Hatena::ブログ(Diary)

What a Wonderful World

2008-07-10

Macの起動ディスクを丸ごとコピー出来る、「 Carbon Copy Cloner 」

| 23:23

ハードディスクの内容を外付けハードディスク等に丸ごとコピーし、

そのまま起動ディスクに出来るバックアップユーティリティ

「 Carbon Copy Cloner 」が3.1.1にアップデートしました。

とても重宝するソフトなので、日頃から万が一の時のために

「 Carbon Copy Cloner 」を使ってデータバックアップしておくことをオススメします。

http://www.bombich.com/software/ccc.html

1.上記URLから、「Download version 3.1.1 now! (Tiger and Leopard)

をクリックします。

f:id:kagi11:20080710231518j:image


2.下図のウインドウが開きます。

(開かなければ、デスクトップ上に出来た「Carbon Copy Cloner」

ディスクイメージをダブルクリックします)


  • 「Carbon Copy Cloner 」ディスクイメージ

f:id:kagi11:20080710231521j:image


ウインドウの中の「Carbon Copy Cloner」をドラッグして、

そのまま右にある「Applications」フォルダショートカットアイコン

上まで持って行き、そこでドラッグを離します。

f:id:kagi11:20080710231519j:image


4.ハードディスク内「Applications」フォルダ内にソフトがコピーされました。

インストールはこれで完了です。(カンタン、かつスマートだなぁ)


5.使い方はごく簡単。「コピー元ディスク」に、バックアップ元となる

ディスク(Macintosh HD など)を選び、「コピー先ディスク」に

外付けハードディスクなど、コピーをする相手先を選びます。

選び終わったら、「クローン作成」ボタンをクリックするだけです。

f:id:kagi11:20080710231522j:image


しばし待った後、「完了しました」メッセージが出て、コピー完了です。

Mac OS 10.5 Leopard の場合は、システムで「 Time Machine 」という

差分バックアップソフトが付属しているのですが、10.4 Tigerをお使いの

場合はこの「Carbon Copy Cloner」が大いに役立つと思います。


(ちなみに私は、Mac内蔵HDの2倍の容量のある外付ハードドライブを

Macにつないで、パーテーションを均等に2つに分けて、

1つは「 Time Machine 」に、もう1つを「Carbon Copy Cloner」で

使っています。


やはり、起動ディスクが丸ごとコピー出来るのは、

大きなアドバンテージだと思います。


  • ソフト名:Carbon Copy Cloner(カーボン・コピー・クローナー)

著作権者:Mike Bombich さん

Mac OS 対応バージョン:10.4 Tiger および 10.5 leopard

ドネーション寄付)ウエアです。