kaihuuinternetの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

クリックで救える命がある。 Support Wikipedia
 

2018-08-15 終戦記念日

日の丸

[]戦時下に生き、そして戦争で死んだ。彼らのために。 戦時下に生き、そして戦争で死んだ。彼らのために。を含むブックマーク

平成天皇最後のお言葉

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。終戦以来既に73年、国民のたゆみない努力により、今日我が国平和繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。戦後の長きにわたる平和歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界平和我が国の一層の発展を祈ります。(2018/08/15-12:12)(時事)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

平成30年東京都戦没者追悼

f:id:kaihuuinternet:20180216180320j:image:medium:right

1 開催日時  平成30年8月15日水曜日) 午前11時45分から午後1時30分まで   2 開催場 文京シビックホール 大ホール  文京区春日一丁目16番21号

3 主催  東京都及び一般財団法人東京都遺族連合会        4 参列者 約900名(遺族・来賓等)

5 式次第 11時45分 開式 国歌斉唱東京消防庁音楽隊伴奏)   式辞 東京都知事

12時00分 黙とう (正午の時報に合わせて行う。) 天皇陛下おことば (放送による。)

追悼のことば 東京都議会議長 東京都遺族連合会会長 戦没者遺族代表   献花 東京都知事 東京都議会議長 東京都遺族連合会会長 遺族代表及び来賓 参列遺族

13時30分 閉式

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

開催場の文京シビックホールホールは、過日、拉致被害者救出の大集会で、初めて利用。しかし、ここで、日本武道館での全国戦没者追悼式と時を同じくして。東京都独自の追悼式が挙行されていようとは、知らなかった。

3月10日は、下町、被服廠跡、東京都慰霊堂。夏は、千鳥ヶ淵戦没者墓苑から靖国神社。その辺の散策

だが、東京都戦没者霊苑が、 東京都福祉保健局管轄で、伝通院までの坂途上に在る。こちらも、春日交差点角に在る、文京区センター拉致の報告集会に参加の折、日没直前見つけた次第。毎年恒例の式途中に大地震があろうとも。文京シビックホールは、防災堅牢にて、緊急時そのままで可だろうから。開催場として、うなずける訳だ。

  

2018-08-14 ある邂逅

皇居

[]あるパターンとしての、結果延命策。 あるパターンとしての、結果延命策。を含むブックマーク

それは、タレントとか資質とか、その範疇ではなく。キャラクターとかパーソナリティとか、それなんだろうね。英語で、ごめんなさい。それでも、無理強いしてまで、と思うのは、アイデンティティー共通項、を免れないからだろうね。

昭和の或る人は、それを、「歴史」、「伝統」、「文化」と『遺言』した。非常にわかりやすい。小学校高学年にでもなれば。己で国語辞典引けば。載ってる。その事件は、その場所を、庁から省にも格上げしたし。後日の『血税吸血事件』では、その同じ場所から法治国家の罪人を放逐したりもした。あれも、それも、発端のその事件が、彼らの真意や、【国難】への覚醒を、賭して決起した故。知るべき者は知って、よく応えた。対処した。

しかし、余りに生々しい。かって、司馬遼太郎さんは、「ノモンハン事件」は書けない、と云った。旧式戦車搭乗員だった彼は、もしそれで、「ノモンハン事件」に遭遇したるは。想像するだに。作家想像力が抜群であるが故。身近で、余りに生々しい。しかし、その戦時下の貴重な体験経験をば、後年、「街道をゆく」等著述活動で、実利とされた。

私にとっては、余りに生々しい。今でも。それで、それに対処するに。キャラクターとか、英語で、ごめんなさい。合理的に、然らば距離を置こう。その距離の置き方が。上書きして、奥に仕舞い込む。その衝撃的事件と同様を、「歴史から見つけて、ある「伝統」の中から、そして「文化」となった物をして。その故人引力から離脱する訳。

そのひとつを見つけた。「戦艦武蔵最期」、それである。その中の一節。投下爆弾破裂により、その破片が飛んで来て、艦橋の指令室、若い副官か側近、彼の首を切り落とす。心臓は無傷、頸動脈が血潮をドクドク流す。この描写を読んで。「昭和都心事件」は、脳裏で上書きされ、除外されずに。残した。

しかし、これでは、「しかり、しかり。」は得ない。更にもうひとつ、要る。相応しい距離感が為。また、別の場所がいい。

探して、見つける労苦など。物の数ではない。同様の用件だ。延命策としての、高血圧症への、鎮静化。

日ソ中立条約」破棄後の中国大陸平原を、集団帰国で逃げる日本開拓団それからはぐれた少年がひとり。彼の背後には、駆ける馬上から。縄の先に鎌を振り回しながら、馬賊が狙う。次の瞬間、ひたすら前方を見て走り逃げる少年の首が飛んだ。

以上、二件を知って。終戦前後との判断から。脳裏で上書き、は為され。よって、余りに生々しい、から離脱する旨。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

現在、その大陸に在る国家とは、如何なる国。どの様な体制か。それが、当に今後の課題。近隣周辺に、何をしているか

それらの事件は、然らば、どのような真実を含んで居るか。その真実は、恐ろしいものか。

ならば、どう対処すべきか。何故なら、未来はあるからして。

 
プロフィール

kaihuuinternet

kaihuuinternet

海風by解封印種人。

日記の検索

カレンダー
<< 2018/08 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック