 ―終― (講談社タイガ)

バビロン3 ―終― (講談社タイガ)

読んだら書きます。

殺人鬼探偵の捏造美学 (講談社タイガ)

殺人鬼探偵の捏造美学 (講談社タイガ)

読んだら書きます。

12月の予定

からかい上手の高木さん7巻、ゆるキャン△5巻、編集長殺し、響〜小説家になる方法〜8巻

38587

今月買った本とその感想 2017年10月

| 22:44

「いやもうこれ勝ったろ。人望の厚さにビビるわ」「めっちゃ僅差やん」「ヤリチンパンツマン」この辺りは面白かったです。パンツ回は全体的に面白かったですが、かぐや様の口からヤリチンという言葉を聞くことができただけで僕は幸せでした。

今回も面白かったです。かぐや様7巻がストライク―グルだとしたら木根さん4巻はヤシロハイネスです。

ファンタジー世界でいろんな種族の風俗に行く話です。試し読みしてみればわかるんですが、かわいいけどババアエルフを人間は抱けるけど他の種族には不評だよという感じの話です。エロいしギャグだし良かったです。

ほのぼのギャグです。ファンタジーのお約束をうまいこと利用したいまどきの漫画です。たまにセクハラ系のギャグがあると、この週はネタ切れだったんだなと思います。

前作である極黒のブリュンヒルデと比べると、ヤンジャンヤンマガの違いが如実に表れています。僕は極黒のほうが好きです。

過去作と比べてやっていることは大して変わらないですが面白くなっているので漫画が上手くなったんだなあと思いました。やるな!

38587

今月買った本とその感想 2017年9月

| 22:42

ゆゆ式 9巻 (まんがタイムKRコミックス)

ゆゆ式 9巻 (まんがタイムKRコミックス)

8巻までは一気読みだったので気のせいかもしれませんが、9巻では作者が新しいことをしようとしていたように感じました。少しパワーダウンでしょうか。

黒剣のクロニカ 03 (星海社FICTIONS)

黒剣のクロニカ 03 (星海社FICTIONS)

あっさり完結しました。良かったね。twitterでやってたソロゲームの要素が少し出てきて微笑ましかったです。

おおきく振りかぶって(28) (アフタヌーンKC)

おおきく振りかぶって(28) (アフタヌーンKC)

高校球児を丁寧に描きたいのはわかります。しかしながらローカル大会のパッキンの相手まで掘り下げるのは商業作家として本当に必要なことなのか。作者にはいま一度考え直していただきたい。作者にも読者にも人生には限りがあります。

林田先生がクッソカッコ悪かった。ハチクロでの(はぐちゃんと先生をくっつけるというイリュージョンを成し遂げた)実績からして彼とあかりさんがくっつくことはないとわかります。カッコつけずにかっこつけられる島田さんはかっこいいですね。二階堂は死んだのかと思いました。

白黒の話があって良かったです。

38587

2017-09-28

ドラフト2017(1)

| 22:52

2017年オフシーズンのヤクルトのドラフトについて考えます。

まずは現有戦力の把握ですが、補強ポイントの理解を助けるために3年後の年齢で考えます。下記()内は3年後の年齢です。外国人選手は流動的なので除外します。

・先発投手

右 館山(39)山中(35)古野(34)由規(31)小川(30)風張(28)原(27)星(26)

左 石川(40)中尾(26)高橋(23)寺島(22)

リリーフ投手

右 松岡(38)近藤(38)山本(35)石山(32)秋吉(32)菊沢(32)屋宜(32)徳山(31)土肥(30)平井(29)中島(28)田川(26)梅野(22)

左 中澤(35)成瀬(35)久古(34)村中(34)竹下(30)岩橋(29)日隈(23)

捕手

  井野(37)星野(32)中村(30)西田(28)山川(24)古賀(22)

・二遊

右 大引(36)谷内(30)西浦(29)山田(28)廣岡(23)渡邊(23)

左 今浪(36)奥村(25)

・一三

右 畠山(38)藤井(32)大村(28)

左 武内(37)川端(33)

・中堅

右 比屋根(33)

左 雄平(36)坂口(36)三輪(36)上田(32)山崎(28)

・両翼

右 飯原(37)荒木(33)鵜久森(33)原(28)

左 大松(38)榎本(28)

赤字の選手は3年後にはいない可能性が高いと私が考えている選手です。残っている選手は以下になります。色々変化はあるでしょうが、大きくは変わらないはずです。それぞれ補強の必要性に優先度をつけていきます。

・先発投手 優先度:中

右 由規(31)小川(30)風張(28)原(27)星(26)

左 中尾(26)高橋(23)寺島(22)

先発は何人いても困りませんが、頭数はいて左右のバランスも悪くないので急務ではありません。獲るなら大卒社会人以外が適当です。

・リリーフ投手 優先度:高(左)

右 石山(32)秋吉(32)徳山(31)土肥(30)平井(29)中島(28)梅野(22)

左 久古(34)岩橋(29)日隈(23)

大エースの秋吉のFAもまだで、右投手の数はいますが、左は数も軸になれる投手もいません。即戦力が必要です。

・捕手 優先度:低

  星野(32)中村(30)西田(28)山川(24)古賀(22)

1軍級の中村と西田が若く、次世代の選手もいるので優先度は低いです。

・二遊 優先度:高

右 谷内(30)西浦(29)山田(28)廣岡(23)渡邊(23)

左 奥村(25)

順調にいけばそろそろ山田がFAです。三塁へまわる選手もいるでしょう。左打ちの高校生が欲しいです。

・一三 優先度:高

右 藤井(32)大村(28)

左 川端(33)

二遊から流れてくる選手がいるとはいえ、深刻な人材不足です。左右関係なく長距離打者となれる大卒社会人以外が必要です。

・中堅 優先度:高

右 比屋根(33)

左 上田(32)山崎(28)

山崎が定着できるかもまだわかりません。外野は両翼にまわってもいいので左右関係なく即戦力が必要です。

・両翼 優先度:低

右 荒木(33)原(28)

左 なし

人材は少ないですが他からコンバートされやすく、外国人選手がよくいるポジションなので優先度は低いです。いい選手がいるなら獲らない理由はないです。

補強ポイントが明らかになりました。

・左の即戦力リリーフ

・左打ちの二遊間を守れる高校生

中堅手の即戦力

・長距離打者(守備位置はこだわらない)

この4点を中心に、下位でいいので大卒社会人以外の先発投手が指名できれば満足です。次回は具体的な候補選手を見ていけたらいいなあ。

戦力外通告選手発表に伴い、修正を加えました。(17/10/3)

37336

2017-09-03

今月買った本とその感想 2017年8月

| 16:37

メドューサぽい人を倒して地獄の門へ行く。カイルの強靭な精神力は笑えるが姫様のデブネタは若干飽きてきた。つまらなくはないが意外性を感じなくなった気がする。おまけ漫画が面白いのでやっぱり力のある作者だと思う。

ほ、北條さん・・・!他は特に言うことはない。

ラノベプロデューサー基地外で面白い。今回は小論社の人がかわいそう。

最高かよ。

気力があればもう少しまともな感想を加筆します。(追記)無理でした

9月の予定

ゆゆ式9巻、黒剣のクロニカ3巻、おおきく振りかぶって28巻、3月のライオン13巻

36713

2017-07-29

今月買った本とその感想 2017年7月

| 20:40

金持ちが美人設定の母子を囲う話。4コマ。概ね想像した通りの話が進む。可もなく不可もなく。

正社員登用試験に落ちた魔王さま。飛空艇を手に入れるための最後の宝を見つけるがもやもや感が漂う。そんなことをしているうちにエンテ・イスラがえらいことに。以下続刊。物語の終盤らしく大戦が起きそうで楽しみです。

西田さんがかわいかった。あきらちゃんを露骨に避ける店長。これは接近する前振りですね。そのままくっつくのかは知らん。女子高生がヘアトニックつけてるのはどうかと思う。久保さんはたぶん気づいてる。あとあきらちゃんはヘアトニックでオナニーしたと思います。

富士山が見えるキャンプ場でクリキャンしました。お姉さんが相変わらず美人で好きです。リンちゃんがテントの場所を移動しなかったことから、作者はその辺りの距離感に気を遣っているのかなと思いました。大垣はやっぱりかわいいけどやっぱりやかましい。

会長が四宮に誕プレ貰った後の回、早坂回、双六回が面白かったです。あと会長と妹ってすごく仲いいですね。なんかもう売れすぎて引く。

書店員 波山個間子 (1) (it COMICS)

書店員 波山個間子 (1) (it COMICS)

ざっくりいうと、小説に詳しいコミュ障の書店員知識を活かす系のいい話。さっくり読めて面白い。自分が読んだことのある本が題材だとなお面白いです。お試しで最初の話が読めるので、それが気に入れば読むといいです。欲を言うならもう2話くらいあると良かったです。2巻が出るなら買います。

はるかリフレイン

はるかリフレイン

彼氏が死なないように彼女が頑張るループもの。名作と言われるゆえんはラストでしょうね。掲載されていたのが進研ゼミというのはよくわからんがなんかすごい。

相変わらずゴリラに襲われているハルヒロたち。なんやかんやしてメリィが強キャラになる。根性で勝ちます。パーティーで最初に覚醒したのはシホルでしたが、ランタも自分の形のようなものが見えてきました(離脱してますが)。ハルヒロは都合がいいときに覚醒しますし、クザクは根性で何とかしようとするのであとはユメですかね。フォルガンのゴブリンと戦った時のやり方はユメならではって感じもありましたが。セトラ(キイチ)は完全に便利キャラです。オルタナに帰るのは2巻くらい先でしょうか。しかし、イラストいれるとこ間違ってないですかね。

かんなぎ (12) (REXコミックス)

かんなぎ (12) (REXコミックス)

素晴らしい表紙。100点です。ここ最近のあらすじがあったのはありがたいです。最終回じゃないけど終盤で歌が流れる漫画はテニプリを思い出しました。今回が最終巻だったわけですが、結構きれいに終わったと思います。シリーズ通して面白かったし、読んできて良かったです。そしてまさかのナギ様ロリ化と露骨な仁のイケメン化。仁はナギがいなければつぐみとくっ付いて、つぐみがいなければ白亜とくっ付いたらしいですが、モテモテですね。あとナギにしろざんげちゃんにしろ、2代目の格落ち感がすごい!

寝ている女の子の体毛を刈り取って小動物の大腸にぶち込んで肛門を縫い合わせるなんて、さすが第6層はレベルが違う。あといきなり回想シーンが挿入されてちょっとびっくりしました。

投手論 (徳間文庫)

投手論 (徳間文庫)

吉井コーチが現役の頃に考えていたこと、コーチをするときに考えていることが書かれている。いかにも投手だなあという感じで、投手がいかに王様であるかがわかる。でも先発からリリーフに降格されたときに監督の前でヘルメットを叩き割るのはどうかと思う。まあ、普通の人ならやろうと思わないし思っても出来ないですけど。技術的な話も判りやすいし、投手のメンタルの話は頷ける。プロで芽が出ずに引退した投手が草野球をしていても弱気だったのを見たばかりだったので妙に納得しました。サクッと読めるし面白かったです。

8月の予定

からかい上手の高木さん6巻、勇者が死んだ!9巻、響〜小説家になる方法7巻、ゆゆ式9巻

35631