Hatena::ブログ(Diary)

紙屋研究所


※すべての記事は上の「記事一覧」で見られます。
※上の「日記」で検索すると当ブログ内の検索ができます。
※旧サイトはhttp://www1.odn.ne.jp/kamiya-taです。
コメント・トラックバックには普段は反応・返答しませんのでご了承ください。
※メールはcbl03270(at)pop06.odn.ne.jp  ←(at)を@に直してください。
※うまくメールが送れないときはこちらからどうぞ。
※お仕事の依頼や回答が必要なことなどはメールでお願いします。

2011-01-15 安藤健二『パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)』

安藤健二『パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)』



 パチンコ屋の前を通り過ぎると確かにやたらアニメとのタイアップが目に入り、気になっていた。だけど一番気になり出したのは、やっぱりテレビCMでこのタイアップが激増したことだ。

参考:ヲチモノ- アニメのパチンコ・スロットがどれだけあるのか集めてみた

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-479.html

 ただし、それはアニメに限らない。「加山雄三」であったり「ウルトラセブン」であったり。

 この現象に注目した最初はやはり「冬のソナタ」とのタイアップだった。*1パチンコという、サラ金と似たようなダークイメージのものに、こんなメジャーな作品がよくタイアップを許したものだという驚愕を覚えたし、「はあー、すると中高年のオバサンたちがずいぶんパチンコにハマっているわけね」という、そこから「読み取れる」情報があったからだ。

 いま、冬のソナタ」というパチンコ→中高年女性を引きつけるための道具立て、という思考をおこなった。

 パチンコとアニメタイアップをはかるのは、「そのアニメを視聴していた世代を取り込むためのものだ」というふうに考えるのが常識的な思考の流れというものだ。だから「エヴァ」のパチンコができたというのを聞いて、「1990年代後半のアニメを見ていた中高生くらいが、今は30歳前後だから、まあパチンコに来るよね」みたいな感じである。

 実際、たとえば仮面ライダーや昔のドラマの映像がテレビで流れて、ぼくとしてはかなり目を引いた。そして「パチンコ」だということがわかると、ぼくのようなパチンコと無縁の男でさえ、パチンコ屋のことを考えたくなるのだから、これで「パチンコに行ってみようか」というきっかけになる人は少なくないだろう、と思ったのである。

 ところが、そうではなかった

パチンコがアニメだらけになった理由(わけ) 本書、安藤健二の『パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)』では、その謎解きをしていく。

 以前ぼくは、安藤の『封印作品の謎』について書評を書いたとき、次のようなことを書いた。


 本書のもう一つの面白さは、取材ガードの固さ、壁の厚さに悩まされている様子を安藤がそのまま出していて、それが文章としても興味をいだかせると同時に、「封印」のメカニズムにまつわる「暗さ」そのものをよく表しているということだ。

「何十人もの関係者に聞いたのだが、そもそも取材に応じない。たとえ取材には快く応じてくれたとしても、肝心の『ジャングル黒べえ』の封印の理由となると、奇妙なことに誰も覚えていないというのだ」(『2』p.91)

 取材してモノを書くことの苦労は、多少はぼくも知っているつもりなのだが、問題が問題なだけに、その労苦たるや想像を絶するものがある。いや、封印作品にまつわる客観資料を集めること一つにしても大変な時間を要するだろうと想像する。そういう同情も混じって、こうした取材の困難さのプロセスの叙述は「泣き言」ではなくて、本書に魅力を添えている。

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/fuuinsakuhin.html


封印作品の謎 今回の安藤の著作では、この長所が前面に来ている。いわば「謎解き」になっていて、「著者と一緒に謎解きをしていく」という感じが与えられるのだ。

 安藤もやはりぼくと同じような推測をして取材を初めていくのだけども、アニメファンとパチンコ層はほとんど重なっていない事実をつきとめる。

 つまり「いまパチンコをやっていなくて、しかしアニメが好きな層が、アニメに惹かれてパチンコ屋にやってくる」という想定はあまりなされていないのである。


ハードルが高すぎるパチンコという遊技

 安藤は取材の最初で、現在のパチンコの「わけのわからなさ」に困惑する様子を率直に書いている。

 コンビニでパチンコ攻略雑誌を何冊も買って勉強しようとした。しかし、そこには「時短」「潜確」「電サポ」など、専門用語が羅列されているばかり。外国の軍隊暗号文書みたいで、全く解読できない。初心者のために書かれたガイドブックが、見当たらないのだ。

 結局、パチンコの基本ルールを把握するだけで何ヶ月もかかってしまった。(本書p.29-30)

 安藤は実際にパチンコ屋にいってパチンコをしてみるのだが、初心者には非常に不親切であることが次のように描かれている。

 しばらくは、人が打っている台を背後から覗いていたが、パチンコのやり方がどうにも分からない。ついに実際に打ってみることにした。台で遊ぶためのパチンコ玉を買うことにしたが、どうやって買えばいいのか分からなかった。……店内を三周くらいするが、どこにもそれらしき物はなかった。(p.26)

空いている台を探して、左にある差込口に千円札を入れたが何も起きない。不思議に思って、再び店員を呼んだ。店員の男性が無言で、台の脇にあるボタンを押した。ジャラジャラと玉が出てきて、台に備え付けられた皿が埋まった。これでやっとプレイが可能になるようだ。ゲームを始める前に、こんなに苦労するとは思わなかった。(p.27)

 モノ書きである安藤でさえ、パチンコの基本的なしくみを文献から得ようとして、そういう適当な入門書がないことを嘆く。実は安藤によればパチンコに「入門」する黄金パターンは、知り合いに誘われて、知り合いに教えられながらパチンコを「学ぶ」というものだそうで、これはゲームセンターのゲームなどよりもはるかにハードルが高い。しかも安藤はわずか5分で1000円をスッてしまい、その早さに恐怖する。

 オタクでもある安藤は、こんなふうに何の味わいもなく短時間でカネを費消してしまうくらいなら、マンガやフィギュアを買った方がはるかにいい、と痛感するのだ。たとえば風俗であれば、高価格であっても、そこに明確な快楽があるから、費用対効果ということを考える人もいるだろう。しかし、パチンコは初心者にとってはその快楽さえもないのだ。

 つまり、アニメに関心のあるオタク層は、こんなハードルを乗り越えてまでパチンコを新たにしようとはまったく思わないのである。


「壁」にぶちあたることをウリにして

 このように、本書は、パチンコの素人である安藤が体験を重ねながら、そして常人がしていくような思考の軌跡をたどりながら、一歩一歩謎を解いていく。むろんそれは取材の時系列そのままではなく、再構成されているのであろうが、読者はまさしく謎解きの旅に連れ出されるのだ。

 そして、「壁」にぶちあたる。

 第4章で、パチンコ台メーカーにアタックするのだが、軒並み取材拒否をくらう。その様子を安藤は、つぶさに載せている。そして11章ではアニメ会社の方にアタック。ここでも取材拒否の連続である。安藤はそれを「ジェリコの壁」と呼ぶ。そう、『エヴァ』でアスカがシンジに言うあのセリフである(つうかさらにそのもとは聖書だが)。ふつうの読み物なら省略すべきところを、一社一社ていねいに断りの文面を載せていく。

 なかでも株式会社ゴンゾの対応に頭にくる安藤。

 ゴンゾは、取材をするならライセンス料=ロイヤリティを払え、と言うのである。宣伝や販促ではなく、社会現象報道するものだから、そんなことはできない、取材の申し出を取り下げます、という安藤に、了解しました、と答えながらも、使用料の予算化を提案しとけよ、

「単行本の場合は報道目的という理屈は通りません」

などと、おせっかいにもほどがあるメールを寄越すのである。怒った安藤は畳み掛けるメールで返信するが、その対応はちょっと大人げないなあとぼくは思いつつも、そのあたりのやりとりまでの生々しさが、安藤に同行して一緒に謎解きをしている気分を味わわせる。

 タイトルの「パチンコがアニメだらけになった理由」は、本書の半ばくらいで基本点は解明される。あとは、その背景にふみこんでいくのだが、それまで紹介してしまうと、さすがにまずいだろうから、ここでは書かない。


思ったこと2つ

 思ったことはいくつかある。

 一つは、「パチンコがアニメだらけになった理由は、当該アニメを見ていた世代をパチンコに引き込むため」という思考の流れは非常にわかりやすいのだが、一歩踏み込んでみればそんな単純なものではない、ということについて。

 ものごとを「わかりやすく」「最短ルート」で理解してしまうことの危険さというものは、おそらくこの世には満ち満ちているんだろうなあと自戒した。

 たとえばマンガの評論なんかもそうなんだろうなと思いを馳せた。

 読者である高校生や大学生に対する理解、30代女性に対する理解、そういうものを俗な解釈でつなぎあわせて理解してしまおうとすることの危険である。ついぼくなんかもやってしまいがちだよな、と。

 こうしたときに、たとえば本書で言えば、パチンコをやっている人にアンケートやインタビューをとってみるという方式もあるだろうけど、本書ではその方式をとっていない。周辺部の事情通の話を固めていくうちに、本質に迫っていくのだ。こういうやり方もあるんだなと思わされた。

 二つ目は、パチンコ業界の今後のことだ。

 結論だけ書くけど、安藤は、「アニメだらけ」になってしまったパチンコは、一種の平板化の結果であるという感触を得ていて、パチンコの醍醐味が後退してしまっているのだ、という専門家の声を紹介している。昔の方がよかった、と。それを警察による規制を受け入れていった結果こうなってしまったと嘆く声を肯定的に紹介する。

 しかし、実際に当たる確率が斉一に管理され、賭博性が削減されたからこそ、遊技人口が激減しているわけで、警察としては目論み通りということになる。それに反抗するなら、ギャンブル性が高くて何故悪い、射幸心をもっと煽るのは正当だ、というところから議論をたてないといけないはずだ。それがない。

 あらためて、パチンコの敷居の高さに驚いたが、そうであれば、これはこのままゆっくりと緩慢死していくのではないか。別にそうなってかまわないような気がしたのだが、どうだろうか。

 あと、小さなことだけど、活字がちょっと気持ち悪いなあ。

 なんて言う活字かしらないけど、「ごんべん」の一番上の点が句点みたいになっているとか、「糸」みたいな「ム」の要素が入るとき、曲がり方が気持ち悪いとか。いちいち目に入ってきた時にイライラする自分がいて驚いた。

封印作品の憂鬱

 『封印作品の憂鬱』も読んだが紹介できずに今日まで来てしまった。

 いずれにしてもタブーを取材して歩く安藤の本を、気がつけばぼくはかなりの数読んでいる。宮部みゆきの小説以上に種類を読んでいることになる。傍からみたら、完全にファンである

 面白いのだ。

 そのことは間違いない。

 何本も取材拒否に遭って苦労しただけのことはある。

 今回も本書をつよくおすすめする。

*1:直接関係ないが、この「冬ソナ」の前にパチンコ屋の看板でRioシリーズの絵を見て秘かに萌えてしまい、何日も頭を離れなかったことがある。

とおりすがりとおりすがり 2011/01/15 12:44 逆に考えて、アニメ側が積極的(あるいは強制的)にパチンコ側に参加したのでは?
どっちが提案したかは中の人でないとわからないですが、アニメ側からしたら版権によって貴重な収入源になる。(あるいはスポンサーになってもらう代わりにパチンコにさせてもらう)
という環境がこうなってしまったのではないかと思います。

猫 2011/01/15 14:13 自社でキャラクター作るよりも、アニメやタレント起用したほうが楽なのでは?知名度のあるものとのタイアップである意味、パチンコは健全というイメージをつける。

kumonopanyakumonopanya 2011/01/15 18:50 だったら、版権が終わったローマの休日とかのパチンコもあるのかな?

hmhm 2011/01/15 22:31 システム的な個性をつけられなくなったから
演出の安売り以外やることがなくなっただけでしょ?
絵+音楽が揃ってるアニメはそれにうってつけだっただけ

ななしななし 2011/01/15 23:57 アニメ業界、価格破壊起こしてる3DCG業界がパチンコでロイアリティバンバン取れるから広まっているだけですよ。中の人より。

通りすがり通りすがり 2011/01/16 12:31 GONZOの対応最高だなwwww取材で金取るかwww

東武名無しさん東武名無しさん 2011/01/16 22:15 サンライズも取材するだけでお金取るよ

ななしななし 2011/01/16 22:55 警察から自粛が来て守ってるのにそれに対して表立った議論がないって言い方はどうかと。
規制に対してアニメや漫画の業界みたく無視はできないですよ。
ちなみに地域毎の組合で議論もしてますし提案もしてます。それがお上に許可されるかは別問題ですが。

たういたうい 2011/01/17 00:33 ゲーム業界が続編だらけで冒険できないように、
パチ業界も続編か知名度のある版権には頼ります。
しかしそれも刈りつくしてしまい、基本設定をイチから作るよりは・・・
的にマイナー版権を使ってます。
しかしGAROとかみたくマイナー版権に下位メーカーであっても、
出玉の荒さというスペックから人気機種が生まれたりしておもしろいですね。

ななしななし 2011/01/17 01:23 パチンコ業界がゲーム業界を買収したせいだと思ってました。
パチンコのゲーム化とアニメのタイアップが合致したのでは?

彦さん彦さん 2011/01/17 02:03 >ものごとを「わかりやすく」「最短ルート」で理解してしまうことの危険さというものは、おそらくこの世には満ち満ちているんだろうなあと自戒した。

コメント欄にも満ち満ちておりますなぁー
ちゃんと本文を読んでいないのだろうか?

にわかファンにわかファン 2011/01/17 07:52 非常に面白い記事でした。
私もアニメなどは好きなんですがパチンコはやりません。
何度か友人に誘われやってみたのですが一度も面白いとは思ったことがありませんでしたね。
理由は、演出のクオリティのが低すぎる、さらに同じ演出の繰り返しばっかりだからです。私個人に限ってかもしれませんが・・・。

まぁ、言いたいことは一つです。コアなファンは好きな作品がパチンコになってもやらないのではないのかということです。

山やま山やま 2011/01/17 13:42 佐々木俊尚さんのツイッターからとんできました。
たいへん興味深い記事でした。「アニメに関心のあるオタク層は、こんなハードルを乗り越えてまでパチンコを新たにしようとはまったく思わない」の件に納得です。
ぼくはパチンコはやらないのですが、アニメファンからもパチンコファンからも歓迎されていないのだとすると、なんのためのタイアップなんでしょうね。おもしろそうな本なので読んでみようと思います。

ななしななし 2011/01/17 20:34 日本の技術者にオタクが多いことはよく知られています。
パチンコ産業が巨大化した現在、パチンコ機器メーカーにも理工学部出身者が多く、その人々が開発の決定権をもつようになって自然とそのような趣向に傾いていったのではないでしょうか。
海物語のようにアニメでなくともヒットするのでしょうが、アニメであっても不利益が生じないため、自然とメーカーの決定権のある人々の性向が反映した面もあると思いました。

まーわしーまーわしー 2011/01/18 00:33 >安藤は取材の最初で、現在のパチンコの「わけのわからなさ」に困惑する
安藤が職人向きな人では無い事が窺える
どんな仕事でも少なかれ『見て盗む』事が出来なければ社会人として2流じゃね?

>アニメに関心のあるオタク層は、こんなハードルを乗り越えてまでパチンコを新たにしようとはまったく思わない
ナゼに新規客を前提として話を進めるん?
安藤が未経験者だからであろうがこんなヤツの著者物も2流と偏見してしまう。

中の人中の人 2011/01/18 15:46 アニメのタイアップは基本的にアニメファン向きにやってるわけじゃない。
けど作ってる俺らは結構アニメ好きですよモフモフ
うちは版権屋経由じゃなくて自社でぶっこんでますし

WATERMANWATERMAN 2011/01/18 22:20 どこかで(岡田斗司夫氏だったかな?)、オタクはパチンコを打ちにホールに行くのではない、台を買うのである、という話を見ましたよ。

名無し名無し 2011/01/19 13:05 >オタクはパチンコを打ちにホールに行くのではない、台を買うのである
ある意味正解、1年もしたら卓上(玉いらず液晶自動回転家庭用電源で可動化)が数万で買えるしね
まあそういう意味の言葉ではないだろうけど

るいべるいべ 2011/01/19 15:26 パチ打つし、アニ観もする人間からすると「作ってる奴、このアニメ(漫画)知らねーで作ってるんだろーな」と、
思うことの方が多いですが。100あって1か2位が良作?ってレベルだと思います。

まなファンまなファン 2011/01/19 18:06 安藤さんの封印本3部作は非常に面白く読んだのですが
パチンコには全く興味がなかったので,この本は買おうか迷っていたところ
紙屋様の書評で非常に興味がそそられましたので購入しました。

全然知らなかったパチンコ業界の歴史や営業(どこから金を得るか)が分かった上
データの引用元も細かく指摘しているので,経済ルポ?としても面白いですね。
「CRってなんや」「最近のパチンコは開くチューリップみたいなの付いてないんかな」
といった,自分でわざわざ調べようとは思わなかったアホみたいな初心者的疑問にも
さりげなく解説してくれていて,パチンコに対する社会常識も得られました。

ななしななし 2011/01/26 16:49 基本、パチンコをやらないオタクからするとパチンコにアニメが
使われるとそのアニメ自体が汚された感じがしてあまり良い気分がしません。
周りのオタク友達も大体同意見です。この辺の話は鳥山明が有名かな。

あと、パチンコをやっていてアニメはガンダムやジャンプ物とかの
メジャーどころしか見たこと無いような友達を見てると
アニメを見てる層に売り込むんじゃなくてパチンコをやってる層に
旧作アニメ・有名アニメで様子を伺い、それで行けると
思ったから今のアニメ物の氾濫に至ったんじゃないかなぁと思う。

通りすがり通りすがり 2011/02/12 01:52 鳥山さんがパチ化を断った話ってただの噂じゃありませんでしたっけ?公式なソースってあるんでしょうか?
ロイヤリティが高すぎるせいかと思ってました。
サミーの北斗の拳のヒット以後急激にアニメ・マンガ系がブームになった気がしてたんですけどそんな単純な話でもないのかな?
最近のパチンコ屋は声優さんを招いてのイベントとかやってるんでオタク層の取り込み効果もそれなりに期待はしてるんじゃないでしょうか。

わしも通りすがりわしも通りすがり 2011/02/27 02:38 ガンダムってぶっちゃけ世間一般からはメジャーな作品じゃないでしょ。
普通の人はそういうタイトルのロボットアニメがあるってレベルでしか理解してませんよ。
ストーリーも登場人物も知らんし、従前のロボットアニメに対してどう画期的だったのか?
とかも9割以上の人はわかってないでしょ。

匿名匿名 2011/03/01 03:00 ↑あなた、バカですか?
(自分個人の主観=世間一般?)

わちも通りすがりわちも通りすがり 2011/06/14 06:09 日本文化になりたい朝鮮文化なのかな〜と思ってた。世界中に広まった日本アニメ・マンガ人気に便乗して「なりすます」。
あの業界はイメージを凄く気にしてるように感じる。ハードルもなにも、文化・価値観の違いが根本的にあるのでは?

uiiuii 2012/11/03 23:11 パチンコの売り上げ去年は18兆らしい。日本の税収が40兆と比べると化物。つうか日本の癌だと思う。年金生活者やナマポのかねが全部パチ屋に流れてるし、子供が熱死するし、中毒者の逃げ場は日本にないし、罪のない中毒者家族に経済的被害がおよぶし、日本の法律(賭博を禁止する法律)をゴミ扱いしてる。日本の癌だよ

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証