ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Something Orange このページをアンテナに追加

2007-10-22(月)

 『フルメタル・パニック!』に感じる不快。


 『フルメタルパニック!』の最新刊『つどうメイク・マイ・デイ』の話。

 美貌の男レナードに誘拐されたうえ求婚された少女千鳥かなめは、かれへの嫌悪感をこんなふうに語る。

「隣のクラスにね、すっごいキモい男子がいたわ。体重が一○○キロくらいあって、いつもフウフウ汗かいてて、しょっちゅうあたしとか色んな女子をニヤニヤしながら見てた。ストーカーみたいなこともしてたらしいし、監禁とかロリコンとかのやらしい本をたくさん持ってるなんて話も聞いたことがある。どこまで本当かは知らないけどね。とにかく、そういうタイプ。何考えてるのか全然わからない奴。……さて問題です。そのキモい男子と、あんた。どちらかと付き合わなきゃならなくなったとして、あたしはどちらを選ぶと思う?」

「聞いて驚きなさい。あたしは真剣にこの命題を一日かけて考えたんだけど――本当に分からないの。つまるところ、あんたとあのキモい男子の違いは、イケメンかブサイクか、ただそれだけなのよ(略)」

 いやいやいやいや、全然違うだろ。

 レナードはかなめを拉致監禁したいるけれど、その「キモい男子」は別に何もしていない。かれの罪はただ「キモい」ことだけだ。

 で、かなめの言葉を分析してみると、その「キモさ」にはこんな理由があることになる。

・100キロくらい体重があって、いつもフウフウ汗かいてる。
・いつもいろんな女子をニヤニヤしながら見ている。
・ストーカーみたいなこともしてたらしい。
・監禁とかロリコンとかのやらしい本をたくさん持ってるなんて噂がある。

 えっと、ようするにかなめは、レナードに向けて「あんたはストーカーとかロリコンとかの疑惑がある100キロのデブと同レベルよ」といっているわけですよね。これ、めちゃくちゃしゃくにさわる言い草だと思うんだけれど、どう?

 そりゃ、「キモい」ことに理由なんていらないですからね。「100キロもあっていつも汗かいてるデブってキモいよね」と思うことも彼女の自由。

 「ねえ、あいつ、ストーカーみたいなことしているんだってさ。うわ、キモっ」と思うのも自由。

 「やらしい本をいっぱい持っているらしいよ。キモいよね」とか「不細工な癖に笑うな。こっち見るな。キモいから」と思うことも自由だ。

 じっさいの話、女性はそういう男ににやにや見つめられたら、気味が悪いと思う。とくにかなめさんは美少女ですからね、いつも汗をかいているデブなてさぞキモいことでしょう。

 でも、容姿に、体重に、態度に、あてにならない噂、そういった、ひとつひとつ全く次元が異なっているはずのことを全部まとめて「キモい」でくくってしまうような感性が、心底きらいだ。

 そもそも、その「キモい男子」は、レナードと違って、かなめに告白したわけじゃない。それなのに、なぜ自分が選ぶ立場であることを前提にして考えているんだ? かなめの好感度、1ポイントダウン。

 賀東さんはじっさいに100キロを超える読者もいるんだってこと考えなかったのかな。『フルメタ』はおもしろいけれど、時々、こういうところでひっかかるんだよね。

 ちなみにその「キモい男子」は、その後、まったく出てこない。



 ブクマコメントを受けて、追記。

 だれも作者の人格やポリティカル・コレクトネスの話なんてしていないよ。

 作者が酒乱だろうが殺人鬼だろうが作品には関係ない。そしてそれが作品内で何らかの意味をもつなら、どんな邪悪で冷酷なヒロインを生み出してもらっても結構。

 ただ、作劇の方法論として、この描写はマイナスではないか?と思うのだ。

 この発言はかなめの性格描写の一環として何かしら効果を挙げているだろうか? むしろ彼女の凡庸さを表しているだけじゃないか?

 このことについて、平和(id:kim-peace)さんは、こう書いている。

引用されているような「決め付け」自体は私も好きではありませんが、「普通の高校生の女の子」がその辺を完璧に配慮するのは難しいように思います。そういう意味では「キモい」という発言も仕方ないものと考えてしまいます。

確か千鳥かなめというキャラクターは「ヤな奴」という側面も持たせられているんですよね。タイトル失念しましたが短編でそんな話があったはず。この辺については賀東氏がどこかのあとがきで言及していたような。

 ここでは、かなめは一方で「普通の高校生」であるとされ、その一方で「ヤな奴」でもあるとされている。

 言葉面だけを眺めていると、矛盾しているように見えかねない。かなめは結局、「普通」なのか? それとも「普通よりヤな奴」なのか?

 しかし、じっさいには何も矛盾していないのだろう。かなめは「普通」であり、同時に「ヤな奴」でもあるのだ。つまり「普通のヤな奴」だ。

 かなめが特別非情なわけでも、残酷なわけでもない。ただ普通に思慮が足らず、普通に傲慢なだけ。そこらの女子高生にだって同じような人間はいくらでもいるだろう。だからこそ問題なのだとぼくは思う。

 これが、ひとをひととも思わないような本物の残酷さならそれは彼女の魅力になりえるかもしれない。しかし、ここでのかなめの傲慢さはどこまでも「普通」でしかない。

 既刊十数巻におよぶ大長編小説のメインヒロインが、そんな普通のいやな奴でどうする? そう見えることは作者のミスじゃないか?

 もちろん、ささいなミスではある。それだけで『フルメタル・パニック!』全編の評価が変わるわけじゃない。でも、ちょっとどうかと思うのです。

 さらに追記。

 釣りがひどすぎるというツッコミが多いので、タイトルを変更しました。

参考:「「キモイ」「ウザイ」は王様病の症状。」