Hatena::ブログ(Diary)

紙屋研究所


※すべての記事は上の「記事一覧」で見られます。
※上の「日記」で検索すると当ブログ内の検索ができます。
※旧サイトはhttp://www1.odn.ne.jp/kamiya-taです。
コメント・トラックバックには普段は反応・返答しませんのでご了承ください。
※メールはcbl03270(at)pop06.odn.ne.jp  ←(at)を@に直してください。
※うまくメールが送れないときはこちらからどうぞ。
※お仕事の依頼や回答が必要なことなどはメールでお願いします。

2017-10-09 信号を守る日本人の方が2.3倍も歩行者事故が多いのは?

信号を守る日本人の方が2.3倍も歩行者事故が多いのは?


 いかなる車も通らないことがわかりきっている信号を守っているとか、アホなの?――という趣旨の記事が出ていた。

車が一台も通らない信号を守れと声高に叫ぶ人は何を守っているのだろう - 接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!



 このブロガー=「かんどー」という人は、「危険がないと十分に判断できるなら法律は守らなくていい」と主張していることになる。

 だが、その「判断」には客観的な基準がないから、個々人の判断でどこまでも甘くなっていってしまう。

 例えば、労働基準法の「労働時間8時間」を10分超えたら、労働者が死んだり、健康が失われたりするわけではないだろう。

 法規制の多くがこういうものではないのか。

 それを踏み破ったからといって、ただちに個別ケースにおいて、そこに危険が現れるわけではない。

 法律客観的に線を引かなくてはならない。だから、「十分安全と個々人が判断できるなら法令は守らなくてよい」、というのはマズいのである。


 ただ、そんなことを言われても「かんどー」は釈然としないかもしれないよな。

 実際に、信号守っている国(日本)と全然守ってねー国(フランス)で歩行者の事故はどうなっているか、比較してみよう。


赤信号で横断歩道を渡った割合はフランスで41.9%、日本で2.1%と二国間で大きく異なっていた。男性や20〜30代が信号無視をする傾向が強かったという。(2017年2月15日付AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3117931

 在フランス大使館の公式サイトですらこの有様だ。

尚、当地では歩行者はまず信号を守らないと言っても過言ではありません。車の列が途切れると、赤信号でも平気で道路を渡り始めます。いつ歩行者が飛び出してきても対処できるように、市街地ではスピードを抑えて走行することは当然として、常に道路の両脇の歩行者にも気を配るようにしましょう。(強調は引用者)

http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/taizai/kotsu4.html

 それでいながら、歩行者の事故はどうなっているか。

 ちょっとデータがすぐに見つからないけど、例えば内閣府の2003年の国際比較データ。

http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h17kou_haku/genkyou/sankou02.html

f:id:kamiyakenkyujo:20171008230258j:image


 歩行中の交通事故死者数は、フランスは626人、日本は2739人。人口は日本の方が2倍だからそのぶんを差し引いても日本の方がフランスよりも歩行中の2.3倍も多い。


 「かんどー」はいうかもしれない。


 「ほら。ほらほらほらほらほらほらほらほら。ほらぁ! 結局、法規を形式的に愚直に守るより、ホントに車が来るかどうかをきっちり確かめている方が事故らないんじゃないの?


 うん、そう言いたくもなるよね。



 ただ、じゃあどんな年齢の人が死んでいるのかというと、日本では過半数高齢者。交通事故で死んでいる人の半分以上が年寄りというわけだ(フランスは2割)。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/6836.html

 さらに、その中でトップの死因が歩行中の事故で、約半数を占める。

http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h28kou_haku/gaiyo/features/feature02.html

f:id:kamiyakenkyujo:20171008230259j:image


 つまり、日本で歩いて死んでいる人の多くは高齢者



 高齢者自体が死にやすい(失礼)という状況もあるだろうが、高齢者の行動の問題点として専門家(蓮花一己・帝塚山大学・交通心理学)は次のような原因をあげている。

  • 信号や横断歩道のある交差点以外のところで横断する(交差点まで歩くのは面倒)
  • 突然、車道に飛び出す(先急ぎ傾向、目の前のことにすぐに反応する)
  • まっすぐ渡らない(斜め横断、横断後車道を歩くなど自分の都合で横断する)
  • 歩道橋の下を横断する(階段の登り降りは高齢者には負担)
  • 右からの車をやり過ごすと左からの車を確認せず横断する(渋滞している車間から飛び出す)
  • 車が近づいて来ているのに横断する(加齢による精神機能の低下で車のスピード、車との距離が正しく認識、判断できない)

(強調は引用者)

http://www.nspc.jp/senior/archives/2922/

 信号を守っていないというか、信号のあるところに来ねえ

 冒頭で紹介した日仏の比較研究の場所となった、信号のところにやって来ず、信号機の待っていないので、統計にカウントされていないのである。

 のびのび自由闊達に横断してハネられているわけだ。


 ということは。

 信号を守らないで「大丈夫だろう」と判断した結果、結局ハネられている、というのが日本の年寄りの実態だというわけである。その意味ではやはり愚直に法令遵守をさせる意味はある。

 しかし、フランスではそういう判断をして渡っていても日本ほど事故になっていないのだから、本当に自己責任の覚悟で渡れば実際に事故は起きにくいんじゃないのか? ということもまた言えそうである。


 うーん、記事書いてて、結論が全然スッキリしねーな。

yuru_harukazeyuru_harukaze 2017/10/08 23:41 高齢者なったときにそなえて、若い時から、信号無視したり、好きなところで横断する(安全性を判断する)訓練をつんでおくべき?

kamiyakenkyujokamiyakenkyujo 2017/10/08 23:45 それだ……!

コメコメ 2017/10/09 09:54 フランスの高齢者の横断時の特徴と日本人との差異についての記述があればより良いと思いました。

tonantonan 2017/10/09 10:56 「いつ歩行者が飛び出してきても対処できるように、市街地ではスピードを抑えて走行することは当然として、常に道路の両脇の歩行者にも気を配るようにしましょう。」とあるが、まさにこれが差の原因でしょう。
私は中国で暮らしたことがあるが、確かに信号は守らない。だが、車と歩行者は互いにアイコンタクトしながら絶妙のタイミングですり抜ける。日本は歩行者が出てこないのが前提なのでスピード出してて信号を守らないと怖いと感じた。

kyo-hatekyo-hate 2017/10/09 11:07 信号があろうがなかろうが、車の間を縫うようにかわして渡るには賛成できない。でも日中に左右方向から全く車の来る気配がない場合は渡っても良いと考える。車なんて何処からも来ないのに、ぼーっと青信号になるのを待ってるのはおかしいんじゃないかとさえ思う。

信号は車と歩行者の区分けをしてるものと考えれば、車がいないのに待ってるのはどう考えてもガテンがいかない・・いつもそう思っている。

HalHal 2017/10/09 12:42 フランスに2年ほど住んでいたことがあります。フランス人は冗談交じりにドイツ人を馬鹿にすることが多いのですが、「ドイツ人の歩行者は信号を守るが、フランス人は守らないのが当たり前。だからドイツのドライバーは信号だけを見ているが、フランスのドライバーは人間を見ているので、ずっと安全だ」と言っていました。
確かに、フランスではちょっとでも渡るそぶりを見せると、横断歩道でないところでも止まってくれるドライバーが多いとは感じますね。

BUNTENBUNTEN 2017/10/09 17:03 「信号を守っていないというか、信号のあるところに来ねえ。」信号や横断歩道のある所まで遠回りしたり歩道橋を昇ったり降りたりするコストの高さは歳をとって身体が弱ってみるまではわかるまい。だから、横断歩道や信号機などは年寄りの動線に合わせて設けるべきで、このへんならよかろうなどと妥協すべきではない。必要なら数十メートルおきに押しボタン式信号機等を設置すべきだと暴論を述べておこう。

MANABUMANABU 2017/10/09 17:21 懐かしいハンドルネームを見つけたのでw

信号は物理的自動車停止装置ではない。
したがって、信号を守ったからって安全が保障されるわけではない。
それに気が付かない歩行者が多すぎ。
青信号だろうと、横断歩道渡る前に左右の確認ぐらいしろよ!って思うね。

そもそも道路交通法は「交通の円滑と安全」のために作られたはずだし、それに基づいて信号が設置されているはずだが、果たしてこの信号が交通の安全と円滑に寄与してるんか?って疑問を覚えるようなものが乱立してる事に問題がある気がする。

高校生高校生 2017/10/09 18:59 論点ずれてませんか?元のネタは自動車が来ないのに信号を守るのはどうか?といっているけど、フランスより日本で事故が多いのは信号のない場所で渡ってるからでは?ということになってる。

hutottyo3hutottyo3 2017/10/09 19:56  海外だと車やバイクにぶつけられても日本みたいに過剰に反応しないから、そういう数字になってるんじゃないかな?
 あるいはid:Halさんが書いているのが正解かもしれない。僕も海外にいる時だけは車の運転者を見ているっていう印象がある。日本にいる時は運転者・車ではなく信号を見てる場合がほとんどだから

GreenTopTubeGreenTopTube 2017/10/10 09:09 高齢者と子供に法令巡視を完璧にさせるというのが無理な話だというのがわかりませんか?
日本は信号の有無問わず横断歩道が少なすぎるという説や、そもそも信号の無い横断歩道における自動車運転手らのモラルが諸外国と比べて劣悪すぎるという事実については無視ですか?
日本人自動車運転手らの9割以上が信号の無い横断歩道で、歩行者や自転車の横断優先権を守らず、道交法38条違反の横断歩行者等妨害等違反を繰り返している惨状があるからこそ、歩行者等が「横断歩道でもどうせ自動車が停止しないし」ということで道路を横断しているという考えには及びませんでしたか?
歩道橋についても撤去が続いています。なぜか?あまりに弱者迫害インフラだからです。足腰の弱った高齢者に歩道橋の利用はまず無理であり、そもそも歩道橋は弱者優先弱者保護という交通の鉄則から逸脱した日本の恥なインフラでもあります。なぜ弱者が苦労して遠回りをしなければならないのですか?そこを考えれば、いかに自動車脳が歪んだ考えかを認識できるものです。
また、青信号でさえも日本のドライバーはモラルが劣悪なので歩行者や自転車に加害衝突スレスレの異常接近をしたり、実際に衝突しての加害が相次いでいます。イギリスは100%歩車分離式信号です。日本もイギリスのようにするべきでしょう。歩行者が横断道を渡っている状況では、信号の色でも、法律でも自動車が通行できないようにするのが最善なのですから。

私としては下記を提唱します。

・交通の鉄則は弱者優先であるにも関わらず、優先順位が最も低い自動車の通行の為に弱者に階段を使わせて遠回りを強制し、また実質的に高齢者が活用できない歩道橋という歪んだインフラの撤去、そして横断歩道の設置。
・自動車の速度規制、通行規制の強化(ノルウェーの首都オスロは自家用自動車=マイカーという地域を無為に危険にして渋滞や公害の元凶でもある害物の公道走行を違法化したほどです)
・年間約200万件もスピード違反で摘発、検挙されているほど日本の自動車連中のモラルが劣悪なので、移動式オービス等での徹底検挙体制の整備と、罰則の引き上げ。道路の制限速度を引き下げて安全速度を守らせれば、高齢者や子供の飛び出しにも安全に対応できる→事故が減る。弱者側のあらゆる行動に対応できる安全運転をする責務が自動車運転手にはあり、それを敗れは交通刑務所懲役処分を受ける場合も多い。
・日本より人口あたりの歩行者の死亡率が低いイギリスのようにすべての信号つき横断歩道を歩車分離式に。
・信号の無い横断歩道での取り締まりを徹底強化し、罰則も重くする。

こんなところでしょうか。 歩行者や自転車等といった弱者に責任転嫁の悪しき暴論を吐きちらしながら自動車で交通犯罪や弱者軽視の法令違反危険運転を繰り返す日本の恥な自動車運転手は日本の恥、癌ですから、積極的に免許剥奪や厳罰、刑事処分等適用で公道から追放するべきです。そうすれば何の罪もない市民の犠牲は確実に減らせるのですから。

また、クルマ離れこそが地域から重大事故と公害と渋滞と不健康と拠点の分散化公害を減少、抑制でき、この記事の論点である事故の抑制にはもっとも効果的な事実についても私達は周知し続けたいものです。
人々の移動手段が、徒歩、自転車、公共交通の時代、今より遥かに事故も事故死者も少なかったのですから。
現状、日本において年間約1300人の自動車運転手及び同乗者が死亡しており、歩行者死亡の元凶のほぼすべてが自動車からの加害です。歩道、歩行者側が青の横断歩道でさえも。内閣府の統計によると、年間約70万件も自動車等が信号無視で"摘発"されている(犯罪走行の"実数"は速度超過の暴走行為と同じでもっと多いでしょう)現状を見れば、まだまだ自動車への規制強化、取り締まり強化、罰則の強化が急務である事実がわかると思います。

平成25年度、自動車等交通犯罪統計データ 警察庁発表資料

うち速度超過 205万2719件
うち携帯電話使用等 121万4738件
うち一時停止違反 116万3453件
うち通行禁止違反 78万5250件
うち信号無視 72万1898件
うち駐停車違反 31万1030件
うち追い越し・通行区分違反 26万8049件
うち踏切不停止等 10万5975件
うち免許証不携帯 7万7619件
うち整備不良 4万2582件
うち酒気帯び・酒酔い 2万8869件
うち無免許 2万5746件
うち積載違反 1万3455件

総数 708万1632件

自動車交通犯罪 横断歩道、93%の無関心  そのほとんどは速度超過も併せて犯しているという惨状。
http://pon-s.tea-nifty.com/blog/2006/08/zebra_crossing.html
無信号の横断歩道で自動車の9割が減速すらしない無法者だらけな惨状:
http://heritage.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/yomiuri-online-.html
87%が違法運転、という自動車社会の惨状
http://blogs.yahoo.co.jp/nmiaitjhuaabghna/8409954.html
歩行者がいる横断歩道で一時停止しない自動車ドライバーは運転免許返納すればいい
http://enter101.hatenablog.com/entry/2016/06/02/191316

交通刑務所懲役者のほぼ100%は自動車運転手。自動車という凶器で重大な惨事を起こした犯罪加害者、凶悪犯として実名と顔面の公開報道も多く、その"犯歴"はネットで永遠に残る。そして車内でさえ年間約1300人が死亡している(事故後30日以内カウント)。
http://www.geocities.jp/masakari5910/satsujinjiken_kiken_chishi.html


もし自動車で大惨事でも起こしたら… 免許証返納した夫 
http://www.sankei.com/life/news/160528/lif1605280018-n1.html
事故防止 38人自動車免許「卒業」…門真運転試験場 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20160609-OYTNT50382.html
運転歴約30年という大阪市城東区の高畑秀子さんは
「無事故・無違反だが、8年前に亡くなった夫の遺言もあり、更新時期に合わせて返納した。いつ事故を起こすかもしれないし、自転車でも不自由ない」と話した。

自動車が無いと暮らせないのなら、そんなところに暮らさなければ良い
http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20170401/1491021952

プロレーサーの青山さん
『自動車免許なんて取るな!自動車など運転しないにこしたことはない。』
http://blog.livedoor.jp/show10a/archives/51777782.html
自動車運転中に脳梗塞、そのとき タレント・シェリーさん体験
http://www.asahi.com/articles/ASJ325521J32PTIL01Z.html
>梅田の(暴走自動車11人死傷の)事故はインターネットのニュースで知った。「だれでも加害者になり得る怖さがある」と改めて感じた。シェリーさんはあの日以来、一度も自動車を運転していない。

「自動車に乗る(運転する)のは終わりにしよう」  /毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20160726/ddl/k02/040/014000c

テスラの最高経営責任者
『人々は人間が運転する自動車を禁止し、違法化するだろう。なぜなら自動車は危険すぎるから。』
http://jp.techcrunch.com/2015/08/12/20150811driving-your-car-will-soon-be-illegal/
自動車の運転が完全に自動化されると貴重な時間の節約になる上、交通事故が90%以上減少する ←つまり、自動車運転手らの弱者軽視の危険運転こそが重大事故の元凶であるという現実。いかに自動車の危険運転が事故の元凶であり、自動車への規制取締り強化が最も効果的かがよくわかる。
http://jp.reuters.com/article/uber-column-idJPKCN10U0AV

脱・自動車依存社会 ドイツの取り組み 高齢化も見据え交通網整備、主役のひとつは自転車
http://blog.livedoor.jp/trike_shop/archives/1773205.html
日本政府も進める環境政策、脱クルマへ。自転車活用「推進法」成立 社会的な交通手段としての自転車の役割拡大
自転車活用:国の責務…脱クルマへ「推進法」成立 - 毎日新聞 自動車を減らして自転車を増やせば増やすほど渋滞も公害も事故も不健康も拠点分散化害も減る為。
http://mainichi.jp/articles/20161216/k00/00m/040/103000c
国土交通省 あなたの"まち"どうしますか? 自家用自動車=マイカーこそが実は地域を不便にして自滅に追い込む構図の解説。
http://www.mlit.go.jp/crd/index/pamphlet/01/

交通安全根本対策は自動車抑制にあり。クルマ離れは交通安全にもっとも貢献できる善行です。
http://greentoptube.hatenablog.com/

バッジ@ネオ・トロツキストバッジ@ネオ・トロツキスト 2017/10/10 10:43 もっと、問題をラディックスに考えないといけませんね。
そう、信号機の設置、信号機の有無ということから良く考えないといけない。
信号機の存在を不動の前提や与件にして狭い枠の中で問題を立てているから事の核心に迫れないんです。
信号無視もへったくれも、そこに信号が無い(または有る)ケースの根拠(つまりは、具体的場面での「信号機設置の不可欠性・正当性」)に遡って「安全性」問題を考えなければなりません。

バッジ@ネオ・トロツキストバッジ@ネオ・トロツキスト 2017/10/10 10:45 ×ラディックス
〇ラディカル

全部読んで損した全部読んで損した 2017/10/10 11:00 フランスは自【転】車専用道路もあるし、
歩行者と幹線道路が、日本よりはっきりと区別されている。
また、生活道路であっても古い町を中心に日本のような車中心の拡幅整備・区画整理はされておらず
そもそも、人の通る処へ、車が入り込むことが少ない――旅行者として行ったことがあれば直ちに知れること。

「すっきりしねぇな」とあるが、そら、行ったこともない土地のことを
単純な統計とザルな検索結果ら妄想するのだから、ハッキリと結論付ける事はできないだろう。
他人様に読んで貰うつもりで書くのなら、書き言葉を学び直した上で謙虚になる事をお勧めする。

nrtznrtz 2017/10/11 15:04 信号無視して事故って死んだ人の統計が無いと、信号無視の危険性の話はできないでしょう。
日本の高齢者で歩行者の事故が多いのは、生活道路でも車がガンガン通るのが大きそう。
フランスは知らないけど、アメリカでは、町中では、自動車は歩行者優先の意識非常に強い、特に信号なしの横断歩道とかで。
一方日本では車道走っている限り車が最優先で、歩道も未整備だし、ロードバンプとかの工夫も無い。
横断歩道の信号守ってても、左折車、右折車に巻き込まれることだってあるし、信号守れよりも、
信号だけを信じずに自分の五感で安全確保せよ(信号守る場合も、無視する場合も)、が大事かと。

ななおちんななおちん 2017/10/11 20:59 けんか腰で、あまり謙虚じゃない感じの方が「謙虚になることをおすすめする」って“忠告”してくるのは、さいきんネットで流行ってたりする何かなのですか?

TGKTGK 2017/10/14 12:17 記事中のデータを各国の人口で割ってみます。
死者数で見ると日本もフランスも、スウェーデンもオランダもイタリアあまり変わりません。(最大二倍程度の差)。むしろ日本よりフランスの方が人口比の死者は多いです。
一方で人口当たりの事故件数、負傷者はどちらも日本が最大で、最小のフランスの5倍程度多くなっています。つまり日本は重大な事故は少ないが軽微な事故がすごく多いということでしょう。逆にフランスは事故自体は少なくても巻き込まれたら日本よりものすごく死にやすいってことですね。(死者数/事故件数=0.067人(フランス)、0.0094人(日本))
日本の場合、救急車がすぐに来るから命だけは助かってるってことでしょうか。(その分運転がヘタクソだから事故件数が多い??)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証