Hatena::ブログ(Diary)

本読みのスキャット! このページをアンテナに追加 RSSフィード

 

2011-04-17

藤子F不二雄「今の漫画界は山のようなクズ作品を許容する懐の広さがあるから、その中から傑作も生まれてくる」


藤子・F・不二雄大全集 別巻 Fの森の歩き方 藤子・F・不二雄まんがワールド探検公式ガイド


468 :愛蔵版名無しさん:2011/04/15(金) 07:48:02.52 ID:???
Fは大友克洋との対談で、漫画の質を問題視する大友に対して
今の漫画界は、山のようなクズ作品を許容する懐の広さがあるから
その中から傑作も生まれてくる、それをいい漫画だけにしようなんて考え始めたら、衰退が始まるんだと言っていた

子ども向け漫画を描いてる人だからもっと倫理的なことを
言いそうだけど、やっぱりこの人は凄いなと思った


471 :愛蔵版名無しさん:2011/04/15(金) 10:23:24.35 ID:???
「今の漫画はダメだ」発言を繰り返すようになったら、
その漫画家はそろそろ寿命が尽きる頃なのかもしれない。

晩年の手塚、赤塚、石森しかり。
筆を折ったテラさんしかり。
存命でも、大友克洋なんか、もうほとんど新作ないじゃん。

「今の漫画界は、山のようなクズ作品を許容する懐の広さがあるから
その中から傑作も生まれてくる、それをいい漫画だけにしようなんて考え始めたら、衰退が始まるんだ」

サンクス。これはとても大切な考え方だ。
つまり「クズ」を許容できずに統制しようという考え方というのは、
ファシズムにつながるのだ。

俺も昔はクズ漫画を目の敵にしていた時代があるが、
思えばその頃は一種のファシズムの思考に陥っていたと思う。

何が「いい漫画」で何が「悪い漫画」なんて、測る尺度は極めて
曖昧なものだ。人それぞれ思想信条・趣味嗜好が違うのだから。

国が検閲する制度が始まったら、漫画なんてあっというまに
量が減り、質が落ちていくことだろう。


474 :愛蔵版名無しさん:2011/04/15(金) 20:53:49.69 ID:???

http://www.mlexp.com/fujiko/interview/main.htm#a2

大友
僕は今ちょっと、(漫画に)危機感っぽいものを感じているんですよね。数はすごく出てるんですけれど、
その(漫画の中の)世界観っていいますか、そういうものをしっかりと持った人が、マイナーなところでは
見られるんですが、メジャーなところでは、なかなかない。会社の意向というか、どうやったら売れるのか、
といったようなものがよくある。その世界観や、自分の考えをストーリーの中で表していこうという作品が
なかなか出ない、あるいは、そういうものが出尽くして、ネタ切れなんじゃないかなって、ちょっと感じるんですよね。

藤子
進化の頂点が進化の袋小路だという考え方も、一つありますわね。今まで生物はいろいろな種が出てますが、
かつて絶滅しなかった種はない、といわれていると。だから、遠い目で、大きなスタンスで見れば、漫画も、
あるいは絶滅の時期があるのかも知れない‥‥。でも、僕は、まだ、まだ大丈夫なんじゃないかな、と。
僕が楽観的すぎるのかも知れませんけどね。(笑)

何ていうか、今、わーっと玉石混交で出てますよね。あのエネルギーの中から、次の新しいものも
出て来るんじゃないかと。これが衰退期に入って、この一発を当てなきゃダメなんだ、みたいなことになってくると、
みんながみんな一発必中の漫画を描き始めると、そのときは、やばい状態だと思うんですよね。


481 :愛蔵版名無しさん:2011/04/15(金) 23:35:11.54 ID:???
>>474
大友、青くさいねえ。手塚の死の直後だと、この時35歳ぐらいか?
ま、大友の経歴からして、メジャーを商業主義に毒されてる
画一的なものばかりと批判して、マイナーこそ作家性のある個性的な作品が揃ってるって賛美するのも無理ないか。
双葉で好き放題に描かせてもらっていて、
AKIRAも好きに描かせてもらう環境で描いてたんだし。







【関連記事】


tennteketennteke 2011/04/17 20:51 中国や韓国のマンガがダメダメなのは、規制が厳しくて弾が少なすぎるからだと常々思っております。
中国は共産党批判が御法度だし、韓国も長幼の序とかあるし。
もう少し考えると、アメリカでは星条旗や軍を茶化したり批判するcomicは、あるんだろうか?アメコミなんてもろ星条旗万歳!のような。

通りすがり通りすがり 2011/04/18 00:33 石原都知事や猪瀬副都知事の発言から伺える発想は
まさに漫画を殺すものだということがよくわかる
あの二人はもう創作に関わる資格はない

菜々氏菜々氏 2011/04/19 11:32 もっとも、社会の無理解や漫画への蔑視があるから、マンガ家が反発しなにくそと発奮して傑作を生み出す、という面もあり、事実手塚も梶原一騎も白土三平もガンダムもそういう土壌から生まれてきたので、「自由に何でも描いていい」という環境から傑作が生まれる、と単純にも言えないのがおもしろいです。

NNSNNS 2011/04/21 02:57 良いか悪いかは、少数の大物が決めるのではなく、
俺達一人一人が決めるもんだって事でしょ。

それを、俺が認めないなら、世間も認めないとか言い出しちゃうんだから、全く。

   2011/04/21 10:28 これと対極的なのが、「第三の男」の鳩時計の話だな

ナナシナナシ 2011/04/23 14:39 大友氏の弟子の高寺彰彦氏も、同様の考え方を95〜97年のコミッカーズで述べていた。
一理ある意見も多かったが、彼もまた90年代後半から極度の寡作に陥ってるのは皮肉なものだ。
高すぎる理想ゆえに、進めなくなっているのだろう。

     2011/04/23 17:47 おれ自身はカトリック系幼稚園へ通っていたし今でも日曜学校などには行くが、日本はいい意味で宗教的に寛容というか縛りが少ないという点も利点だったと思う。
ラスボスがイエス=キリスト(最後に偽者と判るが)だった!
という展開は日本人以外描けないと思うw
いろいろ雑多な作品が出てきて楽しい

あ 2011/04/24 20:24 この人が言う言葉はいつも駄目なやつを擁護するための詭弁だ
駄目人間を慰めるための駄目理屈の中で生きたんだろう
勉強ができなくても運動ができなくてもみたいなので
結局できたのが秘密道具とかいう非生産的な妄想ですか
良かったですねツケ払う前に人生逃げ切れて

い 2011/04/25 01:06 秘密道具が事件を解決すると思ってる、馬鹿が居るな( ´∀`)σ
それすらも判らないで、よくも言えるなヽ( ´ー`)ノ

しまった、これは釣か(゜ロ゜) ヒョオォォ!

う 2011/04/26 18:08 秘密道具を使ってその場限りで解決

調子に乗って滅茶苦茶やらかす

手痛いしっぺ返しを食らう

なるほど。よくわかっているね。
何でも当てはまる。

アメコミ読みアメコミ読み 2011/05/09 16:50 >>tennteke
>もう少し考えると、アメリカでは星条旗や軍を茶化したり批判するcomicは、あるんだろうか?

山ほどある。メジャー作品の基本モチーフのひとつだよ。
最近邦訳が出たところでは「デアデビル:ボーン・アゲイン」なんかがまさにそれ。
組織犯罪者と結託した軍の上層部が送り込んだ兵士が
ニューヨークの貧民窟を焼き払い、
濡れ衣で浮浪者になったヒーローがそれを倒すという。

星条旗ヒーローの代表みたいなスーパーマンや
キャプテンアメリカでも、
「星条旗の掲げる理念には敬意を惜しまないが、現状は理想にはほど遠い」
「星条旗を隠れ蓑に使う悪党は後を絶たない」
という状況が繰り返し描かれている。

しかし、コミックを読まない人はそうは思ってないんだな。

通りすがり通りすがり 2011/06/16 02:00 >中国や韓国のマンガがダメダメなのは、規制が厳しくて弾が少なすぎるからだと常々思っております。

中国はともかく韓国は無理でしょう。発想力とかを発揮できる人たちじゃないですから。
絵柄もどっかで見たようなのばかりですし。

0000 2011/07/06 12:53 あるジャンルはそれが出来ず「こんなハードじゃないのは○○じゃない」と高尚を気取ろうとして衰退していったな

>アメコミ読み>アメコミ読み 2011/09/19 12:23 「星条旗の掲げる理念」そのものを茶化すようなアメコミはないのかな。

KJKJ 2011/09/19 17:24 水清ければ魚すまずってやつね
そういう意味では、青少年健全育成条例の改正はよかったと思う
多少の障害があったほうが漫画界も活気付くだろう

七誌七誌 2011/09/26 21:20 星条旗はともかくナチスはどうなの?
徹底して悪にしか描けないって聞くけど
(知ってる範囲では外国でナチスドイツをかっこよくかく作品はない)

ROHROH 2011/10/20 14:33 >KJ
障害は個別に向けられるべきだと思うんよ。
「○○はアリだけどお前の作品は○○じゃないからダメ」みたいな。
ジャンルに対する封殺からの成長は難しいんじゃない?

保護の必要な文化は死に体保護の必要な文化は死に体 2011/11/12 00:58 多様性こそ繁栄への切符であり、裾野が広いからこそ頂点は輝く

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証


cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリー




【今週の注目記事ランキング(日曜日から集計)】




【月別よく読まれた記事ランキング @本スキャ!】

★2013年
12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  

★2012年
12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  
  
★2011年
12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月