ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Something Orange このページをアンテナに追加

2007-03-21(水)

 「愛のないセックス」を学ぶ7作+α


「お前さんはあれか? 「夫が人生のゴール」ってやつか? 生活を夫に依存する「専属売春婦」ってわけだ わたしは「妻」という生殖用の所有物になんかなりたかないね 「娼婦」ってのは女が自分で生活の糧を得る正当かつ需要の高い立派な職業なんだよ」
「……あなたの言ってる事からは「愛情」の問題が抜け落ちてるわ 男を見下して利用する事しか考えてないの?」
「ほーー そんなに「男」に期待してんのか? その「男」がお前をどんな目にあわせた? え? 言ってみろよ」

――遠藤浩輝『EDEN』

 いま、はてな界隈では売春論争がつづいている。

 最初の火種がどこなのかよくわからないが、売買春の是非をめぐり、熾烈なやり取りがくりひろげられているようだ。

 ひとつひとつ取り上げてくわしく紹介することはしないが、いまなお残る売春賎業論の根強さにはおどろかされる(この議論にかんしてもっとよく知りたい方は、こちらを参照して下さい)。

 もともと売春婦は「賎業婦」と呼ばれていたくらいだから、ある意味で当然の反応ではあるかもしれない。

 しかし、これほど性情報が氾濫する社会で、これほど性産業に対する嫌悪感がのこっていたということは、やはり意外だった。

 上記リンク先にも記載されている通り、売春者差別の背景にあるものは、「愛のあるセックス」を特権化する視点であると思われる。

 つまり、「愛のあるセックス」こそが「本物のセックス」で、それ以外のセックスは醜悪な偽物に過ぎないという思想である。

 しかし、本当にそうなのか。何冊かの本を手がかりに考えてみよう。

 石田衣良の『娼年』は、ボーイズクラブの女性オーナーに誘われ、「娼夫」になった青年リョウの物語である。

娼年 (集英社文庫)

娼年 (集英社文庫)

 リョウは「娼夫」としてさまざまな性的趣味をもつ女性たちに奉仕する。

 そのなかには世間的尺度で見れば変態的、倒錯的な趣味のもち主も少なくない。しかし、かれはどんな趣味も批判しようとはしない。ただひたすらにすべてを受け入れるのである。

 その性的冒険の過程で、「愛のあるセックス」は相対化され、無数の性のかたちのひとつとして位置づけられる。

 しかし、かれに恋する同級生のメグミは、そんなかれを認めようとはせず、かれを陥れてまで仕事をやめさせようとする。

 ここでは、あいての自由を奪おうとする「愛」と、あいてのすべてを容認する「非愛」が、鋭く対決させられている。

 新井輝『ROOM NO.1301』は、少年向けライトノベルではあるものの、『娼年』よりもっと奔放な性のかたちを描いている。

 この作品の主人公は、特に愛情を抱いているわけでもないあいてとも寝てしまう少年である。しかし、じっさいにつきあっている恋人とはキスひとつしない。

 ここでもお定まりの「愛」は相対化されているのだ。

 また、もっと「純粋な」恋愛にしても、まずからだの関係から始まることもありえる。たとえば、グレン・サヴァン『ぼくの美しい人だから』のように。

 この小説は、14歳も年上の女性とたまたまからだを重ねてしまったことから、その関係に溺れていく若者の話である。

 はじめはセックスの相性が良いという程度の関係でしかなかった二人が、しだいに心から思いあうようになるプロセスが生々しく綴られている。

 あるいは、こういう関係は「純愛」と呼ぶには値しないかもしれない。しかし、なまじの「純愛」より深く心に迫る恋愛小説の逸品だ。

 漫画に目を向ければ、まず思いつくのは名香智子『シャルトル公爵家の愉しみ』だ。

 この作品の主人公アンリの両親はセックスレス夫婦である。それもそのはずで、父親には愛人がいるし、母親はレズビアンなのだ。

 この夫婦の酒に酔った末の「間違い」の末に生まれてきたのがかれなのである。もっとも、その両親は性行為こそないものの愛しあっているし、アンリ自身もひとりの人物に終生の愛を誓うというタイプではないから、何の問題も生じない。

 少女漫画といえば純愛幻想を描くもの、と思い込んでいるひとに是非読んでもらいたい一作である。

 少女漫画といえば、TONO『カルバニア物語』のヒロイン、エキューも相当に奔放なタイプだといえるだろう。

カルバニア物語10 (Charaコミックス)

カルバニア物語10 (Charaコミックス)

 彼女は語る。「いきなりですが 私はそろそろ猯人のいる人生瓩貌容することにしようと思うの」「牘冤鎖Г鮃イ爿畚版! せっかく女に産まれたんだもん どーせならいろんな男の人をためしてみたいじゃん」。まだ処女のくせに!

 しかし、彼女に「手はじめ」呼ばわりされた恋人のライアンはこう言う。「私が爐討呂犬甅瓩覆藺臂翩廖! なぜなら恋人同士になってしまえば もうエキュー・タンタロットは私以外の男なんぞまるで目に入らなくなるから!」。

 お似合いの二人、というべきだろう。もっとも、ライアンもかつては複数の少年たちを寵愛していたのだから、あまりひとのことを非難できない。

 陽気婢『彼女の自由』のヒロインもおなじようなタイプで、さまざまな男性とセックスを重ねる。ここでは、彼女に恋してしまった少年が「彼女の自由」にどう対処するか、そこが焦点になってくる。

彼女の自由―She is free (ワニマガジンコミックス)

彼女の自由―She is free (ワニマガジンコミックス)

 このように書いていっても、「やはり売春には愛がないのだから、良くない」と思われる方もいらっしゃるだろう。

 そういう方は 坂井恵理『ラブホルモン』を読んでもらいたい。この作品のヒロインは、「ラブホルモン」と呼ばれる薬剤を利用して人工的に恋愛感情を生み出した上でからだを売る。

ラブホルモン (ヤングマガジンコミックス)

ラブホルモン (ヤングマガジンコミックス)

 つまり、一時的に「愛のあるセックス」を売るわけだ。さて、こういう関係は「本物のセックス」といえるだろうか?

 遠藤浩輝の『EDEN』では、ふたりの女性が最上段引用のような会話をくりひろげる。

EDEN(2) (アフタヌーンKC)

EDEN(2) (アフタヌーンKC)

 もちろん、ほかにも、「愛のないセックス」を肯定的に描いた作品は無数にあるはずだ。とりあえず、「愛のないセックス」について学ぶために、そういう作品を読んでみるというのは、どうだろう?

 今回は深入りしないが、ノンフィクションでは宮台真司ほか『「性の自己決定」原論』、藤本由香里&白藤花夜子『快楽電流』あたりが参考になる。

快楽電流―女の、欲望の、かたち

快楽電流―女の、欲望の、かたち

 番外編として一本の映画を付け加えておこう。ジョニー・デップ主演の『ドンファン』。

ドンファン [DVD]

ドンファン [DVD]

 この映画でデップは1502人もの女性とベッドをともにした男、ドンファンを演じている。かれはその美貌で行きずりの女性も落としてしまう。

 じっさいの話、あいてがデップなら、「愛」などなくても、ベッドをともにしてみたいと思うひとは少なくないと思うのだが、女性の皆さん、いかがでしょうか。

Connection: close