IT活用経営革新実践記 Twitter

2013-01-26 医療カルテデータをやっとネットサーバーに設置が実現

織田病院:カルテをどこでも システム導入、ネット入力・閲覧可能に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130126-00000229-mailo-l41

企業経営ではすでにシステムソフト本体とデータ情報サーバー側に置き、パソコンなどの端末ではデータ入力と閲覧だけというやり方が浸透しつつある。

このようなIT手段を使うと、世界中日常業務活動情報を共有して経営の合理化を実現できるからです。

このたび、人の命の分野ではじめて、一人の患者が複数の医療機関介護施設などを利用する時のための「どこでもカルテ」の情報入力と閲覧できることとなった。

導入した織田病院では、一人の患者が地域内で複数の医療機関介護施設などを利用するケースが増え在宅医療も進む中、どこでもカルテの情報が閲覧できることで診察がスムーズになり、検査の重複などが防げて患者負担軽減にもなるという。

このシステム世界に広がっていくと

あなたが世界の何処にいても、医者はあなたのカルテを閲覧して、検査時間をかけることもなく治療してもらえることになる。

しかも、あなたしか知りえない情報でしか閲覧できないセキュリティーも確保、確認されているので安心だ。

最も大切な人の命分野でもITを使った進化が国内から世界で実現すると、薬の二重投与の弊害や検査の重複などが防げて、医療費も削減できる。

何よりも緊急時の対応がスムースに進む。

医療機関連携世界に広がれば、安心して海外旅行や海外勤務ができる。

人類がネットサーバーシステムデータを置くことで世界中情報利用できることを実用化して、25年も時間がかかったことになる。

これらインターネットサーバーソフトデータを持たせるという実験を我が社では25年前の1998年に実証している。

実験ページ    http://www.kakenk.co.jp/test/

日経産業新聞記事 http://www.geisya.or.jp/~kaken/n_kiji.html

京都新聞記事   http://www.geisya.or.jp/~kaken/k_kiji.html

Facebookページ

ブログ http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/

個人 https://www.facebook.com/ohtahideki/

会社 https://www.facebook.com/kakenk/

ホームページ http://www.kakenk.co.jp

2012-07-16 Facebookは利用の仕方によっては個人情報保護法違反の疑義あり

新しく出続けるFacebookスパムアプリ

感染したくない初心者さんに、プライバシー設定で事前にスパムアプリを指定する簡単な方法については

http://8en.jp/facebook/prevention_spam_application/

こちらをご覧下さい。

友だちに迷惑をかけないためにも初心者さん向けスパムアプリ感染を事前に予防する方法が説明されています。

Facebookアプリ制作業者は不特定無数存在しており、これらの業者もしくは個人が開発したアプリに対して、Facebook個人情報保護違反に対しても責任は持たない。

アプリを利用する時、小さな文字で書かれているからほとんどの人は気が付かないですが、虫眼鏡で調べると「フライバシーポリシー」と表示されてリンクが貼られている。

しかし、確認してみると「プライバシーポリシー」のページが表示されるところは少ない。

クリックしても元のページに戻るだけというのがほとんどである

しかも、Facebookログインしたままで、「いいね」ボタンがあるページを参照すると、私が見ているという情報Facebook に送信されている。とのことです。

http://www.sakimura.org/2012/07/1753/

これはこの春Facebookは利用者のパソコンクッキーとして保管記憶されているIDパスワードなど個人情報を利用する方針であると発表されたことの具体例を示しているのだろう。

いずれにしても、日本には個人情報保護法がある。

完全に無視されていると思われる。気がつく人もないのではなかろうか。

若い人は気にしないらしい。クッキーを利用するといわれてもITプロですらわからない人が多い。国はこの分野においても無責任・無関心を続けるのだろうか。

我々は自覚して自己防衛作を考えておかねばならない。(太田英輝記)

Facebookページ

ブログ http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/

個人 https://www.facebook.com/ohtahideki/

会社 https://www.facebook.com/kakenk/

ホームページ http://www.kakenk.co.jp

2012-06-27 各種インターネットサーバの事故対策の不思議

ヤフー子会社でレンタルサーバを手がけるファーストサーバの大規模障害で、同社は6月23日、共有サーバサービスクラウドサーバサービスについて「データ復旧を行うことは不可能と判断した」と発表した。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/24/news004.html

レンタルサーバ会社の注記に「データの復元を保証するものではありません」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/25/news058.html

結局復旧しないとのこと。保証もしないとのこと。私には不思議でならない。

他のサーバー提供業者も同じように場所提供しているだけで、預かっているもの責任を持たないとのこと。

私どもでは、お客様から日常業務データおよびシステムをお預かりしてサーバー運用しています

当然毎日バックアップと別途サーバー管理者の事業所へ週1回のバックアップダウンロードをしている。

お客様には随時ダウンロードによるバックアップを取っていただくようにプログラムに組み込んでいる。

これは阪神大震災以降、対策を考えてこのようにしたものです。

少なくとも3ケ所に分散してバックアップを取っていますので、天災にも危険回避ができる。

さらにバックアップと言えば、通常は壊れた情報データをもバックアップしているわけですから、いざという時に何の役にも立たないのです。

そこで、サーバー管理者のところとお客様のところというように時差バックアップをしておけば、その範囲内で復旧できるわけです。

事業者としてはあたりまえのことと考えています

なぜ、大規模事業者はそれができないのだろうか。今回の事故とその後の対応を知って改めてびっくりした。

危機意識と危機対策は日常忘れがちですが、今回はそれ以前の初歩的問題である

あなたの大事情報を、誰が元に戻してくれますか。泣き寝入りますか。

それともあなたは業者とバックアップ契約をしていますか。

いま、他人事ではなく全ての情報がなくなってしまわないうちに安全に活用保管できる方法を、業者としっかり確認しておきましょう。

原発事故のように人の命にかかわる危機もある、今、あなたに危機が訪れた時どうするかを確かめておいてください。

静的なhtmlだけならさほど苦労することもないが、昨今は、システムブームもあり動的データシステムバックアップがなければ重大な事態になります

Facebook個人ページ https://www.facebook.com/ohtahideki

日記ブログ     http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/

株式会社カケン   https://www.facebook.com/kakenk

ホームページ    http://www.kakenk.co.jp

2012-06-20 Facebook対応のプログを作ってしまいました

インターネット世界Facebookの登場で、随分と社会全体の動き方や・ネットの活用の仕方・ネット社会イメージが変わってきた。

感性の鋭い人は、これまで考えられもしななかった活動を実践することで、あっという間に有名人になっていった。

1年程度の短時間で新有名人がどんどん誕生し、ますます変化と成長をし続けている。

彼らの成功の原因はいくつかあるが、そのうちの1つにブログの活用がある。

成果が出せるブログの活用(Facebookとうまく連携させシェアを増やし情報到達人数を増やすことです)

1.自分Facebook仕事ページへの「いいね」が有効機能すること。(Facebookページでいいねを押したと同じ状態)

2.今日ブログページに「いいね」できること。

3.そのブログ記事を訪問者のタイムラインシェアできること。

4.訪問者がコメントを記入することができ、そのコメントはその人のFacebookに反映されること

5.いいねをいただいたFacebookページの方々の顔一覧が表示できること。

最低限これだけの機能は欲しいものです。

これらの機能を網羅したブログを探し回りましたが、既成のプログでそろったものがなかなかないので、とうとう自分で作ってしまいました。

当然このブログのように手段は準備しましたが、ブログに書き込む内容と表現が問題なのである

内容次第では友達シェアしてくれることで、さらに本人の知らない友達へと広がっていく。

ここでどういう戦略を持って、どのような手順で、どのような内容を書き込んでいくかがきちっと整理されることが必要です。

しかも、内容は高度であっても、受け取る側にとっては単純明快であるほど良い結果が出るようだ。

自分専用のブログが欲しい方はお問合せ下さい。 http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/toiawase.html

日記 http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/

Facebook

太田英輝

https://www.facebook.com/ohtahideki

株式会社 カケン

https://www.facebook.com/kakenk

2012-05-24 気付かないFacebookの危険性(迷惑をかけていませんか)

普通気づかないFacebookの使い方

Facebook利用者が飛躍的に増えています。今日タイムライン投稿権の設定について。

自分Facebookページのことをタイムラインと言っていますが、大事にしてください。

お使いになっている方はご存知のとおり、友達の輪を広げ、良い関係を築き、お互いに良い影響力を発揮し合って、良い関係を築いていく場。それが自分タイムライン(ホームページ)です。

したがって、友達へお役に立つ良いニュースをお知らせするページですよね。

そこへ言い方は悪いですが、他人がどかどかと入ってきて厚かましくも勝手なことを書きこんで荒らして帰るということがあります。

友達ならそんなことはないのですが、ついつい知らない人を友達にした時に自分の意思に反して知らないうちに書き込まれて利用される場合があります。

また、自動的に友達を増やすシステム友達を通して入ってきたりしています。

いずれも防ぐ方法があります。ほとんどの方は気がつかない状況のようです。

自動友達作りシステムは「ファン獲得のツボ」などといって、「あなたのページへ書き込む」許可を取ろうとするものです。

書き込む権限を与えることは自由ですが、人には欲がありますから情報を得ようとしてついつい許可してしまうわけです。

許可したら、複数の記事が書き込まれ、しかも数日おきに書き込まれ、そのたびにあなたが友達投稿したことと同じ結果になります。恐ろしいことです。

友達に迷惑をかけることになるかも知れません。それよりもあなたの信用に影響することにもなります。

この誘いに乗って許可をした人の写真集には

口コミ秘伝の書

小資金戦略×バイラル戦略

facebookmaster

ソーシャルメディア最適化秘伝の書

プロフィール画像

などと名前の付いた画像がそれそれれ複数枚保管されています。

許可しない方がいいでしょう。許可してしまったら

https://www.facebook.com/settings?tab=applications

タイムライン自分のみ書き込みできる設定の仕方

自主自立に強くなりましょう。ご自身で発見してください。

ヒント ホームの右横にある三角形クリック

回答はプライバシー  次に タイムラインタグ付け 

あなたのタイムライン投稿できる人を「なし」にする。

http://www.kakenk.co.jp/ohta/nikki/