試験運用中なLinux備忘録

2007/08/25

Xfce4でデスクバーアプレットを使用する

GNOMEのパネル上に配置する「アプレット」と呼ばれる小型アプリケーションの中に、「デスクバー」というものがあり、ここに入力したものに対して、様々な操作を行うことができる。

Xfce4では、これに相当する機能がないのだが、GNOMEアプレットをXfceのパネルに含めるためのXfAppletというパッケージを使用することで、このデスクバーをXfce4のパネルから使用することができる。

  1. デスクバーのインストール
  2. XfAppletのインストール
  3. Xfce4パネルの設定
  4. デスクバーアプレットの選択

デスクバーのインストール

Gentoo,Debian,Ubuntuのいずれも「deskbar-applet」という名前のパッケージが提供されている。まずはこれをインストールしておく。

XfAppletのインストール

Gentoo Linuxでは「xfce4-xfapplet」、Debian,Ubuntuでは「xfce4-xfapplet-plugin」という名前のパッケージが提供されているので、これをインストールすることで、Xfce4のパネルでGNOME用アプレットが使用可能になる。

Xfce4パネルの設定

パネルの空いている場所や隅っこを右クリックして「アイテムを追加」を選択し、「Xfce アプレット」を選択。

f:id:kakurasan:20070824230419p:image

ダイアログの中の「Xfce アプレット」の項目の部分をパネルにドラッグしてやると楽に追加できる。

デスクバーアプレットの選択

追加されたパネル項目を右クリックして「プロパティ」を開き、「デスクバー」を選択すると、デスクバーアプレットがXfce4のパネルに表示される。

f:id:kakurasan:20070824230418p:image

XfApplet追加時にドラッグではなく「追加」ボタンを使用した場合は、パネルに追加された後にこのダイアログが自動的に表示される。

使用したバージョン:

  • deskbar-applet 2.18.1
  • xfce4-xfapplet 0.1.0
  • xfce4-panel 4.4.1

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

(C) 2007-2015 kakurasan
本ウェブログの表示につきましては、横幅1,000ピクセル以上を推奨します。
Connection: close