Hatena::ブログ(Diary)

kai09の日記

2011-01-29

Motorola Milestone - Motorola Froyo 2.2.1 [Latest Leak; 14 Jan 11 - Vivo Brasil] を使ってみた(mod.Email for FroyoとGmail)

| 19:14

Froyoを使いたかった要因の一つにバージョンアップされたGmailが使えるというのがあります。

また、Motorola謹製でないFroyo系のROMでは、mod.Emailは使えませんでしたが、

このLeak ROMでは、「標準メーラーと、mod.Email for Eclair」で書いたものと同じようにmod.Email for Froyoが普通に使えました。

バージョンアップしたGmailでは

返信メールに引用メールを入れて編集することも出来ます

やっと普通のメーラーとして使えるようになってきました。

返信メール作成時に「引用返信」ボタンを押すと返信メール本文に引用文が入ります。

f:id:kai09:20110129191140j:image


「引用返信」ボタンを押すと編集部分に引用メールが入ります。

f:id:kai09:20110129214625j:image

Motorola Milestone - Motorola Froyo 2.2.1 [Latest Leak; 14 Jan 11 - Vivo Brasil] をクロックアップしてみた

| 14:06

Motorola Froyo 2.2.1 (Latest Leak; 14 Jan 11 - Vivo Brasil)クロックアップしてみました。

Android2.1の時と動作は違い無いように感じましたが、

動きが少しもたつくので900MHzにクロックアップしてみました。



Androidiani Openrecovery-3.3を使って、下記の手順でクロックアップします。

1. Froyo 2.2.1 Modding Menu -> Install mod -conservative/Interactive (私はconservativeを選択しました)

2. Froyo 2.2.1 Modding Menu -> Menu Overclock -> 900MHzを選択

3. Froyo 2.2.1 Modding Menu -> Install Mods Autostarts

4.Reboot.



アプリの切り替わりや動作がスムーズになった気がします。


Quadrant Standard Editionでベンチマークしてみました。

Milestoneは「Moto Droid」と同じ結果のはずです。

Android2.2+クロックアップ900MHzで、Nexus oneよりはスコアが良くなっています。

f:id:kai09:20110129140120j:image


---------------

(2011/2/5 追記)

クロックアップの効果があったのかどうか不明だったのでクロックアップ前のスコア

測ってみました。効果あったようです。


f:id:kai09:20110205191410j:image



ちなみに、クロックアップの方法をinteractiveにしてみて測定もしてみましたが

conservativeと同じ結果でした。

---------------



GoogleMapの動作もスムーズになりました。

f:id:kai09:20110129140121j:image



バッテリーのもちはやっぱり使っている間は減り方が大きい気がしますが

使わなければクロックアップ前と同じような感じです。


f:id:kai09:20110129221236j:image

16:45ごろと21:15ごろに大きく減っているところでメールやWebなどを使っています。

2:00から22:00の20時間で90%から10%になっています。

クロックアップしてもまあまあ使えるのではないかと思います。


クロックアップの設定内容を確認してみました。


C:\> adb shell

$ su

su

# cd /system/etc/init.d

cd /system/etc/init.d

# ls -l

ls -l

  • rwxrwxrwx root shell 424 2011-01-29 23:45 98governor
  • rwxr-xr-x root shell 456 2011-01-29 23:45 10overclock

98governorの内容


#!/system/bin/sh

/system/bin/insmod /system/lib/modules/symsearch.ko

/system/bin/insmod /system/lib/modules/cpufreq_conservative.ko

echo conservative > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor

echo 125000 > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/conservative/sampling_rate

/system/bin/insmod /system/lib/modules/cpufreq_interactive.ko

#echo interactive > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor


10overclockの内容


#!/system/bin/sh

insmod /system/lib/modules/symsearch.ko

insmod /system/lib/modules/overclock.ko


echo 56 > /proc/overclock/max_vsel

echo 900000 > /proc/overclock/max_rate

echo "1 600000" > /proc/overclock/freq_table

echo "4 600000000 42" > /proc/overclock/mpu_opps

echo "2 400000" > /proc/overclock/freq_table

echo "3 400000000 34" > /proc/overclock/mpu_opps

echo "3 125000" > /proc/overclock/freq_table

echo "2 125000000 22" > /proc/overclock/mpu_opps

以前に調べた内容と比較すると、VSELの値はこちらの方が低く設定されていましたが、動作がおかしくなったりはしていません。

2011-01-28

Motorola Milestone - ProtectedなアプリをAndroid Marketから検索出来るようにする方法

| 22:42

特に気にしていませんでしたがテストROMなどの登録されていない端末だとAndroid Marketで検索出来ないアプリがあるらしく

それを検索出来るようにするための方法がここに書かれていました

が、何のことだかよくわからないのでネットを検索してみれば・・・

詳細はこちらを参考にさせてもらえば良いかと。


方法を簡単に説明すると、

/system/build.prop

ro.build.fingerprint

ro.build.fingerprint=verizon/voles/sholes/sholes:2.1-update1/ESE81/29593:user/release-keys

のように設定すればOKのようです。


Leak ROMのXDAへの投稿では、

verizon/voles/sholes/sholes:2.2.1/FRG83D/75603:user/release-keys

を設定すれば良いと書かれていますので、

ro.build.fingerprint=verizon/voles/sholes/sholes:2.2.1/FRG83D/75603:user/release-keys

ですかね。

(未確認です)

2011-01-22

Motorola Milestone - Motorola Froyo 2.2.1 [Latest Leak; 14 Jan 11 - Vivo Brasil] を使ってみた

| 00:16

昨日インストールしたMotorola謹製FroyoブラジルROMですが、GoogleMapや、GPS、カメラの動作もOKでした。

GoogleMapの2本指で地図を回転させる機能も使えました。

これまでのFroyo カスタムROMは、GoogleMapで固まったり、カメラを使ったらハングアップしたり

していましたが今回は大丈夫でした。



動作は他のFroyoカスタムROMほどサクサクはしませんが、バランスよく動作する感じです。

他のカスタムROMでは動作に引っかかったり止まったりしますがこのROMは問題ありません。

全体的に遅いという言い方も出来ますが・・・

気になるようなら、クロックアップしてみればいいかと思っています。


また、通信速度が速くなっているような気がします。

まあSBMは時間と場所でかなり通信速度が変わるので何とも言えないのですが・・・


かなりいい感じです。


バッテリーのもちも悪くはありません。何とか一日持ちそうです。

f:id:kai09:20110123001537j:image

2011-01-21

Motorola Milestone - Motorola Froyo 2.2.1 [Latest Leak; 14 Jan 11 - Vivo Brasil] をインストールしてみた(その2)

| 01:59

Motorola謹製Froyo2.2の最新テストROM

Motorola Froyo 2.2.1 (Latest Leak; 14 Jan 11 - Vivo Brasil)をもう一度試してみました。

今回はもう一度オリジナルROMの書き込みに挑戦しました。

今回は成功したのでその時のメモです。


1.

ダウンロードした、オリジナルブラジルROMのdoce.rarをダウンロードして展開して出来る

SHLA_U2_05.0C.0_SIGNED_USASHLSMR1VIVBRLA037.0R_PDS002_USASHLSMR1VIVBRLA_P005_A002_M001_HWp2a_WIG144781_Service1FF.sbf

端末をリカバリモードに入れてRSD Liteで書き込みます。

2.

書き込み完了すると、RSD Liteで進捗は100%になって、端末をPower upしろとメッセージが表示されますが

端末側はMマーク表示のままで止まっています。

ここはメッセージを気にせず一旦端末をPower offします。

3.

再び端末をリカバリモードに入れて次は

vulnerable_recovery_only_RAMDLD90_78.sbf

をRSD Liteを書き込みます。

4.

今度もRSD Liteで進捗は100%になって、端末をPower upしろとメッセージが表示されますが

端末側はMマーク表示のままで止まっています。

ここはメッセージを気にせず一旦端末をPower offします。

5.

次にupdateモード(カメラ+電源ボタン)で端末を起動して

DataとCacheのWipeを終わったらインストール完了です。

起動すると無事にAndroidが立ち上がりました。

6.

最後にOpenRecoveryで起動して、「Root Phone」を実行してroot化したら終了です。

OpenRecoveryは、「Openrecovery-3.3(OpenRecovery-3_3.zip)」を使いました。


デフォルトは「português」?になっています。

f:id:kai09:20110122014900j:image



英語にしないと表示がなんだかわからないので英語に変更します。

プログラムを表示します。

f:id:kai09:20110122014859j:image



Setupを選択します。

f:id:kai09:20110122015540j:image



Setupメニューの下側を表示します。

f:id:kai09:20110122015539j:image



キーボードと言語のメニューを選択します。

f:id:kai09:20110122015538j:image



言語設定を選択します。

f:id:kai09:20110122015537j:image



英語を選択します。

f:id:kai09:20110122015536j:image



無事に英語表示になりました。

f:id:kai09:20110122015731j:image

f:id:kai09:20110122015730j:image

f:id:kai09:20110122015729j:image

2011-01-16

Motorola Milestone - Motorola Froyo 2.2.1 [Latest Leak; 14 Jan 11 - Vivo Brasil] をインストールしてみた

| 10:33

Motorola謹製Froyo2.2の最新テストROMがリークされたようです。

Motorola Froyo 2.2.1 (Latest Leak; 14 Jan 11 - Vivo Brasil)にありました。

ブラジル?のROMらしく、オリジナルのSBFとそれを英語化?したNandroidバックアップへのリンクが掲載されています。


doce.rar:オリジナルブラジルROM

vivo-brasil_nandroidbackup_15-01-2011.zip:英語化Nandroidバックアップ


オリジナルのSBFをダウンロードして書き込んでみましたが起動時のモトローラーマークの表示から

先に起動は進まなくなりました・・・

次に英語化されたNandroidバックアップの方を書き込もうとしましたが、オリジナルを書き込むと

ロックされてしまうようでOpenRecoveryが起動できなくなっていました。

もう一度、アンロックしてからOpenRecoveryを起動してvivo-brasil_nandroidbackup_15-01-2011.zip

展開したデータを/sdcard/Nandroid/OpenRecovery にコピーしたSDカードのNandroidバックアップから

英語化されたLeak Test ROMをrestoreしました。

リストア後に、キャッシュのクリアを実行すると今度は正常に起動できました。


ロックのスライダーのデザインが少し変わっています。

f:id:kai09:20110116100751j:image


HOMEは2.1のMotorola謹製と同じデザインです。

f:id:kai09:20110116100749j:image f:id:kai09:20110116100750j:image f:id:kai09:20110116100740j:image


登録されているアプリは、「3G Mobile Hotspot」、「MotoID」が2.1の時より増えている?

あと「Media Gallery」とは別に「Gallery」も入っています。

f:id:kai09:20110116101002j:image f:id:kai09:20110116101001j:image f:id:kai09:20110116101000j:image


Setupを見てみると、「Battery Manager」という項目が増えています。

f:id:kai09:20110116101422j:image

f:id:kai09:20110116101421j:image


「Maximum battery saver」、「Nighttime saver」、「Performance mode」、「Custom battery saver」があります。

f:id:kai09:20110116101420j:image

「Performance mode」以外を選択すると、「データ通信が切断されたりすることがあるよ。それでもいいか?」という

ようなメッセージが表示されます。

デフォルトは、「Nighttime saver」になっていて確かに夜間のバッテリーの持ちはいいみたいですが、夜間は

通常は充電タイムだと思われるのでパワーセーブする意味が無いかもしれません。


バージョン情報です。

f:id:kai09:20110116102033j:image

ソフトバンクのAPN情報は純正ROMためプリセットされていないので新規に追加する必要があります。

少し使ってみた感じでは、動作はサクサクという感じではありませんが、バッテリーの持ちは良さそうです。

またGoogleマップが固まることもなく、2点タッチで地図の回転も出来ました。

しばらく使ってみたいと思います。

2011-01-15

Android - 3G通信関係の設定パラメータ

| 20:48

build.propの3G通信関係の設定パラメータを調べてみました。

Milestoneでも効くのかどうかわかりませんが・・・

------------------------------

http://mendoina.ddo.jp/index.php?android

ro.telephony.default_network

0=WCDMA優先 1=GSMのみ 2=WCDMAのみ 3=WCDMA/GSMの強いほうらしい。デフォルトは0?

4はCDMA/EVDO

------------------------------

http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=5123531&postcount=46

ro.ril.hsxpa : inidcates hsxpa support of target network :

ro.ril.hsxpa=0 - UMTS r99

ro.ril.hsxpa=1 - HSDPA

ro.ril.hsxpa=2 - HSDPA/HSUPA

ro.ril.gprsclass : inidcates GPRS class of target network :

Class 2 : 3 slots : 8 - 12 kbps upload / 16 - 24 kbps download

Class 4 : 4 slots : 8 - 12 kbps upload / 24 - 36 kbps download

Class 6 : 4 slots : 24 - 36 kbps upload / 24 - 36 kbps download

Class 8 : 5 slots : 8 - 12 kbps upload / 32 - 40 kbps download

Class 10 : 5 slots : 16 - 24 kbps upload / 32 - 48 kbps download

Class 12 : 5 slots : 32 - 48 kbps upload / 32 - 48 kbps download


ro.ril.hsdpa.category :

Cat 1 = 1.2 Mbit/s

Cat 2 = 1.2 Mbit/s

Cat 3 = 1.8 Mbit/s

Cat 4 = 1.8 Mbit/s

Cat 5 = 3.6 Mbit/s

Cat 6 = 3.6 Mbit/s

Cat 7 = 7.2 Mbit/s

Cat 8 = 7.2 Mbit/s

Cat 9 = 10.1 Mbit/s

Cat 10 = 14.0 Mbit/s

Cat 11 = 0.9 Mbit/s

Cat 12 = 1.8 Mbit/s

Cat 13 = 17.6 Mbit/s

Cat 14 = 21.1 Mbit/s

Cat 15 = 23.4 Mbit/s

Cat 16 = 27.9 Mbit/s

Cat 19 = 35.3 Mbit/s

Cat 20 = 42.2 Mbit/s

Cat 21 = 23.4 Mbit/s

Cat 22 = 27.9 Mbit/s

Cat 23 = 35.3 Mbit/s

Cat 24 = 42.2 Mbit/s

Cat 25 = 46.8 Mbit/s

Cat 26 = 55.9 Mbit/s

Cat 27 = 70.6 Mbit/s

Cat 28 = 84.4 Mbit/s


ro.ril.hsupa.category :

Cat 1 = 0.73 Mbit/s

Cat 2 = 1.46 Mbit/s

Cat 3 = 1.46 Mbit/s

Cat 4 = 2.93 Mbit/s

Cat 5 = 2.00 Mbit/s

Cat 6 = 5.76 Mbit/s

Cat 7 = 11.5 Mbit/s


ro.ril.enable.3g.prefix : adds the 3G prefix to the operator name


ro.ril.enable.dtm : Only set this to 1 if your network allows simultaneous transfer of Circuit switched (CS) voice and Packet switched (PS) data over the same radio channel (ARFCN).

------------------------------

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=617077

TMO US:

ro.ril.hsxpa=1

ro.ril.gprsclass=10

TMO EU:

ro.ril.hsxpa=2

ro.ril.gprsclass=12

ro.ril.hsxpa=0、ro.ril.gprsclass=12設定での通信速度

f:id:kai09:20110115221645j:image



ro.ril.hsxpa=1、ro.ril.gprsclass=10設定での通信速度

hsxpa=1は、HSDPAですがなぜかダウンロードよりアップロードの速度が速いです。

f:id:kai09:20110115214934j:image




ro.ril.hsxpa=2、ro.ril.gprsclass=12設定での通信速度を測定してみました。

hsxpa=2は、HSDPA/HSUPAなのでアップロード速度がhsxpa=1の時より速くないといけないのですが

hsxpa=1の設定よりアップロードの速度が遅いです。

f:id:kai09:20110115215000j:image


いやーどっちにしてもソフトバンクの回線は遅いですねぇ。

2011-01-13

Motorola Milestone - バッテリ持ちを良くする設定

| 01:22

HTCAndroid端末ではバッテリの持ちを改善する設定があるという事で設定してみました。

FroyoMOD2.2はGoogleマップを動かそうとすると固まったりGPS情報が更新されないので、

Cronos Froyo1.7で試してみました。

参考にさせてもらったHPからHTC以外の端末でも使えそうな下記の設定を

/system/build.prop

に入れてみます。

ro.ril.hsxpa=2 # 0= UMTS r99 1=HSDPAのみ 2=HSDPA/HSUPA

ro.ril.hsxpa=1

ro.ril.gprsclass=10 # 10= 5slots: 16–24kbps upload/32–48kbps download

ro.ril.fast.dormancy.timeout=3 # 通信のタイムアウト

ro.ril.disable.power.collapse=1 # 1= アイドル時に低電力モード(効くかどうか不明)

ro.ril.hsdpa.category=8 # 8は7.2Mbit/s

ro.ril.hsupa.category=5 # 5は2.00Mbit/s

ro.ril.enable.sdr=0 # ソフトウェア無線を無効にする

ro.telephony.default_network=2 # 0=WCDMA優先 1=GSMのみ 2=WCDMAのみ

ro.ril.def.agps.mode=2 # 2は不確定なAGPSを許可する

ro.ril.def.agps.feature=2 # 2はAGPSモード?

書き換え後にパーミッションを,0644に設定するのを忘れないように。

あとは、クロックを550MHzに変更します。

/system/etc/init.d/10overclock

を手作業で変更します。

今までOpenRecoveryで設定していましたが、クロック制御のモード設定が出来ていなかったので

手作業で変更してみました。

状況に応じて4段階に設定されるクロックとVSELを設定します。




変更前(10overclockの前半部分です)

700MHzで、smartass というモードで制御する設定のようです。

# Lets load up the modules:

insmod /system/lib/modules/symsearch.ko

insmod /system/lib/modules/overclock.ko

echo 49 > /proc/overclock/max_vsel

echo 700000 > /proc/overclock/max_rate

#echo "5 900000000 60" > /proc/overclock/mpu_opps

echo "4 700000000 49" > /proc/overclock/mpu_opps

echo "3 500000000 44" > /proc/overclock/mpu_opps

echo "2 250000000 33" > /proc/overclock/mpu_opps

#echo "1 125000000 32" > /proc/overclock/mpu_opps

#echo "0 900000" > /proc/overclock/freq_table

echo "1 700000" > /proc/overclock/freq_table

echo "2 500000" > /proc/overclock/freq_table

echo "3 250000" > /proc/overclock/freq_table

insmod /system/lib/modules/cpufreq_stats.ko

insmod /system/lib/modules/cpufreq_interactive.ko

insmod /system/lib/modules/cpufreq_smartass.ko

insmod /system/lib/modules/cpufreq_conservative.ko

echo smartass > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor




変更後

550MHzで、conservative というモードで制御する設定に変更してみました。

こちらは書き換え後にパーミッションを,0750に設定するのを忘れないように。

# Lets load up the modules:

insmod /system/lib/modules/symsearch.ko

insmod /system/lib/modules/overclock.ko

echo 36 > /proc/overclock/max_vsel

echo 550000 > /proc/overclock/max_rate

echo "1 400000" > /proc/overclock/freq_table

echo "4 400000000 32" > /proc/overclock/mpu_opps

echo "2 250000" > /proc/overclock/freq_table

echo "3 250000000 28" > /proc/overclock/mpu_opps

echo "3 125000" > /proc/overclock/freq_table

echo "2 125000000 16" > /proc/overclock/mpu_opps

insmod /system/lib/modules/cpufreq_stats.ko

insmod /system/lib/modules/cpufreq_interactive.ko

insmod /system/lib/modules/cpufreq_smartass.ko

insmod /system/lib/modules/cpufreq_conservative.ko

#echo smartass > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor

echo conservative > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_governor

echo 125000 > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/conservative/sampling_rate

echo 25 > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/conservative/freq_step

バッテリの持ちが良くなったような気がします・・・・

他のROMの設定を見るとVSELの値はもう少し大きい値のようです。

動作不安定だったのはそのせいかもしれません・・・(2011/1/23追記)


-----------------------

(2011/1/15更新)

ro.ril.hsxpaの設定値を間違って書いていました。

1にするとバッテリーの持ちが良くなります。

でも通信エラーとか起こりますが・・・


ro.ril.hsxpa=2の時は1時間10%で減ってきます。

f:id:kai09:20110115205511j:image



測定時間が短いですが、ro.ril.hsxpa=1の時は2〜3時間で10%くらいで減ってきます。

ただし、通信エラーが発生したりして通信が不安定ですのでいまいちです・・・

f:id:kai09:20110115205510j:image

ベルベル 2011/01/14 21:05 conservative governorはCPUクロックがあがりにくくなるから
効果がありそうですね。
ただ、私が試したときはホームの動きがカクカクするので使うのを
やめましたが、今は違うのかもしれません。

ro.ril.〜はMilestoneでは効果が無さそうです。
ro.ril.〜はradioドライバライブラリが対応していないといけない
ようで、Milestoneのradioドライバライブラリである
/system/lib/lib-moto-umts-1.soにはその項目がないようです。

どこかに対応状況を調べる方法が載っていまして、
strings /system/lib/lib-moto-umts-1.so | grep ro.ril
このコマンドで該当項目が出てくれば対応しているようです。
実際やってみたところ、lib-moto-umts-1.soではro.ril.ecclist
しか出てきませんでした。体感でもro.ril.〜を設定するだけでは
変わりないように思います。

kai09kai09 2011/01/17 12:53 ro.ril~が効果ある気がしたんですが気のせいですかね・・・
バッテリーがヘタってきて良くわからないです。
新しいバッテリーを買うか別の端末に買い換えるか悩みます。
2.2へのアップデートも遅いですしね・・・

2011-01-09

Android - 起動時のサウンドをOFFにする方法

| 01:24

起動時のサウンドをOFFにするには、

/system/build.prop

ro.config.play.bootsound=1

ro.config.play.bootsound=0

に変更するか

/system/media/android_audio.mp3

を削除すれば良いみたいです。

Android2.2だけ?

Motorola Milestone - [ROM] HO!NO! CM6 mod for 0.05-10.12.27-v2 (Android 2.2 Froyo)をインストールして使ってみた

| 21:16

FroyoMOD v2.2が残念な結果だったので、 (ROM) HO!NO! CM6 mod for 0.05-10.12.27-v2インストールして使ってみました。

インストール手順はNandroidのバックアップを戻す方法なので簡単です。

OpenRecoveryは、最新版を使えと書かれていますが、Cronos Froyo Milestone 1.7をインストールする時に使った、androidiani-openrecoveryの最新版を使いました。

(ROM) HO!NO! CM6 mod for 0.05-10.12.27-v2HPから下記のファイルをダウンロードして



HO_NO__CM6_mod_0.05-10.12.27-v2.zip

HO_NO_traditional_market.zip

HO!NO!_CM6_Theme.zip

HO_NO__CM6_mod_0.05-10.12.27-v2.zip を展開して出来たファイルを

SDカードの/nandroid/OpenRecoveryの下にフォルダを作りここにこれらのファイルをコピーします。

このSDカードのOpenRecoveryをMilestone上から起動して、NandroidのRestoreメニューから

restoreすることでROMに書き込みます。

restoreが終わって、DataとCacheのWipeを終わったらインストール完了です。

後はAndroid起動後に、APN設定、日本語フォント導入、MMSSoftbank対応、Googleアカウントの設定と同期

TitanumBackupでインストールしていたアプリのresotreをすればいつもと同じ環境です。

アイコンがかなりカスタマイズされて綺麗な感じで、フォントは丸文字になっています。

日本語フォントは中華なフォントから入れ替え済みなので、キャプチャ画面の日本語フォント

普通のフォントになっていますが・・・

f:id:kai09:20110109205521j:image

f:id:kai09:20110109205519j:image


マーケットでエラーが出ます。

f:id:kai09:20110109205518j:image

下記の手順で、

HO_NO_traditional_market.zip

をOpenRecoveryのupdateを使って更新します。

SDカードのOpenRecovery/update フォルダに

HO_NO_traditional_market.zip

をコピーして

「設定」→「アプリケーションの管理」

「実行中」のタブを選択して、「Googleサービスフレームワーク」を選択して

「データを消去」をクリックします。

f:id:kai09:20110109211628j:image


次に「戻る」で戻って「すべて」タブを選択して、「マーケット」を選択して

「データを消去」をクリックします。

以上が終わったら、電源OFFして、OpenRecoveryを起動して「applay update」から

HO_NO_traditional_market.zip

を選択してマーケットを更新後DataとCacheのWipeを終わったらインストール完了です。


また、ステータスバーに時間が表示されないので

HO!NO!_CM6_Theme.zip

解凍して出てくる

HO!NO!_CM6_Theme.xml

/sdcard/CMTheme

にコピーして、

設定メニューの

「CyanogenMod設定」→「ユーザーインターフェース」→「追加機能」→「テーマを選択」

から

「HO!NO!_CM6_Theme」を選択すると表示されるようになります。


文字入力にOpenWnnフリック版を使っているのですがそのせいかどうか不明ですが

文字入力時に最初の一文字目に違う文字が入力されることがありました。

カスタマイズされ過ぎてところどころ変な動きをするように見えます・・・

バッテリーのもちはこんな感じです。

f:id:kai09:20110109211503j:image

バッテリー残量100%の状態で約14時間もちました。

6:30〜20:30で残り5%まで減りました。1日使うには少し難しい感じです。

2011-01-08

Motorola Milestone - [ROM-AOSP][22/12/2010] The FroyoMOD v2.2.0!! Merry Christmas :D (Android 2.2 Froyo)をインストールして使ってみた

| 21:36

じゅうべえさんにFroyoMOD v2.2が良さそうだとコメントを頂きましたので、

(ROM-AOSP)(22/12/2010) The FroyoMOD v2.2.0!! Merry Christmas :Dインストールして使ってみました。

インストール手順は、The FroyoMOD v2と同じです・・・と書きたかったのですがインストール方法を間違って書いていました・・・・

インストール手順はCronos Froyo Milestone 1.7と基本は同じです。

まずは、Froyo2.2の謹製test ROMを書き込んでからOpenRecoveryでアップデートします。

RSD LiteでFroyo2.2の謹製test ROMが書き込めたら、

OpenRecoveryは、最新版を使えと書かれていますが、Cronos Froyo Milestone 1.7をインストールする時に使った、androidiani-openrecoveryの最新版を使いました。

The FroyoMOD v2.2.0!! Merry Christmas :DHPから下記のファイルをダウンロードして

TheFroyoMOD-v.2.2.0-signed.zip

SDカードの/OpenRecovery/update にこれらのファイルをコピーします。

このSDカードのOpenRecoveryをMilestone上から起動して、Froyo2.2のMenuのupdateメニューから

updateしました。

updateが終わって、DataとCacheのWipeを終わったらインストール完了です。

後はAndroid起動後に、APN設定、日本語フォント導入、MMSSoftbank対応、Googleアカウントの設定と同期

TitanumBackupでインストールしていたアプリのresotreをすればいつもと同じ環境です。


起動時に、「どろーいど」と叫びます。ちょっとびっくりしました。

設定で起動時のサウンドをOFFに出来るようです。

動作は結構サクサクでいい感じです。

ロック解除のスライダーデフォルトは丸いやつになっています。

f:id:kai09:20110108212254j:image


HOME画面は特に面白い点は無いですね。

f:id:kai09:20110108212253j:image

f:id:kai09:20110108212252j:image

f:id:kai09:20110108212251j:image


デフォルトインストールされているアプリは少なめですね。

f:id:kai09:20110108212530j:image

f:id:kai09:20110108212529j:image


無事にバージョン2.2になっています。

f:id:kai09:20110108212753j:image


バッテリーの減り具合はこんな感じです。

f:id:kai09:20110108212752j:image

バッテリー80%の状態で放置しておいて、8時ごろの赤い丸の部分で使い始めると

80%から40%に一気に減っています。

Cronos Froyo Milestone 1.7と同じような動きをしています。

80%のバッテリー残量でパワーオフになるまで、4時から15時までの10時間でした。

常用には厳しい感じですがクロック設定を550MHzに変更してどれくらいもつか試してみます。

---------------------------------------------------

(2011/1/10追記)

じゅうべえさんのコメントでは、公式2.1-update にアッブデートする方法でROMを書き込むと

バッテリーのもちがよくなるかもしれないということで試してみました。

f:id:kai09:20110110135142j:image

23:30〜13:30でバッテリー残量が100%から5%になりました。

約14時間です。少しいい感じがしますが24時間はいけません。

やっぱりバッテリーが弱っているんでしょうか・・・

じゅうべえじゅうべえ 2011/01/09 10:39 バッテリ、厳しそうですね。私は頻繁には使わないので、結構もつのかもしれません。

あと私の場合は、test ROM からアッブデートせずに、Motolora 公式2.1-update にアッブデートをかけてしまいました。やり方間違っていたようですね。
ただ、ちゃんと?アッブデートはされたようです。

公式2.2 がリリースされるまでは、このまま使おうと思います。

2011-01-04

Motorola Milestone - Androidマーケットが更新されていました

| 00:17

今さらのネタですが去年の12月頃?に更新されると言われていましたが、ちゃんと更新されていました。

更新前はこんな感じ。

f:id:kai09:20110103142133j:image


更新後はこんな感じ。

f:id:kai09:20110103142132j:image


更新されてGUIが変わったので気がつきました。

10月頃の更新もちゃんとされていたのでしょうがその時は気がつかなかったです。


SIMフリーのMilestoneでも自動で更新されたという事で。

ベルベル 2011/01/07 20:50 あけましておめでとうございます。

11月にMilestone2を手に入れ、今月1月にNexus Sをイギリス経由で
手に入れました。

Milestone2の電池持ちですが、EclairなMilestoneと同じかそれを
上回る勢いでなかなかやります。

Nexus Sはまだ3日ほどしか使っていないので、こちらの感想は
これからです。ひとつだけ言えるのはハードキーボードがないと
やっぱりツライ、の一言だけです。

kai09kai09 2011/01/08 22:26 Milestone2にNexus Sですか。すごいですね。
Milestone2は、EclairなMilestoneと同じ位のバッテリーもちですか。使われているバッテリは確か同じでしたよね。
出来ればもっと容量の大きいものを採用してほしかったですね。

Nexus Sはバッテリのもちがいいとうわさで聞きましたがどうですか?重さも軽いしハードキー好きでなければいい選択なのではないでしょうか。

Desire Zは選択肢になかったですか?
あ、Milestone2と被るかな・・・・

ベルベル 2011/01/08 23:37 Milestone2はMilestoneと同じ型(BP6X)のバッテリーです。

Nexus SのバッテリーはMilestone2より持ちが悪そうです・・・
私の使い方(3hくらいのWebブラウズ+1時間置きのTwitter監視)では
いいとこ15時間で残り20%ってとこでしょうか。

Nexus Sを購入した理由は、新バージョンOSをいち早く体験したい
って不純な動機からです。

実は次候補としてWindowsPhone7を狙ってます。
次のマイナーアップデートで日本語に対応するようなのです。
いい機種があればの話ではありますが・・・

ちなみに些細なことですが、ホームキーなどの4つのキーが
MS・MS2・Nexus Sと全部並びが違うんですよね。これが地味に
ストレスです。

kai09kai09 2011/01/10 09:52 電池のもちがいいという噂はNexus Sでなく、Galaxy Sでした・・・

WP7はMSのWMの時のやる気の無さが記憶にあっていまいち相手にしたくない感じです。
WMなTouchPro2とAndroidなMilestoneで端末が同じスペックなのにこうも動きが違うと
WMってやる気無かったんだなと思ってしまいます。
しかもWP7はそれまでのWMと互換性が無いんですよね?
マルチタスクをやめるからサクサクになるとか言ってたようなのも時代逆行で微妙です。

本体キーはdocomo版のGalaxy Sは1つだけだったりですが何か規定されてないのでしょうかね・・・

2011-01-03

Motorola Milestone - Milestoneの2.2への公式アップデートが遅れたのでCronos Froyo Milestone 1.7.0 Finalを入れてみた

| 14:10

Milestoneの2.2へのアップデート予定2011年のQ1まで遅れたので代わりにまたまたバッテリライフが改善されたっぽい

Cronos Froyo Milestone 1.7.0 Finalを入れてみました。

アップデート手順は、Cronos Froyo Milestone 1.5の時と同じです。

まずは、Froyo2.2の謹製test ROMを書き込んでからOpenRecoveryでアップデートします。

RSD LiteでFroyo2.2の謹製test ROMが書き込めたら、

OpenRecoveryは、androidiani-openrecoveryの最新版を使えと書かれているのでまずは

androidiani-openrecoveryのZIPダウンロードして展開した結果出てきたファイルをSDカードへコピーします。

Cronos 1.7のHPから下記のファイルをダウンロードして

CFMM-1.7.0_S_signed_.zip

CFMM-1.7.1-update1_.zip

CFMMCF_.zip

gapps-hdpi-20101114-signed.zip

SDカードの/OpenRecovery/update にこれらのファイルをコピーします。

このSDカードのOpenRecoveryをMilestone上から起動して、Froyo2.2のMenuのupdateメニューから

CFMM-1.7.0_S_signed_.zip

  ↓

CFMMCF_.zip

  ↓

gapps-hdpi-20101114-signed.zip

  ↓

CFMM-1.7.1-update1_.zip

の順番にupdateしました。

updateが終わって、DataとCacheのWipeを終わったらインストール完了です。

後はAndroid起動後に、APN設定、日本語フォント導入、MMSSoftbank対応、Googleアカウントの設定と同期

TitanumBackupでインストールしていたアプリのresotreをすればいつもと同じ環境です。


壁紙が綺麗なデザインです。

f:id:kai09:20110103135557j:image


HOMEアプリデフォルトでLancherProのようなのですが起動するときにあと3日で期限が切れるから

http://www.launcherpro.com/を見ろというようなメッセージが表示されます。

f:id:kai09:20110103135556j:image


面倒な事言うやつだなぁと思ったら、CronosのHPに標準のHome.apkのリンクがありました。

こっちを使えって事ですかね。最初からこっちを入れておいてくれれば良いのに・・・


バッテリのもちですが、約40%を5時間で使い切るようです。3:40〜8:55の間はなにもしないで

放置しておいただけの状態でした。メールも電話も来ていません。

スタンバイ中はBatteryGraphも動作していなかったらしく動かし始めると40%から残り5%に一気に

バッテリ残量が減っているのがわかります。

確かにバッテリを消費する動作は抑制されているようですがおそらくドライバレベルでの消費電力制御

などの根本的な部分は改善されていないのだと想像しています。

f:id:kai09:20110103135555j:image


Motorola謹製の2.2も同じだったらショックですが・・・

Gmailのスレッド表示が解除出来るようになった!?

| 10:20

Gmailでのスレッド表示が解除出来るようになったのですね。

知りませんでした・・・

今までどうしてこんなに使いにくい表示しかできないのだろうと不思議でしたが

いつの間にかスレッド表示が解除できるようになっていたのですね。

ここの日付では、2010年9月30日くらいから対応されていたようです。

試してみると確かにPCのブラウザからの表示ではスレッド表示解除できました。

しかし

モバイルの、ウェブまたは Gmail Mobile Client app からアクセスの場合、引き続きスレッド方式で表示されますが・・・

の但し書きが・・・

PCでは色々と高機能なメーラーがたくさんあるので必要性を感じないですが

Gmailスレッド表示解除機能はモバイル版にこそ必要な機能!

なのではないでしょうか。

じゅうべえじゅうべえ 2011/01/05 22:40 はじめて。Milestone についてのレビュー、参考にさせてもらっています。

年末に FroyoMOD 2.2.0 をインストールしてみました。私の使い方ではバッテリは24時間はもちそうです。
動作もサクサクで気に入ってます。

御参考になれば。

kai09kai09 2011/01/08 22:30 FroyoMOD 2.2.0で、24時間もつってすごいですね。
使っているバッテリーが元気ならもつんでしょうか・・・

確かに動作はサクサクでいい感じです。
なんか充電に時間がかかるような気がするのは気のせいでしょうか・・・

studiosilkstudiosilk 2011/01/10 22:42 初めまして。
モバイルでのスレッド表示解除の件、全く同感です。
はやくこの無意味な表示方式を解除できるようにして欲しいですね〜。

higmotohigmoto 2011/01/15 19:21 あけましておめでとうございます。
Cronos+2.6.29でバッテリーのもちが改善されるそうなので入れてみました。
※先週買ったM2はサクサクだけど大きくて重いと感じるので売り飛ばす予定…新年早々大失敗>_<

2.6.29ですが、WiFiが起動しませんでした。MACアドレスを読み取れてない。
どこかやり方間違えたかも?
その後2.6.32.9を上書きしたらWiFiも問題なく動くのでやり方に問題はなかったかな?
と思ってますがどうでしょう。

まだ入れたばかりですが、バッテリー問題が解決してないのなら
CM6か純正2.1でも構わないかな〜

2011-01-01

Android - ソフトバンクのWiFiモバイルスポットに接続してみる

| 03:31

年末にマクドナルドに行ったのですが、その時にWiFiモバイルスポットに接続してみたので

その時の記録です。


入店したマクドナルドこんな表示はどこにも見当たりませんでしたが・・・

f:id:kai09:20110102173941g:image


SIMAndroid端末(Milestone)からどういう設定なら接続出来るのか試してみました。

まず、普段はWiFiを使っていないのでWiFiを有効にします。

「Settings」→「Wireless & networks」→「WiFi settings」→「Wi-Fi」のチェックマークをONにします。

この時WiFiがONに出来ないぜ!というエラーが出る事があります。

こういう場合は、再起動するとうまくいくようです。Milestoneだけの問題でしょうか??

f:id:kai09:20110102024217j:image




WiFiが有効になるとアクセスポイントを検索し始めます。

f:id:kai09:20110102024430j:image

調べてみると、


アクセスポイント:「mobilepoint」

WEPキー:ASCII文字では、「iawak」、16進数値では「696177616b」

を設定します。

WEPキーについては、BB モバイルポイントの WEP キーを覚えるコツ

を参考にさせてもらいました。


「Add WiFi-network」を選択してこのアクセスポイントの登録を追加します。

f:id:kai09:20110102030730j:image

これでアクセスポイントには接続出来るようになります。

注意)

ソフトバンクから送られてきたFON WiFiルーターには、SSIDが「FON_FREE_INTERNET」を選択して

アクセスポイントには、ルーターQRコードに書かれているアドレスにメールを送信して

ユーザーIDとパスワードを取得して設定しろと書かれていました。

こちらの設定でも接続出来るのだと思いますが試していません。




しかし、このままブラウザでネットの閲覧をしようとするとサポートされていない

端末だというエラーメッセージが表示されてネット接続がうまく出来ません。


UAを偽装するか、「WiFiスポット設定」アプリを使う必要がありました。



WiFiスポット設定」アプリを使う場合は、マーケットからダウンロードして

WiFi自動設定」を「ON」にするだけです。

これでネット接続も出来るようになりました。

f:id:kai09:20110102031222j:image



ただ、このアプリを入れておくと

WiFiスポット設定」アプリが勝手に異常終了

することがあります。

OFFの設定でも常にバックグランドで動作しているのでしょうか・・・

あまり気持ちいいアプリではありません。




という訳でもう一つの方法のUA偽装の方は、マーケットから

「UserAgentSwitcher」をダウンロードしてきて使います。

「EDIT IMITATE UA」を開いて、接続のためのUAを設定してから、

「TOGGLE UA」でUA設定を切り替えます。

起動したら、「MENU」ボタンでメニューを表示して操作します。

(最初は何か広告のページが表示されているのかと思いました・・・)

f:id:kai09:20110102031731j:image



UAには「Mozilla/5.0 (942SH;SoftBank[;Serial]) NetFront/3.5」を設定しました。

X06HTでケータイWiFi(BBモバイルポイント)

を参考にさせてもらっています。

f:id:kai09:20110102031730j:image




「TOGGLE UA」でUA設定を切り替えてからネットアクセスすると、

モバイルBBポイントの、ユーザーIDとパスワードを入力しろと表示されるので、

f:id:kai09:20110102174047g:image


ユーザーID:電話番号@softbank.ne.jp

パスワード:契約時の4桁のパスワード


ユーザーIDには電話番号を入力したらいいということで、

しばらくの間ユーザーIDに電話番号だけ入力して@softbank.ne.jpを入力せずに接続できなくて焦りました。

「電話番号」+「@softbank.ne.jp」を入力すると無事にネット接続出来るようになりました。

#よく見たら「@〜を入力」と書いてあります・・・

注意)黒SIMの場合は、本来はUAとユーザーIDをiPhone用に下記の設定にしないといけないのかもしれません。

UAMozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 3_1_2 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/528.18 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Mobile/7D11 Safari/528.16

ユーザーID:*****@i.softbank.jp

パスワード:契約時の4桁のパスワード