PSJ渋谷研究所X(臨時避難所) このページをアンテナに追加 RSSフィード

またの名を「PSI九段下ニセ科学研究所」「九段下総研」
『ポピュラーサイエンス日本版』から『家電批評monoqlo』『monoqlo』と渡り歩く「ニセ科学研究所」のBLOGの別室

08年3月頃までは、本家のクローン。
08年3月以降の、カテゴリー[メモ][生活記録]は、避難所のみの記事。
09年7月刊行の『おかしな科学』についてのレビュー・紹介記事へのリンク集はこちら(随時更新)。

2017年12月22日

米国防総省がUFO研究調査をどうのこうの

つい先日、国防総省がUFOについてどうのという話題があったらしい。ざっといくつか記事を読んでみた。大した内容ではなかったけど記録のためにメモ。


以下、配信日時順。


話の発端になったらしいNY Timesの記事はこれかな?

この記事とBBC、TBSの記事には国防総省が発表したとされる「米軍機が遭遇したUFOの動画」がある。


媒体によって書いていること(着目している点)が違うけど、

担当者「いると確信してる(けど、まだいるという確証はつかめていない)」

国防総省「国防上の優先順位は低いと考えている」

学者「なにか不思議な現象があるにしても『だから宇宙から空飛ぶ円盤が来ている、宇宙人が来ている』と考えるのは短絡的で早計」

ってなあたりが、今さらだけど重要ってば重要?


そういう意味では、別に新しい内容は、特にない……んじゃないのかな……? 今になっても、まだUFO調査なんかしていた、しかもまだ続けると言ってる、という話題なのかな? 公表されてなかった=ヒミツだったんだ!ってところ? 予算が思いのほか大きかったところ?(約2200万ドル=25億円前後だそうです) 「こんなバカバカシイことに巨額の予算が! しかも秘密裏に!」って話にしては、あんまりそういう論調に見えない。軍が未確認飛行物体に遭遇したら、今が21世紀だからって調査しないわけもない。当然調査するよなぁ。やっぱり金額か? ヒミツだったことか?

というわけで、どこらへんにニュース性があったのか、よくつかめないでおります。だからブックマークもそんなにないのかな?


ところで「UFO=未確認飛行物体=なんだかわからない飛んでいるもの」なので、「UFOがいるかいないか」と言う問いはおかしい。「UFOの正体は何なのか」というのはまた個別の話で、「あれは錯覚で、これは気球で、雲に映ったヘッドライトで、光球で、球電現象で、プラズマで、あーでこーで……ただし、そのこれはまだなんだかわからない」みたいな話になる。その辺がぐちゃぐちゃになっている話はするだけムダだ。

TBSの映像で、かつての日本の閣僚のコメントが出てきて、まさにこの「ぐちゃぐちゃ」だったので、むかっ腹が立ってしまったよw

kamezokamezo 2017/12/22 20:05 あ。NYTの記事を機械翻訳で読んでみたら、ちょっとわかったことが。民主党議員の旗振りで始まったこの調査、その資金は議員の知人である宇宙航空産業の会社にほとんど流れた、という政治スキャンダルも含まれているのね。
そんで、国防総省は「5年で終わった」と言っているのに、関係者は「まだ続いている」と言っていると。この辺は行政の透明性の問題かな。
なにしろ国内報道は、メディアによってどこに着眼するかがバラバラなんで、もうなにがなにやら。だけど、最初のNYTを読むとだいたいつかめるというのが、またなんともはやw

kamezokamezo 2017/12/22 20:07 あ、資金の流れの話は朝日 https://www.asahi.com/articles/ASKDK45P7KDKUHBI00P.html も報じていた。オレが気に留めなかっただけか(汗

kamezokamezo 2017/12/22 20:19 うむ。NYTとしては「資金がらみの政治スキャンダルをつかんだぞ! しかも使途はUFO調査だってよ! ひどくね!?」というあたりがポイントだったのであろう、と思えてきた。それならまあ、わからんでもないw

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kamezo/20171222/1513940346