ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

試験運用中なLinux備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012/04/03 (Tue)

メールマガジン:動画編集アプリケーションOpenShot向けのSVG形式テキスト画像を作成(光っているような文字列の表示・前半)

この記事について

メールマガジンの系統は「自由テーマ」です。

動画編集アプリケーションOpenShotで作成する動画の中に光っているようなテキストを表示するための手順についてを扱っています。「InkscapeでOpenShot向けのテキストを作成する」で作成したものよりも高度な見た目のテキストをInkscapeで作成します。

メールマガジンの詳細については「『試験運用中なLinux備忘録メールマガジン』の発行について」を参照してください。

画像はテキストが表示されているところです。

f:id:kakurasan:20120403221114p:image

下は使用例の動画です。0:41, 0:57, 1:35のそれぞれの時間にテキストが表示されます。

D

途中までの内容

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃動画編集アプリケーションOpenShot向けのSVG形式テキスト画像を作成   ┃
┃(光っているような文字列の表示・前半)                              ┃
┃                                  マルチメディア,Inkscape,OpenShot┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━
はじめに
━━━━
OpenShotには標準でタイトルエディタという機能があり、文字列を挿入する
のに使えるのだが、テンプレートが限られている上に見栄えがそれほど
良くない。

図形としてのテキストを含んだSVG画像を用いることで見栄えの良いものは
作れるが、これも凝ったものを作ろうとすると色々と手間がかかり、
流れも単純ではない。

そこで、テキストの見栄えのパターンごとに作業の流れをメールマガジンの
記事としてまとめておくことにする。

SVG画像はInkscapeで作成する。OpenShot側ではプロジェクトのファイルと
して取り込んでタイムラインに配置し、必要に応じてクリップのプロパティで
フェードなどを好みで調整するだけでよいので、以下はInkscapeを用いた
SVG画像の作成についてのみを扱う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
光っているような文字列を画面中央下に配置する例(前半)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は640x480の動画の中央下部に光っている文字列を表示するものとする。

───────────
1. 新規ファイルを作成
───────────
Inkscapeを起動するかメニュー「ファイル - 新規 - [適当なサイズ]」を選択
して新しいファイルを作成する。サイズは次の段階で指定するので、メニュー
から新規ファイルを作成する代わりに「Ctrl + N」を押してもよい。

───────────────
2. ドキュメントのサイズを設定
───────────────
(以下略)

関連記事:

使用したバージョン:

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kakurasan/20120403/p1
カテゴリ「メールマガジン」を除いた本ウェブログ上の文章は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示-非営利-継承 2.1 日本)の下でライセンスされています(引用・転載されたものを除く)。
Creative Commons License

本ウェブログの表示につきましては、横幅1,000ピクセル以上を推奨します。