Hatena::ブログ(Diary)

Think Kagawa 賀川豊彦を考える RSSフィード

2009-09-18

シンポジウム「賀川豊彦と友愛の社会構想−公共的活動のあり方を考える−」


シンポジウム賀川豊彦友愛の社会構想−公共的活動のあり方を考える−」
 日時:11月3日(火・祝)13:00〜17:00
 場所:キャンパスイノベーションセンター東京・1F国際会議室
 参加:参加自由【資料代として500円】(予約不要)

シンポチラシダウンロード:PDF

前回の賀川豊彦シンポジウム友愛と公共的知識人」(2009/05/17)では、賀川豊彦を日本における公共的知識人の先駆けとして位置づける議論が行われた。今回のシンポジウムは、さらに賀川の社会運動・社会活動を公共的活動のモデルとしてどう受けとめることができるのか、小南浩一氏、濱田陽氏のおふたりを迎え、最先端の研究動向をふまえつつ講演いただく。次セッションでは、友愛公共哲学の観点から賀川の国家・世界構想が現在どのような可能性をもつのか、小林正弥が論じる。
パネル・セッションでは、会場の質疑を交えつつ、歴史家宗教研究者政治哲学者とそれぞれ専門を異にする3人が賀川豊彦の現代的可能性について語り合う。

chibachiba 2009/09/22 08:39 ご紹介、ありがとうございます。文化の日、多くの方のご来場をお待ち申し上げております。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証