ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Something Orange このページをアンテナに追加

2009-06-30(火)

あなたは碇シンジを好きになる。


色々たてこんでいるのに、吐き出しておかないと死にそうなので一言だけ。

エヴァ破が凄すぎて生きているのが辛い。

ありがとう、ありがとう。

 そういうわけで、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』観て来ました。

 いやあ、おもしろかった! 今年上半期に体験したすべての作品のなかでベストは間違いなし。既にネットでは賛否出ているようだけれど、ぼくは全面的に「賛」。いや、すごいでしょ、これは。

 もちろん、前作の出来があれほど素晴らしかった時点で「破」もいいものが出来上がってくることは予想できていた。しかし、じっさいに見せられたものは予想を上回る凄まじさ。上述の奈須きのこではないけれど、圧倒されてすぐには言葉も出てこない有様。

 上映から一日経ったいま、かろうじて言語化を試みているのだが、ちょっと説明不可能な映像体験でした。

 だから、まだ観ていないひとはぜひ観に行ってほしいと思う。時間がない? 時間を作って見に行け。お金がない? お金を作って見に行けってば! この映画はスクリーンで観ておかないと損しますよ。

 単純にエンターテインメントとして、ここまで疾走感に満ちた映画はそうはない。「序」では静かに幕をあけた物語だけれど、今回は冒頭からアクション! アクション! アクション!

 「序」で高まったテンションをそのままに、クライマックスクラスのアクションシーンが初めから続く。

 この目的のためだけに建設された要塞都市第三新東京市を目指し、次々と襲い来る人類最大の仇敵、使徒たち。この世の理を超越したその異形の暴威に立ち向かうは、人類防衛の要、汎用人型決戦兵器人造人間ヱヴァンゲリヲン! 熱い! 熱いですよ!

 それぞれに個性的な使徒のデザインは、一応はテレビ版をなぞりながら、新たにリファインされ直していて、恐怖感と無敵感はいや増している。

 完全に自由な発想から生まれてくるそのアイディアは、まさに想像力の冒険。「序」クライマックスのラミエルに感じさせられた「こんなもの人間に勝てるわけないよ!」という感覚をそのままにひき継いだ使徒たちが続々と出て来る展開は、それだけで楽しい。

 一方、強大な使徒たちとの激闘の合間には、それとは対照的におだやかな日常描写が続く。

 「式波」と名前が変わったアスカが別人になり下がっているのではと心配なさっている方もいらっしゃると思いますが、大丈夫、いつものアスカです! 十数年ぶりの「あんた、バカァ?」には思わず感動してしまいした。

 ただ、性格描写に微修正が入っていることもたしかで、テレビ版と比べると病的な印象は薄れたかも。今回のアスカは何から何までそれはもう可愛いひとりの十四歳の女の子なのです。萌え寄せ、成功しているな!

 このアスカとシンジとそしてレイが絡む三角関係は、テレビ版をはるかに上回るニヤニヤ率四○○%の出来。さらに「破」はどういうわけかやけにお色気描写が多くて、三十過ぎてオヤジ化が進むぼくはニヤニヤしまくり。アスカの縞パン! これは流行る!

 あ、いい忘れていたけれど、新キャラのマリもやたら可愛いです。デザインを観た時点ではレイやアスカに比肩するほどのキャラクターとは思えなかったんだけれど、じっさいに動いて喋っている姿を見てみるとこりゃ可愛い。新ヒロイン誕生、成功。マニアックなファンが付くと見た。

 しかし、もちろん、そういった穏便な物語がいつまでも続くはずもなく、むしろそれは驚愕と怒涛の後半にいたる布石で、あんな展開やこんな展開に繋がっていくのだが、ところがどっこい、それもテレビ版とはひと味違――危ない、危ない、最後まで語ってしまうところだった。

 これ以上のことを話してしまうわけにはいかない辺りがもどかしいところですが、ひとついえることは、竹熊健太郎さんが書いている通り、大筋でテレビ版をなぞってはいるのだけれど、全く別物に仕上がっているということ。

 ひょっとしたら、これは、潤沢な予算と十分な時間があったらこうもしたかったという「理想の『エヴァンゲリオン』」なのかもしれない。

 それにしても、今回の映画はおそろしく観るものに親切です。練りに練られたプロットはシンプルかつストレートで、脅威の冒頭から驚倒の結末まで、一気に観客を連れて行く。

 その物語密度は前代未聞。ぼくなど、そのせいで時間感覚が歪み、映画館を出たとき、「あれ、何で真夜中になっていないの?」といぶかしかったほど。

 じっさい、二時間足らずの作品とはとても思えないほどの内容が詰め込まれているわりにとてもわかりやすくて、今回は置いてきぼりになる観客は出てこないはず。

 あまりのわかりやすさに、「『エヴァ』の魅力はその不親切さにあり」と見る向きは物足りなさすら感じてしまうかもしれませんが、大丈夫、今回もわけのわからない情報はたくさん出てくるから。

 「ネブカドネザルの鍵」って何よ? カヲルくんは何考えているんですか? さっぱりわかりません。

 そして、あたかも『ヱヴァ』をなぞるかのように、すべては悲劇と悪夢のなかに落ち込んでいく。ホラー映画もかくやの酸鼻きわまりない描写を経て、すべては「絶望」という黒い悪夢のなかに閉ざされるかと見える。

 しかし、そのとき、少年は走り出す。そう、少年は走り出すのだ。

 既に各所で指摘されている通り、今回のシンジはただいじけて座り込むばかりだった前作のシンジとは違っている。

 たしかに、今回も途中まではいつものシンジなのだけれど、終盤で見せる熱い描写はいままでの碇シンジの印象を一新する。

 炯々と輝く眼光で父を見据え、人類防衛の大義すら上回る熱い意思を込めてヱヴァンゲリヲンに乗るかれの勇姿を見れば、あなたもきっと碇シンジを好きになると思う。

 もちろん、前作のあの弱さを好んでいたひとにとっては、今回の映画は「『エヴァ』じゃない!」と思えるかもしれない。しかし、これほどの作品を前にして、「前作と違うからダメ」的な意見はあまりにも勿体なさすぎる。

 天才は常に過去の自分を脱ぎ捨てながら先へと進んでいく。その意味で『ヱヴァ:破』もまた、まさに天才的な作品である。

 ぼくはもういちど観に行くけれど、あなたもぜひ暇を作って観に行きましょう。ここまでコストパフォーマンスがいい作品はめったにありません。いや、次回作『ヱヴァンゲリヲン:Q』が楽しみでならないですよ。

 決めた! 次回公開時には東京で「『ヱヴァ:Q』を観るオフ」を開くぜ。このままの、あるいはこれを上回るテンションで物語が完結した日には、それこそひとつの伝説が達成されるはずだ。その目撃者にならない手はない。

 「破」を観たあとでは信じられないことだけれど、全四部作はまだ折り返しを迎えたばかりなのだ。「Q」を観るまでは死ねないぜ。