猫三昧パート2 このページをアンテナに追加

2016-10-23

歌劇『ピーター・グライムズ』

 ブリテン作曲のオペラ。大分前に録画したのを観た。
 このオペラは、多分子どもの時に親に連れられて観にいった覚えがあるけど、内容をほとんど覚えていない。
 そしてブリテンは、なんとなく地味な曲が多い印象があり、それほどは期待していなかったのだけど、聴いてみたらなかなかすごい音楽だった。
 迫力がすごいところと、なんとも美しいところと。
 今まで聴いたブリテンの中では、一番いいかも。(それほど聴いてるわけじゃないけど)


ベンジャミン・ブリテン作曲
歌劇ピーター・グライムズ

 ピーター・グライムズ : アンソニー・ディーン・グリフィ
 エレン・オーフォード : パトリシア・ラセット
 ボルストロード : アントニー・マイケルズ・ムーア
 セドリー夫人 : フェリシティー・パーマー
 ネッド・キーン : テディ・タフ・ローズ
 スウォロー : ジョン・デル・カルロ
 ボブ・ボウルズ : グレッグ・フェダリー
                    ほ か
 合 唱 : メトロポリタン歌劇場合唱団
 管弦楽メトロポリタン歌劇場管弦楽団
 指 揮 : ドナルド・ランニクルズ
 演 出 : ジョン・ドイル
 ご案内 : ナタリー・デセイ

2008年3月15日

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kagiken/20161023/1477197687