LIFE

2007-05-02 自由と生存のメーデー07──プレカリアートの反攻

おととい。


なんといってもそのタイトルがいい。

「自由と生存のメーデー」。

そして、主張がいい。

低賃金長時間労働を撤廃しろ。

 社会的排除と選別を許すな。

 やられたままで黙ってはいないぞ!」

「生きることはよい。生存を貶めるな!」


天気は快晴。暑いくらい。

自分はサウンドデモの隊列に。

集まった仲間たちと手作りの空間で踊りながら、

競争ー消費社会の欺瞞にはっきりと言うべき反対を言い、

「ただ生きること」を街中で謳歌する。

すっきりと、気持ちがいい。

そして愉しい。


いいデモだった。

まさに「自由と生存」の祝祭を愉しんだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaminaga/20070502