Hatena::ブログ(Diary)

加古川市ボランティアセンター ブログ

2012-03-21

『ストローにいのちを吹き込む』〜笑顔と元気を被災地に〜

 先日、平成23年度ボランティア研修会を開催しました。
 今年度は、リコーダーストロー楽器奏者神谷徹さんをお招きして、『ストローにいのちを吹き込む』〜笑顔と元気を被災地に〜と題しての演奏とお話でした。
 今年の研修会は、神谷さんがTV出演された際に告知して頂いた効果もあって、300名を越える方にご参加頂きました。参加された皆さん、本当にありがとうございました。

f:id:kakogawavc:20120321084850j:image

f:id:kakogawavc:20120321084908j:image
▲そして、この研修会で担当Oが司会デビューしました。

 神谷さんは、ストローで様々な楽器を作られ、演奏をされています。
 なんと曲毎にオリジナル楽器を作成されています。

f:id:kakogawavc:20120321084853j:image  
▲「かたつむり
f:id:kakogawavc:20120321084849j:image
▲「チューリップ
f:id:kakogawavc:20120321084852j:image
▲「鯉のぼり
f:id:kakogawavc:20120321084845j:image
▲「月」

f:id:kakogawavc:20120321084844j:image
▲「象さん」
f:id:kakogawavc:20120321084906j:image
▲「六甲おろし 

などを始め、ストローで奏でられる音色に、会場は歓声と大きな拍手に包まれました。

f:id:kakogawavc:20120321085723j:image

 お聞きするとストローでの演奏レパートリーは、50曲を越えられるそうです。東日本大震災被災地にも、ストロー楽器の演奏で足を運ばれ、世代を問わず、皆さんが笑顔になっていかれる様子が嬉しいと神谷さんは、語っておられました。
 舞台上で、「人参」で楽器を作って、即興で演奏までして頂き、最後には緊張しながら司会をした担当Oに「人参楽器」をプレゼントして下さいました。

f:id:kakogawavc:20120321084907j:image

 「肩に力を入れず、やりたいことをやる。求められていることをする。」という言葉が印象的でした。
 会場が一体感に包まれ、温かい雰囲気の中で研修会を終えることが出来ました。神谷さん。本当にありがとうございました。
 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kakogawavc/20120321/1332288386