ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Something Orange このページをアンテナに追加

2006-11-13(月)

 とりあえず何か行動をしたという錯覚は、とりあえずしないほうが良いという話


 「あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!!」という記事に対する批判。

 どういう記事かといいますと、まあ、例のいじめ自殺予告に関連して、それを止めようとする文章を自分のブログに転載することを薦めている記事なんですね。

 上記リンク先ではその記事に対し、

なぜ、「あなたの言葉で記事にして訴える」だけじゃないんでしょう?私が引っかかったのは、『転載ボタンを押すだけの善意行動』というフレーズです。

1秒もかからない善意の行動。それによりもたらされるのは、最初に呼びかけたこの記事の筆者と、それに連なるボタンを押したひとびとの、「何かよさげなことをした」という満足感と、山のようにあふれる同じ文章です。冒頭にあげたリンクで表示されるページをご覧いただければ理解していただけるでしょう。これはもはやスパムです。失礼ながら、こんなスパムの山が、「かれ」を救うでしょうか。

 と、手厳しく非難している。

 そのきもちはわかるが、スパムというのは言い過ぎなんじゃないかな。

 スパムとは本来、公開されたメールアドレスに際限なく送られてくる広告メールを指す言葉で、それが転じてコメントスパム、トラックバックスパムという言葉も使われるようになった。

 しかし、この場合はウェブログの管理人が自分の意志で自分のブログに転載しているわけで、誰にも迷惑をかけていないといえばいえる。少なくともスパムメールのたぐいとは性質が異なるのではないだろうか。

 もちろん、ぼくもこういった「善意の」行為が例の少年を救うとは思わない。ただ、まあ、ネットには他にも無意味で無価値な文章がいくらでもあるわけで、べつにいいんじゃないの、というところである。

 しょせん自己満足に過ぎないかもしれないが、自分のサイトをどう使おうとそのひとのかってではある。

 そういえば、昔、「オタクだからこそ女の子を守ります」宣言というものがあった。ぼくはその内容に対して批判的だったが、いま思えばあれはあれで良かったのかもしれない。

 じっさいには具体的にひとりの女の子も守れないにしろ、何かをやったという自己満足はのこるだろうし。

 また、「なぜハイパーリンクを使わないのか」という疑問もあるだろうが、ぼくの経験からいえば、リンクを張ったところで全読者の1割〜2割程度しか飛んでくれないので、それが本当に読まれるに足りる文章であるなら、転載することは無意味ではないと思う。この場合はそれにあたるかどうかはともかく。

 本当に問題なのは、無邪気な「善意」が、他者に対して抑圧的に働く場合だ。この種の「善意」はなまじの悪意などよりたちの悪い凶器と化す。

 そもそもひとは主観的にはいつも善意で行動しているものなのかもしれない。だらだらと他人の悪口が書きつらねてあるサイトにしても、本人のつもりでは正当な批判なのである。

 もちろん、ぼくだっていつも心から善意で行動している。そのつもりである。