Hatena::ブログ(Diary)

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記/はてダ版 RSSフィード Twitter

Tweet
オタクちゃんねる2 オタクの政治プラス オルタナティブ@政治経済 予備ブログ
河口湖通信  ピアプロ pixiv ブクマ twitter tinamix
 twilog 読書メーター

2010-12-16 水戸泉さんに感謝を

kamayan2010-12-16

[][]都職員による、違法違憲行為報道 02:57 都職員による、違法違憲行為報道を含むブックマーク 都職員による、違法違憲行為報道のブックマークコメント

1

都条例において、都職員による、違法違憲行為が行なわれたと産経新聞が報じてくれた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101215-00000604-san-soci

産経新聞 12月15日(水)22時36分配信

都の職員が地域のPTAなど保護者の集会に直接出向く説得活動を展開。

都職員が案件に対し中立ではない行為をしましたよ、と、いうことです。これは違法行為であり違憲行為のはずだ。産経新聞ありがとう。我々はこの事実を、できるだけ大騒ぎするべきである。この件につき我々は思いつく限りあらゆるところにメールを送り、この違法の事実を周知させるべきである。この「都の職員」というのは警察からの出向だろうな。出版社よ、訴訟せよ。

2

「いわて青少年育成プラン(改訂版)」(素案)に係るパブリック・コメントの実施について

http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?nd=124&of=1&ik=1&pnp=54&pnp=124&cd=29321

序・第1章 現状と課題(1P〜13P)

P.2

4.対象とする青少年の範囲

このプランはおおむね30歳までの青少年を対象とします。但し、施策によっては30代も対象としています。

岩手県でも役人が蠢いている。

しかし、岩手県には私は希望を持っている。なぜなら岩手県知事達増(たっそ)くんは、本人は自覚が薄いが、オタクな人だからだ。

http://livedoor.2.blogimg.jp/jyoushiki43/imgs/3/b/3b98cc07.jpg

とはいえ、ローゼン閣下伝説と同じく、本人がオタクである乃至オタク気質であることは、オタク文化を政策的に保護することを全然意味しないので、達増知事をいかに仲間として自覚させるか、オタク文化擁護政策にいかに引きずり込むかは、今後の課題である。

3

麻生ローゼン閣下伝説関連

http://d.hatena.ne.jp/kamiyakenkyujo/20101215/1292426086

 だが、長岡の『マンガはなぜ規制されるのか』を読み、その規制の半世紀の歴史を読めばすぐにわかるが、行政側は警察的な介入や取締がふえ、半世紀前には主流であった「市民の運動や世論から行政の介入へ」という流れすら消えて、市民の運動や世論などなくていきなり行政(とくに警察サイド)から介入が先行するということが前面に出てきている。

今回の条例案は保護者らの声に促された側面より、児童ポルノ対策の機運を独自に高めたいとする都が政策的に先導した面がある。(日経新聞2010年12月9日付)

という指摘はそのとおりなのだ。

 しかも『マンガはなぜ規制されるのか』にあるように、指定をかけてコストをあげさせて苦しめたり、出版という文化を保護するためにもうけられたさまざまな税制上の措置を外すことをチラつかせたり(それをやったのが「オタクの味方」である麻生ローゼン閣下)と、権力を使っての締め上げをしてくるのだから、雰囲気としてはおよそ「対等な対話」などは望めない。少なくとも現状はそうなっている。

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

[][]水戸泉さんに感謝を 03:31 水戸泉さんに感謝をを含むブックマーク 水戸泉さんに感謝をのブックマークコメント

水戸泉さんhttp://twitter.com/mittochiに感謝を示します。本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。条例こそ可決したものの、今回の条例改定での規制反対運動はある種社会現象化し、今まで考えることもできなかった方面から多くの味方を得ることができるに至りました。それにより規制反対運動は全く新しい局面に突入できたと感じます。

水戸泉さんのそこでの奮戦は、すばらしいものでした。水戸泉さんの今回の都条例改定反対運動での活動は、初めから終わりまで立派でした。私はそう思います。そのように振舞うのがいかに困難なことだったか。本当にありがとうございました。水戸泉さんに感謝と敬意を示します。

規制反対運動の旗頭という状況から、元の創作活動に戻るには、規制反対運動で消耗するのと逆方向に困難を覚えることになるかもしれません。私たちの表現規制反対運動は、何人もの人を使い潰してこれまで進んできました。水戸泉さんが、創作以外で頭を悩ませないで済むよう、水戸泉さんの名を知る人たちは、少し力を貸してやってほしいと願います。

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

[][][]次回の東京都青少年健全育成審議会は、平成23年1月11日 12:18 次回の東京都青少年健全育成審議会は、平成23年1月11日を含むブックマーク 次回の東京都青少年健全育成審議会は、平成23年1月11日のブックマークコメント

以下、メモする。

次回の東京都青少年健全育成審議会は、平成23年1月11日15:30〜開会予定。非公開(議員の傍聴も許されない)。まずは、昨日までの都議会での議論を受け審議会の運営方法など検討を審議会メンバーにお願いする。メンバーはこちらです →  http://bit.ly/fQBy2y

nogamiyukie 野上ゆきえ 東京都議会議員 

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

[][]石原慎太郎が青少年条例改定するという皮肉 19:16 石原慎太郎が青少年条例改定するという皮肉を含むブックマーク 石原慎太郎が青少年条例改定するという皮肉のブックマークコメント

以下、文起こししてみた。

荒川強啓デイキャッチ 2010年12月16日(木)

「なぜ“マンガ”“アニメ”だけが規制されるのか!?」山田五郎

http://podcast.tbsradio.jp/dc/files/yamada20101216.mp3

でね、私の好きな映画でね、1956年に公開された大映映画で『処刑の部屋』というのがあったんですよ。この中でね、金持ちのボンボンの大学生がパーティーに女子大生呼んで、睡眠薬入れたお酒飲まして、昏睡させて、まあ、準強姦するシーンがあるんですよね。

当時、この映画に触発されたと供述した未成年者による性犯罪が少なくとも3件くらい起きて、ちょっとした社会問題になっている。最近のスーパーフリー事件を思わせるような、まさに「刑罰法規に触れる」性行為を、正直、ちょっと、「不当に賛美し」「誇張」した表現だと思うんですよね、この『処刑の部屋』という映画は。これがアニメだったら〔青少年条例の〕第7条第2項に該当しちゃうんですけれども。この映画、ちなみに今もDVDで観ることができて、18歳未満でも買えるんですよ。

で、この原作者は、石原慎太郎さんなんですよ。まさかね、ご自身原作の映画がOKって言いたいがためにわざわざ「実写を除く」って入れさせたんじゃないとは思いますし、「だったら『処刑の部屋』も規制しろよ」とか言いたいわけじゃないんですよ。ただ、仮にこの『処刑の部屋』を原作に忠実にアニメ化した作品があった場合ね、どうして実写は良くて、アニメだとダメになるのかということについて、説明してほしいなという気がするんですよ。これ、記者会見でね、それに類したことを知事に訊いた人もいたんですけれども、「バカなこというんじゃない」みたいな感じで一蹴してるんですけれども、僕ね、この件に関しては東京都知事は答える義務があると思うんですよ。

なんとなればですよ、この「東京都青少年健全育成条例」において、「不健全図書」を指定したりその規制を勧告できるのは、東京都知事なんですよ。8条に「知事は、」とあるわけですよ。「次に掲げるものを青少年の健全な育成を阻害するものとして指定することができる。」「知事は」「勧告できる」と。これはやっぱり、知事はこの問題について答えるべきだと思いますよね。

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

・・・・・・ 2010/12/16 11:13 早速海外から規制派への援軍登場。山吉氏がインタビューで答えておられた通りの展開に。都と警察がお膳立て、仕上げはUNICEF・ECPAT。


dankanemitsu 海外で日本バッシング的報道がスタート。改正案の対象を「過激な性表現」とし、相変わらず「日本は世界最大の(実在)児童ポルノ産出国」と報道。マンガと実在児童ポルノ混同した海外批難の危険性が高く対策必要。http://bit.ly/hQFIWXとhttp://bit.ly/fewQHT
1日前

・・・・・・・・ 2010/12/16 15:23 非公開は条例か法律で決められているのですか。それとも慣習の問題ですか。教えてください>詳しい人


最後まで反対を貫いてくださった野上ゆきえ都議が「次回の東京都青少年健全育成審議会は、平成23年1月11日15:30開会予定。非公開(議員の傍聴も許されない)。」との情報が。これを公開するように強く呼びかけてください!!
約2時間前

tonton 2010/12/16 17:02 荒川強啓デイキャッチ、山田五郎氏が青少年条例を総括。
「作家・漫画家・出版社は萎縮する必要は全く無し。
 もし不健全図書に指定されたら裁判に訴え、いかにこの
 条例がおかしいか。世間に知らしめるべき。」
「石原都知事を始め、本条例に賛成した議員の名前を
 覚えておき、次の選挙で意思表示を。」

TBSラジオは比較的この問題を良く取り上げている。
本日22:00〜「Dig」でも取り上げる予定。

但し、朝の「スタンバイ」はバリバリの偏向報道だった。
(昨日のアンケートはひどかった。)

棒根 ムケムケマン棒根 ムケムケマン 2010/12/16 19:14 棒根 ムケムケマン

ttp://www.geocities.jp/lecto_000/problem.html
ttp://www.geocities.jp/lecto_000/

一見もっともらしい事を書いてるつもりなんだろうが、上記リンク先の如き半端な良識・良心派気取りの手合が
今後も規制反対運動の足を引っ張る、獅子心中の虫になる事は明白。
公権力との喧嘩は、All or nothing,妥協点を見出すなど、おおよそ有り得ぬ話だ。

リンク先のこの人物、正体はアブラハム系新興右派カルトの隠れ信奉者ではないかと推測する。
手前のオタク趣味に目こぼしして貰う為に、手前が気に入らねえって理由だけで適当に屁理屈や奇麗事を
並べ立てた挙句に、他のサブカルを生贄に差し出そうたあ、随分と太え野郎だ。

kamayankamayan 2010/12/16 19:19 > 公権力との喧嘩は、All or nothing,妥協点を見出すなど、おおよそ有り得ぬ話だ。

私はそのようには全く思わない。味方の議員を作らなければ、立法や行政についてこちらの目的を全く達成できない。

なまえ   555なまえ 555 2010/12/17 01:53 しんぶん赤旗2010年12月16日(木)3面【総合】(カラー面)に
――作家・出版・法曹界 反対の中
   ?漫画規制?条例
    東京都議会が可決
      「表現の委縮」不安の声――の見出し記事が掲載される。
 短絡的な雰囲気作りが心配(竹宮恵子)
 『ルパン三世』まで規制の発想(藤本由香里)のコメント
一面のニュースと読み物でも紹介。
15面【社会】には石原放言の小さな囲み記事。
  「そんな連中は結構」の見出しが目立つ。

産経新聞2010年12月16日(木)2面【総合】では
――都性描写規制条例
  子どもを守る当然の改正だ――の主張。
21面【東京】(カラー)には
――性描写規制条例成立
  都職員の説得活動奏功
  石原知事「当たり前」――の記事。
25面【社会】(カラー)には条例成立の大きな記事。

東京新聞2010年12月16日(木)20面【地域の情報】(カラー)に大きめの記事掲載。
規制派寄りに道徳論的な包括見出しだが、記事構成が反対派の思想的枠組み。
 傍聴席は満員。議場に紙の投げ入れも。
24面【社会】にも大きめの記事。
 私の主観だが石原知事の写真がふてぶてしい。

TWITTERだが福田巳津夫が「来なくて結構」への反論。
「石原は賞は取れても時代の共感は取れない」