適当な日常を綴る

2017年度冬クールアニメ視聴予定

月曜日:アイカツスターズ!・タイムボカン24・Rewrite・セイレン・ガヴリールドロップアウト
火曜日:あいまいみー〜Surgical Friends〜
水曜日:双星の陰陽師・エルドライブ・この素晴らしい世界に祝福を!2・ピアシェ〜私のイタリアン〜
木曜日:うらら迷路帖・ハンドシェイカー・One Room
金曜日:プリパラ 3rd season・ポケットモンスター サン&ムーン・クズの本懐・政宗くんのリベンジ
土曜日:スクールガールストライカーズ・昭和元禄落語心中・アイドル事変・BanG Dream!
日曜日:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ・けものフレンズ・AKIBA’S TRIP

基本的に「続きを読む」で省略されている文章については閲覧は自己責任でお願いします。
内容によってはネタバレを含んでいることもありますし、何より主観で書いているため閲覧することで不快な気分になってしまうことがないとも限りませんので…
試験的にアニメ感想に簡易評価をつけてみました。10点満点ですが、ニュートラルが6〜7点辺りです。5点以下は合わなかった、8点以上は面白かった、ということで

2017-02-13

いつまでもあの記事一番上にあるとまた推しに「めんどくさい」とか言われてしまいそうだしさっさと何か書きたかったけどいつも通り月初は忙しくて書くネタもありませんでした

KACが仕事で見られなかったの本当に残念なんですけど、関西勢が優勝したのが嬉しかったですね。あのレベルまで行くのは無理だとしても少しでも差が縮まれば、と…

[]BRIGADOON まりんとメラン ★★★★★★★★★☆

倉田英之脚本作品が好きなのにそういえばこれまだ見たことないな、とふと思ったので見ることにしました。『今、そこにいる僕』とかも機会があれば見たいな…


主人公少女まりんと異世界から来た生体兵器・メランとの絆を描いた作品でした。ロボット人間の愛を描いてるし実質アイドルマスターゼノグラシアと言っても過言ではない(過言

最初人間感情理解できずにいたメランがまりん長屋の人々との交流を通して徐々に人間らしくなっていく、というのが王道だけどよかったですね。2クールかけて情愛が

育まれていく様子が自分が好きな『SoltyRei』に似てたけどこういうのに弱いんだよな…ラストの「胸が張り裂けてしまいそうだ」も「親の言うことを聞け」を思い出しましたし(


世界ブリガドーンとは何なのか、まりんの正体は何なのか、等々、謎が明かされずにストーリーが進んでいくんですが、最後で綺麗に伏線が回収されていくのが見ていてとても

気持ちよく、カタルシスを感じられました。まあ少し強引なハッピーエンドだなーwと思ってしまう部分もあったんですけど、ブリガドーン人間世界関係とかは驚かされました


ただ、序盤のほのぼのとした長屋でのハートフルストーリーから一転し、中盤はちょっとやりすぎじゃないかというくらい鬱屈とした展開が続いたのが見ていてつらかったですね

育ての親であるおばあちゃんが突然他界世界が荒廃したのはお前のせいだといじめられ、石を投げられ、子供を失った親に殺されそうになり、失明し、突き落とされ…うーんこの

ここの展開があったからこそ後半が映えるとは思わなくもないんですが、まりんが明るいキャラだっただけに感情がマイナスにも振れやすくて見ていてすごく痛々しかったです

エンディングテーマの“生きていることは 辛いことだらけ 何をやってもうまくいかない日だってあるよね”という歌詞も、見進めていくうちに作品に合っているなと感じました


倉田作品特有日常界におけるけだるさを含んだ面白*1ある面白さは今作にもあって、ナベシンコンテ回の9話『ピンクフライト』とか最高でしたね

シリアスなところはちゃんとシリアスにやりつつ幕間に自分の色を出すのが好きなんですが、この作品は本筋が大分骨太だったのでちょっとそういう要素は少なめだったかも…


例によって声のオタクなので声の話をしますが、徐々に人間味を帯びてくる芳忠さんのメランは、個人的に昔から好きな声優さんというのを差し引いてもとても良かったです

それ以上にやっぱり印象的なのが新谷真弓さんの次回予告ですね。『フリクリ』では新谷さんの声のイメージ主人公が作られたとか言いますけど、本当に魅力的な声質を

されている上に、セリフ回しがとても面白くて毎回楽しみにしてました。あと齋藤彩夏さんの舌足らずな演技も好きで…ってこのアニメ好きな声優かなり出てるなあ、と今更ながら


中盤の所謂鬱展開が大分人を選ぶアニメだとは思いますが、見ごたえはありますし、ハッピーエンドなので後味の悪いタイプの作品ではないので興味があれば見てほしいですね

*1:伝わりにくい

2017-02-01

[]不正疑惑問題について

最近QMA界隈を騒がせている、いせノウミさんのカンニング疑惑についてこの半月色々と思うところがあってモヤモヤしていたので、一度自分気持ち文章で整理することにしました

噂になった証拠とされる“動画”は自分がいせノウミさんと対戦した時のものだったので、図らずもある意味当事者」になってしまったこともあり、きちんと書いておきたいな、と…

問題提起と経緯の説明は既に他の方がしてくださっているので、自分ブログらしく、私情100%で書こうと思います。先に断っておくと彼への糾弾意見誘導意図は全くないです。


まず、いせノウミさん(以下ではニックネームの「大関」と表記します)がカンニングをしているという疑惑があった、という話ですが、自分は今回の騒動まで全く知りませんでした。

嘘だと思っていたとかそういうレベルですらなく、本当に疑ったことすらなかったです。まあそもそも0からプレイヤー不正を疑うなんてことが普通ないし当たり前か…

加えて自分大会に参加し始めたのもつい最近ですし、参加してからも彼と特別深い交流があったわけでもないので、比較大関に対してはファンというわけでもなく、かといって

もちろんアンチでもなく、あくまランカーの一人、くらいの印象でした。なので今回の騒動についても他プレイヤーより先入観が少ない判断できるかな、という思いがあります


ここから時系列で1月後半にあったこと、感じたことを綴っていきたいと思います。まず自分にとっての騒動の発端であった三週間前のゲーパニ大会です

ブログで書いた通り準決勝大関と当たり、2本先取で2本連取されて負けてしまいました。その時はもちろん悔しかったですが、自分のイージーミスもあったので納得はしていました


その日の夜、ある人から例の“動画”を見せてもらいました。映っていたのは今日準決勝で、自分試合の2試合3セット目、社会線結びクイズ。そこには大関が映っていました。

今でも覚えていますが、「次の時刻表で使われる記号と その記号が表す意味の 正しい組み合わせを選びなさい」という画像問。この駅止まり・駅通過・運転日に注意 でした

自分が即答した結果単独不正解だったわけですが、動画での大関は途中まで僕と同じ操作で、この駅止まりと駅通過の記号を逆に結んでいました。それが最後選択肢を結ぶ前に

目線が右に行き、その後選択肢を結び直して正解していました。これを見せられた時に、大関カンニング疑惑があること、昔も問題になったことがあること、を初めて聞いたわけです

更に、疑いを持っている人は一人や二人ではない、ということも聞きました。正直に言いますが、その動画の印象だけだと自分はこれは右の何かが見えたんだな、と感じてしまいました

人間疑い出すとキリがないもので、そういえば1セット目の固定の順当てもギリギリで当ててきたような、とかアニグルそこそこの難易度だったのに…とか疑心暗鬼になっていました


そこからの2週間は落ち込みながらもとりあえず立ち止まれないとは思ったのでプレーを続け、事情を知っている関西や、ちょうど東京に行く機会があったので関東プレイヤーにも

話を聞きました。話が広まって所謂ラグナロク問題」として茶化され始めたのもこの頃だったと思います。数日経って気持ちも落ち着き、自分もどうにか穏便に解決しないかな、

くらいの考えに変わっていきました。そして大関の「疚しいことをしたつもりはない」というツイートと、昨日の「直すべきところは直していきましょう」というツイートを見ました

自分はこれまでの経緯から疑いの目で見ていたし、過去の経緯も聞かされていたので、「悪魔の証明から信じてもらうしかない」という言葉には真摯さが感じられませんでした。

「直すべきところは直していきましょう」についても、もちろん事情を知らない人を巻き込みたくないのはわかりますが誠意のない対応だと思いましたし、あの動画を見せられても

まだ癖って言い張るのかよ!と、今思えば完全に主観的に断定して憤っていました。そこで昨日の深夜の告発があって、自分気持ちを整理したいな、と考えて今に至っています


何人かの事情を知る人の意見を拝見しましたが、確かに、客観的に見たらあの動画だけでカンニングだと断定するのは無理ですよね。あくまで「怪しい挙動」でしかないですし

大関絶対カンニングをしていない、と言った以上はしていないんだな、と受け取らざるをえないです。そこを疑うと話が進まないですし過去について掘り返すのは本意ではない

ただ自分告発した側もそれに賛同した人も、単なる私怨でそんなことをするような人ではない、と思っています。少なくとも疑われるようなことが何度もあったのは事実でしょう

晒し上げて書くのは悪意がある、というような旨の意見散見しましたが、この件に関しては実際の大関挙動について気にしたことがあるかどうか、で大分見方が変わると思うので

その辺の事情を汲むことなく告発側のモラルを問うのは違うのでは、というのが僕の意見です。元々内々で解決するべき事案ですし、告発側もそうするつもりだったと聞いています


自分は「どうしてほしいとかはないです」なんて逃げるのは不誠実だと思うのでこれからのことを書きますが、これからは疑われることのないように最大限努力してほしいです。

自分から大きな仕切りをつけるとか、席を離してもらったり挙動監視してもらうよう提案するとかでしょうか。そのかわり今までの疑惑について蒸し返すのはやめるべきですよね

その上で、堂々と結果を残してほしいです。万が一、億が一不正行為をしていたとして、これでいきなり弱くなるようなプレイヤーではないことは誰しも認めていると思うんですよね


最初に「大関に対してファンでもアンチでもない」とは書きましたが、大会暦が浅い自分に前の賢竜でも絡んでくれたり、今回も参加表明してなかったのでDMで連絡をいただいたり

更にはいつも良くしてもらっているきくらげスタイルさんと今回の関西杯予選に出よう、ってなったのも大関が誘ってくれたおかげですし、多々お世話になっているとは感じています

大会運営積極的にされてますし、QMA界を盛り上げようという意識人一倍強い、というのは間違いないわけで、そんな人がなんで疑われるような挙動と誤魔化すような釈明を…

という困惑がやっぱり一番にあります。そこをはっきりさせてもらって疑われない努力をしてもらえればもう何も言うことはないです。一プレイヤーとして追いつき、追い越したいと

感じているプレイヤーですし、勝つにしろ負けるにしろ余計なことは考えず、気持ちのいい勝負がしたい。ダラダラと長くなってしまいましたがこれが嘘偽りのない自分の今の気持ちです。

2017-01-28

[]落語天女おゆい ★★★★★★★☆☆☆

今期は落語アニメが流行っているので、自分も見ることにしました。…というのは冗談ですが、定期的に清水愛さんの声が聴きたくなるんですよね


女子高生(+α)がある日突然妖怪跋扈する江戸時代タイムスリップして天女となって戦う…という、どういうストーリーやねんって感じですけどわかりやすくはありましたね

当時にしてはかなり作画も良かったと思いますし、それぞれのキャラクター当番回があってきっちりキャラも立っていたと思います。自分は鈴ちゃんと涼さんが特に好きでした

正直本筋の妖魔とのバトルは割とどうでもよくね?って感じだったので終盤は割とアレでしたが、ちゃんと現代に帰ってきて終わったのでまとまりもよかったのではないかと思います

落語ネタは随所に散りばめてはありましたけど見る人が見たら分かるかな、くらいで解説もなかったのでもう少しその辺触れてもらえればもうちょっと知識欲も満たせたかな、と…

2017-01-25

[]奏光のストレイン ★★★★★★★★☆☆

アニメアニメの谷間の週は見ていなかった過去作品を見るのにちょうどいいですよね。というわけでタイトルだけしか知らなかったこれを見ることにしました


コンセプトとしては「SFロボットアニメ小公女セーラ」というもので、セーラが不幸に負けずに強く生きていく、というエッセンスはそのままになっていました

敵となる兄ラルフと戦うことに悩みながらも仲間と交流を深めていく様子が1クールで綺麗にまとまっていたと思いますストレインパイロットを「リーズナー」と言うので

思い出したんですが、レイズナーでもエイジが地球人と打ち解けるには少し時間かかりましたしちょっと似てますよね…とどうでもいいことは置いといて、所謂ウラシマ効果」が

ストーリーの核になっていたわけですが、破綻せずにうまく話が構成されていて丁寧な作品だな、と感じました。一気に見たので設定とかを逐一確認できたのはよかったですね


ただ、お話の核になっているラルフ敵対した理由エゴだったのはちょっと肩透かしでした。ラルフに限らず、セーラ側の描写はかなり丁寧だった反面、敵側の描写

大分薄く、また魅力的なキャラも出てこなかったのでそこが残念かな、と思いますね。ただ1クールでそこまで描くのは無理なので仕方ないですが…2クールでも十分できそうなのに


若干キツい描写とかとにかく人が死にまくるとかはあって人を選びますが、1クールストーリーのあるアニメではかなり完成度が高いと思うので、機会があれば見てほしいですね

2017-01-22

[]YUI MAKINO LIVE―Thanx Beginning

牧野さんのイベントリリイベ以来なのでそこまで久しぶりという気はしませんが、ライブとなるとほぼ一年前のカバーコンサート以来なので実は久しぶりだったのかな?

今回は5列目という割と良い席を引き当てたこともあって割と楽しみにしていたのですが、行ってみると前と同じ場所なのに雰囲気全然違って、席でこんな変わるのか…と

ウイークエンド・ランデヴー

Merry-go-round

星に願うなら

三月物語

What A Beautiful World

ウンディーネ

ソルフェージュ

太陽を巡って

secret melody

囁きは“Crescendo”

88秒フライト

CESTREE

Brand-new Sky

グッバイ・マイ・フレンド

the never ending rainbows

ふわふわ

まわる まわる

ワールドツアー


私について

Reset

とりあえずセットリスト匿名掲示板から引っ張ってきましたが、今回は前半と後半で曲の雰囲気がガラッと変わったのが面白かったですね

以前タイトルの「Concert」と「Live」は意識して使い分けている、というお話をされていたと思うんですが、その意味ではいかにも「ライブ」という感じだったと思います

2年前に渋谷でやったオルスタライブの時に近いかな?普段コンサートだと今回の『88秒フライト』『CESTREE』辺りの曲はやりにくいと思うので差別化になってるのかな、と

それにしてもまさかダンサーが出てきて一緒に踊るとは思わなかったのでびっくりしましたwアイドルアニメとかで知ったファンも取り込みたい、と仰ってましたけど大変やな…

『Brand-new Sky』に関しては個人的原曲より今日みたいなアッパーなアレンジの方が格好良くて好きですね。最後の『ワールドツアー』も何度聴いても素晴らしい

今回みたいなライブが表情が見えるくらい前の席で本当に良かったです。歌って踊る牧野さんめっちゃ可愛かった…最初コート最後の黒ドレス特に良かったですね

ふわふわ♪』の振りを客席で一緒にやるってのも昔いつやったんだか忘れましたけど楽しかったです。これもライブ映えする曲だと思いますが次はまた『Zipper』やってほしい!


色々新しい挑戦をしていきたい、と仰ってましたが、簡単なようでなかなか難しい問題なのではないかと思いました。やっぱり牧野さんの昔からファンって自分を含め

他のアイドル声優現場のようなノリにあまり慣れていない人が多いし、そもそも年齢層もいつも行く感じ30〜40代の人がかなり多い印象があるんですよね。そういう層は

どうしても弾き語りとか普通コンサートのノリを求めがちだし、そういう視点で見ると今回は『アムリタ』とか『もどかしい世界の上で』とか所謂鉄板曲がなかったので

もちろんコンサートではなくライブからわかった上ですが何か違うなあ…という気持ちは残りますよね。ファンの拡大は喜ばしいけど正直立つことすら慣れてないからなあ(

個人的には、新しい挑戦は色々やって飛躍してほしいとは思いつつ、やっぱり綺麗な曲をコンサートという場で弾き語りする、というのは他の現場にはない魅力だと思うので

そこは核にしつつこれから活躍してほしいですね。新曲ラノベOPっぽいアップテンポの曲でしたし、とりあえず4月からの『サクラダリセット』は見ようと思います

2017-01-16

[]2017年クールアニメ新番組

例によってバンダイチャンネルでの配信なので若干遅れますが、とりあえず見たもの感想をいくつか

あいまいみー〜Surgical Friends〜

冒頭であやねネタを回収してるwと思ったらCパートあやねる出てきて笑いました。本編はいつも通りですが「ミイちゃんは死にました」オチは好きなので1話はよかった

AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-

イヤホンズ主題歌だし実質それが声優!ですね。萌え系クソアニメ方向のGONZOな気がするのでダラダラ見るにはいいかもしれません

政宗くんのリベンジ

癒し系萌えラブコメっぽいので1クール一つはこういうの欲しいですね!結構可愛いキャラもいるしやっぱりシルバーリンクは安定してるんだよな〜

セイレン

下地紫乃さんのヒロインがいたので実質アイカツ!ですね。主人公がお漏らし属性なの普通にヒくわ…ストーリーが面白いか笑える回があるかどっちかだと思うので期待しよう

南鎌倉高校女子自転車部

もう女の子自転車飽きたよ…でもろんぐらいだぁす!最初微妙だなと思ったけど結局楽しめたししばらくは見続けますかね、忙しさ次第か…

クールガールストライカーズ Animation Channel

若手女性声優が多数出てることは評価できるけど本編は死ぬほどつまらない…まあ金曜の夜だからダラダラ起きながら流しておくことはできるけどそれだけですね

エルドライブ

手垢SFアニメだけど多分それなりに楽しめそうな感じですね。はやみんも出てるしチェックしないとだな〜

アイドル事変

多分クソアニメの部類な予感がするんですけど、とりあえずは数話見てみて判断ですかね…けものフレンズの後に見たから感覚がマヒしてる感がある

ガヴリールドロップアウト

富田美憂ちゃんが主人公を演じてるので実質アイカツスターズ!ですね。あの声でやさぐれ系ってストライクすぎるしこれは月曜日癒し枠になりそう

けものフレンズ

つまらないとかそういう次元を超越して発狂しそうになったしこんなものが30分枠で2017年存在していることがまずおかしいでしょ…精神修養にはいいかもしれないですね

クズの本懐

歪んだ恋愛ものってアニメでは珍しいし上江洲さん脚本なので上手いことなってそうだし期待しよう…作画もかなり特徴的で綺麗だけどこれ維持されるんだろうか

亜人ちゃんは語りたい

見始めるまで亜人スピンオフだと思ってたんですけどこれ全然関係なくない?(情弱 モン娘を思い出しますけどあそこまで振りきってくれるのだろうか


今のところは政宗くん、セイレン、ガヴリールクズの本懐くらい?なんか薄いアニメしかまだ配信されてないので明日落語心中見たいですね

2017-01-14

[]ゲーパニ京都に行くっ

京都大会に行くのは初めてでした。行く前に久保田味噌つけ麺を食べてきましたが思ったより辛くなくて美味しかったです。今度行くことあったらライスもつけよう…

参加者は48人で48→32→16→4で同一ジャンル使用不可、準決勝は2本先取ボンバーマンでした。今作の集大成として、関西杯の替わりだと思って頑張るつもりでいました


1回戦 カイト(ノンジャンル並べ替え)・にゃるさん(ノンジャンル並べ替え)・ニーチェさん(ノンジャンル順番当て)・ノンジャンルランダム(ダミー)

ツアースコアランキング上位ランカーのにゃるさんと当たってしまいましたが幸い3人から2人抜けで残りの人を知らなかったのでライトプレイヤーと期待してお茶濁ししました

ノン並2セットは「hanauta」だけ間違えましたがニーチェさんが4〜5問間違えたのでちょっと安心しました。「トントン・マクート」とか二人で即答するアナグラム

ノン順の文字が見えた瞬間焦りましたが成語ばっかりでした。ただ血液心室を巡る順を大動脈始まりだったのに問題文よく読んでなくて大静脈から選んで単不しましたが

ノンランもなんか2ミスしてますが、「武将高校排球軍」が全滅したことだけは覚えてます。にゃるさんがいたから排球将軍しか作れなかったんですよね…


f:id:kaitopoketto:20170114155559j:imagef:id:kaitopoketto:20170114155616j:image


結果的には危なげなく1位通過。ノンジャンルも消化できたので文句なしですね


2回戦 ゴライトリーほりさん(サッカー)・カイト(芸能文字パネル)・にゃーっすさん(芸能グループ分け)・ゆみやケンタさん(文系学問○×)

ライトリーほりさんだけ知らない人だなあと思ってたんですがなんと頭脳王2016の優勝者とかいう超有名人でした。宝石賢者だったし割とQMAもやってるんだなあ

にゃーっすさんはネーブル仲間だからともかく、ゆみやケンタさんはライスタのイメージがあったので、残り二人を刺す目的芸能文字パネルしました

学問かと思いきや「サッカー」って画面に表示されてあったまった上にW杯の4択が2問も出て3人に即答されて萎えましたが、○×を勘で当てたりでキューブの1ミスに抑えました

文字は1問目から忌野清志郎の遺作が初見でにゃーっすさんに単独を奪われましたが、残りはスピード意識しつつ正解して5問正解。残り二人が3〜4問間違えたので作戦通り

グルはそこそこ得意だと思ってた洋画モノクロカラーを間違えてしまいましたが、残りも映画音楽に寄る得意セットだったので正解して更に差を広げました

文系○×文字が見えた瞬間嫌な予感がしましたがとりあえず冒険はしないことだけを心掛け、ちょっといかなーとおもいつつ押した○が×だった以外は正解出来ました


f:id:kaitopoketto:20170114161744j:imagef:id:kaitopoketto:20170114161817j:image


結局文系でにゃーっすさんを逆転して1位抜け。置きの武器を消費して上手いことボンバーマンまで進めたので理想の展開でしたね


準決勝1戦目 カイト(スポーツ順番当て)・にゃるさん(芸能エフェクト)・にゃーっすさん(アニメゲームグループ分け)・いせノウミさん(社会四択)

1回戦2回戦で一緒に勝ちあがった二人とラスボスで1位抜け。まあ準決勝だしこれくらいの面子の方が面白いですよね(権利とかかかってたらキレるやつ)

いせノウミさんがまだノンジャンルを使ってなかったので初戦は置きに来るのでは?と予想し、最大火力で1本目を勝ち取るのが最善手と判断してスポ順にしました

ここで1本取って次は適当学問を投げて捨てて3セット目にアニ特で勝負をかける、みたいなプランでした。まあ2本先取によくあるセオリーですかね


スポ順は使い手なら間違えなさそうな固定が多く、94点取れてにゃるさんに1問、にゃーっすさんといせノウミさんに2問刺して30点差ずつつける理想の引きでした

エフェはいきなり初見を引いてにゃるさんに単独正解を取られた以外は2択も当てて全問正解できました。ここでにゃるさんと自分の正解数が並んでトップ

アニグルは幸いオタクなら間違えないけど一般人にはつらそうな微妙な4選択肢グループが続きましたがゲーちゃの男女に分けるだけの85%の問題を痛恨の単独不正解

社択はわかる問題だけ出ろ!と祈ってましたが2ミス東南アジアの国が並ぶシリーズとかちゃんと復習してないと一瞬で抜けてしまうのでちゃんと見返しておかないと


f:id:kaitopoketto:20170114173650j:imagef:id:kaitopoketto:20170114173712j:image


結局9点差で痛恨の2位。これだけ自分寄りのセットで1本取れなかったのは悔しいですが、社択の詰めの甘さが出てしまったので仕方ないですね


準決勝2戦目 カイト(アニメ特撮)・にゃるさん(ライフスタイル連想)・にゃーっすさん(社会線結び)・いせノウミさん(ノンジャンルグループ分け)

1本取られて後がなくなったのでアニ特で全力勝負。にゃーっすさんの投げるもの予測できませんでしたがまあライエフェかな、くらいの予想でした

アニ特は1問目の古い声優連想をチキって最後まで待ってしまったのが全てですね。キーパネの指差で逆にいせノウミさんに数点リードされてしまいました

ライ連はホビーに寄ったのでものすごく押しやすくて全問正解。ただ『阪急電車』→有川浩とか『大地の子』→山崎豊子とかで指差も取れなかったのは微妙でしたね

そして社会線結びで2単不+1ついせノウミさんに単独正解される炎上で逆転されました。1問目の電車記号とか僕だけ即答して他全員考えて正解だから止まるべきだった…

ノングル簡単だけど選択肢だけは多い、っていう残念問題しかなかったような気がしますがグループ分けなのでいせノウミさんにリードを若干広げられましたね


f:id:kaitopoketto:20170114174540j:imagef:id:kaitopoketto:20170114174620j:image


結局全問正解されてしまって完敗。3ミスでこの点差なのでちゃんと社会線結びが当たっていればな…1問押してから間違いに気付いた問題あったし焦りすぎましたね


振り返り

ボンバーマンがやりたくて来たので、そこまでメイン武器を残したまま勝ち上がれたのは比較的当たり運も良かったのではないでしょうか

準決勝自体も展開は自分に来てましたし、それをモノにできなかったのは単純に努力不足ですね。復習不足で負けたのが悔しいので社択はやり直すつもりです

マラリヤオブジイヤーとして負けたのは非常に遺憾なので、次回作関西最強のマラリヤ使いを目指して頑張ることにしました。石原PはよCV東山奈央キャラ実装してくれ〜


大会後は祇園四条ミュンヘンで皆でご飯を食べました。かなり騒がしかったし店員が途中からめちゃめちゃ嫌そうな顔で皿を片付けに来てて申し訳なかったですね…

ここでしか聞けないような話がいろいろ聞けたので、本当に来てよかったと思いました。取り組み方についていろいろ考えたけど前作と今作の真ん中みたいなスタンスでいきます