Hatena::ブログ(Diary)

カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの燻る日記/はてダ版 RSSフィード Twitter

Tweet
オタクちゃんねる2 オタクの政治プラス オルタナティブ@政治経済 予備ブログ
河口湖通信  ピアプロ pixiv ブクマ twitter tinamix
 twilog 読書メーター  はてなブログ版

2011-04-26 定型は暴走する

kamayan2011-04-26

[][]定型は暴走する 23:38 定型は暴走するを含むブックマーク 定型は暴走するのブックマークコメント

以下メモする。内田樹『街場のメディア論』光文社新書から。

第四講「正義」の暴走

〔略〕自分には適用できないルールを他人には平気で適用する。

そういうものを「定型」と言います。

自分の生身に突き合わせてみれば、強い違和感を持つようなことであっても、「鋳型」から「人形焼き」のように次々とたたき出されてくると、「そういうものか」と思ってしまう。自分は正直に言うとそんなふうには思わないけれど、「そんなふうに思うのがふつうなのかな」と思ってしまう。それが「定型」の力です。

以前、ある週刊誌の女性編集者が〔内田樹のところへ〕取材に来たことがありました。その週刊誌はいわゆる「おじさん」系の雑誌です。「世の中、要するに色と慾」というシンプルでチープな図式で世の中の出来事を撫で斬りにする。二〇代のその女性も「そういう記事」を書いていると聞いて驚きました。

「書くの、たいへんでしょう」と訊いたら、不思議そうに「別に」と答えました。どうしてか、重ねて訊くと、この週刊誌では記事の書き方に「定型」があるので、それさえ覚えれば、若い女性もすぐに「おじさんみたいに」書けるようになるからだと教えてくれました。それを聞いて「はあ」としばらく脱力してから、それはちょっとまずいんじゃないかと思いました。

というのは、だとすると、その週刊誌の記事を実際に書いているのは、生身の人間ではなく、「定型的文体」だということになるからです。そこに書かれたことについて、「これは私が書きたいと思って書いたことであり、それが引き起こした責任を私は個人で引き受ける」と言う人間がどこにもいないということだからです。〔88-89p〕

〔略〕「最終的にその責任を引き受ける個人を持たない」ような言葉はそもそも発せられる必要があるのか。

僕は率直に言って、「ない」と思います。言葉の重みや深みというのは、それを書いた個人が、その生き方そのものを通じて「債務保証」するものです。〔89-90p〕

すべての言葉は、それを語った人間の、骨肉を備えた個人の、その生きてきた時間の厚みによって説得力を持ったり、持たなかったりする。正しかったり、正しくなかったりする。

〔略〕少しでも価値判断を含むもの〔言葉〕は、政治記事にしても、経済記事にしても、そのコンテンツの重みや深みは、固有名を持った個人が担保する他ないと僕〔内田樹〕は思うのです。

けれども、僕たちが今読まされている、聴かされている文章のほとんどは、血の通った個人ではなく、定型が語っている。定型が書いている。〔91p〕

〔略〕「どうしてもこれだけは言っておきたい」という言葉は決して「暴走」したりはしません。〔94p〕

〔略〕ほんとうに「どうしても言っておきたいことがある」という人は、言葉を選ぶ。情理を尽くして賛同者を集めない限り、それを理解し、共感し、同意してくれる人はまだいないからです。〔略〕「真に個人的な言葉」というのは、ここで語る機会を逸したら、ここで聞き届けられる機会を逸したら、もう誰にも届かず、空中に消えてしまう言葉のことです。そのような言葉だけが語るに値する。菊に値する言葉だと僕は思います。

逆から言えば、〔略〕「暴走する言説」というのは、〔略〕「誰でも言いそうな言葉」のことです。

ネット上に氾濫する口汚い罵倒の言葉はその典型です。〔94-95p〕

〔ネット上の「名無し」という名乗りが「私は個体識別できない人間であり」「存在する必要のない人間である」という「呪い」となるように〕同じことがメディアの言葉についても言えると僕は思っています。〔略〕メディアが急速に力を失っている理由は〔略〕固有名と、血の通った身体を持った個人の「どうしても言いたいこと」ではなく、「誰でも言いそうなこと」だけを〔新聞テレビといったメディアが〕選択的に語っているうちに、そのようなものなら存在しなくなっても誰も困らないという平明な事実に人々が気づいてしまった。そういうことではないかと思うのです。〔96p〕

街場のメディア論 (光文社新書)

街場のメディア論 (光文社新書)

感じるところのある同志は   ブログランキング・にほんブログ村へ   をクリックされたし。

画像はhttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=18373290から。

4778312880
太田出版 内田樹
購入: 3人 クリック: 21回

   555 555 2011/04/27 01:10 定形の暴走につてですがBPOの掲載フォーマットにも同じ事が言えるのではないかと思います。
BPOに≪魔法少女まどか☆マギカ≫の抗議に対する反論と、このサイトの震災報道への見解(注1)を参考に
意見を送ったら前者は他の方の意見も送られてきたのか要点が異口同音に添削されたものとなり、
後者は『良識に沿った報道』云々にとどめられてしまった(注2)。私は表現の自由があるからこそ後者については
(注1)と(注2)が両立する事でメディアリテラシーが成り立つと考えていただけに、これについてはBPOの定形が
結果的に検閲機関と同じ作用で視聴者の読み解きを促しているのではないかと気になって仕方ありません。 
ところで魔法少女まどか☆マギカ(BIGLOBE配信)を見終えて気が付いたのですが、
鹿目まどかとインキュベータの関係がどちらの立場でも定形の押し付けみたいで
この記事とイラストのコラボはある意味で最高の皮肉ではないでしょうか。
    (注1)15年戦争報道の死体削除在り方が後の歴史修正問題につながっている事。
    (注2)当然すぎる事だが震災被害者のトラウマへの配慮を訴える意見があった。

kamayankamayan 2011/04/27 10:17 まどかのキャラを定型というのはどうかなあ。内田樹の言う「定型」は「自分はそう思っていないけど周りがそう言っているから自分もそう言う」という「心ない言葉」のことですから、だいぶ違うんじゃないかなあ。

kamayankamayan 2011/04/27 15:07 「定型」しか書けない雑誌とか出版社関係が政治活動にウブで無能だというのもむべなるかな、という気がいたしました、このメモ書いていて。

最終回肯定の555最終回肯定の555 2011/04/28 21:12 内田樹の「定型」指摘をキャラクターに当てはめると、旧エヴァンゲリオンの碇シンジの処世術が
出版社の会社の一部として社会的にも定着していてまじめに考えるとぞっとしますね。
あと私がまどかのキャラを定型のように言ったのは最終回で世界が彼女の条理で書き換えられてしまった事にあるからです。

kamayankamayan 2011/04/30 23:08 世界を自分色に染めることは「定型」とはむしろ対照的なことではないかなあ、と思います。

reds_akakireds_akaki 2011/05/01 03:52 http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20110426#c1303884476に限らず、鎌やんはコメント欄でこそ重要な、twitterに流すべき発言をしている事に気が付くべきです。id:y_arimが云う「太宰メソッド」、そして河本英夫が云う意味での「ソフト・スターリニズム」http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/kitanishi/20060504%23p1を何方も参照されないのは何故?

kamayankamayan 2011/05/02 00:52 > reds_akaki

え? どの発言をツイートすべきだとお考えなんですか?

kamayankamayan 2011/05/02 00:58 「定型」と「太宰メソッド」はたしかに表裏ではありますよね。「定型」と言うから判りにくいんで、平たく言うと「紋切り型」ですよね。「無責任の体系」の側面。

reds_akakireds_akaki 2011/05/09 03:14 「どの」では無く、コメント欄でこそ重要な書き込みをしがちだという、一般論です。ヘッダの日記検索欄に普通に単語を入れてもコメント部が検索されないという、はてなダイアリーの仕様の不備もあります。ですから私はコメント欄のコメントにはコメント欄で答えず、記事への追記でコメントしていた時期がありました。

reds_akakireds_akaki 2011/07/20 01:07 流れてしまったコメントはご覧になられていないのですか!

http://b.hatena.ne.jp/entry/apricotcomplex.com/archives/51724240.html
SPA!7月19日号の、魔まマに触れたアニメ定量分析@koji8782が酷い
http://b.hatena.ne.jp/entry/hirorin.otaden.jp/e17559.html
先日の白田秀彰講演、
レジュメだけでも非常に纏まっており便利なのですが
学問的に詰めてないからネットにup出来ないと云っておられたので
ウグイスさん等にレジュメを見せて貰うべきです。

kamayankamayan 2011/08/10 22:13 後者のURL間違っているみたいですよ > reds_akaki さん

reds_akakireds_akaki 2011/08/11 01:23 8月7日付のコメント欄等への返信も纏めてします。
前者のURL先には採録されていませんがSPA!でノイタミナのプロデューサー山本幸治@koji8782がアニメ定量分析という連載を持っていて
http://180.235.99.22/News/magazine/MAG16/20110712/173/
魔まマの記事が乗った号の回で無造作にリリカルなのはと一緒にして「男性向魔法少女アニメはセーラームーンやプリキュアの様な女児向けのコンテンツに性的な視線を向けるものであり、(アニメマニアを超えた一般の人々に向けて作品を作っている我々と違い)都条例等で規制されても仕方がない種類のコンテンツ」だと、書いているのです。ですから後者のURLで合っています。
(魔法少女の歴史についてはid:izuminoさんがアニメルカvol.4等で詳説しています。通販で入手出来る筈)
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20110721#c1311335764
奥様にLOを見られてえらい事になっているそうですが、鎌やんが実はどういう人物かを鑑みれば順を踏んでエロマンガに慣らすのは必ずやっておかねばならない筈なのに、そうした形跡が無いのは何故なのでしょう。人間を切って分けられる訳でなし。
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20110807#c1312982143
コピべは単純作業ですので繁忙期でも負担が少ない、と思っていました。