Hatena::ブログ(Diary)

Think Kagawa 賀川豊彦を考える RSSフィード

2009-12-16

賀川豊彦がまいた種 【家の光1月号】

 雑誌「家の光」1月号に「賀川豊彦がまいた種」と題して小文を書かせてもらった。振り返ってみると賀川豊彦についてはこの1年、かなりの頻度で取り上げられた。特に毎日新聞が「ノーベル文学賞の候補だった」と報じたインパクトは大きかった。

 賀川豊彦という人を知っていますか?
 大正から昭和にかけて、
 農民運動や救貧・ボランティア活動をはじめ、
 多くの業績を残し、その後の協同組合運動だけでなく、
 世界の思想にも大きな影響を与えた人物です。
 解決の難しい課題が立ちはだかる今日、
 賀川の足跡とエピソードを紹介します。

 続きを読む
 http://www.kagawa100.com/pdf/1001ienohikari.pdf

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kagawa100/20091216/1261143446