Hatena::ブログ(Diary)

kamicupの備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-04-22

Startup Weekend Osaka vol.2 参加レポート

| 17:55 | Startup Weekend Osaka vol.2 参加レポートを含むブックマーク Startup Weekend Osaka vol.2 参加レポートのブックマークコメント

4/19(金)の夜から4/21(日)に開催された、Startup Weekend Osaka vol.2 に参加しました。

Startup Weekend って何?

Startup Weekend は、金曜日の夜から日曜日までの54時間でリーン・スタートアップによる起業にチャレンジするイベントで、世界中で過去1,000回以上開催されています。

リーン・スタートアップというのは、シリコンバレーで発展して世界で注目されている起業のマネジメント手法で、顧客開発モデルとアジャイル開発を統合した方法論です。そのコアとなる考えは、MVP(Minimum Viable Product = 試作品ではなく、リアルに対価を得られる最小・最低限の製品)の開発と、それに対する顧客の反応の測定を、最短のサイクルで繰り返すことでビジネスの成功率を高める、ということだそうです。(と認識しています。私は。)

Startup Weekend では、リーンスタートアップによる起業プロセスの「最初の54時間」に、これ以上無く恵まれた環境でチャレンジできます。

起業志向を持った多様な参加者が集うイベントという場で、ビジネスアイデアをぶつけあい、賛同者を集めて共同創業者チームを構築し、コーチの指導を受けながら最初のMVPによる1サイクルを完成させ、ビジネスのプロフェッショナルでありエンジェル投資家にもなり得る審査員の批評を仰ぐことができます。

実践・体感によってリーン・スタートアップを学ぶ場でもあり、また、ここから実際に起業して成功に至ったチームやプロジェクトも存在する、貴重なイベントです。

で、どうだったん?

私は Startup Weekend への参加は、これが2度目でした。

1度目は昨年11月に開催された Startup Weekend Osaka Vol.1 でしたが、正直に言うと、思いっきり盛大に空回りしてコケました。特に何を達成するでもなく、何か明確なものを身につける事もできなかったなぁという傷心・無力感だけを持って帰る結果でした。

今回は一転、参加したチームが優勝という結果を勝ち取ることができました。その過程を体感する中で、学んだこと・得られたものはとても大きかったと思います。もちろんスムーズに事が運んだわけではなく、途中で2度くらい足場がガラガラと崩れ谷底に落ちるかのような経過を辿った挙句に、三日目の朝に全てをリセットしたMVPを構築しなおして、4時間の運用で検証、結果的にたまたま良い確証が得られたという状況。でもそうやって成功体験によって体で覚えたものって、たぶん次も同じようにやれる気がします。まぁ「次は失敗しない」という意味ではなく、「次はうまく失敗できる」という意味ですが。でもこれだけで、起業家は「常識に挑む」ことが出来るようになるし、同時に「間違った常識」の罠を避ける事が出来るようになるのだと思います。あと、自分に足りないものがどれだけ多くて、仲間がどんなに必要かという切実さも身に沁みた!

ちなみに前回の惨敗も、最初のビジネスアイデア自体が悪かったわけではありません。常識はずれ度合いは今回と似たようなもので、成功する事もあり得たし、失敗することもあり得たのだけど、その仮説検証プロセスを正しく設計することができずに横道に迷い込んでしまったのだと、今は理解しています。それは、初回はMVPというコンセプトもリーン・スタートアップの手法論も、知識としては知っていても本当に理解してはいなかったからです。(初回の惨敗は、それを自覚して2回目に必要な心の準備を整えるために必要なプロセスだったと思います。)

過去に優勝チームを経験した人が居るチームの勝率が高いという話も、なるほどと納得するところがありました。優勝チーム経験者はリーン・スタートアップの「体術」を多少なりとも会得しているので、少なくともムダの少ないMVPと仮説検証プロセスにチームを誘導することができるのだと思います。今回の私達のチームも、発起人兼リーダーが過去の優勝チーム経験者で、メンバーみんなを導いてくれました。

あと、コーチ達のツッコミも、その時は一見乱暴な荒らしに見えたとしても、後になって思い返すと全てが絶妙のタイミングで、絶妙の内容だったなぁと。

つまり、要するに?

Startup Weekend、間違いなく素晴らしいイベントです。自分の知識や常識にとらわれず目の前のものを素直に吸収する覚悟さえあれば、失敗からも成功からも、必ず得るものがあります。起業志向のある人間なら、絶対参加すべき!

これも読んでね

我らがリーダーのブログ

僕が今回Startup Weekendに参加した、本当の理由 – SOU Co.,Ltd.

何だかんだ言って、やっぱり一番大事なのは「想い」ですよね。それを全て共有してくれたから、僕らメンバーも最後に迷いなく突き進むことができました。

おまけ

Startup Weekend Osaka といえば、美味しい食事、マグロパーティー! あと、今回はなんと参加者全員が希望すればAmazon AWSの100ドル分のチケットがもらえました。

参加費たった7,500円で、素晴らしい経験ができて、ケータリングも異常に気合入ってて、ITエンジニアにとっては10,000円に相当するオマケまでついてくる・・・って、お得すぎだろ! むしろ意味わからんわ!!

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kamicup/20130422/1366620928
リンク元