Hatena::ブログ(Diary)

紙屋研究所


※すべての記事は上の「記事一覧」で見られます。
※上の「日記」で検索すると当ブログ内の検索ができます。
※旧サイトはhttp://www1.odn.ne.jp/kamiya-taです。
コメント・トラックバックには普段は反応・返答しませんのでご了承ください。
※メールはcbl03270(at)pop06.odn.ne.jp  ←(at)を@に直してください。
※うまくメールが送れないときはこちらからどうぞ。
※お仕事の依頼や回答が必要なことなどはメールでお願いします。

2012-05-30 「頭がいい」とはどういうことか──貧困、学歴、無料塾

「頭がいい」とはどういうことか──貧困、学歴、無料塾

 ネット上で生活保護をめぐる話から親と子の関係の話に話題がとび、さらに「頭のよさ」についての話題にもなっているので、ぼくもちょっと書いてみる。

DQNの教育問題について、またはわたしもDQNであるということ - はてなの鴨澤 DQNの教育問題について、またはわたしもDQNであるということ - はてなの鴨澤

環境という足枷 - G.A.W. 環境という足枷 - G.A.W.


 「頭がいい」とはどういうことか。

 これはちまたで「勉強できるやつが頭がいいとは限らない」という言葉で、「勉強ができる≠ 頭がいい」というふうに認識されている。ぼくもよく言われたよ。「あんた大学出てるのに、そんなこともできないの(知らないの)」。

 じゃあ「頭がいい」って一体なんなんだ、ということになる。


二つの「頭のよさ」──(1)「学者的に頭がいい」

 「頭がいい」には二つある。

 一つは「学者的に頭がいい」ということ。

 もう一つは「うちのオヤジ的に頭がいい」ということ。

 結論から先にいえば、前者は概念を体系化できる能力であり、後者は目的を実現できる能力である。


 パワーショベルを使って盛土をする工事をやることを例に考えてみる。

 まず、「学者的に頭がいい」というのはどういうことか。

 パワーショベルの説明書を読んでパワーショベルを動かせる、というのは、そこに書いてある面倒な説明を読みこなせるということ。抽象化された概念(といってもそんなにすごい抽象度のものではなく、ここで例にあげているのは低い次元の抽象化概念だけど)を操作できるということだ。*1


 さらに「学者的に頭がいい」という人は、そこにとどまらない。

 パワーショベルがどういう原理で動いて盛土をするのかということを、油圧とか電気系統とかそういう体系で説明できる。だから、いまやっている操作が、その体系のどこに位置するかを説明することができるし、故障をすればそれが体系のどこを傷つけているかを判断して直すことができる(または「直せませんね」と判断できる)のである。


 究極的には「学者的に頭がいい」とは、抽象的な概念操作を体系化できるということだ。単なる「物知り」とかいうのは、「学者的に頭がいい」ことの第一歩にすぎず、こういう人たちというのは抽象的な概念はいっぱい知っているけども、それを体系化できていない。相互に連関させて示すことができない。バラバラなのである。

 たとえば哲学のような膨大な抽象概念の操作に埋もれている分野をとりあげてみると、生半可な大学院生というのは、いっぱい「概念」は知っているし、その操作にも馴れている。しかし、哲学者と彼らを分つのは、それを独自に体系化することができないということだ。

 東浩紀のような文系学者は、思いもかけないいろんな概念を相互に結び付けて体系化できるので面白がられる。グーグルルソーとか。まあ、それが現実を正しく体系化しているかどうかは別として面白いのである。

 こうしたことは、下記のエントリで基本的に言及されている。

環境という足枷 - G.A.W. 環境という足枷 - G.A.W.


二つの「頭のよさ」──(2)「うちのオヤジ的に頭がいい」

 次に、「うちのオヤジ的に頭がいい」というのはどういうことか。

 さっきのパワーショベルで盛土をやる例を考えてみると、説明書なんか見ない。人に聞いたり、自分でボタンをおしたりレバーをいじっているうちに、動かし方のコツをおぼえて、動かしてしまい、盛土をやっちゃう。経験で目的を達成してしまう人。

 さらにいえば、パワーショベルの操作なんかやっているのはまどろっこしいから、知り合い数十人に頼んで、1時間で盛土をやっちゃう。あるいは、別の格安の業者を知っているのでそいつに盛土をやらせちゃう。

 そういう具合に、あらゆる資源を動員して目的を達成してしまう人のことを「うちのオヤジ的に頭がいい」と定義する。

 もちろん、抽象概念操作がうまく、それを体系化できる人で目的実現能力の高い人もたくさんいる。「学者的な頭のよさ」と「うちのオヤジ的な頭のよさ」を兼ね備えているわけだ。両者は二者択一や二律背反ではない。ここでは、「学者的な頭のよさ」を持っていないのに、「頭がいい」と思われている人は何がすぐれているのかを考えているのである。


 概念操作や体系化なんかできなくても、知り合いとか経験とかお金とか、使える資源を総動員して目的をバンバン実現しちゃう人っているでしょ。辣腕の営業とかデキる中小企業の親父とか。こういう人は世間的によく「デキる」というふうに形容される人たちと形容される。

 学歴なんかなくても、デキる。

 「学校は出てないけど、頭がいいよね」っていわれることもしばしば。

 うちの親父は、高卒である。農業をしていたが、やがて園芸ものを扱う中小企業の社長になり、一山あてた人間だ。いわゆる「学のない人間」だが、「頭はいい」と目されている。


 ぼくの職場には高卒者が多いけども、目的実現能力はすごい。

 そして、そのうちの一人(高卒)は、大卒のぼくよりもはるかに法律や数字に強く、「学者的な頭のよさ」をもちかけているわけだけども、やはりそれを「体系」にするには弱さがある。その人なりの世界観としての体系はあるんだけども、他人に説明したりするさいには雑だし、細部は俗なもので埋められていたり、各分野はバラバラで相互に連関していない。

 まあ、だからといって、体系化できないことは、仕事には関係ない。

 押しが強いとか、人脈を利用できるとか、カネを集めることが得意とか、そういうことが上手いので、ぼくなどよりもはるかに目的実現・遂行能力は高いのである。


「学者的な頭のよさ」が求められてしまう

 「だったらどっちでもいいじゃない」というふうに思えるだろう。

 じっさい、これまではどっちでもよかったし、今でもどっちでもいいっていうところはある。

 概念操作や体系化はできるけど、資源動員できず目的を実現できない人というのは、けっこういる。パワーショベルで盛土の例をあげれば、ばっちり説明はできるけど、パワーショベルが思うように動かず、盛土がうまくできないような人のことだ。

 だからとにかく売上さえのばしてくれればいい、いいものさえ作ってくれればいい、というような場合は、後者の頭のよさが求められる。個人事業主とか、職人とか。


 しかし、会社組織のような場合は、上役になったとき、商品の説明とか組織調整とか人のコーチとかで前者の「学者的な頭のよさ」がほしい場合が多い(もっとも、それを後者の「うちのオヤジ的な頭のよさ」で乗り切っちゃう人も少なくないのだが)。

 さらに、最近は知識集約型の産業が多く、商品やサービスを抽象概念操作や体系説明できないと難しくなっている。

商店街はなぜ滅びるのか 社会・政治・経済史から探る再生の道 (光文社新書) 新雅史『商店街はなぜ滅びるのか』にあるように、かつては学歴社会→雇用者の道から漏れた人たちは、商店や個人事業主として旗揚げでき、そうした「お山の大将」たちがさらに低学歴の人たちを「おまえらしょうがねえなあ。俺が面倒みてやるよ」などといいながら吸収し、戦後社会の安定を日本的雇用とともに支えていた「両翼」の一つになっていた。それが機能しにくくなり、崩壊しているのである。

 だからこそ、学歴がある/ないが就職の指標に使われ(合理性があるかどうかは別の問題として)、その分岐が生涯賃金にとっては死活問題になったりすることがあるのだ。



現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書) 岩田正美は『現代の貧困』のなかで、中流層が一律に貧困化するのではなく、ある特定の「不利な人々」が貧困にとじこめられてしまうことが現代の貧困にとって考えねばならない問題なのだと説く。そして貧困から脱出できない要因の第一に「低学歴」をあげる。


 岩田は、ポスト工業社会だからこそ、労働者は高度な知識や技術を駆使する金融・情報などのサービス労働と、マクドナルドプロレタリアートという熟練不要のサービス労働に二極化するという問題をあげた。これに終身雇用制や多様な技能を必要とした中小企業群の崩壊をくわえ、低学歴であることが、現代では貧困脱出において致命的な問題をひきおこすことを指摘する。


「これ以上伸びない『成熟学歴社会』に突入したからこそ、大学卒業と非大学卒業の学歴識別が、あたかも男女の区別のような社会的地位の格差を示す境界になってきており、この大卒/非大卒の境界線こそが社会の二極化を進めている」(岩田p.142〜143)


と計量社会学者・吉川徹の説を肯定的に紹介している。

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/yamikin-ushijimakun.html


 もちろん、商店主や個人事業主で一旗あげるというのはいまでもあるわけだけど、古いタイプの商店や個人事業はいよいよ成功の余地が少なくなり、かわってIT起業とか、せいぜい「まとめサイトでもうける」みたいな「学者的な頭のよさ」、知識集約的なものが増えているので、低学歴・低学力にはますますキツい。


ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所 (ちくま新書 809) だからぼくはこれまで下記のような書評も書いたりした。

青砥恭『ドキュメント高校中退』 青砥恭『ドキュメント高校中退』


小学校の低学年頃まではなんとか勉強できた。ところが四年生ぐらいになるとわからなくなった。小学校の教師たちがよく口にする「九、一〇歳の壁」という言葉がある。この言葉は、算数だと子どもが指を使ったり、おはじきの玉を使って、具体的に数えて「数」を現象的に認識する段階から、九、一〇歳になると、数や量が抽象的になり、概念的な思考が必要になる。学習を続けていくうえで、そこが大きな壁になるのである。(青砥恭『ドキュメント高校中退』p.80)


 それを簡単に乗り越える子どもとなかなかできない子どもがいる。家族に教えてくれる大人がいれば、まだ可能性があるが、そんなことを教えたりする環境がまったくない子どもだと、その壁は越えられない。ここに家庭資源の差が大きな格差として表出するのである。

 小・中学校で不登校になる子どもや高校を中退する生徒の中には、この「九、一〇歳の壁」を越えられないまま、小学校を「卒業」し、中学を「卒業」し、高校に入学する生徒が非常に多い。(同前)


 家庭資源の乏しさは、格差というものを絶対的に放逐できない以上、仕方がないといえば仕方がない。しかし、どの家庭に生まれるかでその資源を利用できないということは、生まれてくる子どもの責任ではない。

 しかもそれが人生を送るうえで決定的な問題であるなら、それを本人の問題、個別家庭の問題といって涼しい顔をしていることは決してできないだろう。家庭資源の差によって貧困に陥り、抜けだせないのであれば、それは畢竟社会の問題なのである。

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/koukouchutai.html

 左翼運動としては低学力を脱するためのとりくみ──「無料塾」みたいなとりくみが大事さを増すと思う。


 かつて学生のなかにはセツルメント運動があったのだが、現在この流れがあるのかどうなのかぼくにはわからない。少なくとも見えない。ぼくがかかわっている左翼系学生たちは、ほとんどそうした運動をしていない。

 ぼくが育休をとっていたとき、左翼運動をしている同世代の子育て層の女性から、「宿題サークルみたいなものをつくりたいんですが、先生役をやってもらえませんか?」と提案されたことがある。

 ぼくは自分の意欲もあったのでぜひ引き受けようと思ったのだが、そのあとほどなく育休が終わり、その女性も忙しくなってしまったので、話は立ち消えになってしまった。

 しかし、このような子どもたちの「勉強を教える無償の組織」ということは学生などの力を借りてできるのではないかと思う。とくに「九・一〇歳の壁」対策を念頭においてやることは意義が大きいのではないだろうか。

http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/koukouchutai.html

主張/「無料塾」/「学び」と「成長」の場広げよう 主張/「無料塾」/「学び」と「成長」の場広げよう

*1:あらゆる概念はそもそも経験を抽象したものであるから「抽象的な概念」というのは本当はヘンなのだが、ここではわかりやすく言っておく。

タッチペン店長タッチペン店長 2012/05/30 06:57 アメリカでは数学の事業で、
計算ができなければ、電卓を使えばいい。
という発想を聞いた時、日本の応用性の無さを感じた。
これは仕事全般にも言える事であり、日本人全体の頭の悪さを物語るものでは。
電卓を使えば、それはルール違反と言われるけど、実社会では使える人になる。
子供の時からこういう行動を身につける事が大切なようなきがする。

88 2012/05/30 10:40 いつも思うのは、中身の無い文章を長々と書く人は頭がいいとは思えないです。もっと簡潔に書けないものですかね。

リラコリラリラコリラ 2012/05/30 10:58 「いつも思うのは、〜とは思えないです」。短い長い関係なく、こんな文を書く人は頭がいいとは思えないです。

noconoconoconoco 2012/05/30 11:58 ↑↑↑数学は概念を体系化する訓練のための科目ですよ?
その他の科目は基本的に知識を得るためのもの。
↑↑そうですね。簡潔に書くと、「学者的に頭がいい」=「演繹」、「うちのオヤジ的に頭がいい」=「帰納」と一言で書けそうです。
就職できるかどうかはどっちの素質がとか関係なく、単に需給の関係でしょう。賃金もその業種がどれだけ潤っているかかと。

通りすがり通りすがり 2012/05/30 12:57 > 計算ができなければ、電卓を使えばいい。

大昔から算数の嫌いな子供がよく使っていた屁理屈ですね。

通りすがり2通りすがり2 2012/05/30 13:54 伝統的知識人の教養的知識と専門家の実用的知識。
科学や数学の研究する能力、具体的な問題を解決する能力。
方程式を駆使して自然法則を解明する能力、人間社会の問題を解消する能力。
自然を対象にする頭のよさ、人間を相手にする頭の良さ。

amakanataamakanata 2012/05/30 14:19 ある程度の地位までは、演繹的な能力が求められていますが、それよりもさらに上のレベルになりますと、再び帰納的能力の優劣が勝敗を決めるのかも。 なにしろ世界で覇権を握っているのはアングロサクソンですからね。

こうじこうじ 2012/05/30 15:47 公立小学校の段階から学力別のクラス編成にして、学力に応じた授業をすればいいと思う。順位付けはだめ、みたいな意見のために平等であることに固執するあまり、おちこぼれの弊害が出てくると思うのだが。

通りすがり3通りすがり3 2012/05/31 10:30 一般的に「頭がいい」ってのは人を褒めるための言葉として使われてるわけで
オヤジさんに向けられてる「頭がいい」ってのも単なる褒め言葉の部類なんでしょう
ここでのエピソードが単に人脈があって商売上手な人の紹介でしかない

あまかかんあまかかん 2012/05/31 11:57 経験を多く持ち、それを即引き出し、体を使って再現できる
この3つが備わって頭がいいといえると思う。

魔法中年魔法中年 2012/05/31 12:59 記事の内容とはあまり関係がないと思いますが、近年の教育学では、教育に「競争」を持ち込むと「学力の低い層」が必ず落ちこぼれるので、「競争」は基本的にどのような形であっても教育上有効でない、と結論づけられていたと思います。

根村恵介根村恵介 2012/06/01 09:27 難し話ではなく「頭がいい」という言葉が「人格」と混同されているからこういう議論になるのでしょう。
「人格」には「性格」「能力」「センス」etc… あると思いますが。

バッジ@ネオ・トロツキストバッジ@ネオ・トロツキスト 2013/08/08 16:44 なんかなぁ〜w「決定版」を期待して読んだのに、群盲、象をなんとやらをあまり出ていないようだなぁ〜w
音大関係者が行った概念的記憶力と形象記憶力の比較研究とかみたいに、もう少し実証的に主張するか哲学的な着眼しないとなぁ・・・・

ExecutorExecutor 2015/03/22 15:05 >簡潔に書くと、「学者的に頭がいい」=「演繹」、「うちのオヤジ的に頭がいい」=「帰納」と一言で書けそうです。

それは単純すぎる。「学者的に頭がいい」には「経験・帰納」も当然入る。概念の体系化ははじめは「帰納」だよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証