Hatena::ブログ(Diary)

Think Kagawa 賀川豊彦を考える RSSフィード

2010-02-18

GOEN貯金箱のすすめ

 先週末、親友と飲んでいて一つのアイデアを思いついた。GOEN貯金箱である。今どき子どもだって落ちている1円玉を拾おうとしない。財布の中にある1円玉や5円玉は増えると始末に困るものである。その1円玉と5円玉を入れる貯金箱を配って、困っているNGONPOに寄付すればいいというものである。
 考えてみればドトールコーヒーなど飲食店で小銭を入れる寄付箱がある。取り立てて目新しい発想ではない。しかし、始末の困る小銭を家で毎日貯めればけっこうな金額になるはずである。
 筆者自身、この2年間ガラス瓶に小銭を貯めてきた。貯めたというより、帰宅して背広のポケットの中の小銭をすべて毎晩入れて、出がけにその日のタバコ銭として300円を取り出してきた。恥ずかしい話、100円玉以上はほとんどない。ガラス瓶がいっぱいになったので銀行で数えてもらうと2万円を超えていたので驚いた。
 世界的大災害貧困に接して募金を躊躇したことはありませんか。なけなしの千円札や一万円札を投じてどこでどう使われるか分かったものではないなどと考えていませんか。始末に困る小銭ならそんな気持ちにもならず、いつでも気持ち良く社会貢献できるのです。
 だが、始末に困る小銭を貯めてみて、こんなに溜まるものだと驚いた。それはそうだ、ポケットや財布の1円玉や5円玉は1日に10円ほどある。365日続ければ、すぐに3000円以上になる。これなら何の躊躇いもなく「寄付」できそうだ。子どもだって1日1円貯めれば365円になる。家族4人が1円、5円貯金すれば1万円を超える。
 そんな貯金箱が各家庭や職場にあれば、計画的にNPONGO支援ができるし、緊急の大災害が発生した時でもためらいなく「寄付」ができるのではないか。
 そこでわれわれはその貯金箱に「GOEN」(仮称)という名前をつけることにし、その日から貯金がスタートしている。どうでしょうか、みなさん賛同していただけますでしょうか。ぜひ始めてみてください。そのうち「GOEN貯金箱」をデザインしてみなさまに配れるようにしたいとも考えいます。(伴 武澄)

ハンニバルハンニバル 2010/02/19 15:32 なかなかいいアイデアだと思います。募金するときに障害になるのは、やはり、そのお金がどのようにして扱われるかという、不安と一種の不透明さであると思います。しかし、「処理」をするという形ならば、募金をすることにたいして少しでも抵抗が和らぐでしょう。あとは、どのようにして、より安心した形で人々に、募金してもらえるように配慮するかだと思います。この辺は透明性をどれだけ確保するかが鍵になるでしょうね。

kagawa100kagawa100 2010/02/20 17:03 ハンニバルさん
コメントありがとう。
世界的な大災害時には多くのところが募金を集めています。
何回か試して自分にとって信頼できる団体をつくっておけばいいのではないでしょうか。

NuttyNutty 2010/02/24 17:41 将来のハイパーインフレに備えて銅、アルミ、真鍮は地金として価値は残るでしょうね。一番しょうもないのは、1万円札でしょう。紙ですから。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kagawa100/20100218/1266536283
Connection: close