ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Something Orange このページをアンテナに追加

2009-03-22(日)

NHKが流せなかったテレビ番組の裏側。


 タイトルは3分の2だけ釣り。

言葉の嵐

言葉の嵐

 いまから少し前、NHKの『小朝が参りました』という番組で、春風亭小朝が全国の百歳の老人に逢ってまわる企画があった。この本にはその裏話が載っていて、これがおもしろい。

 たとえば、こんなひとがいる。

 戦争へ行って、たくさんの人間を撃ったというお爺ちゃん。この方自身も左肩を撃たれているにもかかわらず、「また戦争してえ。人を撃ちてえなあ。あの感じが忘れられねぇんだよ」と、目を輝かしてお話になるのです。

 いいですねえ。健康の秘訣なんかどうでもいいからこういうところをクローズアップしろよ、と思うのだが、当然、この部分はカットされて画面には白鳥が映っていたそうだ。

 こんなひともいる。

 家の中で倒れて救急車で運ばれ、しばらく入院してから家へ戻ったというお婆ちゃんは、その時のことを恥ずかしそうにお話になっていました。私が理由をおたずねすると、「だってあなた、この歳で救急車に乗ったら、そのまま死ななきゃみっともないじゃないですか」

 その恥じらいがかわいいというか何というか。

 初体験は強姦で、そのあと男に狂い、めちゃくちゃな人生を歩んできたというお婆さんは、平気でタバコをスパスパ吸う。

 お婆ちゃん、あんまり吸うと身体に毒ですよって言ったら、キッとガンをとばしてきて、
「ほら、アンタも吸いなよ」
 私、この時のお婆ちゃんの目が忘れられません。オレの杯が受けられねえのかよ、という感じで、その目の底にはあきらかに悪意がありました。

 百歳の悪意です。

 人間、百歳にもなると人生に達観して枯淡の境地に至る、なんて印象は大嘘ですね。

 百歳すごいよ、百歳。