梶ピエールの備忘録。 RSSフィード

2018-06-24

[][]お仕事のお知らせ

 6月24日(月)発売の、『週刊東洋経済』6月30日号のコラム「中国動態」に、「参考にすべきメルケル流『中国との付き合い方』」という記事を寄稿しました。

 経済面では蜜月を強調する一方、映画『709の人たち』でも取り上げられた人権弁護士王全璋氏および余文生と面会するなど、人権問題ではあくまでも筋を通すドイツ政府の外交姿勢は日本としても学ぶところがあるのではないか、ということを書きました(メルケル首相をやや持ち上げすぎたかもしれませんが)。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaikaji/20180624/p1