kaihuuinternetの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

クリックで救える命がある。 Support Wikipedia
 | 

2019-01-13 主日

イエス

[]「復元 単立イエス・キリスト教会」 教会史 その2/ 記憶から「記録」へ。国策がらみの、家屋閉鎖。 「復元 単立イエス・キリストの教会」 教会史 その2/ 記憶から、「記録」へ。国策がらみの、家屋閉鎖。を含むブックマーク


□1990年12月30日 主日

 賛美歌 491.272. 520. 543    

 詩篇 92      ヨハネ第一手紙4章1〜6

 真理に対する熱意と義に対する厳しさ。肉体をそなえていらした神の子

 受けるか否か。愛するものたちよ。すべての霊を信じることはしないで。それらの霊が神から出たものであるかどうか、ためしなさい。

 本当のイスラエルアブラハムから始まった、といってよい。

f:id:kaihuuinternet:20190111122839j:image:w360:right

 非キリスト者は、反キリスト者。それが十字架道筋か否か。

 生ける神を信じる者の大きな力が、異国の宰相国王を祝祷した。ヤコヴの内面的な省察

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

cf.外郭環状道路とは。国土交通省ポータルサイトから検索で、

調査概要

東京外かく環状道路(以下、「外環」という。)は、平成19年4月に高架方式から地下方式都市計画が変更され、平成21年5月には、関越道から東名高速までの約16kmについては事業化された。

調査は、外環本線の地下化を踏まえ、外環の地上部街路である外環の2及び外環に関連する道路について、その検討必要調査実施するものである。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

教会活動布教が、家屋閉鎖になった経過として。外的要因として。国策としての、約16kmの凍結区間が、外環本線の地下化。この結論解凍最終決着。それ以前の南北バス通り上石神井商店街の片側削減移転等の高架方式は空論。その工事騒音粉塵から被害影響は無し。しかし、その心配不安は、教会にマイナス要因であったろう。否めない。

更に、外環の地上部街路である外環の2及び外環に関連する道路。これに、都道たる、千川通り及び青梅街道外環開通までの暫定策としての、交通量の逃し経路。その確保の為の、道路拡張工事必要千川遊歩道は、よって廃止。その間の一帯住民は、総員退去。という次第である。

[]兼高かおる、死す。&「東京ローズ」。二人の共通点は、90歳。 兼高かおる、死す。&「東京ローズ」。二人の共通点は、90歳。を含むブックマーク

14インチTVモノクロ画面で視ても、覚えてない。が、カラー画面で、「兼高かおる 世界の旅」と来れば。番組終了まで、釘付け。親しみある美形の顔。気の利いたインタビュー。それでいて、異国情緒も漂う。

長く視聴するにつれ、ハーフだろう。本名は兼高ローズ。しかし、父親インド人は、初めて知った。米国カリフォルニア州留学も頷ける。そこで培った語学力も、飛躍の要件だったろう。南極北極両極点到達、菊池寛賞は、独身キャリアウーマン典型か。90歳は、驚嘆。美しい。

戦時中後半、硫黄島の戦い辺りから。「東京ローズ」が甘く大陸への郷愁誘う、米軍将兵戦意喪失に向け、対米抗戦放送を流した。彼女たちは複数当番制だったが。その中のひとり。象徴的に逮捕本国米国強制送還裁判となった。実刑は、見せしめだと。兼高ローズが渡米は、彼女の脳裏に、この逮捕判決刑務所実刑、がなかっただろうか。

国家反逆罪』の汚名を着て、収監されたは、アイバ・戸栗・ダキノ。後年、模範囚特赦出所。更に晩年、「愛国市民」として退役軍人会に表彰され、90歳で死去。(Wikipedia

更に、もうひとりは須山芳江。1949年、泥酔米兵ジープでの事故死。29歳。「東京ローズ」のメインキャストが、定説

f:id:kaihuuinternet:20190113152456p:image:medium:right

 | 
プロフィール

kaihuuinternet

kaihuuinternet

海風by解封印種人。

日記の検索

カレンダー
<< 2019/01 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック