続・回収率300%を研究

11-18-Saturday, 2017

[][]マイルCS

基本的には先週と同じくキレ味を削がれる馬場で前残り傾向だと思うんだけど、土曜メインがそれほど速いペースでもないのに完全な外差し展開になってしまったのが気になる。下級条件戦でスローなら後ろで溜めた馬が伸びずに前が残るのかもしれんけど、ハイレベルでハイペースになれば傷んだ内を通るよりも外に回す利の方がいきるかもしれん。

でもサトノアラジンレッドファルクスを買う気にはなかなかならないんだよな。2頭とも高速馬場で前も残るところをそれ以上の末脚で捕まえるのが持ち味。時計がかかる馬場ではそれほどでもない。グランシルクもまあこのへんと似たタイプだろうか。


エアスピネルGIでは不良馬場とかの助けがない限り基本的にはGIレベルでは足りない馬だと思っている。過去のGIでも、人気を落とした菊花賞で低レベルメンバーで内をうまく立ち回ってようやく3着になったくらいで、他は馬券になってない。

確か週明けの想定オッズではどこも大体エアスピネルが1番人気だったはずで、実際前走1番人気に応えて圧勝しているわけだからそれが妥当だったと思う。しかし蓋を開けてみたら全馬券種別で見て実質2番人気に甘んじていて、前走4番人気で2着に甘んじたイスラボニータの方が売れている。今週物議を醸した武豊からムーアへの乗り替わりがどう人気に影響を与えるかと思ったけど、ファンは「この乗り替わりはマイナス」と見ているんだろう。確かにこの馬に関してはそうかなという気がする。堅実な馬なので人気はするけど、どうせ4着か5着だろうと思っていっそ切ってみるくらいがちょうどいいかも。


サングレーザーも勢いはあるけど、内を上手く突いてヒルノデイバローをようやく交わすくらいならまだここは敷居が高いだろう。桜花賞レーヌミノルマイルで若干気になるけどローズSも負けすぎだし、一変するところまでは想像しにくい。ヤングマンパワーとかクルーガーとかも多少気になるけど、これよりはさすがにエアスピネルが来そうな気がする。



マルターズアポジー

ペルシアンナイト

▲ウインガニオン

△イスラボニータ


ペルシアンナイトはアーリントンCレッドアンシェルとディバインコードを3馬身ちぎり捨てる競馬披露している。皐月賞の快時計2着といい、ダービーで直線後半力尽きたとはいえ見せ場を作った走りと言い、3歳春の時点では最強マイラーの1角だったはず。富士S休み明けとか泥を被る内を通ったとかで度外視できなくもない。この秋の時計のかかる京都で大活躍中のハービンジャーとGI9戦連続馬券圏内デムーロだし、連勝では6番人気に留まっているので押さえておきたい。


あとはウインガニオンも拾うか。夏に連勝して冬は惨敗続きを繰り返す綺麗な成績の夏馬だけど、今回は一週前に坂路自己最高記録を大幅更新。かなり出来は良さそうだし長い脚を使えるタイプなので。


人気サイドならイスラボニータ。マイルCSで一昨年3着→去年2着。マイラーズCではエアスピネルより1キロ重い斤量で負かしているし、昔は左回りイメージだったけど古馬ではむしろ京都で走る。ただ勝つイメージは湧かない。


本命馬についてはもう今更言うことがない。これが単勝12倍しかつかないというのは、もう自分の買い方では馬券で儲からないと突きつけられているようで少し凹む。◎の単勝と頭固定三連単。あとは先週のように最後デムーロに捕まる可能性を恐れて◎○の馬連

11-12-Sunday, 2017

[][]エリザベス女王杯

牡馬相手重賞戦線で対等に戦ってきた馬が何頭も揃った中で、ヴィブロスが抜けた一番人気という評価には違和感があるので消し。3歳牝馬もそれほどレベルが高い印象は無くなった。直線一気のキレ味勝負だけで何とかなるほど軽い馬場ではなさそう。

となるとクロコスミアを交わせる馬はそれほど多くないのではないかという気がしてきた。時計がかかる2200はステイゴールドの最も得意とするところ。前走は超スローで逃げ切ったけどもともとある程度のペースで引っ張ってこその馬ではなかろうか。


◎クロコスミア

ミッキークイーン


相手は地力最上位のミッキークイーン。馬連一点勝負にしてみようかな。

11-05-Sunday, 2017

[][]アルゼンチン共和国杯

アルバート

デニムアンドルビー

▲レコンダイト

3歳世代が信頼できないので人気2頭とも消し。古馬で実績と近走成績から素直に選ぶとこの3頭か。点数絞って勝負

10-28-Saturday, 2017

[][]スワンS

今週も雨か。また道悪で時計のかかる馬場になりそう。

それなら14番人気ティーハーフあたりはどうだろうか。2年前に函館スプリントSまで3連勝を決めた重い馬場巧者。その後10連続掲示板を外す惨敗を続けてきたけど、休養を挟んだ今年の高松宮記念で激走。道悪をものともせず内を選んでレッドファルクスレッツゴードンキに真っ向勝負を挑み、最後の1ハロンで力尽きたものの4着を死守した。その後のこの2頭の活躍ぶりを見ても価値が高い。さらオープン特別を4,5,3着と安定して好走。続く雨のCBC賞でも0.3秒差の4着。前に行った2頭がそのまま残る展開で、後方から掲示板に乗ったのがシャイニングレイとこの馬とスノードラゴンだからこれも十分評価できる。

本来質的にどうしも成績の安定しない馬がこれだけ好走を続けたということはかなり調子は良さそう。休み明けの前走は最下位に沈んだとはいえ、1.07.5の速い時計で逃げ馬がそのまま上がり33.2で逃げ切ってしまうような極端なよーいドン展開ではやむを得ないところで、上がり32.8で0.6秒差なら着順ほど大きく負けていない。叩き2戦目、道悪のここで弾けるかもしれない。


◎ティーハーフ

○レッツゴードンキ

サングレーザー

トーキングドラム

トーセンデューク

△フミノムーン

[][]天皇賞・秋

多分明日更新できないので今のうちに。メンバーの力関係も難しいけど、馬場もどうなるのかよく分からんし、とりあえずオッズで惹かれる馬から買っておこう。

本命ネオリアリズム札幌記念モーリスを倒し、マイルCSで3着。香港マイル度外視するとして、中山記念クイーンエリザベス2世Cを連勝中。これで10番人気の低評価ちょっと驚く。特に中山記念では前半かかりっぱなしだったにも拘わらず、サクラアンプルールロゴタイプアンビシャスヴィブロスといったその後活躍している馬たちを正攻法で押し切っているわけだし侮れない。道悪も得意な方だし、唯一休み明けが気になるけどこの馬自身は休み明けの実績は十分ある。

ステファノスは前走ルージュバックに差されたけど、ラスト4ハロンから激化したレースを早めに仕掛けた分が最後に響いただけ。先行策も板についてきたし、休み明けとしては上々の内容だった。毎度毎度叩いて変わる馬なのでここも怖い。

ヤマカツエースは苦手な夏の札幌記念3着。後方待機馬が上位を占める展開で先行して3着なら上出来と言っていいのでは。東京だけは二桁着順ばかりでまるで実績がないので重い印は打てなかったけど、あの瞬発力をいかせる展開になれば一発あるかも。


◎ネオリアリズム

○ステファノス

キタサンブラック

サトノクラウン

△ヤマカツエース


キタサンブラックは全然分からないけど沈む自信もないのでとりあえず押さえる。サトノクラウンも2000は短いかと思ったけど雨が降れば関係なさそう。

毎日王冠で上がり32秒台の脚で好走した馬たちはまとめて消してみる。前走丁度良く負けたソウルスターリングは気になるけどまだ人気しているので消し。ちょっと過剰評価な馬だと思う。今年の3歳は牡馬牝馬も大したことないのでは。

10-22-Sunday, 2017

[][]菊花賞

ここまでレベルが低いと感じる菊花賞は初めてかもしれない。皐月賞の時点では重賞勝ち馬10頭いたはずが、半年たって重賞勝ち馬が3頭になってしまうのはなんとも悲しい。一頭大物がいてそれを避けたというわけでもないのに。

さらに雨まで降ってもう何でもありの雰囲気。「菊花賞は強い馬が勝つ」と言われたのも今は昔。さらに雨が降ってしまえば、単勝114倍のマイネルデスポットが逃げ粘った01年、その翌年10番人気ヒシミラクルに向って16番人気ファストタテヤマが突っ込んできた02年が思い浮かぶ。15番人気フローテーションが追い込んだ08年も直前まで雨だった。今年もそのレベルの爆穴が来ないだろうか。



本命は16番人気マイスタイル

ダービーではまさかこの馬がハナを切るとは思わなかったけど、仮にあの展開を読めていたとしても、とてもこの馬が好走するとは想像つかなかっただろう。過去にダービーが超スローのよーいドンになった例は、07年ウオッカ、10年エイシンフラッシュ、13年キズナ、16年マカヒキが勝った年があるけど、例え逃げ馬が余力を残していも、それ以上にスタミナを残した後続17頭が殺到する中で東京の長い直線を逃げ粘るのはそれほど簡単なことではない。07年に逃げて2着に粘ったアサクサキングスはその後見事に菊花賞を制した。13年のアポロソニックは後続を引き離し気味に逃げてリードがあったことと、上位2頭以外は極めて低レベルな世代だったこともあって、上がり35.5でも何とか3着に残ることができた。そのまま引退してしまったけど、逃げれば崩れなくてその後も活躍を見込める馬だったと思う。他のスローの年の逃げ馬は馬群に沈んでいる。

それに比べて今年のマイスタイルはラスト3ハロン地点ですでにレイデオロに並ばれる展開。しかしラスト200メートル地点で交わされるまではしっかり叩き合いを演じて、最後1ハロンで力尽きたものの0.3秒差に粘りこんでいる。離しての逃げがハマったわけでもなく、上がり34.1を繰り出してアルアインダンビュライトペルシアンナイトあたりを完封したのは立派。気分良く逃がすとかなりの粘り腰を持っている。


弥生賞でも逃げて2着に粘りこんでいて、大外一気のカデナにこそ交わされたもののダンビュライトやベストアプローチを完封している。マイスタイルすら捕まえきれないとはという形でダンビュライトの評価が急落したわけだけど、その後もダンビュライトやベストアプローチは世代のトップクラス相手に堅実に好走し続けているので、やはりあの弥生賞はマイスタイルの逃げっぷりを評価し直すべきだと思う。

神戸新聞杯では外枠からハナを取ることができずに先行策から真っ向勝負を挑むことになって、特に見せ場なく地味に7着に敗れた。しかし4着ダンビュライトとの着差は僅か0.2秒で、位置取りの差がそのまま出ただけ。レイデオロから離された2番手グループの中ではほとんど力差はないと言っていい。もともと2勝を上げたレースもいずれも3番手から抜け出してのものだし、必ずしもハナを切らなくてもいい。気分良く先行できさえすれば、容易くは先頭を譲らない底力を持っている。大外枠は残念だけど、下手に内を引いて穴人気するよりはノーマークで走りやすいかもしれない。昨日の京都も外枠の馬の好走が目立った。

キレ味勝負では分が悪いけど、今回は全馬初めての経験となる3000。距離が延びれば延びるほど強いハーツクライ産駒のこの馬なら、ディープインパクトキングカメハメハの血を引く馬よりも上積みが見込める。1,2,3番人気で決着したダービーの1,2,3着馬が不在で、過去にないほどの低レベルさが懸念される今回の菊花賞。ダービー最先着馬が16番人気なら狙ってみたい。





対抗は黄金配合ウインガナドル。

ラジオNIKKEI杯、新潟記念といずれも早々と勝ち馬に交わされる厳しい展開ながら最後まで叩き合いに持ち込んで僅差の競馬に持ち込んでいるところに大舞台向きの底力を感じる。特に前走は一見前残りの競馬だったけど、レースラップは59.0-58.9のイーブンペースで、決して楽なペースで逃げたわけでもない。むしろ直線向いてすぐ、あと600メートルを残して早々と勝ち馬に交わされてしまう厳しい展開で、0.1秒差の4着に踏ん張ったことを評価したい。1000万条件すらなかなか勝てない今年の3歳世代の中では古馬相手に実績を残した方だろう。

東京2000を逃げ切った夏木立賞でもその素質の片鱗を見せていたと思っていて、先行馬や差し馬を完封し、最後追い込み馬が末脚を伸ばしてきた時にさらにもう一伸びして他の馬を突き放して勝っている。ハナを切ったレースでは( 2 1 1 1 )。馬体を合わせる暇なく大外一気で突き抜けられた寒竹賞が3着。いずれも崩れていない。今回も見事に内枠を引き当てた。少々穴人気してるけど仕方ない。

問題はここ2走が53キロと52キロでの好走だったこと。小柄なこの馬にとって今回初となる57キロは勝手が違いすぎるかもしれない。




皐月賞、ダービーと期待したクリンチャーも当然気になるところ。

母父に持つブライアンズタイムは菊花賞に強く、直仔は初期の大物ナリタブライアンマヤノトップガンのほか、トーホウシデンエリモブライアンスカイディグニティあたりがここで活躍しているし、母父となってもスリーロールスビートブラックを輩出した。去年のディーマジェスティは4着に敗れたけど、秋以降の大不振を思えばむしろ菊花賞は好走した方と言える。同系統リアルシャダイに負けないくらい長距離種牡馬としての実績を持っている。

菊花賞向きの資質は当然あると思うんだけど、皐月賞で好走しすぎた反動か、前走がいかにも負けすぎでちょっと食指が動かない。この馬は前に行かないと何もできないけど、前に行くスピードがない。雨の3000で内枠を引いたここで前に行けないならもうどうしようもないのでここが狙い目という感じもするんだけど、前走好スタートから押してもムチを入れてもまるで動かない手応えを見ていると、しばらく大きな期待をしにくい馬になってしまった。ヒモまで。


それよりはベストアプローチはどうだろう。

18頭中唯一サンデーサイレンスの血を含まない馬で、サドラーズウェルズ系のいかにも長距離・重馬場向き血統。これまで一線級と戦ってきて末脚勝負で見劣ってきたけど、青葉賞2着といい、スタミナを問われると高い能力を発揮しそう。本番で一変する藤原英昭厩舎であることにも注意したい。




◎マイスタイル

○ウインガナドル

ミッキースワロ

△ベストアプローチ

ポポカテペトル

△ダンビュライト

△クリンチャー



ディープインパクト産駒は3000メートル以上の単勝回収率がわずか5%しかないのでまとめて消し。

キセキも瞬発力に特化したタイプで、時計のかかったすみれSの負け方を見るとここで一番人気なら黙って消してみたい。


ミッキースワローは前任の騎手が下手糞すぎただけで、実は大物でここで圧勝する可能性もあると思う。本当はこの馬で頭固定しようかとも思ったんだけど、前走の勝ちっぷりがあまにも鮮やかすぎた。ドリームジャーニーとかイコピコとかフェイトフルウォーとかクォークスターとか、菊花賞トライアルでキレキレの末脚を見せて評価を上げた馬は本番でコケる例が多い気がする。それよりは軸は大穴から入りたかった。


前走古馬1000万下を好時計で快勝したポポカテペトルもちょっと気になる。クロフネの近親で道悪の3000はどうかという気もするけど、青葉賞で先行して4着も立派だし一応抑えるか。

あとは重馬場得意そうなダンビュライトまで。



追記。ポポカテペトルはディープインパクト産駒でした。点数増えるの嫌だし消してしまおうか悩む。