Hatena::ブログ(Diary)

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記/はてダ版 RSSフィード Twitter

Tweet
オタクちゃんねる2 オタクの政治プラス オルタナティブ@政治経済 予備ブログ
河口湖通信  ピアプロ pixiv ブクマ twitter tinamix
 twilog 読書メーター  はてなブログ版

2007-04-30

[][]安倍晋三の何が気に入らんのかとか、小泉純一郎への評価とか 04:30 安倍晋三の何が気に入らんのかとか、小泉純一郎への評価とかを含むブックマーク 安倍晋三の何が気に入らんのかとか、小泉純一郎への評価とかのブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070429#1177797359に書き足そうとして一部アップし、論旨が散漫になるので削除したものを、文章を足して以下アップする。

1

ずっと前、ペドファイルの知り合いがたくさんいた頃、ある先達がペドファイルを合理化しようとしてこんな理屈を述べたことがある。

「(第三世界での)少女買春をいかんというが、しかしその少女が飢えて死ぬのと、少女に何がしかの金を支払うことで少女が生き延びることと、どちらがより望ましいか、こういう風に論を立てたい」

私はこの論に全く不同意だった。これは被害者に共犯意識を要求し自分を免罪しようとする論だ。私はそういう論を生理的に受け付けない。

私は変態であるから*1、悪をなすこと自体を断罪するオタメゴカシ趣味はない。全然違う視点から言うと、たとえば革命は成功しなければ犯罪として処理される。大塩平八郎の乱は江戸幕府体制下では重犯罪だ。フランス革命はブルボン王朝にとって重犯罪だ。だが人は当時の重犯罪者の側に共感し、我々は通常これら重犯罪者の側を賞賛し描写する。

ペドファイル犯罪は私的犯罪であり社会的正義なんてないから、単に私的欲望を発露するだけである。それは悪の行為だ。悪をなす際に悪をなすと自覚して悪をなすべきなのだ。

私は変態であると同時に、基本価値観をマンガ家価値観に設定している。悪をなした人間の作品が優れていればその作品は評価されるべきであり賞賛されるべきだ。ヘタクソでつまらない作品だというのに宣伝の力でだけ売ったりあるいは売れたふりをしたりするのは最も軽蔑すべき唾棄すべきことがらだ。安倍晋三は後者に相当する。

安倍晋三周辺は「ソフトなムードの安倍晋三」というのを宣伝しようとしていたそうだ。私が最も憎悪するのは、こういうオタメゴカシであり、その対象に存在しない美点を並べ連呼する田舎芝居的無様さだ。悪をなしているのに悪をなしているとすら気づかないばかりか、それを悪ではないと強弁しようとする無恥ぶりだ。私はそれを最も憎む。

2

私は安倍晋三を毎日のようにこき下ろしているが、小泉純一郎を今までブログであまり批判したことがなかった。私は小泉政権への評価がわりと甘い。たしかに小泉政権の間に情報統制政策はいっそう進んだ。だが小泉はメディアを自覚的に用いた。私は悪をなす自覚をもって悪をなす人間への評価は甘い。およそ政治や国政は民衆の素朴な道徳観を超えた決断を迫られるものであり、悪をなす覚悟程度は必要だ。

小泉のライバルとされる人々はメディアを強権でもって統制しようとした。いやたしかに小泉もたぶん強権でもって統制したんだろうが、少なくとも我々にはそれまでの自民党よりはスマートなメディア利用だと見えた。小泉のライバルたちはオタメゴカシで悪を隠蔽しようとするタイプの悪だった。少なくともそういうタイプの悪だと小泉は宣伝し、それは事実だった。私はオタメゴカシで悪を隠蔽しようとする悪を最も憎む。小泉のライバルたちに対し小泉は残酷だった。だから小泉には「人気」があった。

小泉純一郎は決定的な時期に決定的な役割を果たしたという意味で日本のためになっていない人間だが、評価できる点もある。私は小泉純一郎を以下の点で評価している。

自分の考えを党の圧力・党の族議員・党の慣習に優先させたこと。別な言い方をすれば独裁的に振舞ったことだ。日本政治の最大の悪は責任が集約されない点にあった。小泉純一郎はさまざまな悪しき政策を行なったが、少なくともそれは全て小泉純一郎の意思によって行なわれた。これは重要だ。総理が総理として振舞った、戦後数少ない例だからだ。そして小泉純一郎以外の人間が総理になったとき総理として振舞える可能性を日本に残した。これが最も評価できる点だ。民主制とは交代可能な独裁制だと言える。日本では「責任中枢の不在」を「民主主義」と呼称する恐ろしい欺瞞が、主犯自民党により、主に保守言説によってなされてきた。保守を自認する人々は俺たちのほうじゃないと言うだろうが、それはともかく。責任中枢さえ責任中枢として機能すれば、有能な人間が責任中枢として振舞えば、日本は良い方向へ舵取りが可能なはずだ。そのためには責任中枢が責任中枢として機能することが必要だ。

次いで、我々オタクにとって「小泉を敵だと認定するには躊躇があった」理由として、小泉純一郎は「政治思想上の右翼(観念右翼・宗教右翼http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-179.html」を時に排除したことが挙げられる。小泉純一郎の基盤は経済右派と「政治思想上の右翼(観念右翼・宗教右翼)」の双方だったが、経済右派を優先し、「政治思想上の右翼」をしばしば切り捨てた。私の基本的立場は「オタク規制反対」「メディア規制反対」であり、その主たる敵は「言いがかりをつけてオタク規制・メディア規制をしたがる『宗教右翼』」だ。それはたとえば「生長の家」の族議員である平沼赳夫であり、「日本会議」系列の議員だ。小泉純一郎の党内対立の「演出」は自作自演の「演劇」である側面も強くあるが、それでも経済右派と「政治思想上の右翼(観念右翼・宗教右翼)」が対立したとき前者を選び後者を切り捨てたことは、異論はあるだろうが、「オタク規制反対」「メディア規制反対」の立場からは評価に値する。経済右派は少なくとも彼らなりの経済合理性に基づいて行動している。ならばオタク産業が日本の基幹産業たり得ることを彼らに説得すればいい。「政治思想上の右翼(宗教右翼)」は経済合理性自体に対立する。そのぶんタチが悪く、説得も通じない。宗教右翼にとってオタク規制は彼らの存在証明の一部をなしており、あるいは彼らが愚民を騙すときの基本言説となっており、彼らのプロパガンダと我らとは全く相容れるところがない。そして安倍晋三の基盤は前者よりも後者にある。それ故、安倍晋三は我らオタクにとって「敵」だ。

しかしながら、小泉純一郎の最大の愚行は、安倍晋三を「売り出した」責任者の一人となったことであり、後継者に安倍晋三を選んだことだ。小泉の政治背景を考えれば彼がそうしたのはある意味納得可能だが、小泉純一郎にある程度評価できる側面を見ていた者としては、これにより小泉純一郎の評価できる点は全てチャラになった。

安倍晋三は腐れ宗教右翼のプリンスであり、経済合理性の欠片すら理解できる脳を持たず、無能ゆえ全く総理として振舞うことのできない豚だ。この豚の如き痴呆を「宣伝」の力でだけ国民に売り込もうとした売国奴どもの振る舞いはセイント・フォーを「宣伝」したのに匹敵する無様さだったhttp://d.hatena.ne.jp/kamayan/20060917#1158457101。あるいは、翌週から載る漫画の予告に「早くも大人気!」と書いてあり、いざ現物を見ると「よくこんなヘタクソが編集会議通ったなあ、10週も持たないぞ」と思わせるヘタクソな漫画が『少年ジャンプ』の巻頭を飾り、駅ポスターを飾り、車内広告を飾り、そして実際10週もたずに連載打ち切りになるのを見るような無様さだ。

そして、無能無策の安倍晋三が総理になったことで、日本政治は小泉純一郎出現以前の、責任中枢のない混沌になった。責任中枢の不在こそは日本の最大の悪徳だ。低能の安倍晋三総理は、その責任中枢の不在をシンボル化したような、具体化したような人物だ。だから安倍晋三周辺はマンガよりもマンガじみている。

 関連 

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070312#1173637512■[思惟][政治][現代史][安倍晋三]「従軍慰安婦はいなかったで厨」「南京虐殺はなかったで厨」と、ペドファイル犯罪者の思考法

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070315#1173905748■[メモ][安倍晋三]いわゆる『広義の強制』ロジック解題/日本、ヤバくねえ?

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070321#1174417395■[安倍晋三]歴史修正主義で「拉致事件」を記述すると

くたばれ安倍晋三、と憤る同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

[]安倍晋三の子飼い記者は産経新聞・阿比留瑠比 06:39 安倍晋三の子飼い記者は産経新聞・阿比留瑠比を含むブックマーク 安倍晋三の子飼い記者は産経新聞・阿比留瑠比のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070426#1177529659

山岡俊介「アクセスジャーナル」によると、安倍晋三はわざわざ子飼いの記者に週刊朝日記事について安倍晋三へ質問させ、安倍晋三は用意した原稿どおりに「激高」してみせ、各マスコミは安倍晋三の意向通りに記事にしたようだ。あの陳腐な「激高」は安倍晋三から各マスコミへの威圧らしい。痴呆の安倍晋三坊ちゃまやその後ろの勢力が期待した効果が得られたとは思えないが。

と書いたことの続き。

山崎行太郎・毒蛇山荘日記」より

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20070428#p2

訪米で安倍夫妻は大歓迎され、安倍訪米は大成功だったと、安倍御用達新聞・産経新聞のアヒル記者氏が書いているらしい。しかし、わずか一泊二日の訪米で何が出来るというのだろうか。自らの不用意な発言で、薮蛇を突いて国際問題にまで問題を拡大させてしまった従軍慰安婦問題を、「すみませんでした。」「すみませんでした。」と平身低頭して、ただひたすら謝罪し続けただけの訪米だった、というのが公平な評価だろう。お土産は牛肉輸入とイラク支援継続、郵政民営化の加速、拉致問題の棚上げ(笑)、集団的自衛権の見直しによる米軍への日本軍従軍…といったところだろうか。〔略〕

アメリカのほとんどのマスメディアが、歓迎どころか、安倍訪米を無視し、国民に向けては一言も伝えなかったらしい。それでも大歓迎、大成功と、大本営発表を続けるのが日本の新聞…。ところで、安倍と朝日新聞、週刊朝日のバトルだが、どうもこの話にも裏があるらしい。産経新聞のアヒル記者と安倍首相周辺が前もって打ち合わせをし、お互い了解済みの上での質問と激怒…(笑)、つまりあの「激怒インタビュー」劇こそが実は「ヤラセ」で「デッチアゲ」だったらしい。おまけにその質問役の記者が産経新聞のアヒル記者だったというのだから、笑うに笑えないお話なのだ。〔略〕

産経新聞の阿比留瑠比http://abirur.iza.ne.jp/blog/が、例の安倍晋三の子飼い記者だったようだ。

阿比留瑠比もブログをしているみたいなんで、ついでにブログの影響力を調べてみよう。http://www.bloginfluence.net/en/

阿比留瑠比ブログの影響力 19040

カマヤンのブログの影響力  13230

「カナダde日本語」の影響力 26175

我がブログと「カナダde日本語」の中間程度の「影響力」のある産経新聞記者であるようだ。

くたばれ安倍晋三、と憤る同志は   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされたし。

[][]『はだしのゲン』と麻生太郎 00:08 『はだしのゲン』と麻生太郎を含むブックマーク 『はだしのゲン』と麻生太郎のブックマークコメント

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/23383.html

はだしのゲンで核軍縮訴え 外務省、NPT会議で配布(04/29 16:17)

 ウィーンで30日から始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、日本政府代表団が広島の被爆体験を描いた漫画「はだしのゲン」の英語版を会場内で展示、配布することになった。

 大の漫画ファンで知られる麻生太郎外相の肝いりで実現、原爆の悲惨さを生々しく描写した漫画で核軍縮を訴える。

 「はだしのゲン」は広島に投下された原爆で父、姉、弟を失い、自らも被爆した少年ゲンが母親、妹とともに懸命に生きていく姿を描いた物語で、米国はじめ各国で出版されている。外務省が英語版30冊を出版社から譲り受けた。

 同省は「各国政府、非政府組織(NGO)関係者にぜひ手に取って読んでほしい」とPR。今後も国際会議などの場で漫画やアニメを使った情報発信を検討しており、「漫画外交」が活発に展開されそうだ。

朝鮮人強制労働の主犯の麻生炭鉱の御曹司である麻生太郎が『はだしのゲン』を使うというのもアイロニカルだが、悪いニュースではないのでメモ。ついでに国の金でどーんと外国語版『はだしのゲン』を刷って世界中に撒くべきだと思われる。12兆円もムダな政府系法人に金を使うくらいなら、そのほうがよほど世界のためである。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070425#1177509277。なあ、朴さん(『はだしのゲン』登場人物) 、そうは思わないかい? そうすれば印税の一部は共産党に行くかな?

筑豊炭鉱関連

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/01/0601j0405-00002.htm

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2006/01/0601j0412-00003.htm

http://himadesu.seesaa.net/article/9981455.html

http://www1.ocn.ne.jp/~apuro21/fw02.htm

http://www.nishinippon.co.jp/media/news/0008/museum/15/15.html

感じるところがありましたら   にほんブログ村 政治ブログへ  をクリックされてください。

*1:近頃は私の出自を知らん人も増えてきただろうから解説しておくと、私の出自は鬼畜系ロリータエロマンガ家である。

杉山真大杉山真大 2007/04/30 07:22 高田渡「自衛隊に入ろう」をPRソングにしようとした防衛庁幹部と同じくらいシュールだ・・・・・さぞかしネ申。

Flyer_2006Flyer_2006 2007/04/30 21:59 http://news.livedoor.com/article/detail/3141625/
「言論テロとか政治運動とか、よどみないコメントに記者団もビックリだった」

不自然にスムーズな質疑応答もさることながらその小泉的な適確に感情を表す「よどみないコメント」が
実に非安倍的だったのでいつも直に接してる記者連中はビックリ(笑)あやらせだな、と。